車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月28日 イイね!
2017 富士芝桜まつり、からの朝霧高原♪
2017年5月11日(木)。

この日は今年になって初の有休取得。

365日24時間臨戦態勢だったが、

昨今はそんな根性論はぶっ飛ばされる。



今期から取得日数(率)そのものも目標化され、

職階毎の取得率が組織の業績考課に反映されるとか。

つまり計画的に取得しないと容赦なく減点対象になる。

強引にも思えるやり方だけど、昭和世代の意識改革には

このぐらいの荒療治が必要ということなのだろう(汗)


で、最終盤の芝桜でも観ようかと羊山公園へ行こうと思い、

ネットで情報をググってみると、秩父の芝桜は既に終了。

まぁそうだよね、GWをターゲットに育成管理してるんだろうから。

う〜ん、すっかり芝桜モードになった頭をリセットできず、

芝桜つながりで河口湖町の富士芝桜まつりをチョイス。


富士山の麓にこのような施設が出来たことを知ってはいたが、

しっかり調べるまでは「一体どこだろう」という感覚だった。

しかし、、、場所をWebで確認してみてビックリだった。

ここ、昔の本栖ハイランドじゃん!

オフローダーのメッカ的な場所で、4×4MAGAGINE、

そのVHS VIDEO版にもよぉ〜く登場していた。

四駆に乗っていた当時はいつか行こうと思い描いていたなぁ。


更に、よく立ち寄る道の駅「朝霧高原」が間近にある。

もっと言えば、その隣りは先日訪れた富士花鳥園だし。

典型的な「灯台下暗し」パターンだった。


と前置きが非常に長くなってしまったが、

朝6:20に河口湖ICに向けて自宅を出発。

GW後の平日ということで、極めて順調な移動だった。

8:00前には道の駅鳴沢に到着。

しばしトイレ休憩と富士山の勇姿を眺めていた。


会場入りは8:30過ぎだったけど、駐車場はもう混雑気配。

【1】

Lr-7747-3



そそくさと車を停めて会場まで歩くこと数分ほど。

【2】

Lr-7753-2



途中の山道には御殿場桜が踊るように咲いていた。

【3】

Lr-7755-3



やはり都内と比べると気温がだいぶ低いんだろうね。

【4】

Lr-7756-2




会場へは南端から突入。

【5】

Lr-3619-2



割と平板な土地に一面の芝桜。

【6】

Lr-3628



奥に物見台のような櫓が組まれ、大勢の観光客が。

【7】

Lr-4229-2



その手前には芝桜のミニ富士が鎮座していた(笑)

【8】

Lr-3621-4



芝桜とリアル富士のツーショット。

【9】

Lr-3623-2



物見台にも昇ってみたが、景色の見える位置に立つのにひと苦労。

【10】

Lr-7761-2



さらに写す対象が芝桜なのか観光客なのか、

イマイチ分からない出来映えに少々げんなり。

気を取直して、平地から主に富士と芝桜を撮る。

【11】

Lr-3633-3



【12】

Lr-3635-5





逆さ富士の見えるという龍神池なども取り入れて、

場所を変えながら何枚か撮ってみた。

【13】

Lr-3636-2



【14】

Lr-3637-2



【15】

Lr-3638-5




しかし、やはり段々人あたりしてきて、早々に撤収。

【16】

Lr-4226



【17】

Lr-4227




立つ場所・目線によって桜と富士の写せるスポットなどもあり、

景観としては総じて満足できるレベルだったけど、

混雑状況については若干食傷気味かな(苦笑)

【18】(富士と桜と新緑と)

Lr-3646-3





その後、朝霧高原を富士宮方面に下っていくと、

所々、富士山を眺められるいくつかのポイントに出くわす。

その内の一つに車を停めて、暫く富士を愛でてみた。

丁度足元にアブラナ科の花が咲いていたので、

友情出演してもらうことに。

【19】

Lr-3650-3



芝桜との共演もイイけど、素朴な花との親和性も高い。

【20】

Lr-3653-4



空の青、残雪の白、アブラナの黄、葉の緑が眩しいよね。

【21】

Lr-4233-2





ま、何より今回は天候に恵まれたことが大きかったと思う。

芝桜やアブラナと富士山、印象的な風景を堪能できた。

有効な有休利用になったハズだ。

鮮やかな花と大きな富士山が夢に出てくるかもね☆


次は田貫湖から裾野のぐりんぱに向かう。

つづく…。



※Fujifilm GFX 50S GF63㎜ F2.8 R WR【Top/5-6/8-9/11-15/18-20】
 Canon EOS 5D MarkⅣ Canon EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM【1-4/10】
 Fujifilm X-Pro2 Fujinon XF16㎜ F1.4 R WR【7/16-17/21】



(了)
Posted at 2017/05/28 19:58:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年05月27日 イイね!
GW最終日もいつもと同じ花さんぽ♪
今さら2017年5月7日(日)。

3日からのGWもおしまい。

そんな日も普段と変わらぬ行動。

相変わらずの適当花さんぽに出た。




ここのところ登場回数が多いバラモンギクの綿毛。

【1】

Lr-7681



ガクウツギ。

【2】

Lr-7614



カザグルマの超近接撮影。

接近し過ぎて、何かのクイズのようになってしまった(苦笑)

【3】

Lr-7693-3



イブキジャコウソウ(前日も撮ったなw)。

【4】

Lr-7707-2



ムギ。爽やか!

【5】

Lr-7589



春らしく☆

【6】

Lr-7653-3



緑色のシナプスのようなマユミ。

【7】

Lr-7644-2



セイヨウカラシナ。

【8】

Lr-7660



出来の悪い飛行船か爆弾と見紛う素心蝋梅の今の姿(爆)

【9】

Lr-7577-3



シロバナムシヨケギク。

【10】

Lr-7584-2



カラフルなアルカネット。

【11】

Lr-7603-2



地面すれすれの晩春♪

【12】

Lr-7633-3



オオデマリも終わりかな。

【13】

Lr-7648



よく見るとちょっとグロい桑の実。

【14】

Lr-7631-2



キソケイ。

【15】

Lr-7554-2



ほぼ雑草状態のセリバヒエンソウ。

【16】

Lr-7639-3



飛燕草と一緒に咲いていた。

【17】

Lr-7634-2



カマヤマショウブ。

【18】

Lr-7677-2



エニシダ。

【19】

Lr-7670



コアニチドリがたっくさん!

【20】

Lr-7713-2



ムラサキウマゴヤシの咲き始め。

【21】

Lr-7593



最後はギョリュウ。

【22】

Lr-7557



一部クローズアップレンズを使ったけど、最短近くで撮ると

被写界深度が激薄になるため、さすがに三脚が必要かも(汗)


いつもお付き合いくださり、ありがとうございますm(_ _)m



※Canon 5D MarkⅣ Tamron SP 90mm F2.8 Di MACRO VC USD (F017)+一部クローズアップレンズ500D


(了)
Posted at 2017/05/27 07:08:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年05月25日 イイね!
立夏の花 Vol.2
2017年5月6日(土)。


先日掲載した立夏直後の花の後編。

再び近場の花たちをランダム掲載。



通常のタンポポの4-5倍はあるバラモンギクの綿毛。

【1】

Lr-1505



ひとつだけ隊列を外れてたオオアマドコロ(笑)

【2】

Lr-1464-4



イワカラクサがいっぱい☆

【3】

Lr-1423-4



カミツレ(=カモミール)も群生。

【4】

Lr-1336-2



そこここに咲いていたオオジシバリ。

【5】

Lr-1400-3



カザグルマ。

【6】

Lr-1354-2



小さなシャクヤク。

【7】

Lr-1436-2



見落としそうに小さいコアニチドリ。

【8】

Lr-1382-2



アカバナユウゲショウかな?

【9】

Lr-1500-3



孤立して咲いていたイワカラクサ。

【10】

Lr-1389-4



アカバナアメリカトチノキをアップで。

【11】

Lr-1451-3



ギョリュウを引いて。

【12】

Lr-1469-4



モチツツジ。

【13】

Lr-1481-2



ナニワイバラ、どアップ!

【14】

Lr-1458-2



ケウツギ。

【15】

Lr-1417-4



ヒメカンゾウ。

【16】

Lr-1439-4



レッドキャンピオン。

【17】

Lr-1471-5



もう一丁バラモン先生。

【18】

Lr-1507-5



ヤマブキソウだと思うけど。

【19】

Lr-1421-4



オドリコソウもアップで見ると愛嬌がある。

【20】

Lr-1395-2



アカヤジオウ。

【21】

Lr-1487-2



ラベンダー。

【22】

Lr-1478-3



ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)。

【23】

Lr-1430-3



ムギナデシコ。

【24】

Lr-1408-3



最後は覗きジャーマンアイリス。

【25】

Lr-1446-3



※Canon EOS 5DsR SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM


(了)
Posted at 2017/05/25 21:32:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年05月24日 イイね!
オトナのさんぽ@落合  〜③林芙美子記念館〜
2017年5月3日(祝)。

落合さんぽも今回が最終回。

西武新宿線の中井駅にほど近い

林芙美子記念館の様子をお届け。




この辺りも目白崖線が続いているため坂が多い!

【1】(奥の階段の左手前が林芙美子記念館の入口)

Lr-1627



ようやく入口に到着☆

この日の散歩では唯一入場料が必要な施設だった。

【2】

Lr-1630-2





さて「放浪記」「浮雲」の代表作で知られる林芙美子氏は、

昭和5年に落合に移り住み、同16年から26年まで、

この記念館のあった場所に住み続け、その生涯を閉じたとされる。



彼女が新居建設の際、最も心を砕いたことは、客間よりも

茶の間や風呂場・厠・台所に贅と工夫を凝らすことだった。

住み手の暮らしに安らぎを与えようと考えた結果だったのだろう。

建物自体は、京風の特色を持つ数寄屋造なのだが、

民家風の大らかな色合いも併せ持つ落ち着いたものとなっていた。

では早速観てみることにしよう。




これは裏門。背の高い竹林が涼しげだったな。

【3】

Lr-1658-2



いきなりだが、これが林芙美子氏の仕事場の再現。

【4】

Lr-1631-3



和風家屋の風情というか、懐かしさを醸すシンプルな客間。

【5】

Lr-1665-2



こちらは茶の間。磨かれた広縁が清々しいね。

【6】

Lr-1696-3



少し引いて撮るとこんな感じ。

【7】

Lr-1695-2



庭には関東では珍しい六面灯篭が。

【8】

Lr-1688



手前にツツジ、新緑と瓦屋根。

【9】

Lr-1649-3



いま一度、六面灯篭をアップで。

【10】

Lr-1681



瓦屋根と新緑と室内の電灯。

【11】

Lr-1693



これは石蔵(大谷石だった)の扉。

【12】

Lr-1686-3



中庭から見上げる新緑の樹々。

【14】

Lr-1703-2



庭に咲いたフタリシズカ。

【15】

Lr-1692-3



少し傷んでしまっていたけどクレマチスかな。

【16】

Lr-1687-3



エビネも咲いていた!

【17】

Lr-1651-3



アメリカフウロだろうか。

【18】

Lr-1674



茶の間の上を覆う新緑の樹たち。

【19】

Lr-1694



2色が素敵なハーモニーを奏でている。

【20】

Lr-1699-4



何とも形容のし難い枝ぶりと葉の輝きだったなぁ♪

【21】

Lr-1700-3



季節感も場所さえも分からなくなりそうな光景だ。

【22】

Lr-1701



記念館自体もお勧めだけど、庭が特に良かったなー☆

【23】

Lr-1683-2



この後は中井に戻り帰宅の途へ。GWのイイ息抜きになった!



※Fujifilm X-T2 Fujinon XF35㎜ F2 R WR


(了)
Posted at 2017/05/24 21:05:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 街ネタ | 旅行/地域
2017年05月23日 イイね!
旬の植物そろいぶみ
2017年5月5日(祝)。

爽やかに晴れたこの日は、

開園時間に合わせて神代へGO。

旬の花に集中して撮影した。



まずは藤。

【1】

Lr-1243



バラ園脇の藤棚にロックオン。

【2】

Lr-1258-5



折からの晴天のもと、鮮やかな藤色を切り取ってゆく。

【3】

Lr-1249-2



藤棚の中ほどにはあまり見ない八重の藤。

【4】

Lr-1246-2



濃紺の花をいっぱいに広げていた。

【5】

Lr-1248-2



この花を見ると、春から夏への移ろいを感じるよね。

【6】

Lr-1251-3





続いては石楠花(シャクナゲ)。

【7】

Lr-1313-4



先日はまだ蕾だった樹々が一斉に開花し始めていた。

【8】

Lr-1311-4



武蔵野の林を透過する春の光を浴び、

【9】

Lr-1318-2



まるで宝石のようにキラキラと輝やく。

【10】

Lr-1326-2



仲の良い兄弟のごとく固まって咲く姿は、

【11】

Lr-1329-4



見ていて何だか微笑ましいね。

【12】

Lr-1317-3



晩春の公園を賑やかに彩る主役のひとりに違いない。

【13】

Lr-1328-3





次のクローズアップ対象は、ボタンとシャクヤク。

【14】

Lr-1289-4



しかし、何という大輪だろうか。

【15】

Lr-1282-3



他の花を圧倒する存在感は、この両花の大きな特長である。

【16】

Lr-1307-3



それに加え、ボリューミーな花弁と色鮮やかな花芯。

【17】

Lr-1288-5



モノによっては、花弁に縮れや絞りが入り、

【18】

Lr-1310-5



また一層複雑性が増し、それにより更に注目度が高まる。

【19】

Lr-1290



彼らの多く咲く公園の一角は、

【20】

Lr-1298-2



さながらカラフルなアート作品の展示場のようだ。

【21】

Lr-1295-4



大輪=大雑把なる数式が全く成り立たない、

【22】

Lr-1304-3



華やかな独創の世界観を見せつけてくれていた。

【23】

Lr-1292-2





さて最後の主役は、これからが活躍の本番となるバラ。

【24】

Lr-1279-4



この日はまだステージに上がるための準備段階だったと思う。

【25】

Lr-1275-2



にも関わらず、既に主役の座を約束されたオーラを纏っていた。

【26】

Lr-1271-2



気品とシャープさと甘さと清さが絶妙にブレンドされた姿に眼を奪われる。

【27】

Lr-1277-3



春のバラ🌹フェスタでの再会が待ち遠しい。

【28】

Lr-1264-3





今回は時季の代表を選び、軽い特集調で掲載してみた。

日が進むにつれ、目まぐるしく主役も入れ替わるだろう。

だから、なかなか彼等から目が離せない^_^


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



※Canon EOS 5DsR Canon EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


(了)
Posted at 2017/05/23 20:30:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
プロフィール
「本日のブログが短時間であるものの二重投稿になっていたため、古い投稿分を削除いたしました。「イイね!」をいただいたみなさま大変失礼いたしましたm(__)m」
何シテル?   12/16 22:13
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 
お友達
現在 新規のリクエストは受け付けておりません。
33 人のお友達がいます
カムたくカムたく * ろくべ~ろくべ~ *
66jazzbass66jazzbass * P.UP.U *
SamSSamS * ど~うんど~うん *
ファン
901 人のファンがいます
愛車一覧
AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.