• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2017年12月15日 イイね!

富士夕景と紅富士

富士夕景と紅富士
2017年11月11日(土)。

久し振りの富士の夕景を撮った。

翌2017年11月12日(日)。

こちらも久々の紅富士を記錄。



まずは11日の夕刻の富士山から。

【1】

Lr-4300-3



手前のマンションがちょっとばかりアレではあるが、

ようやく雪を頂き始めた富士山はやはり美しい!

【2】

Lr-4305-2



色を変える空に見送られ、

徐々に夜のとばりに身を潜めてゆく。

【3】

Lr-4306-4



それはまるで冬の情景のようだった。

【4】

Lr-4304-2





変わってこちらは翌朝の明けゆく富士の姿。

【5】

Lr-4309-2



やっと昇り始めた太陽の斜光を受けて、淡く紅色に輝く。

【6】

Lr-4310-3



明け切らぬ空とまだ弱い朝陽の刹那のせめぎあい。

【7】

Lr-4311-4



やがて陽は光量を増し、霊峰をしっかりと捉えるだろう。

【8】

Lr-4312-3





日曜日は近場に紅葉を探しに出かけた。

【9】

Lr-4442-4



翌週末は、とある予定がありC63に乗れないため、

バッテリーチャージを兼ねて気軽なプチドライブ。

【10】

Lr-4443-3




そう言えば、年が明けたらすぐに2回目の車検だなぁ。。。



※Fujifilm X-T2 Fujinon XF100-400㎜ F4.5-5.6 R LM OIS WR【Top/1-8】+Fujinon XF90㎜ F2 R LM WR【9-10】


(了)
2017年12月14日 イイね!

秋の気配 2017

秋の気配 2017
2017年11月11日(土)。

早朝には小雨が落ちていたが、

思ったより早く雨は止んだ。

明るい陽射しに誘われて定番散歩。

既に1ヶ月も前の話ではあるものの、

秋の始まりのひと時をお届けしたい。




いつもブラブラする界隈もだいぶ色付き始め、

【1】

Lr-3743-5



さすがにもう11月なんだなと実感させられる。

【2】

Lr-3744-5



緑一色だった森や林も、緑を残しつつ、赤や黄色や橙へと

【3】

Lr-3777-3



カラフルな秋色に装いを替えてきている。

【4】(竹林の端にて)

Lr-3797-6





この日は風は強かったけど、気温はかなり高めで、

【5】

Lr-3763-4



少し厚着をしてきたら、うっすら汗ばむような暖かさだった。

【6】(月と)

Lr-3762-5






林の中に入ると、うす暗い木陰と暖かな光の射し込む場所が、

【7】(ハトに睨まれたw)

Lr-3813-2



不規則に並んでモザイク模様を描き出している。

【8】

Lr-3815-6



雨や曇天時には出会えない、そんな光の演出を堪能することにした。

【9】(萩がきらきらと光っていた)

Lr-3788-5



冬になってしまえば、木立の葉が落ちて、

【10】

Lr-3748-3



こんなにたくさんのスポットライトを見つけることができない。

【11】

Lr-3803-3



だからこれは秋の贅沢な時間なのかも知れない。

【12】

Lr-3742-3



役目を終えた落ち葉たちも光と影に彩られ、

【13】

Lr-3770-5



まるで最盛期をを迎えた花のように美しく輝く。

【14】

Lr-3822-4



明るく、時に斑らに、そして物憂げに。。。

【15】

Lr-3811-2



豆柿の実が生っていた。

【16】

Lr-3765-4



こちらにはすっかり編み目になった鬼灯が残る。

【17】

Lr-3838-4



青い葉影にカエデの赤が覗き、

【18】

Lr-3831-3



ススキの穂も季節の移ろいを告げているかのようだった…。

【19】

Lr-3774-3



※Canon EOS 5DsR SIGMA APO 180㎜ F2.8 EX DG OS HSM


(了)
Posted at 2017/12/14 06:57:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年12月13日 イイね!

珍しく標準ZOOMでC63AMG PP

珍しく標準ZOOMでC63AMG PP
2017年11月5日(日)。

以前にも記したことがあるのだが、

自分の場合、車を撮る際のレンズは、

中望遠の単焦点を基本にしている。



背景との距離感や立体感、そして細部の解像を考えれば、

85-135㎜あたりの距離が最も好みだと言えるだろう。

勿論人によって好みが違うし、アングルによっても変わるだろう。

【1】

Lr-3721-4





今回はたまたま手持ちレンズが標準ズームだったため、

これを付け替えることなくそのままC63を撮影してみた。

しかも出来るだけワイド側を使って撮ることを心がけた。

【2】

Lr-3729-3





写真を始めた頃、広角のFisheyeがお気に入りで、

寄って寄ってデフォルメされた車の画を撮ったものだ。

【3】

Lr-3727-3



確かに面白い画が撮れるのだが、やはり徐々に飽きてきた。

ワイドだと被写界深度が深くなり神経質なピン合わせからは

一旦解放されるというメリットがある。

【4】

Lr-3733-3



しかし一方でフォーカスポイントが分かりづらくなり、

これによってどこあるいは何を強調したいのかが曖昧になる。

【5】

Lr-3735-3



それなりに試行錯誤しながら、ここしばらくは標準や中望遠、

おおかた単焦点で撮ることを自らのスタンダードにしてきた。

このSNSでは車の写真を物の見事に撮り上げる方たちが存在する。

【6】

Lr-3737-5



その車の持つ個性、味、チャームポイント、特徴をデフォルメし、

時には反対にそれらを抑え、光と陰を捉えて、

豊かなフォルムを美しく描き出す。

【7】

Lr-3731-2



そんなフォトグラフを見ると心底感心するし感動すら覚える。

【8】

Lr-3725-3



当然、環境的な要因も重要な構成要素の1つではあるが、

果して同じ環境を与えられて自分がそのような写真を撮れるのか?

と自問すると、答えは力強くNOとなる。

【9】

Lr-3728-3



では機材はどうだろう?

これもまったく影響がないとは言えないまでも、

絶対的な優劣を決する物ではないと考える。

【10】

Lr-3723-3



プロ用の機材を抱えた車撮り初心者の画が、

場数を踏んだ撮影者の魂をこめたコンデジ写真に優るだろうか?

答えは推して知るべし、である。

【11】

Lr-3734-3





自分の場合、自車をいかに普段通りに表現できるかに注力している。

【12】

Lr-3726-4



特別な場所や環境面でのサポート(虹がでるとか、光が射し込む等)

がなくとも、そこにある環境(それが普段の姿であるわけだから)で、

「らしさ」を表現出来ればいいなと思っている。

【13】

Lr-3732-3



今回はそんな言い訳を添えた画像ばかり・・・フゥ(^ ^)

【14】

Lr-3722-4



今回も最後までお付き合いくださりありがとうございました☆

【15】

Lr-3736-6



※Canon EOS 5DsR Tamron SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A032)


(了)
Posted at 2017/12/13 06:31:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | C63AMG PP | クルマ
2017年12月11日 イイね!

植物多様性センターで紅葉先取(撮)り♪

植物多様性センターで紅葉先取(撮)り♪
2017年11月5日(日)。

神代をひと通り見廻った後は、

目当てがあった訳ではないのだが、

植物多様性センターに立ち寄った。



タイトルについて:一体いつの話だよ!?ですが、この当時は東京でこの程度の紅葉もまだ貴重だったということで、ご容赦のほどm(_ _)m



やっぱり紅葉にはまだ早いよなーと思いながら徘徊していると、

武蔵野の大樹の陰に、何やら紅い葉がちらちらと見えた。

【1】

Lr-3701-2



あれは何の葉だろう?不思議に思って進んでいくと、

【2】

Lr-3702-3



水辺の四阿に近い楓が、なぜか1本だけ真っ赤に色付いていた。

【3】

Lr-3705-3



周りにも楓はあるのだが、この樹だけが燃えるように染まっていた。

【4】

Lr-3706-3



陽当たりや風や土の滋養の僅かな違いがこうさせるのだろうか?

【5】

Lr-3707-5





まるで秋本番を迎えたような鮮やかな赤、紅、朱のグラデーション。

【6】

Lr-3708-3



青い樹々とのコントラストも綺麗だったし、大樹に阻まれた陽射しが、

【7】

Lr-3709-3



紅い楓を部分的に浮かび上がらせる様子もまた秀逸だった。

【8】

Lr-3710-4



もちろん野全体の本格的な紅葉にはまだまだ遠いものの、

【9】

Lr-3711-3



この1本の楓だけは、ひと足早く秋を先取りしているようだった。

【10】

Lr-3712-4





面倒くさがらず、本園からここまで足を延ばしたお陰で、

【11】

Lr-3713-4



人知れず秋を演じていた、たった1本の楓に出逢うことができた。

【12】

Lr-3714-6



この樹の変化を敏感に感じ取った仲間たちが、

【13】

Lr-3715-6



これから一斉にその衣装を替えてゆくだろう。

【14】

Lr-3716-4



武蔵野の秋はもうすぐそこに迫っていた。

【15】

Lr-3717-6



そう、ゆっくり、、、でも確実に。。。

【16】

Lr-3718-4



※Canon EOS 5DsR Tamron SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A032)


(了)
Posted at 2017/12/11 19:28:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年12月10日 イイね!

3連休の最終日は定番の神代植物公園へ♪

3連休の最終日は定番の神代植物公園へ♪
2017年11月5日(日)。

3連休最後の日曜日も晴れ☀️

風は冷たく強かったが写活に出た。

神代の第1駐車場はやや混雑気味。



前月末でバラフェスタも終わっていたのに一体何だろう?

【1】(菊で飾られた神代花車)

Lr-3600-4



【2】

Lr-3604-4



もしかして紅葉を観に出かけて来た人たちだろうか?

【3】

Lr-3616-4



【4】(この時はまだまだ緑の楓。1ヶ月後にはすごいことになっていたw)

Lr-3621-6



このタイミングだとさすがにまだ早いと思うけどね〜。

【5】

Lr-3622-4



【6】

Lr-3624-4



そんなことを思いながら園内を進むと、紅葉とは言えないまでも、

【7】

Lr-3625-3



【8】

Lr-3626-3



いくつかの樹々の葉が多少色を変え始めていることに気付いた。

【9】

Lr-3631-3



【10】(川の堰に大量の落葉が流れ集まっている光景は圧巻だった)

Lr-3635-6





そこで今回は武蔵野の秋を僅かに感じさせる画像を集めてみた。

【11】(堰き止めの端から落葉の川を眺める。上を歩けそうだけど…実際は即水没w)

Lr-3637-3



【12】

Lr-3639-3



特に何かがあるわけではない、ごくごく普通の秋のひとコマ。

【13】

Lr-3641-2



【14】

Lr-3645-3




こうした何気ない光景に惹かれるようになったのは、

【15】

Lr-3650-5



【16】

Lr-3652-5



やはり自分が確実に歳をとったということなんだろう(苦笑)

【17】

Lr-3653-5



【18】

Lr-3659-4





普段通りの風景を何の気負いもなく眺められることは、

【19】

Lr-3661-6



【20】

Lr-3665-2



実は最高の贅沢である!と思い始めた自分がいる。

【21】(ピラカンサ)

Lr-3667-4



【22】(こっちはガマズミかな?)

Lr-3670-5



小さなことに喜びや感謝の気持ちを持てるのは悪いことじゃない。

【23】

Lr-3671-3



【24】

Lr-3679-4



何年かに一度大きな喜びを覚えるより、小さな感動を頻繁に

【25】

Lr-3681-2



【26】(イソギク)

Lr-3686-3



得られた方が精神的な充足感が高いような気がするからね(笑)

【27】

Lr-3688-2



【28】

Lr-3693-3



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

【29】

Lr-3696-3



※Canon EOS 5DsR Tamron SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A032)


(了)
Posted at 2017/12/10 08:15:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記

プロフィール

「@shellie.mayさん、なんかスゴイですね♪これがshellieさんの普段着なんて!車の運転、大変じゃないですかぁ???🤣」
何シテル?   10/29 13:08
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

お友達

現在 新規のリクエストは受け付けておりません。
31 人のお友達がいます
senbonzakurasenbonzakura * danpeidanpei *
Tenkinzoku@KTenkinzoku@K * TAKE-PENTAKE-PEN *
2年半の男2年半の男 * SamSSamS *

ファン

961 人のファンがいます

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる