• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2005年12月30日 イイね!

休暇 皆さん良いお年を!!

休暇 皆さん良いお年を!!あと少しで今年も終わりです!!

ここで、恒例の帰省のお知らせです。

今日の朝5時起きで、広島へ帰省します。

ほんと、この一年間、つたない私のブログなどにお付き合いして頂きまして本当にありがとうございました。

元来、根性無しの徳小寺が、まさかブログをここまで続ける事ができたなんて・・・恐らく神様でも想像できなかったハズです。

おかげさまで、本家の 復活!ブルーバード も本当に多くの方々にご来場頂きまして、さらに 掲示板 にも多くのカキコミを頂いて、本当に充実した一年でした。

少し早いのですが、ここで少々年末年始のお休みを頂いて、広島へ帰省してこようと思います。

みなさん、この一年本当にありがとうございました。

そして、2006年が皆さんにとって、より素晴らしい一年でありますように願っております。

来年は6日くらいから復活できるのでは・・と思っています。

それでは、みなさん良いお年を!!


     本家 ↓
Posted at 2005/12/30 02:36:31 | コメント(9) | トラックバック(1) | 日常 | 日記
2005年12月28日 イイね!

結果 LEDバルブ交換日記!?

結果 LEDバルブ交換日記!?LEDバルブへの交換作業の手始めは、内装の引っ剥がしだ。

ウチのLIMITED号は、何度も内装を付けたり外したりをやっているので、比較的簡単に外れるのだが、それでもクリップを外す時に、マイナスドライヴァーを用意せずに素手でやったものだから、逆に時間を食ってしまった。。。

いやぁ。。まったく「手抜き」は、時間も労力も無駄にしてしまうので注意が必要だ。

U14の場合には内装を外すと、まったく見事なまでテールランプの裏側が露になる。



ここで注意しないといけないのは、U14のテールランプは、レンズの真後ろから、バルブを差し込むタイプではなく、レンズの裏側のユニットがごっそりと取り外しが出来て、バルブが斜めに取り付けてあることだ。

バック・ランプは、よくある裏側から真っ直ぐ差し込むタイプなのだが、テール&ストップ、ウインカーのバルブは斜め差込タイプなのだ。



実はこれが意外に曲者で、バルブとレンズまでの距離が結構あって、バルブの光量が意外に求められるのだ。
さらに、ある程度の拡散性がないと、これまたレンズ全体が光らない・・・という「恐怖のサイクル」に陥ってしまうのだ。

まったく、この形状は光の直進性が高いLEDにとって、あまり得意な形状でない・・といえるのだ。

そこで、LEDの中でも拡散性がよいとされる「FluxLED」でさえ、今度はレンズとの距離があるので、光量不足が露呈して使い物にならない・・という悲劇が起こってしまうのだった。。



実際に画像に撮るのを忘れてしまったのだが、LIMITED号に「FluxLED」タイプのタワー形状のLEDバルブを入れると、残念ながら光が満遍なくレンズに行き渡らなくて、白熱球に比べて暗くなってしまった。。。

周りが暗い場合だったら、なんとか視認性も確保できるが、明るい場合や、モロに光を浴びた場合には、まったく光っている事が分からない。。という状況になってしまった。。。

これが良くある、バルブをレンズの真後ろから差し込むタイプだったら、違った結果になっていたと思うのだ。

次に試したのが、とにかく、通常のLEDを許されるサイズの中に並べて「光量」を確保しよう、さらに横方向にも並べて拡散性もなんとか・・・という形状のバルブを試してみた。



これが予想に反して、バルブの前面に並べられた無数のLEDのおかげで、バルブのセット場所からレンズの端まで「光」が強力に到達して、尚且つ、その光が反射して、バルブの向きとは反対の方にも光が回っていたのには驚いた!!



上の画像は、通常のテールランプ時だが、右が「白熱球」、左が「LED」なのだが、若干バルブの方向の反対側、この画像では中央側がLEDの方が暗いかなぁ。。と感じる程度で、殆ど遜色ない事が分かる。

次にブレーキを踏んでみると・・・



これは少々、差が出てしまった。。。。

左側のLEDの方が、バルブの向きと反対の中央側が暗いのだ。

しかし、バルブの向き側は「白熱球」に負けないくらい充分に光量が確保されている。

この対策として、バルブの設置場所の見直しとか、レンズ内の構造を少しイジレば、かなり白熱球に迫れそうな気がする。

かつては、光量が必要以上あるのに、拡散性が無い為に使い勝手が悪い・・なんて烙印を押されて、なおかつ、それを解決する為に、ズラズラとLEDを並べていた事を思えば、格段の進歩をしたと思うのだ。

なにより、これだけLEDを並べたバルブでさえ、消費電力は1/3どころか1/4でしかないのだ。

さらに付け加えるなら、電流が流れて発光するまでのレスポンスが白熱球に比べて何倍も早い事から、ある意味で安全性の向上も測れると思うのだ。

まだまだ、過渡期のLEDだが、これからますます色々な形状や種類のモノが登場して、クルマの光物の歴史を代えて行く・・・と僕は思っているのだが。。。



上の画像は、現行型のセルシオのメーター・・・、俗に言う「オプティロン・メーター」を分解してみたところだが、「チップLED」と呼ばれるLEDが所狭しと、並んでいる事がお分りだろう。

狭い空間で、必要以上かつメリハリのある光を発光するから、あのトヨタお得意の、クッキリハッキリ・メーターが成立するのだ。

これが、これまでの白熱球だったら、メーターのASSYの厚さも厚くなっただろうし、なにより熱の問題で、放熱の対策とかが必要となって、ますます構造が複雑になって、コストだって大変だったに違いない。

そういった観点からLEDを眺めてみると、なかなか面白いと、今回のバルブのLED化をやってみて僕は思ったのだった。。。
Posted at 2005/12/28 02:15:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | LED | クルマ
2005年12月27日 イイね!

昼食 どっちを選ぶか・・それが問題だ!?

昼食 どっちを選ぶか・・それが問題だ!?以前にもブログしたが、私はあまりお昼ごはんを口にしない・・・

なぜだか、お昼時に仕事が集中するのと、大きな声で言えないが「ダイエット」も頭のスミにあるからだ。。。

本家「徳大寺氏」は、

昼食は「¥3,500-以下のモノは食べない・・」
・・(ノ゜ο゜)ノ オオオォォォォ-


という事で有名だが、お陰で恐ろしい数の病気を抱え込んでいるのだ!!

もはや、インシュリンの量が「アンダーステア」だの「オーヴァーステア」だの言ってる場合でなく、完全に「リヴァースステア」してしまっているというのだ・・・

(*-人-)合掌

少なくとも、僕はそうなりたくない!という事もあり、食事の量を考えながら過ごしているのだが。。。

しかし今日は違った!

実質、今日で仕事納めだし、一年のご褒美にとささやかではあるが、電話が鳴ろうが、FAXが届こうが、全部無視して12時きっかりに街へ飛び出した。

そう言ったものの、いざ何かを食べようと思っても、店先のディスプレーに目がくらむばかりで、一向に決まらない。

いい加減、会社へ休み時間までに戻れる距離まで来た時に、一軒の「蕎麦屋」に入ることにした。

だいたい、会社の周りときたら。。。

・蕎麦屋
・ラーメン屋
・ファミレス

しか選択肢が無く、まったく昼食のヴァリエーションは限られてしまうのだが・・・

店に入って目に付いたのは「かつ丼セット」と「もち入りカレー南ばん」であった。

どちらもコストは同じ、「もち入り」という究極のフレーズも気になる。もともと、肉が好きな僕としては「かつ」の魔力も捨て難い・・・延々5分悩んだ結果、選んだのは「かつ丼セット」であった。

暖かい蕎麦、ジューシーな「ヒレかつ」。。。サラダも付いているから健康的かもしれない・・・

しかし、一年のご褒美が¥1,000-のセットなんて・・・

丸の内のOLよろしく、サイフを胸元に抱えて、キャッキャっと千円以上のランチを食する・・・そんな生活を送ってみたいものである。。。

。°°(≧□≦)°°。
Posted at 2005/12/27 13:45:54 | コメント(5) | トラックバック(0) | 食べる | グルメ/料理
2005年12月27日 イイね!

新光 テールランプのバルブをLEDに交換してみた。。

新光 テールランプのバルブをLEDに交換してみた。。U14の通常仕様でMTのバッテリーは、なんと「34B19L」という、軽自動車のバッテリーに毛が生えたくらいの、か細い容量のバッテリーが標準になっている。

普通に使うのには問題ないかもしれないが、冬でワイパー、ヘッドライト、エアコン、リヤデフ・・・と電気製品をフルに使っていると心細い事も事実である。

じゃぁ、でかい容量のを・・・という声も有るが、せっかく小型のバッテリーで軽量というメリットも見逃せないモノだ。

この上の容量にすると約1Kgも重量が増えてしまう。。。

あんな鼻の先の「1Kg」は、いたく影響が大きいので、できれば・・と思い標準の容量を押し通していたが、少しでも電気を節約できれば・・と思い、まずは手始めにフロントのポジションを LED に替えて見た。



下の画像がLED化後の画像で、これだけでも、電気の消費は大体1/3なのだから、ノロノロなどの渋滞とかのシュチエーションでは、かなり効いて来るハズである。

さらに省エネを狙って今度はリヤも・・と考えたのである。

リヤのランプといえば、LEDを敷き詰めて小さな点で光らせるのが多数を占めているが、僕は後ろから見て、小さなポツポチが並んで点燈しているのは個人的に好きではなく、なんとかランプ全体を均一に光らせる事は出来ないかと・・考えた結果、バルブの交換で対応しようと画策したのだ。

しかし、LEDと言えば、光が拡散せずにランプが均一に光らない・・・というのがツネで、そこが僕も採用に踏み込めない一因だったが、最近、拡散性も大幅に改善したモノが出たということで、比較を兼ねてチャレンジしてみた。。

まずは拡散性といえば「FluxLED」という事で、前面に5発、側面に15発の計20発のLEDが埋め込まれている「タワー型」を用意した。



もうひとつは、通常のLEDを「タガメのタマゴ!?(分かる?)」の様に所狭しと並べて、前面19発、側面二段17発にして、前面への光量と側面への拡散性を確保した製品も購入してみた。



さて役者は揃った。

後は交換して様子を見ればイイのだが、U14のリヤランプの構造が意外な落とし穴を掘って僕の眼前で待っていたのだった。。。
Posted at 2005/12/27 02:19:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | LED | クルマ
2005年12月26日 イイね!

週末 LEDにアーシング三昧

週末 LEDにアーシング三昧
先週末は、世間では「クリスマス」などなどでかなり賑わっていましたが、さて徳小寺家ではというと・・・

まずは土曜日、子供の為に「トイザラス」へ出撃してみました。

いやぁ~居るわいるわ・・・まさに「イモの子を洗う」とはこの事で、来ている家族を観察すると、なるほど!両親とその子供というパターンは当然の事、そこにおじいちゃん、おばあちゃんとおぼしき人もたくさん見受けられて、駐車場のクルマの割には人が多い原因がなんとなく分かった様な・・・

我が家というと、やはりクルマネタという事になって、「トミカの山坂道」・・いやいや 「トミカ峠やまみちドライヴ」 という、まるで 「三本大先生」 が監修したようなセットの購入と相成ったのだ。

早速家へ帰って、組み立てて、モータショウで購入した、東京モーターショウ限定モデルの RX-8 と 先代モデルとなったが「ウイングロード」を走らせて見ると・・・これが永久機関よろしく(もちろん単二電池がお仕事をしているのだが・・)坂を下ったトミカが、また自動で坂道を上がって、さらに下る・・というサイクルを繰り返すのだ!!実は、往々にして有りがちなのだが、親のほうが楽しんで子供は・・・という状態だったのかもしれない。。。

さてさて、クリスマスネタ以外ではどうかというと、LIMITED号のリヤランプのLED化を図ってみた。

LEDをどちゃこんと並べてみるのが世間の相場だが、どうも僕は、あの後ろから見たときに「点々」がいっぱい並んで電気が点いている・・・というのが、気に入らない・・・

そこで、色々なLEDを購入して上手くランプ全体が光らないかテストをしたという訳だ・・・

結論から言うと、U14のテールランプの構造は斜めに電球を差し込む構造なので、かなり光が強くさらに拡散性がないと綺麗に光らない・・という事が判明した。。

詳細は後日、後追いでブログするが、期待したFluxLEDがぜんぜんダメで、前方19連装、側面17連装の36発のLEDがなかなか良い感じだった。

日曜日は・・・というと、先日衝動買いした「セピアZZ」に一日付きっ切りだった。

セピアZZ、規制前ということもあって、一端路上に出ると恐ろしいパワーを見せ付けてくれる。
なんたって、こんな古めかしいスクーターを知らない、お兄さんたちが信号で、明らかに「ナメテ」掛かってくるが、いきなり最高速までギュンギュンと、それこそ昔の2ストスポーツバイクよろしく「白煙」をモウモウと上げながら突き放すと「目が点状態」なのがバックミラー越しに見える!

まだ、しばらく乗っていなかった事と、キャブのセッティングがあっていないので、「白煙モウモウ」は治っていないが、とにかく曲がりやすくてクセの無い操縦性には、正直驚いているのだ。

JOG君は意外に「重厚」な感じで、曲がることには曲がるが、ちゃんとセオリーどおりにしないと曲がってくれない感じだった。

これが無粋に乗っても、セピア君はスパッスパッと曲がるのだ。

せっかく我が家に来たのだから、 「徳小寺 無恒商店」 の 「マフラーアース」 と耐熱ケーブルを使って、アーシングの取り直しをしてみた。

結果は、とにかく出だしのダッシュが一段と軽くなり、これまでにあった、アクセルを捻って一呼吸置く、かつての日産セミトレ車の様な「溜め」が無くなった事が印象的だ。

さらに排気音が、いかにも草刈機の様な情け無い「ヴェーン~♪」という感じから、「パンパンパンッ!」みたいな、いかにも2スト!っていう感じに変身した。。。

しかしセピア君、とにかく寒さに弱い!!!

朝はセルで始動なんて絶望的だ。。。キックを何十回もしてよ~やく始動する有様で。。僕の足はこの数日でかなり逞しくなったハズである。。

この頃のスズキのオートチュークは、こういったマイナーなトラブルが多く、僕も色々とトライしたが、どうしようもなく寒冷時の始動性は向上できずに困っている。。

これさえなければ、最高のスクーターなのだが・・・

今年も残り数日となったが、相変わらず徳小寺 無恒の周りでは、年末だというのに色々なことが起こって息も抜けない・・というのが実情らしい・・・
Posted at 2005/12/26 13:51:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.