• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マリューラミアスのブログ一覧

2017年10月09日 イイね!

天蓋山登山

天蓋山登山2017年10月8日(日)
メンバー : 単独
登山口 : 山之村キャンプ場 950M
登山口気温 : 13℃
登山開始 : 7:00
天蓋山頂上着 : 9:15 頂上発 : 11:20
山之キャンプ場 : 12:45


秋になり紅葉の山に行きたいと思い以前から気になっていた天蓋山に行くことにしました。
この山は眺望が素晴らしいとよく聞いていました、頂上の山名を記した標柱には田部井淳子さんの書いた文字の標柱があると新聞等で見ていましたのでそれも目的の一つとして行くことに。
前日の20:00に自宅を出発し、途中高山市内のマックで遅めの夜食をいただき道の駅スカイドーム神岡 に0:00に到着し仮眠を取りました、6:00に登山口のある山之村キャンプ場に向かいました、この日は霧が発生していましたが標高を上げるにつれ霧が晴れ途中良い景色が見れました。

雲海に浮かぶ御嶽山



山之村キャンプ場に7:00に到着し準備し登山開始です。



昨日の雨のせいで泥濘が多く歩きにくいです、霧も出てきて気分が乗りません。



しばらく我慢の歩きが続きましたが途中一時的に霧が晴れ乗鞍、御嶽が望めました。



頂上までは2時間程ですので途中10分ほど休憩する予定でいましたが、泥濘もありザックを下ろさず小休止のみで頂上に来てしまいました、着いて5分ほどは霧が晴れ雲海の上に山並みが広がる絶景が見え白山も見えましたがすぐに霧に覆われてしまいました。

雲海に浮かぶ白山



今日の天気予報は快晴なので霧は一時的で霧が取れる確信があったのでしばらく待つことに...待つこと一時間半、霧が取れて北アルプスの山並みが一望に見えます、素晴らしいです。


剱岳から薬師岳、北ノ俣岳、黒部五郎岳



黒部五郎岳から双六岳、槍ヶ岳 笠ヶ岳



乗鞍岳



剱岳から乗鞍岳のパノラマ



田部井淳子さん自筆の標柱



登山口の山之村



景色を堪能し下山します、帰りも泥濘がひどく転ばないようにゆっくりと下山しました、紅葉は標高1300mから上が色づき始めているようで天蓋山1537mは頂上付近が良く、山全体が紅葉に覆われるのは10日程早いようで紅葉の素晴らしい景色は見られませんでしたが眺望は素晴らしく楽しい一日をを過ごしました。


紅葉は少し早かった。



色づいているのもありました。



12:45に登山口のキャンプ場に到着し、キャンプ場前の食堂で新そばを食べる予定でしたがお客さんが多く時間が掛かる様でしたので諦め帰路に、途中栃尾温泉の荒神の湯にて汗を流して帰りました。
紅葉のピークにまた来たい山でした。


山之村から見る天蓋山。






  



Posted at 2017/10/09 16:18:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 登山 | 趣味
2017年07月23日 イイね!

甲斐駒ケ岳登山

甲斐駒ケ岳登山2017年7月19日(水)
メンバー : 単独
登山口 : 北沢峠 2000M
登山口気温 : 17℃
登山開始 : 7:00
甲斐駒ケ岳頂上着 : 11:15
頂上発 : 12:30
北沢峠着 : 15:45



毎年この時期会社の休暇を利用し平日に3000M級の登山に行っています、今年はどこに行こうか迷ってましたが、数年前まで夏休みに家族とキャンプに山梨県の白州に何回か行っていましたその時仰ぎ見ていた甲斐駒ケ岳に行くことにしました。

18日仕事が終わったあと自宅で風呂に入り19:30に自宅を出発し中央高速を走り長野県長谷村の南アルプス林道の起点戸台に向かい23:00に到着し車中泊し6:00発のバスに乗り北沢峠へ。

戸台(仙流荘前)バス停 平日でも人が多くバス二台で出発



北沢峠に到着



今日は甲斐駒ケ岳に登り北沢峠の長衛小屋に泊まるので登山前に小屋に余分な荷物を預けれるということなので寄り、ここからが登山開始です。

長衛小屋



まずは仙水峠を目指します、峠まではなだらかな歩きやすい道ですが途中礫岩の路になり独特の景観があります。

仙水峠まであと少し


振り返ると仙丈ヶ岳がくっきり見えます


仙水峠からは目指す甲斐駒ケ岳、摩利支天がそそり立ちます



仙水峠から駒津峰までが急登で息が切れますがリズムよく登れました、駒津峰からは甲斐駒ケ岳を始め南アルプスの山々が一望でき来て良かったと実感しました、それにしても甲斐駒ケ岳は急峻に見えて不安になります。

駒津峰


仙丈ヶ岳


甲斐駒ケ岳


鋸岳



駒津峰から六万岩までは痩せた岩尾根を行きます



六万岩からは直登コースにて頂上を目指しました、ガイドブック、ヤマレコの登山記録を見ると直登コースは上級者向きとなっており躊躇しましたが今後剣岳、槍ヶ岳への練習も兼ねて進みましたが三点支持がしっかりできていれば問題ないレベルだと感じました、確かに体全体を使い登るところがありますので転落の注意が必要と思いましたが高感度が強いところはさほどないと感じました、昨年の唐松岳から五竜岳の間の牛首のほうが遥かに危険と感じました。

直登コースから六万岩と駒津峰を振り返る


直登コースは真ん中の尾根を行きます


天に向かって登ります


オレンジ色の服を着た人が判りますか?そこを行きます


直登コースを振り返ります


あと少し、オレンジ色の服の人がいます


到着


祠があります


北岳西側は雲に覆われています



仙丈ヶ岳


遥か下に伊那の街が見えます



一時間程昼食をいただきながら頂上にて過ごしましたが、南の富士山、鳳凰三山方面、山梨側の白州方面のガスが取れず景色が見えず残念でした、帰路は巻き道コースにて下山し、駒津峰から双児山を経由して北沢峠へ降ります。

巻き道コースは白砂で美しいです





帰り道は意外とアップダウンがあり疲れましたが、双児山頂上から霞かに地蔵岳のオリベスクが見えたので良かったです

少しだけオリベスクが見えました



北沢峠に15:45に到着しました、本日は長衛小屋に泊まるのですが16:00発の最終バスに間に合う工程でした、私の鈍足では間に合わない可能性があると思い小屋泊まりにしましたが、これなら日帰りできそうだと思いました。
長衛小屋はテン場もあり小屋もとてもきれいで快適です、シャワーもありました、登山初心者が利用するには良い小屋です。

テン場


小屋内部寝室


本日の私の寝床



この日は20:00に寝ました。



2017年7月20日(木)
メンバー : 単独
登山口 : 長衛小屋 2000M
登山口気温 : 13℃
登山開始 : 4:45
栗沢山頂上着 : 7:30
頂上発 : 8:15
北沢峠着 : 9:45

翌 20日(木)4:00に起床して半日登山で栗沢山に行きました、予定では2時間程で登れる予定でしたが昨日の疲れもあるのか7:30に到着し2時間45分も掛かってしまいました、本当はアサヨ峰まで行き昨日見れなかった山梨県側の景色、鳳凰三山、富士山を見たかったのですが昨日と同じくガスが掛り見えそうもありません、また疲れていてしかも暑いので断念しました。

駒津峰から見た栗沢山


栗沢山から見る甲斐駒ケ岳

栗沢山から見るアサヨ峰



8:15に栗沢山から下山し9:45に北沢峠に到着して10:00発のバスに乗り帰路に着きました、帰りに高遠桜の湯に浸かりのんびりすごしました。

今回の登山で甲斐駒ケ岳は日帰り可能と判ったので次回は今回見れなかった山梨県側の景色と鳳凰三山の景色を見に日帰りにチャレンジしたいです。
Posted at 2017/07/23 16:01:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 登山 | 趣味
2017年06月04日 イイね!

若狭路センチュリーライド2017

若狭路センチュリーライド20175月28日 日曜日に福井県で行われた”若狭路センチュリーライド2017”に参加してきました。
この大会は以前から参加したいと思っていました景色のよい福井県嶺南地方の三方五湖周辺を巡るライドです、今回は120Kmの部に参加しました。
前日の19:00に岐阜を出発し敦賀市内のラーメン店で夕食を食べ若狭町の道の駅三方五湖に22:30に到着し車中泊しました。
AM5:30に若狭町役場のスタート地点に移動し受付を済ませ6:20のスタートを待ちます。

スタート前



この日は天気も良く暑くもなく寒くもなく空気も澄んでいて自転車日和です、スタートして15Km程は三方五湖の周囲を走ります、そして自転車で走れるのは年に一回のこの日だけの三方五湖レインボーラインを走ります、標高差300M程のヒルクライムです、以前バイクで来た事があり景色のよいところだった思い出があります、自転車だとさらに景色が良く見えます。

エイドステーション



レインボーラインから見る三方五湖



レインボーラインと日本海




レインボーラインからの景色を堪能し、海沿いを美浜町の水晶浜へ向かいます、水晶浜は岐阜県美濃地方の人なら海水浴ならココという有名どころで私も夏に何度も来ました、自転車で海沿いを走るのはホント気持ちいいです。

水晶浜



エイドステーション





水晶浜を後にし敦賀市の敦賀湾沿いを行き、スタート地点の若狭町に戻ります、しばらく中山間部を行きます、次のエイドステーションまで30Kmと距離があるので途中のドライブイン千鳥苑五木茶屋で休憩しました、ちなみに美浜町は演歌歌手”五木ひろし”の出身地です。

千鳥苑五木茶屋の駐車場にて休憩(良い感じの熟年夫婦の方も休憩してます)


美浜町役場エイドステーション休憩



美浜町のエイドステーションからは山間部の鯖街道の熊川宿を目指す田園と中山間地を行きます。

田んぼも水が入りいい感じです



熊川宿までの坂路はみなさん正念場の坂のようでおして歩いている人もちらほら見ました。

熊川宿 風情のある宿場街です



熊川宿からは再び海を目指します、ここ数年家族でのんびり海の民宿で泊まりたいなと思っている民宿がある若狭町食見から世久見は山に挟まれた小さな入り江の集落です、このあたりの景色はきれいで今回の参加もここを走るからというのが理由の一つです。

食見の入り江


良い天気と気持ちの良い海






楽しいライドも終わり無事完走しました。

ゴール(14:30)



とても楽しく走れました、来年は160Kmの部にチャレンジしたいと思います。
美浜町、若狭町良いところです。


今回のルート



Posted at 2017/06/04 17:23:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 趣味
2017年04月16日 イイね!

しまなみ海道サイクリング2017 その2

しまなみ海道サイクリング2017 その2昨晩は今治市内のビジネスホテルに泊まり今日(3月30日)は伯方島の道の駅”マリンパークオアシスはかた”から出発します、今日も晴れで気持ちがいいです、朝の砂浜も気持ち良く楽しい一日になりそうです。

マリンパークオアシスはかたの前の砂浜






今日の予定は生口島へ行きそこから船で岩城島へわたり再び船で弓削島へいき、ゆめしま海道を走り弓削大橋、生名橋を渡り生名島へ、生名島から船で伯方島にもどる、船を使い瀬戸内の島をめぐるコースです。
大三島橋、多々良大橋を渡り生口島の南岸を岩城島へ渡るための洲江港を目指します、生口島はしまなみ海道の島ですがブルーラインは北岸がルートになっています、昨年は北岸を行きました。
洲江港から岩城島の小漕港までは10分程の船旅です。

洲江港から岩城島に渡ります


船は気持ちがいいです


岩城島小漕港


岩城島




岩城島に来た目的は積善山にヒルクライムし景色を見るのが目的です、積善山は桜の名所で観光案内の写真によく出てくる名所ですが今回は時期がまだ早過ぎました、積善山は標高370Mで登りがいがありヒルクライムを満喫しました、頂上からの景色は春霞がかかり遠くまでは見渡せませんでしたが良かったです。

積善山頂上から、桜の季節は一面ピンクになります




積善山からは小漕に戻り右回りで岩城港を目指します、途中大好きな造船所の工場を横に見ながら進みました。

岩城造船(いわぞう)




岩城港から弓削島へ渡ります、船乗り場に多くの子供たちが居ました、地元のケーブルテレビの取材の方も居ました、何だろうと思っていると島を離れる小学校、中学校の先生の離任の見送りのようです、よくTVで離島するときに船からカラフルな紙テープを引っ張って行くシーンがありますがその光景のようです、なんだかジーンときます、初めて見ました島ならでは光景です、見送る生徒も見送られる先生も記憶に残るいい思い出でしょう。

さよなら先生


別れ



20分程船に乗り弓削港に到着しました、弓削島を右回りで一周します。


弓削島の海もきれいです、海岸沿いを行き、南側は高度をあげて海を見降ろしながら一周しました、
小さな島ですが変化のある景色が楽しめる良い島です。

きれいな海


高いところを行きます


きれいな砂浜もあります




弓削島を堪能し、ゆめしま街道二つの橋を渡り生名島の生名港に向かいました、弓削大橋、生名橋は見た目もきれいでバランスのいい橋です。

弓削大橋と弓削の町




生名橋




生名港で船をまっているとおじいさんが話しかけてきました、おじいさんによると生名島は人口も減って来て昔に比べて寂しくなってきたと言っていました、働くところも少ないからだそうです、本土と橋でつながれば少しは人口流出が防げると話していました、橋が因島とつながって本土とつながってほしいとのこと、地元の人との会話も楽しいです。

生名港



生名港から船で伯方島の木浦に戻り、マリンパークはかたに戻ると夕日がとてもきれいでした、旅を締めくくるにふさわしい夕日でした。




走行距離:85km

走行ルート


伯方島の民宿うずしおに宿泊し、翌日今治城を見て岐阜に戻りました、来年も来たいです。



Posted at 2017/04/16 15:39:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 旅行/地域
2017年04月08日 イイね!

しまなみ海道サイクリング2017 その1

しまなみ海道サイクリング2017 その1昨年しまなみ海道を自転車で走り、橋を渡るだけでなく瀬戸内の島々を自転車で走りたいと思いました、ということで今年は島めぐりをしてきました。
3月23日(水)の夜岐阜の自宅を出発、途中山陽道三木SAにて仮眠し翌日3月24日(水)AM9:30に大三島の道の駅多々良しまなみ公園に到着、今日は大三島を一周します。
今年は天気にも恵まれ、多々良大橋もきれいに見えます。

多々良しまなみ公園からの多々良大橋




大三島を右回りで一周します、私は基本海沿いは右回りで周回するようにしています、日本は左側通行ですので右回りですと海に近い車線を走ることになるからです。
のんびりと海沿いを行きます、すると私の好きな景色が現れました、それはS字カーブの道と海ですこの曲線と海の景色が好きです。

S字カーブと海




気持ちよく海沿いの道を進み、昨年2泊した大三島ふるさと憩いの家に着きました、昨年は天気があまり良くなく海の印象がイマイチでしたが今年は天気も良くきれいです、この宿泊施設は目の前が海で海水浴もできロケーションは本当に素敵だと思います、シンプルに泊まりたい方にはお勧めです。

大三島ふるさと憩いの家


憩いの家の前の海 何時間でも居たいな




憩いの家を後にし大山祇神社をめざします、ここからは海岸沿いですが丘の中腹150Mほど高度を保ちながら海沿いを行きますのでアップダウンがありますが高いところからの長めですのでまた違った視点で海と島々がきれいに見えます。

またきれいなS字カーブと海




大山祇神社は歴史のある神社で島の中にこんな立派な社があるのには驚かせれます、観光客も多く島の中では一番の観光スポットです。

大山祇神社




大山祇神社で参拝をすませ、次は伯方の塩 大三島工場に向かいます、伯方の塩はスーパーで良く見ますしポテトチップスなどのコラボ商品も良く見ます、今回の目的は塩ソフトクリームを食べるためです、工場見学もできますが時間の関係でパスしました。
良く食べ物の事をブログで書きますがいつも写真を撮り忘れます(すぐに食べてしまうので!!)。

伯方の塩 大見島工場




伯方の塩 大見島工場からは島の北部に入ります、太陽の位置と海の関係もあるのでしょうが今日の一番きれいに見えた海は北岸でした。

本日一番のきれいな海




大三島北部の盛地区からは広島県竹原市忠海へのフェリーがありました、フェリーを利用し自転車で島めぐりもいいですね、考えるといろんな組み合わせが考えられて当分芸予諸島の自転車旅は続きそうです。

盛⇔忠海フェリー




大三島を一周し最後はヒルクライムで立石展望台へあがり高いところからの景色を堪能しようと思ったのですが災害のため途中の道が通行止めとのこと、迷った挙句隣の伯方島の開山公園にいきました、ここは桜の名所ですがまだ時期が10日間ほど早いようです、ちょうど役場の方が祭りの準備のぼんぼりを設置していました。
天気も下り坂になり景色がイマイチでしたが晴れて桜が咲けば最高の景色の見られる公園だと思いました。

伯方島開山公園からの景色、多々良大橋を見る




1日目はここまでです、道の駅に戻り本日の宿泊地の今治のビジネスホテルに向かいました。
本日の走行 70.21Km
Posted at 2017/04/08 18:22:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記

プロフィール

「天蓋山登山 http://cvw.jp/b/1274175/40551882/
何シテル?   10/09 16:18
アークエンジェル艦長、マリューラミアスです。バリアントうて~。よろしくお願いします。 、ワゴン車が好きで、レガシィと迷った末、VWゴルフバリアントを購入、初め...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

1 人のお友達がいます
ニコパパニコパパ

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント バリアントうてぇ (フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント)
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントに乗っています。 13年間乗ります。
ブリヂストン アンカー ブリヂストン アンカー
20代のころから自転車に興味がありましたが、通勤で5-6万円程度のクロスバイク、マウンテ ...
ブリヂストン ビレッタ ブリヂストン ビレッタ
通勤用に購入、クロスバイクで通勤するよりママチャリのほうが実用的と思い購入。 片道4km ...
ドゥカティ ムルティストラーダ1100 ドゥカティ ムルティストラーダ1100
2007年から現在所有しています、SS1000DSが不慮の事故にあい廃車、保険金90万を ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.