車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月10日 イイね!
雨か…


私は先日の夜
シャドー&ディープ㈱の窓から外を眺めていた


冷たい冬の雨…


外にいる車たちは濡れている
夜 しかも雨である
ゆえに行き交う人はいない


街灯や家の明かりに照らされた車が
雨によって光っていた


雨か…


冷たい冬の雨…すなわち…
翌日は…バトルロワイヤルか…
凍結地獄からの脱出


仕事を終え
雨の中を走り出す…


目の前を白いものが一瞬横切った


!!?


目の錯覚か?
しかし また…
さっきまで窓に雨音がしていたが
白い錯覚が現実になった


うげ!なんつー…デカさだ


普段なかなかお目にかか事がないであろう大型のボタ雪である
それが襲いかかってくるような錯覚


対向の車のフロントは
白くなっていた


幸い…水分が多い雪であり
すぐとけた…
激しい降り方だったが道路に積もるほどでは無かった


しかし分離帯などには積りだしていたし
駐車中の車たちのフロントガラスも
白く変色しだしていた


今回の冬は雪が多い予想である


数年前の悪夢が頭をよぎる


山の方はスキーヤーが喜ぶからだが…
やはり平地は積もるようには降らないで欲しいなぁ


またバトルロワイヤルが勃発しちまう
働く前から疲れるよ

Posted at 2016/12/10 06:16:33 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年12月09日 イイね!

いよいよ2016年も
1ヶ月を切った
ついにこの間年始の挨拶をしたと思ったのになぁ…


まぁまだ最大イベントたるクリスマスが控えている
これが来ないと なかなか年末モードには移行しない


だが!近所のスーパーとかに行くとね
もうクリスマスをすっ飛ばして
年末モードに突入していたりする


年末になると食卓に上がる
ナメタ


ある店に行くと


うぉ!すげー!最大1.75㎏!!
3500円!!
もちろん子持ちだぜ


高い…と感じるかも知れないが
まだ!まだである
もうちょい経てば5000円…さらに…となるだろう


早めに買っておいて 必殺の冷凍!


だが…
我が家にはストッカーという文明の利器が無かった
普通の冷凍庫しかない


製氷機能が買って1年で死亡した曰く付きの冷蔵庫…


シャレたふりして最大1.75㎏なんて
無理
売り場のおばちゃんに…


すいません この0.9㎏の下さい


1800円である
だが時期が進めばこのレベルも3000円級に化ける


ナメタをこの時期に食べるエリアは意外と限られているかもしれないが…
そこそこ旨いのだよ


ちなみにオスは…
台の上にタライがあり
氷水にぶっ込まれ…一律1200円だった


食い物の世界では
オスの扱いが悪いのは常識か…




Posted at 2016/12/09 06:55:11 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年12月08日 イイね!
緑色のイメージの車…


しばらく前にページのトップにあったお題
ふむ…私は昔見たサバンナRX7
それのイメージが強いなぁ
純正のカラーリングかはわからないが
ひと目で目に焼き付く姿だった


たまに見かけるのは最後のモデル
FD型の黒系か白かな


極太タイヤに大口径マフラー
ローダウンは当たり前
ゴーカートみたいに路面を滑るように走り去る


走るためだけに生み出された車たち
各メーカーのスポーツフラッグシップ
周りはみんな重量級だったり大型の体躯だったり


RX-7は一回り小さいイメージがある


高い出力はもちろん その軽さも武器か
ひと目でわかるその姿…
こいつただモンじゃねー感が半端なかった


ノーマルを見るのが珍しい程の改造率
片側2本出しの純正マフラーはなかなか見なかった
スープラやGTOは純正が結構多く
スカイラインGTRは改造率高かった
NSXは そもそも数が少ないからわからん


改造が多いからか かなり無法な改造を施した物があり
中古はかなり厳しい物が多いイメージ
きちんとした目利きがないとハズレを引いて泣きを見る



条件が厳しい



私自身 今の車を買う時
初代型も視野に入れた
しかし…2代目に変わってから結構経つし
故障のリスクや税金の重加算…


現実5年落ちですら大きな故障がきたのだ
故障のリスクが増えるのは想像にかたくない


もちろんリスクの確率であり
故障が来ない確率も当然ある
それは大変喜ばしい事だが


今 RX-7を所有している人は
ある程度条件が揃っているのかな


新しい車が維持管理できるのは当たり前であるが
古い車たちを維持できる


うらやましいものだ…




Posted at 2016/12/08 06:47:02 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年12月07日 イイね!
我が家の座敷には
昔ながらの蛍光灯が鎮座している
日本家屋にあるサンがついたやつ
輪っかの蛍光管があるやつな


しかし1年ほど前から…紐を引っ張っても
根元で引っ掛かりスイッチが利かなくなったりする事が多発した


無理に引っ張れば 紐自体が切れる


何回も細かくガチガチと軽く引っ張っている内に
引っ掛かりが外れて普通にスイッチが利くようになる


しかしまた…


そんなんが続いたため
我が親父殿が決断した!!


こいづ駄目だ!買い替えっぺ!
茶の間のやづば こっちゃ持ってきでや!
茶の間ば新しくすっぺっちゃや!


茶の間のはグローを使わないインバーター方式のもの


学校の教室の蛍光灯もグロー使わないだろ?あれの輪っか版だ


早速大手家電量販店へと出向く
やはり今流行りのLEDか?
今までの純和風から
シャレた洋風にするか?


私はこういう明かりのものはさっぱりである…
LEDは直線的な光を放つ
いかにそれを均一にするか…であるな
全てカバーを被せている
それで光を散らしているのだろう


うむ…パナソニックや東芝…日立など
そうそうたるメンツ
聞いた事もない無名所もある
似た姿でも価格が全く違ったり


光量を無段階調節出来るとか
鋭い白い光から淡い暖色系の色まで無段階調節できるとか
タイマーまである!


中にはセンサーて周りの明るさの変化を感知して
自動的に光を調節するとか


いつの間に照明もハイテクノロジーになったんだろうか!


居間は標準的な8畳なので
あえて余裕の10~12畳にする!
そう ギリギリではない 余裕がある方がよい…!
明るさを調節可能なんだから
明るすぎならば調光で下げればよい



ついに!我が家もハイテクノロジー照明になるんだ!!


早速取り付けて…コントローラーのボタンを押す!


ピッ


ジワーッと光が来る



さぁ!さぁ!我が家を明るく照らせよ
ハイテクノロジー!


さぁ!さぁ…?


さ…あ…


あ?


あら?


え?もう…終わり?


ボリュームは全開である
最大光である
しかし…


え?こんなモン??



実際部屋より広めの能力があるものを選んだのだが
想像よりかなり明るさが足りなかった
確かに蛍光灯より部屋全体を照らしてくれているが…
(蛍光灯は吊り下げ式ゆえ上は照らさなかった)


部屋の倍のタイプじゃないと
駄目か?
6畳なら12畳 8畳なら16畳とか…
それぐらいないと厳しいか…



あとは部屋の壁が白いなら反射光でカバー出来るが…
そうでないなら…やはり厳しいのか


車みたいにちゃんとリサーチしないとだめなんだなぁ…
教訓だった
Posted at 2016/12/07 07:00:38 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年12月06日 イイね!
今!レコードが静かなブームだという


レコードなんて…CDが開発された途端
あっという間に駆逐されてしまったはず


レコードとCD
その力の差は歴然だった
まずその音質 何回聴いても全く劣化しない まさに非接触型のデジタルの良さがある


頭出しも楽勝!リピートも楽勝!
同じ曲聴きすぎて劣化なんて事もない


レコードなんてアナログの代表格
(ステレオ/モノラルなどの意味ではない)


CDは12㎝が主流である
かつて一時期8㎝という傍流が出たが
持ち運びに便利とか ジャケットが細長く
ケースを折り曲げたりすればハンドバッグにも入る…


しかし…ダメでしたな
ジャケットが貧相になって安っぽい


8㎝は何かと不便ではあったからな
私の所有したデッキはアダプターがなけりゃ再生出来なかったんだし!!


レコードはそもそもお手軽に持ち運びなんて考慮していない
そこはやはりアナログなのだよ!


CDは回転数が一定だが
レコードは複数の回転数があった
私がレコードを聴いた頃は
シングル版が45回転
LP版が33回転
て感じだった


CDとレコードでは同じ音楽でも
聴こえ方が違う


どちらが良いかはその人の感覚が関わるからな
わからない話である



でも…
レコードがジワジワと流行り始めているのは間違いない


レコード復権…
歴史は繰り返す




Posted at 2016/12/06 09:47:17 | コメント(1) | トラックバック(0)
プロフィール
「私 毎日毎日早起きさせられてるから…今日はサボりますね♪@浪漫☆倶楽部Z 」
何シテル?   12/09 08:03
aero-centuryです。 車弄りは全くしません…つーか絶望的に手が不器用ですので やりたくても出来ないのです 色々知ってる風な感じですが!!実は...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
DIT&CVTのサーキット走行2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/01 11:15:27
S4/レヴォーグチューンのツボ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/01 11:11:08
86/BRZエキゾーストマニホールド交換、バンテージ巻き、異音対策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/30 07:16:23
お友達
楽しくみんカラやりましょう!
18 人のお友達がいます
せっきぃ(555せっきぃ(555 * しんじょんしんじょん *
浪漫☆倶楽部Z浪漫☆倶楽部Z オートマのペターオートマのペター
saitohatusisaitohatusiみんカラ公認 YOURSYOURSみんカラ公認
ファン
10 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ハリアー トヨタ ハリアー
ある時 トヨタが発表した車 一世を風靡したクロカン風…しかし 泥臭さは全くない ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.