車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2011年05月30日 イイね!
伝統 U13 ARX に 伝統を見た。




 

 
 前回、代車として活躍したのが2009年の4月。

代車 いやぁ実はハブベアリングがねぇ。。そして代車は
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/12935205/

 「ツラソト」 というジャンルを確立して無事に戻って行ったのだが、あれから二年の月日が流れ、まさか再会するとは思わなかったというのが偽らざる心境であった。
 なんたって、U13のど初期に当たる平成4年登録車。ざっと数えても20年の月日が経とうとしているクルマなのだ!!

 そんな懐かしい感覚に浸る間も無く、台風の影響もあって酷い雨の中、路上へとARXを連れ出してみた。まずは、X-Car に乗った直後だったから、なんたって、全ての操作系が軽い事、軽い事・・・。それでも、良い時代の日産車のおかげで、不当にスティアリングが軽いだけでなく、不思議な事に、切ったら切っただけ、回りすぎるでもなく、ピタリと思ったラインをトレースしてくれる操縦性の懐の深さには、20年の歳月を感じさせない味わいがあった。

 ご存知の通り、U13のエンヂンはSRが搭載されているのだが、特に初期の本当に本当の初期型の後、実はマイナーを待たずして、密かにカムプロフィールが変わっていたりして、オーヴァーラップの見直しがされ、随分大人しくされたのだ。

 それ以前の個体である、この 主治医 「エスプリオート 」 のARX君のエンヂンフィールは、前回も感じたが、今までに乗ったノーマルのSR20DEの中で、 「最良」 のものと言っても過言では無いだろう。
 初期のプロフィールのカムが入っているエンヂンのフィールは、例えるなら、 「回りたくてしょうがねぇ」 というのを、とりあえず押えながらという感覚といえば、その様子が伝わるだろうか。

 とても20年選手の疲れ切った様子など微塵も感じさえない優れたモンである。


ふたつのボディスタイルを持つU13。ARXは国内専用のモデルであった。

 ただ JATCO の、それで無くとも変速ショックの大きなATは、エンヂンとは違って、すでに壊れかけの状態で、特にローからセコへの変速時の、背中を突き飛ばされるような 「ドンッ」と言うようなショックを通り越した 「衝撃」 と、リヴァースに入れると、ボディ全体を揺さぶる、心地よい?振動には正直閉口してしまったが(苦笑)。

 雨の中のドライヴだったので、ペースを落としてなんて思っていたが、前記の通り、エンヂンの威勢のよさに根負けしてしまい、結構なペースで一般道を、バイパスを、山坂道を走るハメになってしまった。


ARXにスポーティさを求めては・・・いえいえ、それがなんですね。。(画像は、モータファン別冊「ブルーバードすべて」から)

 まぁ、ピラードとは言え、さして強靭でもないボディ剛性なんだが、P10のプリメーラとは違った、ストローク豊かなストラットサスのおかげで、路面とタイアはコンタクトをなかなか諦めないし、乗り心地も、20年選手とは思えないシッカリとしたものだ。

 リズムを刻むとはよく言ったモノで、豪雨の中、先読みをちゃ~んとして、スティアリングとATのポジションを適切に持って行けば、ほぼ思ったラインを描いてコーナーを曲がる事ができる。それもソコソコの速度で行けるものだから、結構楽しめるモンだ。

 バイパスなどで、古いクルマだと煽るクルマが居たのだが、手順を踏んで意外な速度でコーナーを曲がるとアッと言う間に、その不躾なクルマがルームミラーの視界の「点」になった時は、年甲斐も無く「やった!」と思った事は内緒である。


エレガント路線だった ARX も セダンの販売絶不調から後期ではエラクスポーティな雰囲気に・・・

 ただ、僕もSSSに乗っていた当時も感じていたのだが、絶対的には静かな部類ではなかった記憶どおり、特にロードノイズの進入の多さには唯一U13のネックを感じられずには居られなかった。

 名将「川村紘一郎」と、今流行の、現代の 名工らしい加藤氏 (高い日産車は良いですよ。でもS、Mクラスの日産車の足はねぇ・・・閑話休題) より尊敬している、操安のカリスマ「笹部憲一」の二大タッグにより、創造されたU13ではあったが、彼らもU12に比べて静粛性と操縦性の向上を図ったと言っていたけど、残念ながら静粛性では、まだまだだったんだなぁって再度、思った次第であった。

 今にも壊れそうなATで、絶好調のSR20DEの美味しさを全部引き出していない状態であったが、それでも、スッと座って、自然に運転できてしまう操作系の位置やロジックには、やはり伝統って凄いもんだと感心したし、その気になれば、それなりに呼応してくれる操縦性などに、ブルの血筋を感じた次第であった。

 あれから20年。

ブルーバードの正統な血筋も絶えてしまったし、外国かぶれになった日産など当時想像できただろうか?
そろそろ代車としての車齢も付きそうな状態だが、まったく違った車種に乗っていながら、また、時代を経てブルーバードに接する事になった事に、自分とブルーバードとの「縁」の深さを感じられずには居られなかった一日であった。
Posted at 2011/05/30 02:20:40 | コメント(6) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2011年05月28日 イイね!
旧友 今日の相棒はコレだ








燃料カプラー外れ事件があって、

燃料 気温が高くなり燃料の臭いがしますなぁ。。。
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/22517110/

工賃を聞くと、まぁ費用も大した事が無いので 『予防保全』 と言う事で、 主治医の エスプリオート に依頼して、機関部周りの燃料ラインを交換する事にした。

そして代車が画像のクルマ。久々の 再会 だ。さて、乗り味はどうなのか?再びチェックしてみよう。
Posted at 2011/05/28 16:17:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2011年05月28日 イイね!
明暗 小学校の今を見た今日は土曜参観日。

という事で、小学校に来ているのだが、 「防犯」「バリアフリー」 の今を見た気がした。

安全と、ハンディキャップがあっても大丈夫な設備。

これが今の小学校の現実なんだと実感した次第だ。
Posted at 2011/05/28 12:35:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2011年05月25日 イイね!
閉塞 ボルボS60のリヤシート探訪記。 エクステリアもカッコイイ!そして、これまでヴォルヴォが苦手としてきた内装の質感も劇的に良くなっているS60なんだが、その流麗なエクステリアを見ると心配になるのがリヤシートの居心地だ。

 フロントシートを、旧来の日本人体型である僕の胴長短足ポジションにセットして、リヤシートに回ってみる事にした。

まず気になったのが、リヤドアの形状だ。


デザイン上の、この張り出しが、狭い日本の駐車場ではネックになる。あと数センチドアが開いたらという場面だ。

 実質的な開口部は、身体を不自然に曲げたりしなくともスッと入るモンで、たとえば最近の日産LクラスのセダンでダメダメなBピラーの根元、ここが後ろに在りすぎて、足先が入りづらいなんてなく、自然に足先も室内に入れる事ができるのだが、デザイン上の要求で、後ろへ引っ張ったドアの出っ張り部分が、実質的な開口角度を狭めてしまっているのだ。。
 
 この画像の矢印の部分があるが故に、狭い駐車場などでドアを開ける際に隣の車、壁に干渉してしまう為に大きく開けられない・・・そうなると、雨などの時に急いで乗りたいと言う時にイライラしてしまうモンなのだ。。。

 ドアのオープニング形状に、デザイン重視の弊害を見つつ、実際に乗り込んで見ると、


しっかりとした居住空間。背もたれの角度も適切でいたく快適。ただフロントシート下のレールの幅が狭く、足先はちょっと窮屈か・・・となりで、うちの子が外が見えないよぉ~とクレーム中(笑)

デザイン重視というエクステリアで心配した背もたれの角度も適切で、実に自然に座れるし、フロントシートまでの距離もあって広々とはしていないが、十二分に座れる環境であった。
 ただ、ショルダーラインが高く、背の低い人には、少々、車外の景色を楽しめないかもしれない。
そして、フロントシート下のレールの間隔が狭い為に、上下の空間は十分にあるのだが、寛げるとまでは行かないというのが気になるポイントであった。そして、一番気になる頭上の様子だが


やはり頭上はグラスが覆い、中央はハイマウントライトが出っ張って・・・

 やはり、頭上にグラスが来て、日差しがきつそうである。まぁ、その辺はヴォルヴォも心得ていて、一応、ドット柄のセラミック塗装がされているが、それでも真夏は要注意だろう。
そして、この流麗なエクステリアのネガが部分が、リヤシートの中央だろう。

丁度この部分には、ハイマウントストップランプのユニットの張り出しが大きく、さらにヘッドクリアランスを狭くしている。

正直5人乗りの機会は少ないだろうが、そうした機会が少なからずともあろうと思われる方は、要チェック願いたい部分だ。

 流麗なエクステリアに、これまでのヴォルヴォらしからぬ、ある意味で独逸車的なフィーリングになった新しいS60。

相変らず安全性に対する姿勢は、他以上の情熱を感じ、しっかりとした造りは、他には替えられないヴォルヴォの魅力。正直、まだまだヴォルヴォの勢力範囲は小さいが、このS60とV60は、更に間口が広がる可能性が高いと感じる寄り道であった。
Posted at 2011/05/29 19:15:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2011年05月24日 イイね!
錯覚 お気づきですか?最近「イメージバンプ」が増えてきました。 最近、交差点などに、カラフルな模様が描かれているのを見た事は無いだろうか。

 横などから見ると、ただの模様にしか見えないが、あれは、以前から海外で良く見られている 「イメージハンプ」 というものだ。

 いったい、あの模様のどこが何なんだ?と思われるかもしれないが、クルマに乗り込み、直前で見ると立体的に見えて、あたかも路面に何かが有る様に見えると言う算段だ。

 最近は、住宅地や通学路の安全性向上が急務と言われているが、強制的に道路にカーブを付けたり、凹凸を付けたりして、物理的にクルマの速度を減らす手法が着目されているが、それには、費用がかかるし、振動や騒音の問題も出ていた。

 そこで、目の錯覚を利用したペイントに注目が集まるようになり、ペイントメーカーも力を入れるようになり

「ソリッドシート(積水樹脂)」
http://www.sjc.gr.jp/catalog/ebook/anzen/pdf/329.pdf

採用する所が増えて来ているという次第なのだ。

 まぁ、本物の凹凸と比べて、一度通れば、「な~んだ」となり効果が薄いというハナシもあるが、「注意喚起」という点からも、従来の「文字」による路面表示よりは「効果」が認められると言う事だ。

 そうそう、ちなみに物理的に施工している道路が横浜市内にある。

蛇行 地殻変動か!?どうみても不自然な道。。
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/186735/

 ここまでしなくとも・・とも思うが、実際には朝夕のラッシュ時には、まったく裏道としてクルマが大挙押し寄せ、結構な速度で走るので怖い思いをしていたのだ。さすがに、ここまですると随分、速度が落ちて安心度が増したが。。。

 クルマを楽しむと言う事には、「安全」にというキーワードもある事を忘れずにと言う事を、こうした工夫を見て思い出して欲しいと思う次第なのだ。
Posted at 2011/05/24 15:32:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2011/5 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.