車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
谷根千散歩 Vol.2 〜根津神社からさんさき坂経由再び日暮里まで〜
谷根千散歩 Vol.2 〜根津神社からさんさき坂経由再び日暮里まで〜
2016年10月2日(日)。


今回は谷根千散歩の後半戦を掲載。

予報とは裏腹に青空が広がり暑いほど。



ともあれ、久しぶりに好天下の散歩を楽しんだ。

このエリアの根強い人気の源泉は何だろう?なんて考えながら。

一般的には谷根千にはこんな魅力があると言われる。すなわち、

 ❶ 戦災を免れた古い商家や民家、街並み

 ❷ ❶にも関連するだろう下町情緒

 ❸ 文豪や芸術家に愛された街

 ❹ 寺町で緑が多い

 ❺ 東大や芸大のお膝元で文化の香りがする

 ❻ 坂道や路地の多さ

 ❼ 古いものと新しいものとの融合

 ❽ 著名人たちの眠る場所

 ❾ B級含むグルメスポット

 ➓ チェーン店ではない雑貨や小物、骨董店

などなど。実際のところは果たしてどうだろう。


後半のコースは、根津神社を出た所から始まり日暮里まで。

ざっくり言うと、寺町を縫うように歩くといった感じだ。


根津神社を出てスグの場所にある「ツバメブックス」。

欧州の古雑貨を扱うセレクトショップBiscuitの姉妹店だ。

【1】

Lr-3471-2



重厚な雰囲気が満載の「武田表具店」。

【2】

Lr-3472-2



これは…何屋かなぁ?少なくとも植木屋ではないと思うが(笑)

【3】

Lr-3475-4



こちらは谷根千の丁度真ん中に位置するカフェ「Bon Fire」。

【4】

Lr-3476-3



外国人旅行者に大人気の旅館「澤の屋」。

この日も複数の外国人旅行者を見かけた。

【5】

Lr-3477-3



江戸時代に大名お抱えの御時計師が長い年月をかけて

手作りで製作した大名時計を展示する「大名時計博物館」。

【6】

Lr-3479-3



三浦坂にある古民家カフェの「ねんねこ家」。

【7】

Lr-3480-3



古民家というより猫関連のガラクタ(失礼)集積所のような。

【8】

Lr-3482-3



でも独特の風合いの店構えはここならでは。

【9】

Lr-3483-2



そして寺町へ。小ぢんまりとまとまった「臨江寺」。

【10】

Lr-3487-2



威風堂々の「一乗寺」。

【11】

Lr-3489



簡素だけど凛としていた「妙福寺」。

【12】

Lr-3496-2



日本画家アランウェストのアトリエ兼画廊「繪処」。

【13】

Lr-3492-2



「ヒマラヤ杉」に隠れるような「みかどパン店」。

【14】

Lr-3493



鉢植えから育てたという話がウソのような大樹。

【15】

Lr-3494



回覧板を久しぶりに見たような気がする。

【16】

Lr-3497-3



下町風俗資料館付設「旧吉田屋酒店」。

【17】

Lr-3500-2



白人の妊婦さんがパンフレットに見入っていた。

【18】

Lr-3506-2



敷地内のお地蔵さん。

【19】

Lr-3504-4



同じく井戸。

【20】

Lr-3505-2



大正5年に造られ、文豪も通った出桁造りの「カヤバ珈琲」。

【21】

Lr-3507-2



和菓子の谷中「岡埜栄泉」。

こちらの塩味の利いたこし餡の豆大福は美味だった。

【22】

Lr-3509-2



TVでも何度か取り上げられた甘味処「愛玉子」。

【23】

Lr-3512-4



昔の銭湯が今やアートスペース「SCAI THE BATHHOUSE」。

【24】

Lr-3518-3



「Gallery 81」の立看板。

【25】

Lr-3521-3



紙と布に特化したセレクトショップ、そのまんまの「紙と布」。

【26】

Lr-3524-2



ここは目立ってたかな〜「tokyobike gallery谷中」。

【27】

Lr-3526



昭和の香り漂う「荻野菓子店」。

【28】

Lr-3530-2



モノホン猫と見紛う置物がある招き猫ショップ「開運谷中堂」。

【29】

Lr-3535-2




そして散歩のラスト2イメージは、みんカラらしく車で〆。

周りの風景とのマッチングがあまりに妙だったアストンDB9。

【30】

Lr-3533-2



そしてbike gallery前で信号待ちをしていたW205 AMG C63S Edition1。

【31】

Lr-3527-2




で、結論としては、谷根千の魅力は「1回では分からない」が正解。

またいつかコースを替えて訪ねてみようと思った。



※Leica M Monochrome(Typ246) Leica Summilux 50㎜/f1.4 ASPH.


(了)
ブログ一覧 | 街ネタ | 旅行/地域
Posted at 2016/10/14 20:09:40

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/14 20:18:11
 確かに。
 谷根千の魅力は、一回ではわかりきれないですね。
 私も何度か足を運んでいます。
コメントへの返答
2016/10/14 20:36:37
こんばんは。

やはり、ですよね。
だからこそあんなにもたくさんの方々が訪れてるんですもんね♪
拙僧もまた訪うと思います☆

コメントいただきありがとうございました。
2016/10/14 20:23:46
数年前私も訪れたことがあります。
面白い建物や興味のある風景がたくさんあるのですが、切り取るのが難しくて...。

予習は終わっているので、今度はゆっくり撮影してみたいと思います。
コメントへの返答
2016/10/14 20:42:01
こんばんは。

そうでしたか〜。
確かに目を奪われるものたちが多過ぎますもんね(笑)

ぜひ今一度足を運ばれて、ぜひぜひ素敵な風景を見せてください♪( ´▽`)

コメントいただきありがとうございました。
2016/10/14 20:26:25
こんばんは(^^)

【15】のイチョウの話、凄い話ですね〜👀❗️

写真を最初見た時、魚眼レンズか何かで撮ったのかと思いました。

イチョウの幹を真ん中に据え、両サイドが道なので遠近度合いがアップ!
幹の膨らみ具合がこれまたエロ〜い❣️

My写真集に1枚頂きま〜す(^O^)/(笑)
コメントへの返答
2016/10/14 20:48:01
こんばんは。

おっ!?胃腸ですか。暴飲暴食をしてもそこそこもってくれるので、あまり弱い方ではないかと、って、おい!ヒマラヤ杉ですね?
あれ、凄いですよ。正直、植えて育ててくれたご主人のお宅を乗っ取りそうな勢いで膨張してます☆あまりの根っこの圧力で、アスファルトにもヒビが入ってますからねーー(爆)

承知しました、お手柔らかにお願いします。
2016/10/14 21:00:07
こんばんは。

やはり車に乗ってるだけじゃ通れない場所もありますね。
私が通る時は開店前の店がほとんどなんですが、画像を見ていると車を駐車して歩いて見たくなりますね。
谷根千は古い町って感じですが、若い人の文化もかなり浸透してうまく共存していますよね

余談ですが高校生の頃、谷中にあった山口百恵がデビュー前に住んでいた家っていうのも谷中に住んでいた友人に連れて行ってもらった事がありますw
コメントへの返答
2016/10/14 21:11:45
こんばんは。

そうかも知れませんね。
自分も言問通りなどは車で通ることがありますが、車内から見えるものには限界があると感じました。歩いて廻って見ると、小さなものにまで思わぬ発見があったりで、面白いものです。仰る通り、芸大などの影響もあってか、新しい風が絶えず流入しているようです☆

プレ友和の百恵ちゃん・・・。
へぇ〜!それは良い想い出ですね。
デビュー前ってところがなかなかツウです♪

コメントいただきありがとうございました!
2016/10/14 21:41:18
こんばんは。

岡埜栄泉ってここにもあるんですね、もう何処が本家か分からない....? 昔神谷町に勤めていた頃は虎ノ門の豆大福のファンでした。ワッフルもきんつばも美味しかったなぁ.....(遠い目) 通のおもたせとしても使ってました。それから愛玉子のお店まだあって安心しました。笑)
コメントへの返答
2016/10/14 21:48:58
こんばんは。

そうですね、岡埜栄泉は方々にありますね。
本文にも書きましたが、豆大福は絶品でした。
豆大福の一番は護国寺の群林堂だと思っていましたが、考えを改めないといけないかもです。
愛玉子は崩れそうで崩れないバリバリの昭和風味満載で、相変わらずイイ味出してました( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメントいただきありがとうございました。
2016/10/14 23:44:16
nanamai さん、こんばんは(^_^)

ここ、当然の如く行ったことないんですけど(関東方面は高校の修学旅行で1度きり)、モノクロ写真と相まって何だかとても懐かしい雰囲気ですよね。 見てて落ち着くといいますか、昭和の古き良き日本の匂いがします。 そんな所も魅力なのかもしれませんよね。

それにしてもヒマラヤ杉スゲェ! 鉢から植えてこんなに育つなんて、植えた人もまさかここまで成長するとは思わなかったでしょうね。

ん?回覧板はあまり見かけませんか? 私の地区なんて毎週回ってきますよ。
コメントへの返答
2016/10/14 23:58:26
こんばんは。

ですねー、昭和の中頃の風情が色濃く残るディープなエリアです。しかし一方で、アーティストが集まり、気鋭のデザイナーが凌ぎを削る今風の顔も併せ持つんですよね^ ^なかなか深いです。

ヒマラヤ杉はアラマデカ過ぎです(´∀`*)
そのうち育ての親の家のみならず、路まで塞いでしまう勢いです。この先どうなるのか、少々心配ではありますね(^ー^)

回覧板は見ませんね〜♪子どもの頃見て以来じゃないかと思います。もちろん今でも使われているのでしょうが、たまたま自分の生活圏では絶滅してしまったのでしょう。何だか味があって良いものですね。

コメントいただきありがとうございました。
2016/10/18 19:29:52
こんばんは

今日は残暑を思わせるように気温があがりましたが、夜に入り急激に下がり始めています
やはり10月ですね

町風俗資料館は色気のある雰囲気では無いですね、まぁ変な期待をし過ぎたのかな(笑)
回覧板と言えばウチの組には都会からのリタイヤ組が何件かいますが、回覧板の風習がないのか回すのを忘れてしまい次に回りません(^_^;)
新型 AMG C63S イイですね
コメントへの返答
2016/10/18 20:04:32
こんばんは。

今日は暑かったですね。夏日だったのではないかと思います都内は。そう思って今朝はYシャツ1枚で出かけましたが正解でした♪

下町風俗資料館は、、、普通のところでした。
「風俗」に特化した感じもなかったですよ。
ご期待に添えず申し訳ありません(笑)

回覧板は拙宅がマンションだからかも知れませんがもう長いこと見たことがありません(汗)ちょっと温かみを感じる生活の仕組みなのに残念な気がします。

W205はサイズアップしてしまって、一般的な機械式駐車場には入れられないんですよねー。カタログ上はギリでいけるのですが、両サイド5㎜しか余裕がなくなるため、間違いなくガリ傷の嵐になるでしょう、少なくとも自分の場合は(苦笑)

コメントいただきありがとうございました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@ma.Ruru さん、こんにちは。富良野に居ましたが、今羽田に戻りました♪」
何シテル?   10/30 15:22
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 
お友達
現在 新規のリクエストは受け付けておりません。
42 人のお友達がいます
danpeidanpei * AMR2012AMR2012 *
yagi911yagi911 kkkazukkkazu
iron☆鐡工所iron☆鐡工所 高知家高知家
ファン
856 人のファンがいます
愛車一覧
AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ ミニクーパーS ミニ ミニクーパーS
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.