車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月26日 イイね!

私はコンビニコーヒーをよく飲む
シンプルでうまいセブンイレブンのを
好んで飲む


普段はRサイズ すなわちレギュラー版
100円でお手頃である


やや長距離を走るなどの時は
あえてLサイズ すなわちラージ版を選択する事もある


コンビニコーヒーは当たったな
セブンイレブンは先見の明があったという事だ


いくら缶コーヒーが頑張っても…
この目の前での一連の作業を見せられ
(音だけだが 上にある豆は確実に減っているのがわかる)
出来立てが出てくるのを見たら…



なかなか勝ち目は薄いだろう


あるコンビニに立ち寄る
セブンイレブンは多いが 全てではない
他のブランドのコンビニも多い


セブンイレブンの成功に触発され
いまては大手のコンビニはみんなコンビニコーヒーを扱うようになった


Lサイズまではいらないな
Mサイズで頼む
レジからコップが手渡される


そして何の迷いもなく注ぎ口にコップをセット


さて…M M…と 今週のびっくりドッキリメカ…発進!!ポチッとな!!


ガーーーー!っと機械が作動!


注ぎ口からコーヒーが注がれていく
うむ やはりこのかほり…
ギィ…ガシン…
いれ終わった…が


ん?んんん?あれ?何か少なくね?
確かにMを押したが…どう見てもSサイズレベルの量じゃね?


え?間違えたのか?いや確かに…んー…


取り敢えず取り出す
熱々のコーヒーがコップの半分ぐらいにある


まぁいい 行くか


私は店を出た
運転する前にコーヒーを飲む


なんか少し濃い?のか?
でもうまい


数日後 別のお店でコーヒーを購入!
もちろん今日もMサイズだぜ!


ガーーーー!っと音がする
しかし
ん?あれ?また…少ない…なんで?
確かに間違いなくMのボタンを押したんだ


こんなモンなのか…?


私はボタンをよく見た
左が青 右が赤で表示されていた


…ま まさか…私はやっちまっていた…の…か…


セブンイレブンは左がホット
右がアイスになっているが
このコンビニはボタン配置が逆になっている…


つまり…


私はホットコーヒーのつもりが
アイスコーヒー仕様を選んでいたのだ
だからやけに量が少なかったのだ…


以後私は気を付けるようにしたが
やはり たまに間違える事がまだあるのだよ!


習慣て恐ろしい…
Posted at 2017/02/26 05:56:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月25日 イイね!
我がマスィーンに乗り買い物帰り
交差点で赤信号で待つ


前方にはまだ車はいない


艦これのサントラを聴きながら信号が青になるのを待つ


ふう…


ガソリンメーターを見ると だいぶ傾いている
平均燃費は…6.5か
最近は遠出していないからな
近場だけであり渋滞も多かった


真夏ならば6㎞/L切るレベルであろう
新しいプリウスのPHV版は68㎞/L位走るという


すげーな
まぁそこからある程度割引はせねばなるまい…それでも45㎞/Lは走るかな


またプリウスが増えるのか
もっとも現行型はデザインが足を引っ張っていると言われ 販売はやや苦戦しているとか


それでも沢山見るよね
同じ苦戦でもレベルが違う


前方に白い車がやってきた
どデカイ山車
巨大な糸巻きグリルがただでさえデカイ車体の迫力をさらに際立たせる


分厚い車体に対し細目のヘッドライト
中には3連装L形発光LEDヘッドライトが装着されている


V8 5.7リッター 出力約380馬力!
トルク54㎏以上!
長さは5mを超え 幅も2mに迫る
欧州の重量級山車と相対しても 全くヒケはとらないし
アメリカの山車とならんでも
そこそこ負けない姿であろう


我がマスィーンも決して小さい車ではない
しかし LXと並べば我がマスィーンはコンパクトカーに見える
それほど違うのだ


昔 アメリカの海軍の航空機が
偵察したとき 旧日本海軍の艦隊を発見
当時世界最大最強の戦艦大和を見た時
近くにいた戦艦が巡洋艦に見えたという


まさにそんな感じだ


LXはウィンカーをつけた


おっ 曲がるのか…


そのウィンカーは真横に走るものだ
流れるウィンカーというやつだ


げっ!流れるやつか…


私個人的にLEDが点滅するのは
好きではない
何か嫌なんだよ…
まぁLED自体元々超々高速で点滅しているんだが…人の目では追えない速さだから点灯と解釈していいだろう


1か0かのデジタルな点滅は嫌というか気持ち悪いの…
ウィンカーに関しては普通のバルブがいい
1と0の間にアナログなものがあるからだ!


もちろんカッコいいと思う人が多いから
メーカーだって採用するのだ
否定はしないさ
嫌なのは私の個人感覚であるからだ


信号が青になりLXは巨体を左に曲げ左折していった


V6 3.5リッターで今回6.5リッター
V8 5.7リッターなら…一体…どれ程の極悪ぶりを見せてくれるのだろうか



ある意味スポーツカー以上に維持管理費がかかる車だろうな
スポーツカーは軽くできているから
ぶん回さなければ意外と財布に優しいという ツンデレさんなのだ


だが!こいつは決してデレない
この手の車にそもそもデレを期待するのが間違っている
ツンツンだ!
どんなに優しくしても…極悪
きつくしたら更なる地獄


いくら憧れても 現実が押し潰す
ヒラのサラリーマンごとき相手になどならぬ


花魁道中に庶民が近づいても
あしらわれる
それと同じさ


くやしいけど…現実である
Posted at 2017/02/25 05:50:31 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月24日 イイね!
先日 アメリカ航空宇宙局が
約40光年彼方にある恒星
『トラピスト1』に 地球型惑星が7つあると発表した



ほぉ…


トラピスト1か セラピストみたいな名前だわな
いいねぇ~ 宇宙はロマンだよ


40光年…
光の速さで40年ぐらいかかる距離
ちなみに光が1年で進む距離が9兆5000億㎞
月までの距離がだいたい38万4000㎞ぐらいかな
往復2.6秒!一瞬ですな
太陽までの距離がだいたい1億5000万㎞ぐらいかな?確か…
往復でも16分40秒弱!


…近いようだけどさ…
今の技術じゃあ絶対に無理だわね


ほれ 普段天体は何千何万光年とかの単位だからね 急に40とか10の位の数だと
異様に近く感じるが…
あのボイジャーでもまだ200億㎞ぐらいらしい
超高速で数十年も飛び続けているのに
(時速6万㎞?だか…)
まだ太陽系最外縁部から抜け出していないとか…


燃料もすでに途絶え内部電力だけで起動している…



まぁいずれボイジャーは抜けて
外宇宙へと飛び出すだろうけどね


つまり
たった40でも光年となれば
事実上たどり着くのは不可能な距離なのさ



…余りに難しい話なので…物理学や天文学がないとね ちんぷんかんぷんだ


まぁ 同じ地球にある深海ですらまだ完全に探査できないのに
宇宙なんて尚更だよ


人の寿命は80年
80年でどこまで行けるかな


そんな状態で宇宙なんてね
冷凍睡眠…
確かに長時間宇宙を行くなら より現実的か
しかし そのような技術はまだない


不治の病にかかった人が液体窒素の中で眠りについている人も確かに存在している
今は不治の病でも
未来に於いて技術が確率され完治できるかもしれない


それに賭けている…



莫大な費用がかかるが 確かに存在する技術ではある


金魚とかは水に戻せば何事も無かったように生き返るが
果たして人が生き返るかは分からないのが現状


やっぱ…アレしかないか
アレを使えば40光年どころか40万光年
彼方の暗黒銀河にまで行けるんだぜ!!





ワ ワープ…


無理?
ワープ航法は無理か
時間と距離という物理で絶対的存在を無視した移動方法だ


やっぱ宇宙はロマンだよなぁ
人類がどんなに背伸びしても 決して果てが見えない世界
無限に広がる大宇宙…


宇宙はまだまだ多くの謎を秘めている
全てを解明する事は不可能
だからこそロマンをかきたてるのさ

Posted at 2017/02/24 06:18:39 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月23日 イイね!

恐怖の体験を…


私はシャドー&ディープ㈱のボローニャ軽自動車を駆り走っていた
そこは幹線道から外れた
住宅地に近い


当然道幅も狭い傾向にあるが
近場には工場などあがあり トラックもよく走る場所だ


前方はカーブがある


トラックが1台走っていた
すると急にスピードダウン 止まった
でも再びゆっくり走り出すが
対向にもトラック


そう…


トラックvsトラック
運ちゃん同士のつばぜり合いが始まった
すなわち…俺様が進むからお前は後退しろよ!


であり お互いが1㎜も譲る気がない


ただでさえ狭めの道 カーブである
さらにトラック2台…
ホイールベースの長さは乗用車の比ではない


お互いがギリギリ進む
こちら側が左カーブなので内側にあたる


どちらかと言えば…こっちに待避するスペースがあるのだが…
向こうはかなり下がらないと待避できない道なのだ…


私は半分傍観者の気軽な気分で見ていたし
半分はふざけろよ…こいつら…
こっちは仕事なんだからよ…と
怒りが込み上げてくる


ゴリィ…!ガギキィ…



あぁ やっぱやっちまったか
車体同士が擦った



それで我に返ったのかこちら側のトラックがバックし始めた
しかもかなり速い


え!


ち ちょっと…まって…後ろいるんたけど…
おおいいいいいいいいい!!


私はクラクションを鳴らす!!
すんでの所でトラックは停止


……


おい…ふざけろよ!!バカかよ!後ろ見ないで下がったのかよ!
バックミラーが荷台で見えない?
カーブしてんだから左側ミラーで見えるだろうが!!


こちらはボローニャな軽自動車
向こうはデカイ荷台を搭載したトラック
ぶつかればどうなるか


この世の物理の法則が劇的に変わらない限り
例えば水を熱したら凍る…みたいな
今までの常識が非常識になる世界に変わっていなければ


私が乗るボローニャ軽自動車は
より大質量のトラックに勝てる道理はない
ましてや向こうは運転席が逆側にある
無傷だろうが
こちらはまともに荷台側と真正面


ぶっ潰されるのは火を見るより明らか


長距離トラックはプロだが
そこいらの会社のトラックはそこ所属の社員やアルバイトが運転する場合が多いだろうし



プロならば必ず譲り合う なぜなら免許で飯を食っているからだ


変なプライドで大切なトラックを傷つけるなんてあり得ない
しかもお互いがトラックの運転は大変なのを知っている


だから相手の事を考える
こんなバカな真似はしないのさ!!
プロと(一部の)しろーとの歴然たる差だろう


だだし当然例外があるのも世の常
そこが難しい所でもある
Posted at 2017/02/23 06:54:27 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月23日 イイね!
マスィーンを運転すれば
必ず前後に車がくる
ふと…前にある車たちを見て思う


山車やハッチバックなど
リアワイパー搭載車は多い
だが その設置位置


リアのパネルから『L』字型にあるもの
リアガラスから『一』字型にあるもの
払拭面積はガラスからあるタイプが180°展開するから 面積は広いのか…?


ならなぜパネルからL字型があるのか


こちらは回転半径は大きくなるが
展開する角度は制限される


コストの関係?
設計側のキマグレン?
リアガラスの面積や高さ?


ナンバープレートの位置も謎だ
リアパネルやトランク部分に設置する車
バンパーに設置する車がある
やはりデザインなんかね?


バンパー側に設置すると
どうしてもトランク部がノッペリした印象を与えてしまうのだろうか


昔のマーク2が3ナンバー化になった時
バンパーに設置されたが
リアバンパーの厚さが異様に分厚く感じた
逆にトランクが薄く見えた



エンブレムやグレード名などもか
例えば我がマスィーンは右側に車名
左側に排気量を模したグレード名がある
しかもリアパネルの低い位置にある


逆にエンブレムや車名やグレード名が高い位置にあるものもある
例えばエスティマは制動灯の上にある


エルグランド辺りだともっと上にあったな
しかもライトつけると文字が光っていたり!
現行デリカD:5はさらに凄い
これでもか!って位にデリカの車名がデカイ!
D:5の文字はリアパネルの下側にある


低い位置に付ければ 夜 ヘッドライトでちょうとその近辺がカットラインの境目になる…のかな?
だから夜も主張可能である!


なんてな…


最近はプロジェクターライトが主流になりつつあり
配光もリフレクターに比べ格段に良くなり
高い位置からも幻惑させる事なくライトを使える


だから!エンブレムも高い位置に置き
昼間はドライバーの真正面に位置させるアピール!
夜も優れた配光性でカットラインギリギリに設置!


昼夜アピールだ!


ええと
あくまでしろーとの戯れ言であり
本気にしないように


Posted at 2017/02/23 06:05:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール
「その現実…知りたくなかった…@浪漫☆倶楽部Z 」
何シテル?   02/23 19:46
aero-centuryです。 車弄りは全くしません…つーか絶望的に手が不器用ですので やりたくても出来ないのです 色々知ってる風な感じですが!!実は...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
やっぱり見難いよLED まとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/23 10:32:48
マツダ 新型エンジンが気になりますね! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/13 11:01:24
DIT&CVTのサーキット走行2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/01 11:15:27
お友達
楽しくみんカラやりましょう!
17 人のお友達がいます
しんじょんしんじょん せっきぃ(555せっきぃ(555
浪漫☆倶楽部Z浪漫☆倶楽部Z オートマのペターオートマのペター
研兄ロバⅡ研兄ロバⅡ s-sights-sight
ファン
10 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ハリアー トヨタ ハリアー
ある時 トヨタが発表した車 一世を風靡したクロカン風…しかし 泥臭さは全くない ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.