• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2009年01月31日 イイね!

簡易 板金塗装の腕前が。。。

簡易 板金塗装の腕前が。。。僕の前を走る先代のキューブ。

どうもリア・バックドアに写る景色がゆがんでいる。よ~く見るとプレスラインが、なんだか途中でボケているし、さらに近づくと日産マーク辺りの表面もなんだか微妙に凸凹しているし。。。

あくまで想像なんだが、まぁ俗に言う「早い・安い」の板金塗装をしたのかも知れぬ。

そうした業者の多くは、本当に安くて上手に仕上げるのが常だが、中には 「ド下手」 な業者もいることは確か。

実は以前乗っていたU13で、軽いリアドアのドアパンチがあったのだが、近所のGSに行った時、安くて完璧に直せます!という言葉を信じて作業させたはいいが、色は合わないわ、クリアーがウインドゥに飛んでるはで、結局、そこのGSはディーラーに泣きついて塗装のやり直しに、クリアーの付いたリヤウインドゥ・・結局は酷くて交換と相成り、ひと月近く修理に時間が掛かった・・という苦い経験があった。

まぁ、それはかなり酷い例なんだが、正直、僕の様なシロウトが見ても「えっ」と思う仕上がりの板金塗装が結構あったりする。

もっと怖いのは、経年劣化が酷くて色が合わなくなったり、表面が荒れてきたり・・という例もたくさん見ている。

このキューブの例は、正直シロウト以上、プロ見習い以下の出来栄えで、安かったのだろうが、あまりデキは良くない。

正直、板金塗装はある程度の費用が掛かってしまうのは分かるが、できれば何社か合い見積もりを取って、相場を知ってから作業をした方が間違いないやり方だ。

安い、早いに飛びついて結果は・・とならないように、せっかく大枚を叩くのだから、業者もしっかり見極めないと逆に高い買物になってしまうかもしれない。

中途半端な出来栄えや、程度の低い出来栄えは、下手をするとボッコリ凹んでいたほうがマシというパターンもある事を肝に銘じたいものだ。。。



Posted at 2009/02/01 01:47:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2009年01月30日 イイね!

継続 初代スズキ・カルタス実は今でも造っています。。

継続 初代スズキ・カルタス実は今でも造っています。。1983年9月。

スズキ久々の普通車が大々的に発表された。それが初代カルタス(AA41S)だ。

とにかく安く、軽量に造らねばならない・・・それはGMにも供給される事も決まっており大命題でもあった。
その為に「アルト」などの部品を可能な限り流用し、なんとリヤサスも当初は「板バネ」という思い切った設計がされた。

そのおかげもあって、北米では「シヴォレー・スプリント」の名前で結構なHIT作となったのだ。

日本では・・・イメージ・キャラクターとして「舘ひろし」が起用され、地味なエクステリアとは裏腹に派手な宣伝で一目を惹いたのだ。

質実剛健・・・なのは良いが、やはり日本では思った様に販売台数が伸びず、さすがに「旧態依然」、「古色同然」の「板バネ」のリアサスが、1986年のマイナーチェンジでトーションビームのサスペンションに変更された。



ターボにツゥインキャムなどなどを追加するも、日本では売上げは伸びず、そして限定車も連発したが・・・



何故!?「エアコン」と「ステレオ」が男の必需品なのかは永遠の謎である。。

ひっそりと1988年の9月に二代目へと代替わりした。。

通常の日本車なら、そこでエピソードが終わるが、そこはサニー・・・ 「ツル」 と同じで、実は未だにコロンビアで 現行車 として売られている。

コロンビア・シヴォレー「スプリント」
http://www.chevrolet.com.co/content_data/LAAM/CO/es/GBPCO/showroom/Autos/Model_Sprint/sprint_home.htm

日本では正直「舘ひろし」のイメージしか無かった初代カルタルだが、海外では安価で燃費が良く、多くの人がクルマを楽しめる入門車として息づいているのだった。。



Posted at 2009/01/30 13:26:00 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2009年01月29日 イイね!

間取 のび家に一刻館の間取りは・・・

間取 のび家に一刻館の間取りは・・・ネットで色々と探し物をしていると、意外なモンに当たる事がる。。。

最近のHITは。。。

名作漫画・アニメの「間取り」はこれだ(上)「ドラえもん」野比家の階段はハシゴ段?!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/174474/

僕たちが誰もが知っているアニメの登場人物が住む家はどうなっているんだろう?と思うのは世の常で、その中でもこの「のび家」の間取りはかなり説得力がある。。
かつて「磯野家」の間取りが話題になったが、この中には「めぞん一刻」の「一刻館」なんていうマニア推称の一軒もある。。。

どうしても、間取りが出来なかったが、タッチの「朝倉 南」の家。

南ちゃんが、いつも南風から帰ってくるので玄関が分からず間取りができなかったそうだ。。。

(作者曰く「南ちゃんはいつも喫茶店の出入り口から帰ってくるので、漫画を見ながら『どうして店から帰るのよ』と嘆いていた」・・・そうだ。。)

ハナシは戻るが、のび家の家族構成の説明が際どかった。

入居者
父・野比のび助、母・玉子、長男・のび太、
ロボット・ドラえもん(特定意志薄弱児童監視指導員

特定意志・・・は、言い当ててる様で。。。


Posted at 2009/01/30 12:43:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2009年01月28日 イイね!

過走 このステージア気合が入ってますねぇ!?

過走 このステージア気合が入ってますねぇ!?たまに中古車をネットで検索すると、面白いクルマがHITしたりして面白いのだが・・・

こうした

「えっ!」




と驚くクルマもあったりする。


さすがに半日後には直ってましたがね。

(; ̄ー ̄A
Posted at 2009/01/28 06:33:24 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2009年01月27日 イイね!

無料 金物博物館だそうで。。。。

無料 金物博物館だそうで。。。。







横浜市の「中原街道」近くにある某金物屋さん。

以前はこんな看板は無かったのだが、最近こんな看板を出した!!!

「金物博物館」


そして

「お気軽に御入り下さい」
入場無料

ともある。

しかし・・・どう見ても、極普通の「金物屋」さんなんだが。。。

品揃えが豊富で博物館みたいだから!?という意味なのだろうか?謎である。

お近くの方、近くを通られたら是非!?覗いて見ては。

場所はここをクリック!! 

http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E139.31.40.9N35.28.51.3&ZM=12&CI=R

Posted at 2009/01/27 00:50:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

170 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.