• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2006年10月30日 イイね!

温故 知新F31レパードに乗ったぞ!

温故 知新F31レパードに乗ったぞ!








みやこしさん が二十年来の夢を叶えて F31レパード を購入したのは記憶に新しいのだが・・・

その みやこしさん のレパードにこんなにも早く乗れるとは思わなかったが、先週の土曜日にまるまる半日、運転も含めてフロントシート、リヤシートに替わり変わり乗る事ができた。

外観は、もう見慣れた王道ともいえるツゥドア・クウペスタイルで今見ても古さを感じない。

以前にもブログしたが、このクウペスタイルは、過去から現在に至るクルマの歴史の中で形作られた集大成とも言えるモノで、その表現方法についてはトヨタと日産ではアプローチが違っているのが興味深い。
(詳細は下記ブログを参照願いたい)

交差 F31レパードとZ20ソアラの怪しい関係
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/713791/



一見すると、後席の居住性なんてたいした事無い・・・なんて思ってしまうものなのだが、これが大間違い、意外や意外、かなりまともに座れて快適なのだ。
まぁ、頭上空間は完全にリアのグラスが覆いかぶさって、真夏の日差しの強い日中には正直乗りたくないが、それ以外であるなら、シートポジションも普通で、何より足元のクリアランスが広く、長時間の乗車でも疲れないにのは驚いた。

助手席は、もう、このクルマを語るには必然!?と言えるもので、かの 星島 浩 翁が絶賛していた、「中折れ式」のシートが奢られており、快適以外の何ものでない。

このレパードには、サンルーフが装着されていたが、ヘッドクリアランスも十分で、コイツを空けて走行したときの快適さは、さすがお金をかけてクルマを作れた時代の有り難味を存分に味わえる事ができる。



サンルーフの位置や、リフレクターの位置が適切で風の巻き込み、風切り音も、今回は高速のステージでは試せなかったが、通常のシュチエーションでは皆無と言って良いだろう。

室内を見渡せば、正直、平成元年という年式相応で、デザインも装備のクオリティもそれなり・・なのだが、ひとつ気に入ったのはイルミネーションだ。



最近の「アンバー」や「ブルー」果ては「レッド」などという刺激的な色彩が多い中、このレパードの照色は、懐かしい「グリーン」で、これが目に優しく、スペシャリティというよりやんわりと包み込む感覚で、なかなか落ち着いた雰囲気を醸し出していた。

そして肝心の「走り味」だが、まったく懐かしい「セミトレ」の感覚そのものであるが、発売当初、日産曰く「最後で最高のセミトレ」「セミトレの集大成」と言わしめた言葉に嘘偽りが無かった事を改めて感じた。

日産セミトレの特色である、発進時にグィとリヤを一旦沈めて轟然と加速する様子・・・日産用語ではこれを 「ため」 と言っているのだが、それがあっても、決してサスが柔らかい訳でなく、しなやかでありながらキチッと仕事をこなしている。
実際にはコーナーでは妙な操舵感の変化やグリップ感の変化が少なく、これが16年も前のクルマか!?と思わせるフットワークで走る事ができる。

さらに絶妙な 「おとしん」 (俗にいうNHVを日産では 音振 と表現・・・閑話休題)対策のお陰で、路面からの突き上げが少なく、かつロードノイズの侵入が少ないので、意外なほど快適なのだ。

エンヂンもさすが3Lという事もあって、ごく低いノートを響かせてガスペダルを軽く煽るだけでグイグイと加速をしてしまう。。。

僕はたった半日のF31との時間で、ますます複雑な思いを感じてしまった。

半日乗り回して、山坂道も含めて乗ったのに、まずは疲れが少ないのだ。

これは、もちろん「おとしん」が優秀な事もあるだろうが、乗っているドライヴァーにしろ、パッセンジャーにしろ、目の前の景色を眺めて、次はこうなるだろう・・・と思われるクルマの傾きや音、振動が、このレパードでは見事に一致しているのだ。

これが意外に重要で、この人のイメージとクルマの挙動が合っていないと、変に身構えたりしてこれも疲れを助長させてしまうのだ。

以前の日産車は乗って楽しかった・・とは、良く聞かれるフレーズだが、このF31に乗ると、それが痛いほど実感できる、これが懐かしい日産なんだ。。。と。

当時のソアラの、狭いところでも巨大なドアを開けるのに躊躇わない二段式ヒンジのドアとか、どうしようもないくらいのインテリアの質感や、虚像式のデジパネに代表されるような、見るからに高級なフィーリングには正直、太刀打ちできないが、F31のこのクルマを操る「人車一体」のフィーリングは、ある意味で、今の若い人たちにも味わって欲しいと思うのだ。

クルマってこんなに楽しんだ!って、無音に近い遮音性や、到底人の能力を遥かに超えた動力性能が無くとも味わえる事を知って欲しいと思うのだ。

インテリアが良いのもいいだろう。しかし、小さなプラットホームに、これでもか!というくらいの分不相応なボディを載せて、必要以上の努力で快適性とか動力性能を搾り出している今の日産車に、人の感性を揺り動かすフィーリングは望めはしないだろう。

クルマは走ってナンボ、動いてナンボ・・だという基本を、どっかのメーカーは「コストダウン」という 媚薬 で麻痺し切っているとしか思えないのだ。

セダンであろうと、BMWやメルチェデスが売れるのは、もちろんブランドという伝家の宝刀もそうだが、乗って感じるモンがある事も忘れてなら無いだろう。

そんな思いを蘇らせてくれたF31の試乗を体験させてくれた みやこしさん に大感謝の半日だった。



.
Posted at 2006/10/30 14:07:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2006年10月29日 イイね!

完成 マイナス8Kgのロマン・プロジェクト!

完成 マイナス8Kgのロマン・プロジェクト!








遂に 「マイナス8Kgのロマン・プロジェクト」 の第一弾が完成した!

ボンピンは 「エアロキャッチ」 を採用したので、一見するとノーマル風なのがオーナーとして嬉しい。



今回の施工は横浜市にある 「植木モーター」 で行った。
ここは、ディーラーやショプの板金修理はもちろんの事、こうしたエアロパーツの取り付けではちょっと知られた腕利きなのだ。



植木モーター
横浜市都筑区池辺町4686
TEL045-933-3784

そして今回の拘りのもうひとつのポイントが、一見すると見えない 「裏側」 だったりする。



ノーマルとの比較画像を作ってみたが、いやぁ・・・こちらが言わなくてもステッカーまで用意してくれたのには恐れ入った。。。

さっそく、キーを受け取り一週間ぶりにlimited号に乗ったのだが、まさかここまで変わるとは思わなかった。
まずは、ノーズの入りが劇的にクイックになった。

心配してた、重量が変わることによるダンパーの特性との相性も、まぁ許容範囲と言えよう。
これは恐らく、ボディの補強などで重量が増えた分が軽くなった・・・からとも考えられるかもしれない。

このまま、真新しいフードとの濃密な時間を楽しみたかったが、その足で調布市にある 「セントラル20」 へと向かった。

ここで約ひと月とちょっと・・・いやいやふた月くらいエンヂンのオーヴァーホールを行うのだ。

熟慮 意地と維持のオハナシ・・・・
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/2931179/

ここでまた・・・があるのだが、数年前に入手したパーツも取り付ける事にした。

このパーツは駆動系のモンであるが、「マイナス8Kgのロマン・プロジェクト」 の最終章も飾るパーツでもある。

そのご報告は、セントラルでのオーヴァーホールが終わってご報告しよう。

オーヴァーホールが終わるのが楽しみだ。

.
Posted at 2006/10/29 11:37:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | マイナス8Kgのロマン | クルマ
2006年10月28日 イイね!

進化 シルフィはやっぱりシルフィだ。。

進化 シルフィはやっぱりシルフィだ。。





外出した時、偶然G10シルフィの隣にG11シルフィが駐車していた。。。

こうして新旧をマジマジを眺める機会は滅多に無いので、他所様の駐車場というのに、前に行ったり、後ろへ回ったり、真横に行ったり・・・思う存分に新旧のシルフィを見てみると・・・

やっぱりブルーバードの雰囲気・・というより「シルフィ」そのものの雰囲気が漂っている。

まぁG10だって、好き好んで「ブルーバード」の名前をもらった訳でなく、元々は欧州の「アルメーラ」がベース。。。

試しに歴代のブルを画像で眺めてみた。



こうしてみると、そこはかとなく歴代のブルには、ブルーバードの雰囲気が漂っている。
それが、G10やG11のシルフィには無いのだ・・・・

しかし、G10とG11を眺めてみると「シルフィ」としては、ちゃ~んと進化してるんだなぁ・・・と。
今は何とか「ブルーバード」の名前が「シルフィ」の真上にエンブレムの上では乗っかっているが、CMなどでは「ブルーバード」の名前は無い。

まったく有名無実とはこの事なのだが、こんな形で「ブルーバード」の名前を延命して欲しくは無い。。

「シルフィ」はシルフィなんだ。。。

あぁぁ。。今の日産には、こんな昔からの日産のファンの声なんて届かないだろうなぁ。

この先日産はどうなるのか?

このままじゃあ、メーカーでなく販売会社になるのは時間の問題か・・・

新旧のシルフィを眺めて見て、そんな思いがよぎった午後であった。



.
Posted at 2006/10/28 07:49:41 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2006年10月27日 イイね!

塗装 完成間近!FRPボンネット塗装中。

塗装 完成間近!FRPボンネット塗装中。








たまたま塗装と「エアロキャッチ」の取り付けをお願いした板金屋さんの近くを通る機会があったので寄ってみた!

それまで白地のFRPボンネットしか見ていなかったので、こうして実際に塗装したモノを見るとさらに感慨がひとしおである。

始動 マイナス8キロのロマン・プロジェクト始まる!
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/2955534/

塗装が終わって表面の仕上げ中であったが、やはりプロの仕事だ、こちらから頼んでいなくとも、「エアロキャッチ」が取り付ける場所には、強度を増すためと、長く使って欲しい・・・という事で、裏側に補強の 「当て板」 があったり、僕らがDIYで忘れがちな事も手抜かりがない!

純正チックに拘るので、実はちょっとした裏ワザを仕込んだのだが・・・

それはまた後日。。。



.
Posted at 2006/10/28 06:02:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | マイナス8Kgのロマン | クルマ
2006年10月26日 イイね!

開店 11月3日新コメダ開店決定!

開店 11月3日新コメダ開店決定!









以前ブログしましたが、相模原のR16沿いに建設中だった新しいコメダが殆ど完成してましたねぇ。。

脇見 新・コメダ と 白バイ
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/2850316/

出来立てのお店の前には、なにやら 「張り紙」 が・・・・

「11月3日 新規オープン」

店名は 「相模原 相生店」 だそうです。

しかし・・・当たり前と言えば当たり前なんですが、外観はまったく「コメダ・チック」ですねぇ。。。

駐車場が少々狭いのが気になりますが、我が家から近いので、こりゃ楽しみです。

え~と・・・11月3日は・・・・

が~ん!!|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

仕事でした。。。

しかし、コメダの増殖スピードは凄いモンですなぁ。

場所は・・・R16号の八王子方向の相模原市内とだけお教えしましょう。探すのもきっと楽しみですからね!!



.
Posted at 2006/10/28 05:50:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べる | グルメ/料理

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.