• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しぐまばかのブログ一覧

2017年07月25日 イイね!

フォグと泥よけなど

フォグと泥よけなどミニカをどうしてこんなにしちゃったのだろう?

免許取る前、シグマをラリー仕様にする計画がありました(子供の時の妄想です。今はやらなくて良かったと思っています)実際、シグマには泥よけだけはオプションでつけてもらいました。

何でそんなことを考えたのかと思い返してみました。

たぶん大元の原点は、表題画像の本では無かろうかと。
この本で色々車のことを勉強しました。これ以外は徳大寺さんの間違いだらけの車選びです。(この本でシグマは、重いので水没している周りを零戦が飛んでいる絵でした)

このケイブンシャの自動車大百科の中でたぶんジェミニだと思いますがラリー仕様の絵がありました。これにフットレストやフォグランプ、泥よけ、などがついていました。たぶんコーナリングランプやボンネットの黒塗装なんかもしてあったのではないかと思います。

それで年を取ってから


こんな絵を描きました。

また、実際に持っていなかったのですが、ヨネザワのカタログに載っていた

このマークⅡラリーの着色された泥。

あこがれました。このマークⅡのせいでシグマで雨のドライブの時はわざと水たまりに入ってもらってました。

また、

このラジコンの中のフェアレディZは持っていたのですが、やはりラリー仕様ということで買ってもらったんだと思います。ただ、これは右だか左だかしか曲がらないので困りました。


そんなこんなでミニカはこんなになっちゃいました。


こうなると形だけでも、アンダーガード、コーナリングランプ(これはどうもつけてはいけないようですのでつけません)虫除けのバイザーなんかもつけたくなります。本当はロールケージなんかもいいかなあ。でもこれはじゃまになるのでつけないと思います。

今回はインターネットで画像お借りしました。問題ありましたら消しますのでご連絡ください。





Posted at 2017/07/25 20:35:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミニカ | クルマ
2017年07月23日 イイね!

しま・・・

しま・・・つづき。

前の「しま・」で書いたように、作業をしました。鉄のアングルを鋸で切り、ドリルで穴を開け、失敗してもいいやの気持ちで適当に作ってみました。エンジンからなにやらボデーアースのような配線もきていて、それの取り付けも面倒でした。穴のサイズを大きくしたり、下穴開けようとしたりで、


↑リーマーも細いドリルも壊しちゃいました。

しかし一番の敵は塗装でした。主治医さんに言われたように、できるだけ前の塗装を剥がし、さびを削り、金属用の家庭用水性塗料で塗ってみました。はじめは防錆塗料をぬりました。赤いのかと思ったら、灰色でした。

これがなかなか乾かないし、べたべたします。ボルトに塗料がつきっぱなしだと、ねじ山がだめになりそうなくらいでした。適当に乾いたらその後黒の塗料で塗りました。ねじを締めるときにヌチャヌチャしてましたが、これだけ厚塗りすれば大丈夫だろう。

また、補強で入れたアングルも結局塗装が削れているので、ブラケットと同じ工程をしました。

これこそ見えないから超適当。自分がプラモデルが苦手なのは塗装が出来ないからです。乾くまで待てないんです。

とりあえずさびなきゃいいんです。一応こんな感じ。明るいところで撮れば良かった。


磨いた?ライトはこんな感じ




まだいろいろ試していませんが、補強アングルでしっかりした気がします。
Posted at 2017/07/23 22:26:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカ | クルマ
2017年07月23日 イイね!

しま・

しま・

塗装が薄かったので1週間でさびが、

一度バラして、塗装します。
ついでに




補強してみます。まだ、塗装が乾かないので、とりあえず、仮組

空いた時間に


↑磨く前



↑磨いた後

じぶんのうでではこんなモンでよしとします。

乾くまで暇だ。

Posted at 2017/07/23 11:26:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカ | 日記
2017年07月17日 イイね!

点灯式

って昨日点灯したんですが、写真取れたのは今日なので点灯式です。

今日もずっと仕事なので、夕方少し、ミニカと戯れました。
ドライビングランプだけつけると
こんな感じで
ヘッドライトもつけると


こんな感じです。
まわりに車が居たらドライビングランプは使えないので、活躍の場は少ないでしょうが、暗いところではとても見えやすいです。

配線が長いのでとりあえずしばって、スイッチはここに設置


今日はここでおしまいです。

グリルに着手できるのはいつのことやらです。

仕事帰りに生まれて初めてフォードGT40をみました。リメイク版だかなんだかよくわかりませんが、とてもかっこうよかったです。ただ、運転席は暑いんだろうなあ。窓は四角い小窓しか開かないようですし、運転手さんはとても涼しげな感じで乗っていました。ただ、この車アメリカの車だとは思うのですが、右ハンドルでイギリスの国旗のマークがありました。かっこうよかったです。
Posted at 2017/07/17 21:17:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニカ | クルマ
2017年07月16日 イイね!

ぶちょうしま・・・・・。

ぶちょうしま・・・・・。奥多摩に行きたかったのですが、シグマを用意して、奥多摩に行き、シグマを返すという行程をするには体力がないのでやめました。

そこで熱くならないうちにミニカに穴を開けてしまおうと思い作業開始。

主治医さんに作っていただいたブラケット。ねじの穴を開けるためにコアサポートなるものに穴を開けようと思ったのですが、穴の位置がわからない。そこで、付いているねじにタッチアップペイントを塗り、つけたい位置にあてて、穴の位置を決めました。


こんな感じでいいかな。

穴開けました。どうせ誤差が出るんだから、適当で。


開きました。穴の縁がさびないように、どうせ見えないから黒のタッチペン。


まずはつけてみました。


いい感じに見えます。

そこで、フォグランプ本体をセット。右は付くんですが、左はフォグの下が当って付かない。

ならば、ワッシャを入れよう。



いれてみた。

このブラケット。当然メガネレンチもラチェットも使えないのでスパナで回すのが大変です。

ワッシャー入れて、バンパーつける。フォグつける。つかない。バンパー外す、ブラケット外す、ワッシャーつける。ブラケットつける。バンパーつける。フォグつける。つかない・・・・・。この行程計4回。

ようやくとりあえず装着。汗だくだく。

でこんなかんじ



では、配線行ってみよう!というくらいの頃合いで、F31@4753 さんから今から会えないかとのメール。うちの車は動けないと連絡したらきてくれるとのこと。

暑い中車庫で作業しているとFさんがレパードでない車で登場。

その後いろんな話をしながら、エンジンルームから車内への配線を通す方法を模索しました。最初のイメージではゴムみたいなものをあけるかグロメットみたいな所はないかと探したが、見えるのはクラッチワイヤーの穴とアクセルワイヤーの穴。ここは何かさわりたくなくて、とりあえず奥多摩に行っているであろうb2212360さんに電話。電話ではわかりかねるとのことで近くにいたケジュナさんにも相談。そこで妙案をいただきました。
エンジンフードオープナーの穴を使えばとのこと。それはいけるんじゃないかと電話を切りくだんの物を見るとどうやらフェンダーを経由している模様。
フェンダー外しにくいしどうしようと途方に暮れていたら、救世主が。

なぜかお休みのはずなのに主治医さんからの電話。「網のフロントグリル届いてるよ」とのこと。これは渡りに船とバルクヘッド貫通作戦のことを話したら、助手席側にゴムでふさがれた穴があるよ。そこに以前、タコメータの配線引いたはずだけど。とのこと。探してみるとありました。バッテリーの後ろに。バッテリーをすぐに外して配線を通しはじめました。主治医さんに聞いた方法は針金みたいなやつにコードをつけて、そのゴム部分に通せばいけるとのこと。

針金がない。そこで割り箸で頑張ることに。幸い、Fさんがいてくれたので私が車内で引っ張り、エンジン側からFさんに割り箸をつっこんでもらう。ところが割り箸太すぎてなかなか貫通しない。そこでCRCとかの先っちょのノズルにつけて何度も通す。約一時間後コードが貫通。ギボシがついたコード2本通し、残り一本は室内からエンジンルームに通さなければなりません。(黄色いやつ)これは室内から入れなければならない理由はヒューズがついているからです。しかし、室内から通すのは物理的に無理。そこでぶった切ってエンジンルームから通しました。最後にここはギボシで接続しなければなりません。



なんだかんだでとりあえず形ができました。このとき、まだ、黄色いコード(スモールランプの+に接続する物)がついていません。今日の予定もあったのでこの状態でとりあえず主治医さんの元へ。

主治医さんの所で網グリルを頂き、一応いろいろ見ていただきました。スモールの+コードを見つけていただき、エレクトロタップをつけました。ついでにギボシをいただき(これ持っていなかったんです。最近)その場で配線。その間に主治医さんはエンジンルーム内の配線がひどすぎたので全部タイラップでまとめていただいてしまいました。



これで点灯できる。スイッチを入れたところリレーの音はするがつかない。
電源取る場所、+と-の接続間違えました。つなぎ替えると無事点灯。

いろんな人に迷惑をかけながらようやく完成。

夜周りに車がいないところでテストすると、これは具合がいい。目が悪くなってきた私にとってよく見えました。
横から見るとこんな感じ。

出っ張り具合はこんな感じ


全体像はこんなかんじ

カバーつけると


いい感じです。しかし、左右で5mmほど横方向に違いが。よーく見なきゃわかんないから気にしないことにしました。できれば穴の大きさを少し大きくして左右方向に角度変えられるようにしたいかな。
あとはぶれるのでぶれ防止対策を。(車体に穴開けるの抵抗があまりなくなったのが怖いです)

調達できたグリルははにかむのアルミです。ミニカマーク移植したいけど、外すのも怖いしなあ。


主治医さんF31@4753 さん、b2212360さんケジュナさんありがとうございました
Posted at 2017/07/16 23:07:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカ | クルマ

プロフィール

「@NAKAtec さん 体の方は大丈夫でしょうか?」
何シテル?   07/26 21:32
しぐまは39年、ミニカは9年くらい乗っています。古い車とシグマのミニカーが好きです。よろしくお願いいたします。ちなみに出身は横浜市、第二のふるさとは宮城県の仙南...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャランΣ 1号車 (三菱 ギャランΣ)
新車で父が購入し、約30年間乗っています。幼稚園のときに私がこのシグマを選びました。 車 ...
三菱 ミニカ 3代目2号車 (三菱 ミニカ)
毎日乗っている足車。小回りきいて、燃費が良くて、荷物が積めるので便利です。旧三菱のMマー ...
マツダ ユーノスロードスター 2代目2号車 (マツダ ユーノスロードスター)
11年間活躍してくれましたエアコンパワステパワーウインドー無し。夏は暑く、冬は寒い。黄色 ...
トヨタ スプリンタートレノ 初代2号車(偽藤原豆腐店) (トヨタ スプリンタートレノ)
仕事で東北に行くことになり、シグマを融雪剤の多い地域に持っていくことはできなかったので、 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.