• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2013年02月27日 イイね!

風景 早朝出勤は雨模様

風景 早朝出勤は雨模様




 雪になるのではという予報が外れて、冷たい雨模様の朝、夜が明けてきた、東名町田インター近くの以前ブログした メルセデス・ベンツ東名横浜 は、煌々と照明が灯され、実に良い雰囲気だ。

本物 メルチェデスのショールームはトミカタウンチック。
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/27958541/

日中のスカッとした青空の下のタワーも良いが、朝明けの、宵闇が迫る薄暗い時間の照明の灯ったタワーの雰囲気が好きだ。

 世間では不景気だと言われているが、どうも、ココだけは、いつも人が入っており、どうも不景気風とは無縁らしい。

 さてさて、今日もどんなドラマが繰り広げられたのか。

そんな事をツラツラと思いながら、道中を急いだ次第なのだ。
Posted at 2013/02/27 18:11:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2013年02月25日 イイね!

後姿 ティアナ寒冷地リヤワイパー

後姿 ティアナ寒冷地リヤワイパー




 いやぁ始めて見ました。

ティアナ寒冷地仕様リヤワイパー。

 やはり、僕の世代には「リヤワイパー」のご威光は有難味を感じますねぇ。ただ、ワイパーが「トーナメントタイプ」というのが非常に残念で、これが、以前ブログした様に、欧州車の様に「フラットタイプ」などを使っていたらさらにベストなんだが。

色付 冷遇されているリヤワイパーに敢えて挑むデンソー。
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/28254995/


日本車って高いクルマの「リアワイパー」も無粋で味もそっけもない。欧州車はスリムで見栄えが良いのにねぇ。

 欲を言えばキリがないが、何はさて置き、セダンの「リヤワイパー」なんてもはや絶滅危惧種。こうして「寒冷地仕様」のみに生き残っているとは言え、リヤワイパーの設定を残してくれている日産に珍しく感謝!だ。
Posted at 2013/02/25 05:14:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年02月24日 イイね!

回顧 「ファミリア・サルーンXG」と僕

回顧 「ファミリア・サルーンXG」と僕 いやぁ実に懐かしい写真が出て来た。もう、20年以上前の写真なんだが、志賀高原のどこかで撮った写真だ。


白戸家のお父さんも実に若々しい!!(笑)

 このころ、僕は新潟県の魚沼地方に住んでいたのだが、ある期間この五代目ファミリア・サルーンXGに乗っていた。
BD型と呼ばれるこのファミリアは、1980年にモデルチェンジされ、そのスクエアーでシンプルな外観、そしてXGというグレードには、フルフラットシートに、リヤに回れば、サイドからリヤシートにかけてグルリと連続する「ラウンジシート」が受けて実に売れたモデルだった。

 
サイドからリヤシートにかけてグルリと継ぎ目なく内装が続く「ラウンジシート」。たったこれだけの工夫で大人気を得た。アイディア、企画の勝利だ。

 デザインも然る事ながら、シャーシも新設計、そして、足回り、シフトなどなど全てが、国産車、いや、それまでのFWD車のネガが部分を徹底的に潰して登場したので、売れない訳無ないというくらい洗練され、メカ的にも優れたクルマだった。

 エンヂンは、E型と呼ばれるもので、これも新設計だったが、パワーは無いが、実に軽快に回り燃費も良かった。まぁ、この頃のマツダのレシプロエンヂン特有の「マツダサウンド」と呼ばれたザワザワとした燃焼音は残っていたが、とにかくトルクカーブがフラットで街乗りから高速まで乗り易いクルマだった。

 サスペンションは、これまた革新的で、SSサスペンションと呼ばれる、台形に配した2本のラテラルリンクをストラットで支える方式を採用して、これが後に、他メーカーにも普及して国産車の多くのFWD車のリヤに採用され、「パラレルリンク」などと名称が変えられていたが、基本的にマツダの方式が使われ、国産FWD車の操縦性の向上に大いに貢献したのだ。

 実際に僕は良く、コイツに乗って仕事やプライベートで魚沼の周りに存在した山坂道を走ったモノだったが、登りはエンヂンにパワーがなくどうしようもなかったが、下りになると、とにかく素直で、取り回しの良いボディと、ある意味でハッチバックより重量バランスが良かったので、下手な 86 などを追い回し、ボディを真横にしながら駆け抜け、コーナーのギャラリーの度胆を抜かしたことが度々あった。

 当時は、自分の腕前が良かった!!と思っていたが、いやいや、このファミリアの素性が良かっただけであって、後から反省する日々が続いたのも大いに懐かしい思い出であった。そう錯覚するくらい、BD型ファミリアはバランスが良く、FWD車とは思えない素直な操縦性を備えていたのだった。

 その他にも、シフトフィーリングを良くするために、太く、直線的にシフトリンケージを取り回したり、FWD車は小回りが利かないとう概念を覆う為、フロントのドライブシャフトの取り回しや、シャーシに工夫をして、当時のFR車と混色ない最少半径を実現したのも、使い勝手という点で大いに支持されていた。

 僕が乗っていたサルーンは後期前期型で、前期型の逆スラントのノーズが改められ、ハッチバックと同じ顔に変えられ(グリルの横桟の数が変えられていたが)、サルーン前期のあまり人気が無かったのを挽回したモデルだ。


徳小寺なら「赤黒」でしょう・・という声が聞こえてきそうだが、僕はシルバーがサルーンには似合っていたと思っている。 

 ボディカラーは、この型のファミリアと言えば「紅いファミリア」と言われたくらいだから「赤」か、「赤黒」ではと思われるかもしれないが、僕はこのシルバーがお気に入りで、これが細かいワンポイントなんだが、最後期に追加された 「 XGi 」 というインジェクションモデルの、ボディ下部に貼ってあった、ボディシルプロテクターを貼って、他所の XG とは見栄えを替えていた。

 それに 510ブル から移植した、PIAA イエローフォグランプ を吊るして、これがまた配光が良く、雪道で威力を発揮し、今の若い子は知らないだろうが、鉄チンホイールなんだが、リムにメッキのリングを嵌めて、ただの「鉄チン」じゃないぞと、アルミホイールを買えない若い懐事情の鬱憤を晴らしていた。(笑)

 このBDファミリアも、510ブルと同様に、クルマの楽しさを教えてくれて、さらに新しい時代のFWD車の操縦性も身に着けさせてくれた偉大なクルマだった。

 今では当たり前になった、トランクの床下収納や、スペアタイアを縦にも横にも積めて、


床下収納など今では当たり前の装備が、このBDファミリアで数多く生まれたのだ。

トランクの使い勝手を向上させるなど、今では当たり前の装備が、このBDファミリアによって生み出されたのだ。

 当時はゴルフが、世界のクルマ、FWD車のスタンダードだと言われていたが、このファミリアの登場で、そのVW神話の牙城の一角が崩れ、日本、奥州、豪州で カーオブ・ジ・イヤー を受賞し、日本車の地位の向上に大いに貢献した。

 510 に、この BDファミリア と日本車の歴史に残る名車と触れ合えた事は、実に僕のカーライフに於いて誇れることだし、運が良かったと今となっては思うのだ。

 そんな懐かしもアリ、誇らしい気持ちを、一枚の写真が蘇らせてくれた。きっと、この一枚はスリムだった(笑)僕の歴史と共に、日本車の歴史の一頁を切り取った素敵なモノと感じてならないと思った次第なのだ。
Posted at 2013/02/24 08:26:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2013年02月23日 イイね!

参上 久々のカレスト座間定例会

参上 久々のカレスト座間定例会 土曜日に休日出勤が春先まで続く予定の中、久々に土曜日に休みが取れた。

気温は低く、日なたでも寒かったが、天気は上場、久々にカレスト座間へと BX-Car を走らせた。さてさて、今回はどのくらい集まるのか・・・・

 カレスト座間へと着くと何時ものメンバーが。数えると10人は超えている。参加する車種も多彩、年齢も様々で実に居るだけでも楽しいモノだ。

 昼食は 闘牛 の後に開店した 魯園菜館 で、700円で満腹を超えた満腹を味わった。

 所要があったので、少し早くカレストを後にしたのが少々残念だったが、久々の再会で実に楽しい時間を過ごせた。

 参加した皆さん、お疲れ様でした!!
Posted at 2013/02/23 19:24:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2013年02月22日 イイね!

送料 73,500。

送料 73,500。







 通販を眺めるのが好きで、時間を見つけては色々なアイテムを見ているが、インポート物には、思わぬ落とし穴が存在する。

 そう 「送料」 だ。

 オークションでも良く見られるのだが、海外から送ります・・・・というパターンが非常に危険。

送料が 何千円 というレヴェルならまだましも、中にはいやはや、売価を低く見せる為に、送料が大変なモノもある。

 TOP 画像は最近見つけた、僕が見た 最高値 の送料だ。

 知っている人なら分かるだろうが、これなら、この車種で有名な チューナーブランド の良いモンが楽勝で買えたりするのだ。

 見ていて楽しい通販。ただ、くれぐれも、そこには何か落し穴があるという事も、お忘れなく。
Posted at 2013/02/23 09:46:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.