車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月23日 イイね!
10度の環境において





オリーブオイルは、ドロドロとなったが
ゴマ油は、サラサラだった






冬に摂るならゴマ油ってことか

2017年01月22日 イイね!








東京からモノレールで羽田空港に行くとき、ややこしいからメモ

JALは、第1ビル

ANAは、第2ビル




京急電車で行くときは羽田空港駅ひとつだから簡単

でも、先頭か最後尾かで迷う

JALは、最後尾
ANAは、先頭





全体図



京急は両方のビルに直角に駅があるんだね







Posted at 2017/01/22 20:46:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 関東一周 | 日記
2017年01月22日 イイね!



いまにも水の中に入るのかと思ったら
じっとしてる

よく見ると寝てる(笑)





おまけ

SKE48も育ててる




初期の衣装ではなかなか成長しない






















Posted at 2017/01/22 10:13:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | いきもの
2017年01月21日 イイね!


以下、みなさんはどう思いますか?

http://www.link-21.com/earth/a11.html
より抜粋
+++++++
原子力の嘘。核分裂なんて起きない


(1) 核融合とは水素爆鳴気の連鎖である

化合物とは、2種類以上の元素が化学結合で結びついた物質ことで、化合物は加熱することで化学結合が緩み、固体から液体として気体へと相転移する。液相から気相への転換した状態の化合物を臨界状態といい、その転換点を臨界点という。

これに対して、原子炉などで、原子核分裂の連鎖反応が一定の割合で継続している状態の臨界は別の概念として扱っている。しかし、そもそも核分裂という化学反応の原理は誰も説明できない。

水は374℃で臨界状態になり酸水素ガスとなる。そして、570℃で発火し瞬時に水に戻る。これを爆縮反応といい、水の温度と発火点の温度を差し引いた熱が残る。

水の温度は沸点以下であるから、残存の温度は500℃以上で、水の臨界点を超えているから水は瞬時に膨張して酸水素ガスになる。この瞬時に膨張する反応が爆発であり、水が酸水素ガスに瞬時に変化する反応が水蒸気爆発である。

水が瞬時に酸水素ガスにかわる爆発反応で圧力が上昇しさらに温度が上昇する。圧力が漏れない環境の中では、この爆縮と爆発のサイクルは加速されて温度も圧力も上昇していく。

この爆縮と爆発が拡大していく連鎖反応は、現代科学のいう核融合である。つまり、核分裂など存在しないのである。

原子核融合は、軽い核種同士が融合してより重い核種になる反応とされ、その結果大きなエネルギーを放出するという。

核融合は、現代科学の核分裂反応を重水素やトリチウムの核融合反応を誘発し莫大なエネルギーを放出させると水素爆弾でその存在を証明したというが、放出する膨大な熱量は、水と酸水素ガスの爆縮と爆発の連鎖による熱量の上昇と考えた方が合理的ではないだろうか。

つまり、核分裂という物理的反応は存在しないのであり、分裂ではなく、爆縮と爆発の連鎖とそこで起きる熱量の上昇という現象、つまり、現代科学の「水素爆鳴気」の論理を発展させれば済んでしまう。

(2) 核兵器は水蒸気爆発を利用した兵器

① ウランは核分裂などしない。
② 中性子は存在しない

ウランは、反粉末を空気中に放置すると、空気中の酸素によって発火する。

燃焼とは、水素爆鳴気の連鎖であるから、この現象は、ウランが酸化することで空気中の水粒子が分解され水素に分解され、酸化ウランと水素が静電気に反応して、酸水素ガスになる現象である。(燃焼とは爆縮と爆発の連鎖のこと)

ウランは、酸化しやすい一方、水素を取り込む水素吸蔵合金の性質をもっている。

ウラン単体を水に投入すると、ウランは水から酸素を奪って、水素ガスが発生する。
これは、空気中の水蒸気が、ウランの酸化で水素が取り残されるからである。この現象は、空気中の水蒸気でも起きる。

1 つまり、ウランは酸化で酸素を取り入れて、水素吸蔵反応で水素を取り込む。
2 取りこまれた水素は酸化ウランと化学反応してウランと水に戻り空気中に放出される。
3 ウランが酸化するときに空気中の水蒸気の熱を吸収する。1と2の連鎖による蓄熱(ヒートポンプ)でウランの温度が上昇する。

U + H2O → UO + H2 → U + H2O

(3) 原子爆弾の仕組み

以上を踏まえて、原子爆弾の仕組みを説明する。

① ウランは酸化する時に、空気中の水の熱を吸収し蓄熱(ヒートポンプ)する。ウランの熱量が374℃を超えて水が酸水素ガスに気相転換し、570℃で発火点を超えたときに、水蒸気爆発が起きる。
② 水蒸気爆発と平行して、ウランの酸化反応と水素吸蔵反応の連鎖は、水蒸気爆発の圧力と比例して上がる温度を吸収しながら、ウランの沸点3745 ℃まで繰り返される。
③ これによって、水蒸気爆発をはるかに上回るエネルギーが放出される。

また、原子炉のウランの化学反応を制御するのに軽水を利用するのは、蓄熱の上限を抑えるためにであり、黒鉛をつかうのは、水素の供給を制御するためである。

ウラン235と238の違いは、水素吸蔵反応を有するかどうかの違いで、ウラン235は水素吸蔵反応の性質を持っている。

(4) 水素爆弾とは

水素爆弾とは、ウランやプルトニウムの酸化還元反応に対して、重水素や三重水素(トリチウム)を用いることで大量の水素を供給することで、水蒸気爆発の熱エネルギーを大きくするものである。

原理は、空気中の水蒸気は、ウランやプルトニウムの水素吸蔵反応で水素と自由電子に分解されるが、重水素や三重水素(トリチウム)は水素の放出循環の効率が上昇する。

(5) 中性子爆弾とは

中性子爆弾とは、酸化還元反応で作られる水素は同時に自由電子を放出する。

自由電子は、可視光線の範囲でその電磁波と共振し熱を派生するが、この振幅は電磁波の性質を有し、その電磁波が水蒸気爆発の音波に乗り拡散する。

酸化反応と水素吸蔵反応の連鎖で、ウランとプルトニウムの発火点の570℃を超えた時点で水蒸気爆発が起きるが、水素爆鳴気と酸化還元反応の連鎖を抑えて、自由電子を水蒸気爆発の爆風で飛ばす爆弾である。

スペクトルの波動に同調した自由電子は電磁波として周囲に飛ぶ。この電磁波は、生物に影響を及ぼす。

(6) 3F爆弾とは

3F爆弾とは水素爆弾(水爆)の外殻にウラン238を用いたもの。ウラン238は、水素吸蔵反応を持たないが、3745 °を超えて解離すると大量の自由電子を生み出す。

この自由電子を飛ばすことで、熱エネルギーによる破壊と電磁波による生物の死傷をもたらす。

(7) 地震は爆縮と爆発の連鎖が地殻を振幅させる

地震現象は、地殻内の閉じられた空間で、マグマの熱で水が解離した酸水素ガスが充満してマグマと接触することで爆縮反応が起きて、爆縮で再生された水がマグマと接触して起きる水蒸気爆発により地殻が振幅する現象である。

爆縮による水の形成されるときに酸化反応で発生する熱は、水蒸気爆発で拡散する水蒸気を再度解離する。この繰り返しが地殻の振幅と比例する。

地殻の振動は、水蒸気爆発の地点の直下の場合は地殻は上下に振幅し、その回りでは横の振幅を受ける。

地上では、地盤の固い所は、上下の振幅が強く地割れなどの現象がでる。地盤が弱い所では沈降(陥没)したり液状化現象が発生する。

海底では、地盤が固い所では水蒸気爆発による瞬時の隆起が津波を引き起こす。この場合、引き波は発生しない。

地盤がよわい所では、地殻は沈降し海水は引き波として吸い込まれたのち、引き波どうしがぶつかり合うことで津波が発生する。

地震発生後、残存する酸水素ガスが地表から出て燃焼する。酸水素ガスが地表から出て燃焼する現象は、山火事でも起こり得る。

(8) 地震前駆現象(宏観異常現象)について

地震時の地鳴りは、沈降部分の側壁の崩落時の音である。

発光現象は、酸水素ガスの空間の自由電子が大気に放出される現象で、雷の現象の逆である。

1 元素と元素は電子を継手として結合していて、化学分解時には電子は自由電子となる。
2 電流とは電子が濃い空間から薄い空間に自由電子が移動する現象である。従って正電荷は存在しない。

① 海底では温度上昇が起きて魚の異常行動が現れる。
② 地震直前には気温と湿度が上昇する。
③ 井戸の水が蒸発(涸れる)する。
④ 雷雲のときのような電磁波の異常が見られる。

地球人のいう地殻のプレートの境はマグマの河である。北半球では右回りに、南半球では左回りにマグマは流れている。

マグマの対流がぶつかっているところの火山活動や地震活動は強い。

マグマの流れが止まると、酸水素ガスが滞留しやすくなり地震や火山活動が活発になる。

現代の地球は、北極と南極の自由電子の密度が均衡していて、マグマの流れも弱く酸水素ガスが滞留しやすい状況である。

(9) 火山の形成と地震

火山の地下には、地下水がマグマで熱せられて酸水素ガス(解離ガス)が溜まりその圧力で地殻が膨張している。

マグマと接している地下水が蒸発して酸水素ガスに解離したときに、マグマを着火源として爆縮が起きる。

膨張していた酸水素ガス(解離ガス)は爆縮して水に戻るが、この水とマグマが接触して水蒸気爆発が起きる。また、爆縮で発生する酸化熱が爆風にのり火砕流となる。

① 火山の地下で酸水素ガス(解離ガス)が膨張。
② マグマと酸水素ガス(解離ガス)が接触し爆縮反応が発生。
③ 爆縮によって形成される水とマグマが接触。水蒸気爆発が発生。
④ 水の形成時の酸化熱が爆風にのり火砕流を発生。

②の時点で、爆縮のベクトルが、地殻の中央部分の時には沈降(カルデラ)し、山腹部分の時には山体崩壊(岩雪崩)を起こす。

沈降の中心部分はマグマの火口となる。

2014/3/30 記
Posted at 2017/01/22 14:15:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | ハイテク、サイエンス | 日記
2017年01月20日 イイね!
むかしヘビメタをやってたころは
オジーオズボーンとかツェッペリンとかやってたんだけど




いまは
あどけない表情と大音量ヘビメタ
が融合する新しい世界がある



あのころ、こういうのがあれば迷わずコピーしただろな(笑)


いつものオマケ
























プロフィール
「抽象度を高めていこう」
何シテル?   01/20 15:05
Macと呼んでください。旅とは美しいものとの出会いですね。地球のでっかさを知って、地球との一体感を感じるのが好き。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
光りもの 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/04 07:24:43
芝ざくら 滝上公園 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/13 18:59:15
帯広ドライブ 2日目① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/13 18:56:53
お友達
一期一会( ^-^)_旦~
来るものは拒まず去るものは追わず。
自由意志を尊重いたします。
Macと呼んでください。。
お誘いいただくときは現実社会と同様、簡単な自己紹介、またはコメントのやりとりをお願いします。親しき仲にも礼儀あり、まして初対面ならと思いますので。
225 人のお友達がいます
とんぼ2008とんぼ2008 * LC=相棒LC=相棒 *
エムケイエムケイ * 永遠のMT乗り永遠のMT乗り *
しろにいさんしろにいさん * 山さんw山さんw *
ファン
53 人のファンがいます
愛車一覧
スバル その他 まっく (スバル その他)
あれ?? ハイドラのアイコンが自動的にメイン画像に使われるみたいで、すみましぇんモフモフ ...
その他 徒歩 歩き (その他 徒歩)
歩き
その他 テニス ヘッド・ジョコビッチ・2013 (その他 テニス)
ラジカルとはちがい、ガットの縦横の本数がノーマル。そのためハードに打ち続けるとガットの寿 ...
トヨタ セリカ セリカ1代目 (トヨタ セリカ)
免許とって最初に乗ったのがこれ! 当時、洗練されたスタイルが光ってましたね〜♪ 賛否両論 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.