• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

aero-centuryのブログ一覧

2017年07月21日 イイね!

多段

最近は車道を自転車が走る姿をよくみかける
政府がそのようにしたのだから
間違いではない


自転『車』だからな!
『歩』 道は間違いだ
競技車両みたいな凄いので走っている



自転車か…
バイクと車を運転するようになって
自転車に乗る事も無くなった
そのバイクもまた 真冬に凍結路にはまり
危なく転倒しそうになってからは
全く乗らなくなり


後に手放した
以降バイクは買っていない


私が最も長く乗ったのは6段変速搭載の
やつ
車で言えば スポーティ&スペシャルティ的なものか


派手なギミックを積んだやつだった


しかし…周りはそのようなものから卒業していく
そして!


前3段!後ろ6段!
18段変速搭載スポーツサイクルが
主流になりつつあった
ママチャリ軍団も増殖して一大勢力を築き上げており
二極化していった




私のは6段変速であり
通常使用なら問題ないが…
かなりの坂になると1速でも厳しかった…



だが
18段の奴らは悠々だった…


当時はまだモーターアシスト付きなんてなかったしな
多段式でかつ数字が多い程 崇め奉られたものさ


金持ちの奴ら…
私は妬み…僻み…恨んだが
どーしようもないからな


日本車は相変わらずCVTで突っ走っているよな
無段変速だ!


だが 世界はトルコンATに回帰しつつある
CVTに命をかけているスバルは
ちょっと心配になる…



10段!!
今んとこ最多はこれか?
だが多段だから良いという訳でもない
デメリットもある


技術的アピール…か?
ライバルより数が多い…から!
ってか?


多段が極まれば無段に近づくが…
無段は感覚に合わない
人はワケわからん生き物だ…
Posted at 2017/07/21 06:07:19 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年07月20日 イイね!

ブルー


私は休日だった
我がマスィーンを駆り疾走
魔境 万代へと久々に向かう


何か掘り出し物でもないか?


別にこれを買う!というものではない
ブラリと立ち寄って ビビっと来たら購入する……
そんな程度である


万代書店は主要幹線道にある
すなわち…渋滞が起きるような道沿いに存在する


やはり混むのだ…


前方にはトラックがいる
トラックと言えばディーゼルだ
小さいやつには一部ガソリンエンジンを採用しているのもあるが


ほぼディーゼルと言って差し支えない


最近のディーゼルは本当に凄い
あの黒煙が全くないし あの不快極まるにおいが無い!


もちろん規制前に出てきたダンプなんかは
黒煙モクモクだし あのにおいもある
輸送トラックなんかは もう大半はにおいも煙もない
まさにクリーンディーゼルと言って差し支えない


排気口をみても黒くない
つまり煤が出ていない


かつての状態から考えたら…
信じられない位の綺麗さだわ★


真横に大型の輸送トラックがきた
銀色の荷台が輝く!
タイヤもデカイな…


遥か昔 何を思ったかトラックだかダンプだかのタイヤをパンクさせようとした奴がいた
持ち主に何か恨みがあったのか
ムシャクシャしていたのか
単にイタズラする程度だったのか



その理由は忘れたし方法も忘れたが
見事目的を達成し パンクさせる事に成功したのだが
そのタイヤをパンクさせたら
自らの命もまたパンクさせてしまったという…


あの重量を支えるタイヤ ましてやさらに荷物が加わる
それらを全て支えるタイヤである


その圧力たるや 一般人では想像もつかぬ


デカイ前輪が進んでいくと
何やら見慣れぬタンクが現れた
真っ黒いタンクに群青いろの蓋がある


アドブルーの文字が刻まれていた


そうか…これが噂の尿素タンクか
やはりトラック…タンクも大きいな
乗用車ならもっと小さくなるんだろう…


マツダやホンダは尿素を使わない方式を採用しているらしいが…


だが…最近はディーゼルも色々と問題が出てきている
クリーンディーゼルを名乗っているのに
あまりクリーンじゃない…とかな


昔の三菱GDIも 環境エンジンを名乗ったら そこまで環境に優しくなかったとかあった



内燃機関は自動車メーカーの生命線
自動車メーカーである証左!
モーターなら自動車メーカーじゃなくても車を作り出せるのだ
トヨタだろうとベンツだろうとGMだろうと…
駆逐されるかも知れない!
(…ほぼないだろうけどな…)


電気が主流になった時…


生き残りをかけたバトルロワイヤルが始まる




Posted at 2017/07/20 08:22:22 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年07月19日 イイね!

ミスター


昔 とある野球ゲームに
ある選手がいた


ミスタG


ミスタ…か ミスターGであるな
言わずと知れたミスタージャイアンツ
あのお方を於いて 他にあるまい


実際……
ミスター赤ヘル ミスタータイガース
色々いたな


ミスターG
我々悪友善友でもその名がある


我々はたまにボウリングをたしなむが
ガーターを出すと
スコアに『G』の文字が刻みこまれる


すなわち ガーターが多い人が
『ミスターG』の称号を得るのだ!!
ちなみに1フレームの2投目に
1本も倒せないと『-』の文字がスコアに刻みこまれる


-が多い人には『ミスターフリーズ』の称号が与えられる


両方多いと『氷のG笑』になる
ミスターフリーズは仕方がないが
ミスターGと氷のG笑は不名誉極まりないので
何としてでも避けねばならない


だが……
我が家にも『G』が存在する


ミスタージャイアンツのヘルメットと同じ
黒く鈍く光る存在が


しかし真っ黒じゃない
やや赤が入っていたりする
ミスター赤ヘルもその中に要素として入っているのだ


なんたる贅沢な


残念ながらミスタータイガースみたいに
ストライプはない


2つなミスターの名を欲しいままにする
そのG……
メダカの水槽のそばに ふいに現れた


メダカたちは全く意に介していない
だが!こちらは意に介する!!


うげっ!ついに出たなぁ
我が家のミスターGがぁぁぁぁ!!!
漆黒の鎧を身に纏い
艶々の油をもって衝撃を受け流す?
その俊敏性たるや我々人類では太刀打ち出来ない


さらにこの速さは!
あの『ぴの』すら置き去りにする!


家屋内短距離界最速!!
なんぴとたりとも奴には追い付けぬ


我が家のミスターGと
今年も覇権争いをする時期がきたのだ
Posted at 2017/07/19 08:01:39 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年07月18日 イイね!

ラインビーム


LEDが車に採用されて幾星霜…
最初に正式に採用されたのは ハイマウントストップランプあたりからだろうか


それまでは当然バルブ型だった
てもバルブは切れやすいんだよね
ハイマウントストップランプが装着されているのに
点灯しない車が結構いたものだ


やがて制動灯に採用され
サイドマーカー…ついにウィンカーそのものにまで採用


とうとう灯火類最後の砦たる
ヘッドライトにまで到達


今や新車販売に於いて LEDが当たり前になり
ハロゲンは下位グレードなどに…
キセノンバルブはすっかりその存在感を無くしてしまった


標準どころかオプション自体ないものが増えた
寂しいものである


LEDヘッドライト
私個人的にはプロジェクター方式が合うと思っていた
LEDはリフレクターとの相性は悪いと思っていた


点灯方式が違うため
反射角にムラがあるから…だ


しかしホンダのマイナーチェンジしたフィットは
前期型は単眼プロジェクター方式だったが
後期型は3連装のリフレクター方式を採用した


ホンダはこのリフレクター3連装ラインビーム式を拡大採用していくのだろうか
プロジェクター方式だと明暗の差が激しく
見えにくいという声も多い


敢えて光が拡散するリフレクター方式をとる…のかな…
3連装なら光量も確保できるだろうし


昔 インスパイアに
ラインビームディスチャージなるヘッドライトユニットがあった
発光部分が四角い奇妙なランプユニットだった


すぐインスパイアってわかったんだよねぇ
発光が四角いから
照射角も広く視認性が高いらしかったが
それっきり採用車種はなかった


コストも高かったのかな…


さて
フィットが採用した新しいライトは
これからも拡大採用されていくのかしら?
プロジェクター方式より優れていると
認められるのか…?


はてさて…
Posted at 2017/07/18 10:11:44 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年07月17日 イイね!

デザイン

かつて我が親父殿が言いはなった…


『なにや?あのグロテスクな車や』


衝撃だった…
真正面にいたのは 現行のヴェルファイアだったのだが…


親父殿は車には疎い
ゆえに!私みたいにオブラートに包んで話したりしない
どストレートに!豪速球が飛んでくる!


だが……裏を返せば それだけ強烈なインパクトなデザインであるという事だ
形と名前を覚えてもらう……
シェア拡大に繋がる


日本の車はどちらかと言えば大人しいスタイリングだった
ドギツイものは余り好まれない


ゆえに
派手目なデザインが多い欧米に出すと
途端に目立たなくなる


主義主張を前面に出す事をいとわない彼らには やや物足りない感じだったのかも知れないなぁ


しかし……そんな風習がいつしか無くなり
インパクトあるデザインか増えた


かつて初代ウィンダムが登場した時
トヨタからこれ程 攻撃的なデザインが出るとは!
なんて言われたりした


今ウィンダムを見ても それほど驚かないだろう
ウィンダムすらファニーに感じる
超攻撃的2番打ペゲーロみたいな(?)
驚異のスタイルのマスィーン達がひしめくのだ


デザインには好き嫌いが付きまとう


こればかりは個人の嗜好が影響する
万人全てが良いと感じるデザインなどあり得ぬ


イタリアスーパースポーツ軍団
私は素直にかっこいい!と思うが
中には平べったくて深海魚みたい
などと宣った強者が存在した!!
私は信じられなかったが
事実そう思う人がいるのだ


それにしても…車メーカーのデザイナーも大変だなぁ……
キーコンセプトだと
代わり映えしない…手抜きであるとか言われ
ガラリと変えれば前のデザインがよかったとか 何か違う!とか言われ……


デザイントレンドを取り入れれば
●●と似ているだのパクりだの悪口を言われる


頑張れ!デザイナーさん達
デザイン1つで売上も変わるのだ!



Posted at 2017/07/17 08:39:50 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「楽しくまた有意義な時間とは 過ぎ去るのが早いものよ……」
何シテル?   07/19 01:03
aero-centuryです。 車弄りは全くしません…つーか絶望的に手が不器用ですので やりたくても出来ないのです 色々知ってる風な感じですが!!実は...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ちょっとISが懐かしくなります 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/05 19:00:35
リニアトロニックを理解する 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/15 08:35:17
アルミテープでの静電気の帯電を除電ができる範囲は! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/14 22:13:23

お友達

楽しくみんカラやりましょう!
17 人のお友達がいます
せっきぃ(555せっきぃ(555 * しんじょんしんじょん *
研兄ロバⅡ研兄ロバⅡ じゅん。。じゅん。。
浪漫☆倶楽部ZZ浪漫☆倶楽部ZZ うっつあんうっつあん

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ハリアー トヨタ ハリアー
ある時 トヨタが発表した車 一世を風靡したクロカン風…しかし 泥臭さは全くない ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.