• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2009年11月27日 イイね!

新横 うまいもの市場TAPAへ行ったぞ!

新横 うまいもの市場TAPAへ行ったぞ!ようやく医者のOKも出て、晴れてアルコールも摂取できるようになったのを待っていたのかの様に、久々のグルメな会のお誘いを受けた。
メンバーは・・・・

・兄様
・りょう@さん
・ふな@さん
・お杉さん
・みやこしさん

と私の6名。。。。。

新横浜には、食べ物屋はたくさんあるが、グルメは無いと言われて久しいが、さてチェーン店とは言え、さて味の方は?

今回、お邪魔したのは うまもの市場 TAPA 新横浜店 だ。

時間丁度に着いたのだが、メンバーが居ない!!!えい!と店内に侵入して一周したが見当たらない・・・こりゃ時間を間違えたのかと焦って電話をすると、

「今丁度店の前ですよぉ~」

という事で、店内から飛び出るとメンバー全員が。



開始時間、ちょっと前だったが全員揃ったので店内へと入り、一番奥のテーブルへと案内された。

最初に食べ放題開始前の六品が、えらく時間が掛かって出て、飲み物も揃ったところで宴のスタート。



始まった直後に、幹事の みやこしさん から、「怪奇」いや「快気祝い」という事でという事で参集しましたと言われてビックリ!さらに、僕が一番好きな一品(さて、なんでしょう!?)まで用意されて感動してしまった。

いつもブログやらなんやらで、やり取りしているので久しぶりの様に感じなかったが、じっくりと考えると、実際にお目にかかるのは久しぶりだったりして・・・

さて、実は2~3度ここには来た事がるのだが、メニューというと



メインはイタリアンという事で、パスタや生地の薄くてパリパリのピザなど美味しくて、それ以外にも、定番のソーセージやらポテトなどなどもあって、意外にバラエティに富んでいる。

そして相変らず、オーダーして出てくるまでの時間が非常に長いのは気になるところだが、そこは気の置けないメンバーが集まってワイワイしていると、結構、そんな時間も忘れて楽しませてもらった。

そんな時間とはあっと言う間に過ぎるもので、90分でラストオーダーを迎えた。

最後のシメハ、イタリアンというのに 「小樽 ゆめの街」 というシャーベットが出てきたのだが、これが大好評!!実は今回、一番美味かったのでは!?という声が出てきたくらいの一品であった。

今回は、私の「快気祝い」という事で、かくも多くの仲間が集まり、そしてお気に入りの一品まで用意して頂いて感謝感激であった。

それなのに、9月からの「超」多忙生活の反動だろうか、十一月の中ごろから体調を崩し、風邪気味で参加した事を、詫びねばならないだろう。

幹事の みやこしさん そして、今回参加してくれた皆さん、お忙しい中本当にありがとうございました。

まだまだ、忙しい時期が続いて定例会などに行けませんが、これからもよろしくお願い致します。

そして、お疲れ様でした。


Posted at 2009/11/29 20:22:27 | コメント(3) | トラックバック(2) | 食べる | グルメ/料理
2009年11月23日 イイね!

甲乙 マリオ二等兵愛車インプはランエボに勝てるか!?

甲乙 マリオ二等兵愛車インプはランエボに勝てるか!?何故かお気に入りの オートックワンの「マリオ 二等兵シリーズ」。

今回は、マリオ 二等兵の愛車初代インプ 「GC8」 で、最新の 「ランサーエヴォリューションⅩ」 を撃破しようというもの!

一体どこで撮影してるんだ!?とか色々と問題はあるが、日頃、インプオーナーとランエヴォオーナーが抱いている微妙な心情を裏表無く描いているのが秀逸。

対決前に、マリオ 二等兵がランエヴォⅩに乗り、インプレッションを行っているのだが、十数年という月日の経過による、日本車の進化について素直にコメントをしているが、その後で 「凡庸!」「飽きるな」 というコメントが飛び出して締めていたが、ある意味で僕は間違っていないように感じた。

R35GT-Rを多くの海外マスメディアが、「コンパクト・デジカメ」と評する様に、誰もが確実に速く(ある次元までという但し書きが付くが)走れるが面白味が無いと言っているのと同じ様に、ドライヴァーの工夫代が少ないように思えるのだ。

安全性、快適性とのトレードオフの関係なのだろうが、この点も現代のクルマ離れの要因かもしれない。。。

<embed src="http://c.brightcove.co.jp/services/viewer/federated_f9/58917887001?isVid=1" bgcolor="#FFFFFF" flashVars="videoId=61552529001&linkBaseURL=http%3A%2F%2Fmovie.autoc-one.jp%2Fmitsubishi-lancer_evolution-430089%2F&playerID=58917887001&domain=embed&dynamicStreaming=true" base="http://admin.brightcove.co.jp" name="flashObj" width="486" height="412" seamlesstabbing="false" type="application/x-shockwave-flash" allowFullScreen="true" swLiveConnect="true" allowScriptAccess="never" pluginspage="http://www.macromedia.com/shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash"></object>

動画を見て、さらに感じたのが、この撮影はパッセンジャーサイドからなのだが、十年以上の月日がクルマの風景を大きく変えた事も分る。
例えば安全性等の要求だろう、Aピラーの太さなどからもクルマの進化が伺えるのだ。

そういった真面目な観点からも見て欲しいし、そして単純にライヴァル車を持つオーナーとしての新旧関係無い心情を感じて、おもわず共感さえ覚えるのではないだろうか。

こうしたクルマへの単純な愛情を、貴方は忘れていませんか?

最後の ランエヴォのオーナーのひと言、そして激戦及ばなかった マリオ 二等兵 のコメントが、単純な勝利宣言や負け惜しみでなく、今、僕たちが忘れがちなクルマの価値観や愛情という核心に触れているように思えるのですが如何でしょうか?

それでは、笑いながら、クルマへの思いの核心に触れてみましょう。
Posted at 2009/11/23 07:41:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2009年11月22日 イイね!

焼損 キセノン用リレー交換

焼損 キセノン用リレー交換数日前から、突然キセノンが不点燈になったり、点灯しても立ち上がりが遅かったりと不安定な状態になっていた。
それがバッテリーを交換した直後から、まったく点灯しなくなってしまった!!

さすが中華製のキセノンだから、ついに逝ってしまったか・・・とも思ったが、いきなり両方がダメになるなんてとも思いつつ、ネットをクグッてみると、結構いっぺんに NG になったパターンが散見されたのだが、いや、ウチに限ってそんな事は無いだろう・・・無いに違いない・・・無いハズ・・・と自分に言い聞かせながらチェックを始めてみた。

一応、簡単な配線図は以下の通り



まずはバラスト直前の電圧は



まぁ・・乾電池並みの電圧じゃぁ点かないよねぇ。。。次ぎに、バッ直の電圧は



さすがに、バッテリー交換直後という事もあり十二分に電圧は確保されていた。

バラストからバッ直までの間にあるものと言えば「リレー」。そこでいそいそとリレーを交換すると。



「1V」ほど電圧降下しているのが非常に気になるが、電圧確保され、もちろんキセノンも点灯した。

因みに今回、交換したリレーはこれなんだが



正直、リレーの容量は十二分に確保したつもりだったが、もしかしたら X-Car のチェック機能、電灯類が OFF になっていても、タマ切れを調べる為に、一定の間隔で瞬間的だが電気を流しているのが悪戯しているのかもしれない。
クルマが稼動している間中、瞬間的に ON-OFF を繰返している訳だからリレーには辛い環境かもしれないのだ。さらに、新品のバッテリーを入れたもんだから、一気に焼損を加速させてしまったというのが考えられる。

まぁ根本的な対策にはならないが、一応今回交換したリレーは容量を上げておいた。

念のために交換したリレーを分解してみると



やはり接点が、若干焼損気味ではあったが、正直この程度で・・・と毎度の事ながら電気のデリケートさに驚くやら呆れるやら。。

行く行くは、車両のヘッドランプからリレーに繋がっているラインに一秒程度のディレィ回路を組まなくてはとも考えているのだが、容量アップのリレーで暫くは様子見とする事にした。


Posted at 2009/11/22 15:25:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | X-Car | クルマ
2009年11月21日 イイね!

六年 重い腰(バッテリー)をあげてバッテリー交換

六年 重い腰(バッテリー)をあげてバッテリー交換どうも気温が上がってきて始動性が悪くなったなぁと感じて来たので、お約束のバッテリーのチェックを行ったが、バッテリーのインジゲータは正常の「グリーン」を示していた。

さらに念のために・・・と思い、過去の整備点検簿を眺めてみると、どうもバッテリーを交換した様子が見られないし、搭載されているバッテリーも車載標準のまま。
まぁ、以前のオーナーは完全にサブディーラーに完全に車検点検を任せていたので、バッテリーも標準品を何かの機会に載せた可能性が無きにしも非ずだが、本格的な冬を目の前にして交換を決意した。

X-Car の標準のバッテリーの容量は「70Ah」という大きなもので、容量の大きさゆえにギリギリまで頑張るが、ある日突然ギブアップしてしまう・・という評判の高い事も交換を決意させた要因だ。

とりあえず市中のイエローハットやオートバックス、ジェームス等で価格を調べてみたが、大体3万円前後が相場。しかし調べてみると、ネットで買えば一万円の中盤で買える事がわかったので、今回はバッテリーの処理場所も確保できたこともあってネットで 「¥16、905也」で購入する事にした。

交換作業だが、 X-Car はバッテリーがトランク右側に搭載されている。



カヴァーを取外すとようやくバッテリーが登場



このままだと、バッテリーチェックのインジゲータが、バッテリーを固定するステーに隠れてしまうと言うのは、メーカーのちょっとした過ちかと・・・完璧主義のゲルマン民族でもこんな初歩的な間違いをするんだと一安心もしたりして・・・閑話休題

まだまだ、そけいヘルニアの傷口も完治していないというのに、エイヤエイヤと70Ahのデカイ、バッテリーをトランクの横から引きずり出すと



バッテリーの横に交換をしたと思しきマーキングがあった。

2003年12月・・・・・・・

6年の使用が短いか長いか?は論議の余地があるが、正直、頑張ったのではないかと思う。

ブラックの精悍なカヴァーの、 シルバーバッテリー を新たに載せ端子をセット。



今度はインジゲータの位置が微妙に変っており、バッテリーを固定するステーを被せてもインジゲータが見えるのでチェックが容易になった。

さて交換後の印象だが、エンヂンの始動性が大幅にアップしたし、オーディオの音が劇的に良くなったのには驚いた!!!さらにだ、ナヴィゲーションの画像が鮮明になったのは参った。。

そして・・・ヘッドランプのキセノンが点かなくなったのはご愛嬌という事で、正直、安い買い物ではなかったが、やっぱりバッテリー交換は定期的にという至極当たり前の事を実感したという次第だ。



Posted at 2009/11/22 16:39:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | X-Car | クルマ
2009年11月20日 イイね!

提携 日産スクラッチガードを携帯へ。。。

提携 日産スクラッチガードを携帯へ。。。僕は基本的に、何かを買っても長々と使っている。

携帯もそうで、かなり型遅れになって、どこかが壊れてしまって買い換えるパターンが多数だ。

携帯を長く使って気になるのが、特に角の部分の塗装の剥げで・・・そんな中、ひとつのニュースが舞い込んできた。


日産自動車株式会社 <7201> は10日、東京大学およびアドバンスト・ソフトマテリアルズ株式会社と共同開発した塗装技術「スクラッチシールド」の特許実施権を、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)に許諾すると発表した。同技術はドコモの携帯電話に採用される。

以前から日産は、特にクルマ向けに開発した技術を、つまり「知的財産」を異業種へもライセンスする事を盛んに行っており、今回の「スクラッチシールド」の許諾も、その一環なのだ。

まぁ、スクラッチシールドも完全無欠の傷消しではないが、傷つきが減る、塗装の耐久性が増す事は間違いないだろう。

クルマの補修業者やコーティング業を、生業としている筋では、クリアーが強固なんで磨きが地獄だ!とか二次的な副作用が言われていますが、携帯ならその心配もなく、ある意味でスクラッチガードの使用先としては最適なのかも知れませんねぇ。。

まずは、大嫌いなドコモからという事ですが、ぜひここは他社にも・・・と思うのですが。。。
Posted at 2009/11/20 22:55:57 | コメント(6) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

BMW バックフォグライトの利用例 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/16 13:25:27
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 

ファン

170 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.