車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月11日 イイね!
祈願 日本橋ど真ん中で 仕事で日本橋のど真ん中に来ています。

最近CMで有名になった場所ですが、今日も多くの人が三々五々、色々な目的でここに集まっています。


CMにも登場する 福徳神社。平成26年10月に新社殿に

周りを、高層ビルに囲まれているのですが、緑に囲まれて、まさに都会のでオアシスと言う感じ。


神社の周りは緑溢れる憩いの場に。奥には、魅力的な甘味処 が

神社のすぐ側には甘味処があるのですが、そこの 今川焼 が見ているだけで美味しそうで・・・


今川焼だけで、こんなに種類が。しかも、かなり美味しそう

毎回、葛藤しながら通り過ぎているのは内緒です。(笑)

都会の緑って良いなぁって、ホント実感できる、僕の好きなスポットです。


Posted at 2017/05/11 14:12:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年05月07日 イイね!
買換 今日、スマホを買い替える。 実は2カ月くらい前からスマホの調子が絶不調に陥り、最近は、急激に電池が消耗するという状態に至り機種変更することに決定。

 SHARP Hachihonmatsu モデルがどうしても欲しくて、幾つか回るが何とどこも在庫が無く。

 最後にはスマホを買って以来 、SHARP Higashihiroshima モデルばかり買ってきたのを Xperia XZ SOV34 にしようと目の前に Xperia が来た時にフト気が付いた!!

「コネクターの形が違う!?」

 不勉強だったのですが、これが USB Type-C という形式で、これから主流になると思うのだが、まだまだ少数派。


これから、主流になる・・・USB Type-C 。でも現段階では超少数派。

 まぁアダプターなどを買えば使えるが、それも不便、やっぱりコネクターが違うと、手持ちの色々なモノが使えないという事で購入を断念。

 最後の最後に、念のために入った某量販店に、なんと一台だけ SHV37 が!!

 そして迷わず購入と相成りました。これから色々な設定がは置いといて、久々の新しいスマホとの共同生活がまた始まりました。
Posted at 2017/05/07 22:04:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年05月06日 イイね!
段光 シフトポジション LED 化 というよりLED追加! C26前期型は、シフトポジションにイルミネーションが無く、特に夜間になるとATのシフトゲート周りに明かりが無いのでずいぶんと暗く感じるものだ。

 そこで、シフトポジションにLEDを仕込んで雰囲気を変えてやろうと画策した。

 自分でも、これくらいのLED化はできるのだが、ネットで探ると、出てくるは出てくるは・・・・市販品でも単色だったり、三色のモノがあったりバラエティに富んでいた。

こちらは単色のLEDシフトポジション


こちらが、オーソドックスな三色タイプ。「R」と「N」が違う色になっている。


最近、すい星のごとく現れたのが「調光タイプ」だ。


この中から僕は、3色タイプを選んで購入した。そして、なんとオーダーして翌日やって来たのが、


LED本体と固定用の厚みのあるテープと電源を確保するためのエレクトロタップのセット。

セレナ C26系 シフトゲート用 LED ポジション灯 というアイテムだ。
このアイテムは「R」と「N」の部分のLEDが色違いになっており、その光が他に回らない様にLEDの周りが囲まれているのが特徴だろう。

 早速取り付けに入ろう。まずは、シフトノブのシャフトの部分、クロームメッキの「筒」をエイッと押し下げる。


一見すると動かなそうなんだが、カコッと言う感じでいとも簡単に「筒」が下る。

すると、いとも簡単に「筒」の部分がカコッと言う感じで一段下がる。そしてシフトノブを引き抜くために、


この小さな小さなピンを飛ばさない様に引き抜くと、シフトノブが外せる。

ピンを引き抜くと、スポッとシフトノブが取り外せるのだ。

 シフトノブを引き抜くと、今度はシフト周りのパネルを取り外し、シフト下部のカヴァーが爪4つで固定されているので、


シフト下部のカヴァーの爪4カ所を外して、LEDを挿入するインローを露出させる。

爪をリリースさせてカヴァーを取り外すと、シフトポジションを後ろから照らすLEDを挿入できるスペースが見えてくる。

 後は、購入したLEDをインストールして、配線をすれば完了。


個人の作品と違って、車種別の専用設計の市販品はピッタリとスペースに嵌る!!

 あとは電源の配線を、どこから取るかなんだが、僕はエンヂンを始動中は常時点灯して欲しいので、ACCのラインを見つけてエレクトロタップにて電源を分割した。


テスト点灯の様子。明るい場所でもハッキリと点灯した様子が分かる。

 さてさて、あとは逆の手順でカヴァーやらノブやら、ピンを戻して完成。できた様子は、


エンヂン始動で常時点灯。明るくてもポジションがしっかり光っている事が分かる。

エンヂン始動で電源ONなので、明るい時でもシフトポジションが照らされ、それだけでも雰囲気が変わる。

 さて、メインの夜間はというと・・・・・・


やたら明るくて露出が上手く合わない・・・(笑)

 これが、かなり明るくてシフト周りが想定外に賑やかになったが、場所がかなり低い位置なので、運転などに支障がなく、逆に後ろの住人からはイルミがきれいだねぇと好評の様子。(笑)

 ちょっと、ポジションの文字の中央より向かって左に「光点」があるのが、重箱の隅をつつくように気になるが、こちらも実害が無いので、取り合えずヨシとしている。

 ちょっとしたことなんだが、雰囲気がえらく変わったので今回の LED 追加作戦は「成功」という事で取り合えず完了となった。


 さてさて次は・・・・・・




Posted at 2017/05/07 16:16:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2017年05月05日 イイね!
健康 今年も菖蒲湯に浸かれました 穏やかな暖かい日が続く今年のGW。

そして子供の日。いつもの年の様に 菖蒲 を買ってきて、 菖蒲湯 を楽しむ。

これから一年も家族が元気で過ごせると良いですね。
Posted at 2017/05/06 09:07:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年05月05日 イイね!
爆輝 ルームランプLED化 決して暗いとか、黄色味が掛かった色合いが好きでは無い・・・・という訳では無いのだが、ポイントがたまって、その使用期限が迫っていたので、 【断トツ207発!!】C26 セレナ LED ルームランプ 6点セット を入手した。

 全くの 車種専用 ではないが、納まりがイイ形状や大きさのLEDを集めた感じのセットで、特に取り付けに工夫がいるとかなどの手間が無さそうだったので購入した次第だ。

 それにしても、ネットで ルームランプLED化 なんていうキーワードで検索すると実に多くの製品がHITする。相変わらず注目度が高いんだなぁと実感。



 LEDと言えば、僕の世代から流行り出したモンで、当初は、例の砲弾型のLEDしかなく、指光性が強く、如何に光を散らすかと悩んだものだ。

 そんな中、砲弾型のLEDの頭を削ったり、ヤスリをかけてみたりして、光を拡散させて 以前の愛車 Limited号 の場合、こんなメータを完成させた。


まずは均一に光らせる事に苦労して、完成したのがこんな感じ、イグニッション・オン前とオン後、最初に指針が赤く光り、次に全体に光が入る

 実に凝りに凝ったモンを作ったのだが、これ以外にも色々と作ったのだが、最近は、大体の部分で、そのまま使えるLEDを使って製品が増えて、しかもそこそこの価格で、クオリティの高いモノが簡単に入手できるようになった。

という事で、ここは素直に市販品を買う事にした。

 購入したセットは、取説に各部の大きさに合わせたLEDのの基盤、


ルームランプの大きさに合わせたLEDが装着された基盤と取説が

それと合わせて、各ルームランプのバルブの形状に合わせたアダプター、


T10にT10×31とかS7/8と呼ばれるバルブに合わせたアダプターも入っていた。

 ここまで来たら、後は交換するのみ。フロントのルームランプはT10タイプが、リヤシート以下のルームランプにはT10×31とかS7/8と呼ばれるバルブが使われていたので、それに合わせたアダプターを使って電源を確保して、アダプターの先に、LEDの基盤を装着し、ルームランプに収める。


フロントのルームランプはT10タイプが、リヤシート以下のルームランプにはT10×31とかS7/8と呼ばれる電球が使用されていた。

 さてさて、装着後の様子なんだが、FLUX と同じような拡散性を持っていているのだが、それに比べて色合いが、かなり白く、ずいぶんと雰囲気が変わる。


色合いが、これまでの FLUX と違って純白に近いし、なにより「明るい」。

 これが全体になると、もっと雰囲気が変わって、


光量も増大して、色合いも白いので、ずいぶんと明るく全体を照らしている。

光量もそうなんだけど、色合いが純白なので、ずいぶんと明るく感じるものだ。

 手軽で簡単なイメチェンと言う感じでは、今回のLED化はなかなか変化量が大きく、使用前と使用後の差が大きいので見た目のインパクトが大きいので、そうした向きには満足度が高い一品だと思うのだ。

 
Posted at 2017/05/06 05:01:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.