• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月22日

診断結果

※だらだらと、女々しい話が続いて申し訳ありません・・・
 メンドクサいヤツ!と感じられた方は、どうぞスルーしてくださいませ。(^^;

流星号を預けて5日め。
「現状での修理見積」が纏まったと連絡があったので
午後からディーラーさんへ行ってきました。



担当営業さん、メカニックさんがテーブルに来てくれて
色々と説明してくれました。

まずは一番気になっていた「足回り」に付いて聞いてみたところ
「簡易スリップテストで特に問題なし」という結果だったようです。
メカニックさん曰く
「ハイエースの足回りは結構固くて頑丈なんですよ」とのこと。
またステアリングまわりにもガタなどは出ておらず
今後の高速道路走行でも問題ないでしょう、と仰って頂けました。

続いて、ボディ・外装周り。
こちらは「左ドアが開かない状態」での見積という前提でしたが
修理は可能でしょう、というお話でした。
「将来の多少の雨漏り、キシミ音発生は覚悟の上」と伝えると
それならこの先も乗り続けられるでしょう、と仰って頂けました。

但し、やはり気になる点があります。

最近は「衝突安全ボディ構造」の考え方が進んでいて
クルマ自体、ぶつかったら大きく壊れて衝撃を吸収し
乗員を守るように設計されています。
そのため今回の事故でも
流星号は大きく変形して壊れ、奥さんを守ってくれました。

修理にあたっては「つぶれるように設計された部分」が
次の事故でも「設計通りにつぶれるように保つため」に
ユニット化された一定の範囲でパーツ交換をする必要があり
溶接で組立てられているボディや骨格などの一部を切断し
新しいパーツを溶接、塗装をするそうです。

流星号の場合はピラーを含むフロント周りとリアの一部を切り取り、
新しいパーツを溶接して全塗装をする、という手順になるようです。

骨格となる部品を切断・溶接で交換した場合
「修復歴:あり」ということになり
乗り換え時などの際の査定が1ランク下がるとのこと。
パーツを交換せずに「修正」で形状を元に戻せれば
「修復歴:なし」のままとなるようですが
ここまで変形した物を元の位置に「修正」で戻すのは至難の業で
結果的にドアのチリなどの合わせが非常に困難になるそうです。



いろいろと細かな説明をしてくれて
こちらの質問などにも丁寧に答えて頂けました。
乗りつぶし前提なので査定ランクの事など考えず
「修正」ではなく「修復」としてもらうことを伝え
その段階で提示された見積はなんと90万円。(^。^;)
今は開かない左ドアを開いてから詳細に見積をすると
更に費用は膨らむ方向になる、との説明がありました。



後日、左ドアをこじ開けてもらい
足回りの部品なども詳細に確認・見積って頂いたところ・・・
左側のサスアームやアルミホイール、タイヤも追加で含まれ
費用は確かに膨らみ、100万円を超える見積になりました。
この段階で営業さんから、驚きの提案がありました。

「修理をせずに売却をされてはいかがですか?」

は?修理をしないで売却?
納車後4年、想い出も沢山積み込んできた流星号ですが
こんなに壊れた状態で売れるはずがない。
そもそも「壊れた状態のクルマを買い取る」なんてことがあるのか?
単に新しいクルマを売りつけよう、うという事?
一瞬、営業さんを疑いました。

「現状のままでも買い取りが出来ます」
「保険金と買い取り金で新しくする、というのはどうでしょう」

予想外の提案でした。
提示された買い取り金額は、保険金とほぼ同じくらいで
保険金は修理をしない場合は現金で受け取れるそうです。

「修理して乗り続けるのには、なにか不都合がありますか?」

と、ちょっと不信げに返した所、営業さんは真剣な顔で
「simaumaさんの使い方を考えると
 この先もライフスタイルが変わることはないと思います。
 奥さんやワンちゃんを連れて、この先10万キロどころか
 まだまだ沢山走られるんじゃないかと思います。
 当店の見立てでは足回りは問題なし、と判断させて頂きましたが
 お仕事柄、完全には修復できないこともご理解頂いてるご様子。
 お考えの通り、ひずんだボディやフレームは完全には元に戻りません。
 数年後にどのような影響が出てくるかは、今は予想が付きません。
 なにしろボディの一部を切り取ってパーツを交換しますので
 なにか症状が出るかも知れないし、出ないかも知れません。
 もちろんここで、修理をされて乗り続けて頂くことも
 全く問題はない選択だとは思います。」
と、私が不安に思っていたことをズバリ言い当てています。

「変なコトを聞きますが・・・営業さんならどうされますか?」

すると営業さんは
一瞬「どうしよう」という顔をされた後に小声で
「お恥ずかしい話ですが・・・
 私の妻が1年前くらいに自家用のアル○ァー○をぶつけて来まして
 simaumaさんと同じように単独の物損だったのですが
 左側の前から後ろまで、結構な勢いで潰れました。
 当然直そうと思ったのですが
 衝突安全ボディを切って溶接で直すのに、やはり抵抗がありました。
 もう一度同じような事故をした際に
 同じように妻がケガをしないとは思えず、買い換えました。」
と教えててくれました。

「ちょっとお車を見にいきませんか?」と工場の方へ移動し
流星号の所にメカニックさん2人をこっそりと呼んでくれて
「これこれこう言う感じなんだけど、○○さんだったらどうする?」
「個人的な意見を聞きたいんだけど」と、お二方に聞いてくれました。

メカニックさんは「あくまでも個人的な考え」との前置きのあと、
「まずは足回りの方ですが、こちらは自信を持って問題ないと思います。
 ということは、ボディ側はどうか?ということになりますが
 こちらも自分たちの腕を信じてください、と言いたい所ですが・・・
 コンピュータ解析で設計された衝突安全ボディの強度は
 本当に微々たるもの、影響を無視できるレベルかも知れませんが
 パーツ交換修理では「確実に落ちる」というのが
 あくまでも個人的にですが、私が思う所です。
 溶接など、念入りな作業と仕上がり確認はしていますが
 工場ラインで行う溶接とは、やはりどうしても違います。
 ボディを切って部品を付け替えるというのは
 クルマにとってはかなりの大手術です。
 それくらい、今回の事故では壊れているということになります。
 自分ならどうするか・・・と考えると
 もったいないですが、乗り換えを考えると思います」
という、率直なご意見もお聞きすることが出来ました。

当然、公道で使用する上で強度的に問題が無いのは
ディーラーさんでも確認済みなことだと思いますが
「機械好き」にしてみると、そのほんの微々たる部分が
いつまでも気になってしまうのは、すごく理解出来ます。

今は亡きなゆたくんのために乗り換えた7代目流星号。
忘れられない、忘れたくない思い出を積み込んだクルマ。
その壊れ具合を目にしても、迷わず修理と決めていましたが
思いも寄らなかった営業さんの提案には
きっと何かしらの「意味」があるような気がしてなりません。



大切な大切な7代目流星号ですが
今回の事故と、営業さんの提案の「意味」について
もう少し時間を掛けて、考えをめぐらせてみようと思います。
ブログ一覧 | 流星号 | 日記
Posted at 2017/11/14 20:38:54

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ボディを補強して思ふ
餃子大名さん

新型プリウス
ルシファー34さん

アイシン製バルブボディ関連新品交換
タマこさん

新たな不具合と996追加
U-MA@CAR's NUTSさん

新型プリウス
*YUZI*さん

初ボディーカバー
ともみやさん

この記事へのコメント

2017/11/14 21:21:36
こんばんは。

うーん...難しい選択ですね。

どうしても修繕ベースとなると何も
ダメージが加わっていない状態と比較すると
変化点が出てしまう。心配なこともあるかと
思います。

ですがご家族と一緒にあちこち出掛けられた
クルマとの思い出もたくさんありますよね。
これからも長年乗られるかと思っていました。

simauma さんの最善たるご判断を願っています。
コメントへの返答
2017/11/15 12:12:23
とちぎのつかさん、ありがとうございます。

なかなか踏ん切りがつかないんですよね・・・
機械としてはかなりの痛手を受けていると、自分でも感じていますが、これまで遊びに行った情景が鮮明に思い出せるくらい記憶に残っています。その風景の中に常に登場しているクルマではなくなってしまう寂しさが、踏ん切りを悪くしているのかも知れません。

ハヤテくんやカノンさんを乗せて、まだまだ遊びに行きたい!

それに重きを置いて考えたいと思います!
2017/11/14 21:50:29
こんばんは

遅ればせながら、お見舞い申し上げます。

想いのこもった車であればあるほど、何とかして手許に残したいというのは車好きの私にも理解できます。
一方で、冷静に“モノ”として考えると、絶対に完全に元通りにはならないことがわかっており、それが車として非常に重要な部分に係ることであるなら、私なら乗り換えます。
どのみちいつかは乗り換えなければならず、どんなに想いがあっても永久には保有できないのです。
もっとも、ナンバー外した車両を保存できる場所が確保できれば別ですが。
家内も事故で2台廃車にしています。
simaumaさんと同じように、修理できないわけではなかったものの、受けたダメージが車体全体に及んでおり、多額の修理費をつぎ込む価値がないと判断して、家内は半泣きでしたが、問答無用で代替えさせました。
思い出はひきずるものでなくつくるもの。
一歩前へ出ましょう。

と、他人が言ってみたところでsimaumaさんの想いの深さまでは計り知れません。
最善のご判断となりますよう、願っております。
コメントへの返答
2017/11/15 12:28:43
Shin.BRGさん、ありがとうございます。

いつかは手放さなければならない「耐久消費財」であるクルマ。まさにShin.BRGさんの仰る通りだと私も思います。ただ、「ここまで乗って来れて良かった」という思いよりも「まだまだ乗るはずだったのに」という思いが、踏ん切りをつけられない理由なのかも知れません。

今回流星号が受けたダメージは、私の目から見たら、「残念ながら乗り換えるべき」というレベルだと思います。事故を起こした奥さんを怒る気は全く起きませんでしたが、大切な流星号が使えなくなってしまうという現実を、自分の心が受け入れられていないのだと思っています。

奇蹟的に誰もケガをしなかった今回の事故。このことを踏まえて、この先の事を考えて行きたいと思います。

「思い出はひきずるものでなくつくるもの」

この言葉で、気持ちが少し軽くなりました。
まだまだ元気なハヤテくん、そしてこれからのカノンさん。この先も一緒に楽しく遊びに行けるよう、考えたいと思います!
2017/11/14 21:55:11
例え同じ車種にしたとしても
やはり思い出を運んでくれた
車とは別!
その思い良くわかります
でも今後長く乗る事を考えると
ディーラーさんの言う事も
ごもっともですし・・・
悩ましい所ですね・・・
コメントへの返答
2017/11/15 12:33:25
V-テッ君♂さん、ありがとうございます。

そう、クルマはクルマ、同型なら良いんじゃないの?と思われがちですが、やはり数年という時間を一緒に過ごしたクルマは、全く別なのだと思います。

でもプロから見たら、「これは考えたほうが良い」という壊れっぷり・・・直せば問題なく乗れるけどおススメはしない、と言われると、心が揺らぎます・・・

優柔不断、なんですよね。σ(^_^;)アセアセ...
2017/11/14 23:44:57
こんばんわ。
遅ればせながらお見舞い申し上げます。

なかなか難しい問題ですね~
我が家も前の車も先代のポメとの思い出があり、また今の車も
今はなきボーダーのロゼさんの老後を楽に移動できるようにとの思いで
断熱などなどを行ったこともあり思い入れはそれぞれです。
私も乗り潰す気満々なので同様の状況になったら迷いますね~
直しちゃうかもしれないし・・・

ディスクドッグをやるようになって16年になりますが、気がつけば
距離の感覚が人からズレてきて300kまでは近距離500kまでは中距離
とどんどん遠くまで我が子のために頑張っちゃいますよね。
そんな中で安全に不安を持ったまま移動するのもストレスが溜まる気がしますし、といって一からまた作り上げていくのも大変ですし・・・

私は虹の橋を渡っていった子たちは幸せなら必ず近くで見守ってくれていると信じてます。
今も私はディスクを投げると下手くそだな~って近くで笑ってる気がしてますしね。思い出というより今も一緒に楽しんでいるつもりです。

今の車との思い出や思い入れ、費用のこともあり悩ましいところですが、今後のドッグライフのことも考えて最善の選択をゆっくり考えてください。

 先日の岐阜での大会に土曜日に見学に行ってきました。また、近くである際にはタイミングが合えば見に行かせていただこうと思いますので、その際にはお声掛けください。
コメントへの返答
2017/11/15 12:58:54
だーにいやんさん、ありがとうございます。

ワンコと一緒に遊びに出掛ける人は、みな同じ想い・考え方なんだと思うと嬉しくなります。そんな想いが、カンタンに諦めたくはない、という考えに繋がっているんだろうと感じています。

我が家でディスクを始めたのは、やはり15~6年前で、当時はなゆたくんを連れ、5代目流星号・アコードワゴンで遠征をしていました。クルマのサイズから、車中泊は難しく、遠征と言ってもせいぜい御前崎あたり・・・それが今では仰る通り、300kmは近い!400kmはちょっと遠いかな?と思えるようになっています。(笑)

そんな今の状況から、「ワンコたちを乗せた遠征では高速道路を安心して走りたい」という思いも強く、しかし「今までの思い出も手元に残して置きたい」と、自分の中の葛藤が続いていました。

仰る通り、虹の橋へと旅立ったなゆたくんもきっと、「ママさんが無事で良かったね」と言ってくれていると思っています。そして「これからもハヤテやカノンと、もっと遊んでやってね」とも。

奇蹟的にケガが無かった奥さん、そしてまだまだ元気いっぱいの2匹。クルマはお金を出せば修理や買い替えが出来ますが、奥さんやワンコたちの体や命、これからの一緒に過ごす時間は、お金を出せば何とかなる、というものではないことを頭に置いて、どうするべきかを考えたいと思います!


岐阜というと、中津川でしょうか。
普段は「K9 DiscJapan」という団体の大会に遊びにいっております。お見かけの際にはお声掛けいただけると嬉しいです!(^^
2017/11/15 20:32:12
こんばんは。長文失礼します。
事故の件は残念です。ただ他人を巻き込まなかったのが不幸中の超幸いですね。

さて、あくまで私がsimaumaさんの立場だったら...ですが、私なら買い換えると思います。

今なら11or12月発表になるハイエースの5型が対象になるかと思います。5型の噂では
(1)セーフティセンスPが搭載される
(2)ディーゼルがプラドの新型2.8Lで6速
との事です。

私も長距離を走る方で、運転中にヒヤっとする事も度々あります。あと少しで50の大台、体力や反射神経もさらに鈍って行く事でしょう。

特に(1)の人も感知する自動ブレーキ、レーンはみ出し警告などが安全装備は金を出しても今の車に付けたい装備です(自動追尾クルーズが省略されるのは残念ですが)

家族やワンちゃんの安全が手に入るのは大きくないですか?

エンジンもデチューンが無ければトルク1.5倍。燃費も1割程度改善されるとの話も。 ロングドライブ派には嬉しい話です。

300系は、と言うと..ボンネット付きで荷室は狭くなるそうですね。200系も併売との噂ですが、以降は大幅な進化は望めないでしょう。

以上から300系に興味が無ければ5型買い、300系を待ちたいなら修理でつなぐ...ってところでしょうか。

ちなみに「私の立場」では、相方の腰の問題で、買い換えでの200系ハイエースは諦め...かな?残念。

以上、無責任な意見ですみません^^;
コメントへの返答
2017/11/15 21:15:30
ます君さん、ありがとうございます。

事故現場が駅のすぐ近くで、普段ならお迎えクルマやお迎え待ちの人が立っているような場所なんですが、ホントに超幸いなことに、人もクルマもなく、加害者になることなく済みました。

まったく持って、仰る通りです。この先歳を取らなくなる訳もなく、少しずつだと思いますが、老いは確実にやってきます。この「少しずつ」がクセモノで、自分はまだまだ大丈夫、と勘違いしてしまうんですよね。

奥さんの命も、ワンコたちの命も、お金には変えられません。ここで出費があったとしても、安全装備を充実させる方が良い、と私も感じています。

モデルチェンジするハイエースはボンネット付きになるようですね。それも安全対策のため、というのが主な理由なのだそうです。キャブオーバーな200系のボディ構造では、この先さらにシビアになる衝突安全性能は満たせないからだと思います。

しばらくは併売されるとの話ですが、安全基準が厳しくなると、その基準を満たさないクルマは保険料などが高くなり、フェードアウトするようにして、300系に移行していくのではないかと思います。自動ブレーキなども標準装備化が進むと、非搭載車は保険が高くなったりするかも知れませんね。

5年後、10年後にもワンコたちと遊びに行けるよう、後悔しない判断をししよう、例え想い出がたくさん詰まったクルマでも・・・と思っています。



ます君さんが買い換えられるとしたら、次になにが来るのでしょうか。乗り心地が良く、車中泊が出来るクルマとなると・・・VWかメルセデス、かな?(^^
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ボコボコの代車3号で年越し決定。(^_^;)」
何シテル?   12/12 21:37
どもども、simaumaと申します。 2013年11月16日。 ハイエース・スーパーGLオーナーとなりました。 どうぞヨロシクお願いします。 ・ハイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

プラド/ ミラーヒーター流用(本体編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/05 20:10:18
ブルーミラー化 120系 プラド純正オプションです。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/05 19:50:08
プラド用流用 レインクリアリングブルーミラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/05 19:48:07

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ハイエースバン トヨタ ハイエースバン
ハイエース Super-GL ロングバン・ワイドボディ・ミドルルーフ ホワイトパールクリ ...
その他 その他 その他 その他
2009年2月21日 購入。 ながらく初代キスデジで修行を積んでいるワケですが 下の娘 ...
その他 その他 その他 その他
2004年6月26日 購入 当時はまだ我が家にはデジタルカメラなど無く コンパクトタイ ...
その他 その他 その他 その他
2008年11月30日購入。 奥さん専用の普段使い用コンデジ。 コンデジなのに1000 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる