車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月30日 イイね!
富士山と高層ビルと京王プラザホテル、なんじゃそれ❓
今回はとびきり散漫なブログ。

2/12と3/9の朝の富士山と、

西新宿の高層ビルと京プラの企画展。

西新宿と京プラは総て3/17の撮影。




ウィンタースポーツをしない身にとって、冬という季節は、

寒冷、X'mas、正月、餅、駅伝、西高東低というイメージだ。

…にしても、なんて貧弱な発想(滝汗)💧


自分自身の中では総じてネガな季節なのだが、

唯一気に入っている点がある。

それは即ち、安定した天候と空気の透明度である。

関東の冬は激しい乾燥の時季でもあるが、冬晴れの日が延々と続く。

まず雨や雪の心配は無用なのだ。

空気中の水分が減少するため、光の屈性が少なく、

外を見回せば遠くまで見通すことができる!ということだ。

個人のケースで言うならば、富士山の見える日が続くのだ(嬉)

そんな季節も、もうほぼ終わりに近づいた。

今回はそんな晩冬から早春の朝の富士山🗻を2日分。


まずはまだ「冬」が居座っていた2/12。

【1】

Lr-1301-3




透き通るような青い空にくっきりと霊峰が浮かぶ。

【2】

Lr-1302-4



ズームアップしてみると、また迫力が増してくる。

【3】

Lr-1303-3



冬の間はこんな姿を毎日のように拝むことが出来ていた。

【4】

Lr-1304-2





一方、春めいてきた3/9の富士山。

【5】

Lr-1310-4



この日は何やら灰色の雲が富士を横切っていたのだが、

【6】

Lr-1313-3



それにしても空の色、山の輪郭が薄ぼんやりと霞んでいる。

【7】

Lr-1311-3



真冬の濃い空とシャープな稜線は影を潜める。。。

【8】

Lr-1312-3





続いて後半は3/17の朝と宵の西新宿の風景をざっくりと。

【9】(朝の摩天楼)

Lr-1314-3



新宿の高層ビル街は、風の強さは相変わらずだが、

3月も中旬となるとその冷たさはめっきり減退してきている。

【10】(朝の摩天楼)

Lr-1317-2



斬るような鋭さで頰や手を掠めていた風が、

まるで刃先が丸くなったかのように当たりがソフトになった。

【11】(宵の摩天楼)

Lr-1364-4



昏れなずむ街の光景も、澄んでエッジの尖った見映えから、

どことなく境界が曖昧になってきたように感じる。

【12】(宵の摩天楼)

Lr-1365-3




そんな夕闇の迫るビル街に気分転換のプチ外出。

【13】(宵の摩天楼)

Lr-1363



退社後でも良かったのだが、離席はものの半時間以内だし、

何より人出の増える前に観たかったので17時過ぎに敢行。

【14】

Lr-1354



何を観たかったかというと、先日アルジャントさんから

情報をいただいた京王プラザホテルの企画展である。

【15】

Lr-1358-2



最近は来客もなく、ここへランチに来るようなことも激減した。

【16】

Lr-1359-3



よって久しぶりに立ち寄った気がする(今年初めてかもw)。

【17】

Lr-1360-3





企画展は「本絹古布のつるし飾り」である。

【18】

Lr-1325-4



例年開催されているようなのだが、初めて知った(汗)

【19】

Lr-1326



6,500個ものつるし飾りが雛壇を取り巻く格好で展示されている。

【20】

Lr-1327-4



絹の古布という独特の渋い光沢が煌びやかさを抑えて、

古来からの伝統や風雅の世界を創り出してあいた。

【21】

Lr-1337-2



メインロビーに展示されているため、近代的なホテルの装飾や

外国人宿泊客の写り込みなどとの相性はどうにもし難いが、

本当にちょっとした気分転換にはなるものだ。

【22】

Lr-1341-4



和紙や古布など温もりを感じる素材には滅法弱い(笑)

【23】

Lr-1344-3





ということで、今回は雑多なコンテンツの抱き合わせ版となった。

【24】

Lr-1362-5



季節感のない西新宿。しかしよく眼を凝らせば、

小さな季節の変化がそこかしこにあることを改めて知った。

【25】

Lr-1368-3



※Fuji X-T2 Fujinon XF16㎜ F1.4 R WR【Top/9-25】
Fujinon XF100-400㎜ F4.5-5.6 R LM OIS WR【1-8】



(了)
Posted at 2017/03/30 20:43:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年03月29日 イイね!
春の色ってどんな色?
2017年3月12日(日)。

春色とはどんなカラーだろう?

黄?ピンク?オレンジ?赤?青?紫?白?

今回はそんな色を全部集めてみた。




ピンク!

【1】

Lr-0413



レッド!

【2】

Lr-0453



ブルー!

【3】

Lr-0441



濃いピンク!

【4】

Lr-0463-2



ホワイト!

【5】

Lr-0426



オレンジ&ホワイト!

【6】

Lr-0412-2



濃いピンク&グリーン!

【7】

Lr-0434-2



イエロー!

【8】

Lr-0454



朱色!

【9】

Lr-0440-2



ピンク&グリーン!

【10】

Lr-0431-2



パープル!

【11】

Lr-0447



イエロー!

【12】

Lr-0461-2



ピンク&ブルー!

【13】

Lr-0445



ピンク&イエロー!

【14】

Lr-0428-2



イエロー&ホワイト!

【15】

Lr-0451



濃いピンク!

【16】

Lr-0460-3



イエロー&グリーン!

【17】

Lr-0420-2



ピンク&パープル!

【18】

Lr-0443



オレンジ&イエロー!

【19】

Lr-0414-2



ピンク&グリーン!

【20】

Lr-0438-3



エンジ&ホワイト!

【21】

Lr-0442



ブルー&グリーン!

【22】

Lr-0448



オレンジ&ホワイト&イエロー&パープル!

【23】

Lr-0452



ピンク&ホワイト!

【24】

Lr-0419-2



パープル&ピンク&グリーン!

【25】

Lr-0433



ピンク&エンジ&イエロー!

【26】

Lr-0455-3




ご覧いただいたみなさんの「春の色」はどのようなものだろう?




※Canon EOS 5DsR Tamron SP 90mm F2.8 Di MACRO VC USD (F017)


(了)
Posted at 2017/03/29 21:01:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年03月28日 イイね!
早春のGreenhouse
2017年3月12日(日)。

明るい陽差しと葉の陰影。

手ぶれに気をつけてそっと撮る。

今回は早春の小さな温室からの便り。




植物たちの儚くも生き生きとした姿を残したいと思う。

【1】

Lr-0364-2



ひっそり静かに他の植物の陰で実をを結ぶもの、

【2】

Lr-0363



身体の一部にだけ光を浴びてそこにいることを主張するもの、

【3】

Lr-0377-3



波打つ陰影に彩られるもの、

【4】

Lr-0365-2



高いところでもっと陽に照らされることを願うもの、

【5】

Lr-0360-3



色変わりした新たな葉を艶やかに輝かせるもの、

【6】

Lr-0351-2



実に様々な表情や仕草を見せる植物たち。

【7】

Lr-0370





青々とした葉、

【8】

Lr-0376-2



鮮やかな花弁、

【9】

Lr-0353



光に縁取られるシルエット、

【10】

Lr-0371-2



全身光り輝く花、

【11】

Lr-0392-2



葉脈の模様までも美しく、

【12】

Lr-0356-2



不思議な形に進化し、

【13】

Lr-0385-3



静かに息づくものたち。

【14】

Lr-0387-3





明るい陽射しと、

【15】

Lr-0358-3



陰の住処と、

【16】

Lr-0373-3



濃厚なコントラストと、

【17】

Lr-0368-2



息を呑むような配色が、

【18】

Lr-0372-2



Greenhouseの醍醐味なんだ。

【19】

Lr-0397



※Canon EOS 5DsR Tamron SP 90mm F2.8 Di MACRO VC USD (F017)


(了)
Posted at 2017/03/28 21:27:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年03月27日 イイね!
春 SAMPO 📷
2017年3月12日(日)。

風もあって曇りがちな天気だったけど、

いつものコースで早春の写活散歩へ。

花撮りにはあまり使わない5DsR持参。




最近はSIGMAの150マクロを持ち出すことが多かったので、

この日はタムキューを持って出かけることにした。



春の到来をいち早く知らせてくれた蝋梅や福寿草は終わり、

梅や山茱萸、ミツマタ、クリスマスローズも終盤となって、

クロッカスやイチリンソウ属、寒桜などが咲き始めていた。



【1】(スイセンの季節)

Lr-0402-2



【2】(クロッカスをアップで)

Lr-0503-2



【3】(終盤になったマンサクと梅の花)

Lr-0407-2



【4】(もう咲きそうなコブシ)

Lr-0408-3



【5】(トサミズキ)

Lr-0464-2



【6】(鮮やかなチオノドクサ)

Lr-0468-2



【7】(オウレンの群生)

Lr-0470-2



【8】(小さなウグイスカグラ)

Lr-0472-2



【9】(ちょっとグロい?)

Lr-0480



【10】(ローズマリー)

Lr-0482-2



【11】(ヒイラギの花)

Lr-0485-3



【12】(可愛らしい雪割草)

Lr-0487



【13】(開ききってないので分かり難いけどキクザキイチゲだと思う)

Lr-0489



【14】(物凄い光沢のキクザキリュウキンカ)

Lr-0492-2



【15】(オキナグサ、見方によってはタランチュラw)

Lr-0497



【16】(オォ、なんだかスゴイ)

Lr-0498-2



【17】(もうサクラソウが…)

Lr-0499-2



【18】(ハナニラ)

Lr-0509



ということで、今回はクイック・ブログでした。

閲覧いただきありがとうございました!



※Canon EOS 5DsR Tamron SP 90mm F2.8 Di MACRO VC USD (F017)


(了)
Posted at 2017/03/27 20:56:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年03月26日 イイね!
神代曙はまだ少し先だった 〜神代植物公園を歩く〜 <EOS編>
2017年3月11日(土)。

天気は良いが強い風の吹いた土曜日、

神代植物公園の定期観察に出かけた。

望遠ズームと標準単焦点で撮り比べ。




<前回のブログ:春の兆し〜神代植物公園を歩く〜<Fujifilm編>





今回の画は5D M4に100-400㎜ズームの組み合わせ。


【1】(咲き残る白梅)

Lr-6872



本来この焦点距離域だと花撮りには向かないのかもだけど、

このズームレンズ、テレマクロ的にも使えるので、

汎用性が高く重宝するんだよね。


【2】(こちらは紅梅)

Lr-6873



開放F値も無理をしていないため、価格もまだ親しみが持て、

サイズ・重量的に十分手持ちが可能で、常用に耐えられる。


【3】(ふき)

Lr-6879



さすがに暗い場所は得意ではないけど、ISは利く方だと思う。


【4】(菜の花)

Lr-6884



解像力も決して悪くはなく、今風のシャキッとした画を見せる。


【5】(林床に咲いていたユキワリイチゲ)

Lr-6889



70-200㎜L2のようなファインダー越しの驚きはないんだけど、

総合的に見た場合、同社を代表する望遠ズームだと思われる。


【6】(興味深そうに近寄ってきたシジュウカラ)

Lr-6893





神代植物公園にもどんどん春が広がってきていた。


【7】(大島の遺伝子が強い寒桜)

Lr-6894-2



この日は、朝のうちこそ寒くて縮こまっていたのだが、


【8】(同上)

Lr-6895-2



陽が高くなるにつれ、真冬の頃とは比べ物にならないほど、

空気が温まってきて、ダウンジャケットが邪魔にさえ感じられた。


【9】(ハクモクレンももうすぐ開花)

Lr-6899



鈍感な人間でこうなのだから植物たちが無反応であるハズがない。


【10】(眩しいほど輝いていたクロッカス)

Lr-6902-3



園内を歩いているとあらゆる場所で、芽吹きや蕾を付ける光景、

そして開花、満開となった花たち、花期の終わりを眼にした。


【11】(こちらもキラキラなパンパスグラス)

Lr-6904



まだ神代曙の開花には時間がかかりそうだったけど、


【12】(足元にハナニラ)

Lr-6906-2



寒緋桜や大寒桜を中心に早咲きの桜もそこそこ咲き始め、


【13】(大寒桜)

Lr-6911



まだ裸木の多い園内に優しい差し色を注いでいた。


【14】(大寒桜)

Lr-6914-2



勿論足元にも季節の変わり目を告げる花たちが咲き出した。


【15】(大寒桜)

Lr-6916-2



よく眼を凝らさないと見落としてしまいそうな小さな花たち。


【16】(シキミ)

Lr-6918-2



春を敏感に感じ遺伝子に組み込まれた種を残す行動に勤しみ、

精一杯に花弁を開く姿には、いつもながら驚かされる。


【17】(シキミ)

Lr-6922



一体どこにそんな複雑な設計図が描かれているのだろう。


【18】

Lr-6927



きっと、難しいことを難しく解釈したりはしていないんだろうね。


【19】

Lr-6936



自然のままに、本能のままに、純粋な生きるという心を以って、

ただ直向きに生を謳歌することが僕らには眩しく感じるんだろう。


【20】

Lr-6929



そんな他愛もないことを思いながら、春を満喫した神代だった。


【21】(キクザキイチゲ)

Lr-6938-2



性格の違う2台のカメラ、2本のレンズで切り取った風景。

たまにはこんな遊びも面白いかも♪



※Canon EOS 5D MarkⅣ Canon EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


(了)
Posted at 2017/03/26 20:35:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 公園・庭園 | 趣味
プロフィール
「本日のブログが短時間であるものの二重投稿になっていたため、古い投稿分を削除いたしました。「イイね!」をいただいたみなさま大変失礼いたしましたm(__)m」
何シテル?   12/16 22:13
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 
お友達
現在 新規のリクエストは受け付けておりません。
35 人のお友達がいます
紅い眼鏡紅い眼鏡 * Tenkinzoku@KTenkinzoku@K *
P.UP.U * SamSSamS *
高知家高知家 * ろくべ~ろくべ~ *
ファン
874 人のファンがいます
愛車一覧
AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.