• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

aero-centuryのブログ一覧

2014年04月30日 イイね!

珍しい車

昨日からゴールデンウィークが始まり
世の中はウキウキモードに突入であるよ


普段運転しないママさんやおじーさんなんかが……結構やらかしてくれる
現実 交差点でぶつけていた
双方『とまれ』の無い交差点だ
おおかた向こうが止まるだろう……と


休みになると普段あまり見かけない車たちもチラホラ出てきたりする


巨大な車体を揺らしながらやって来る
真紅に彩られたフォードF-150
漆黒の闇に溶け込むが如く 真っ黒なワイド&ロー!マッシブなアメリカンスポーツの頂点に君臨する コルベットZ05(多分)


超小型の車体にもアイデア満載!名は体を表すトヨタiQ


日本のベンツと揶揄された事もある スリーポインテッド菱形!!三菱デボネア!!

そして見た目は日本車!でも外国産 !本国には無い5番目のドア!!紅茶の国からやってきた帰国子女!プリメーラUK GT


2代目プリメーラか……もうほぼ絶滅危惧種かなぁ
ましてや逆輸入のUK版とは!!


ほとんどみた事がないっすから
5ドアは日本では朽ち果てる伝説がまだまだ生きていた時代の ちょっと気の毒な車


もちろん期待通り鳴かず飛ばず……
走行性能なんかは本家プリメーラと同等なのに……
そのコンセプトが大当たりして
売れに売れまくった初代型と違い
ちょっと売れ行きにブレーキがかかってしまった2代目……しかも逆輸入となれば
数自体も少ないだろうから
ますます見る機会は減りますわな


『UK』の文字が赤っぽい感じで
『GT』の文字が斜めに配置されたレイアウト……


残念ながら仕事中であったのと
プリメーラは右側車線を直進だったが
私は左側車線を走り左折したから
フロントなどは見る事叶わず……!


祝日や連休は 普段車庫に眠っている車たちが目覚めさせられ
この世に出てくる!さらにレアな車たちが走っているかもしれない


それを見つけるのもサンワーやホリワーの楽しみのひとつであるよ





Posted at 2014/04/30 08:52:39 | コメント(2) | トラックバック(0)
2014年04月29日 イイね!

休日の海

さて……今年もやって参りましたね!
嬉し恥ずかしゴールデンウィーク!!
世のおとーさん達が 愛する家族の為に
眠気を我慢しながらの強行軍!
しびれますな……


ん?何故そんな上から目線的に言うのか?
知れた事よ!!
私に黄金色に輝く一週間など存在しないのだ!
帰省ラッシュ?30㎞の渋滞?乗車率200%?4時間待ちのアトラクション?
ハハン!関係ないね!
クタクタに疲れ果てるのもゴールデンウィークの醍醐味だ!


いいではないか!楽しんで疲れるなら
こちとらいつも通りの職務で疲れるのだ!
同じ職場でも 赤い日の通り休める奴らもいる……悔しいが……自分の努力が足りなかった結果であるから仕方がないのだ



まぁ今日は飛び石……ゴールデンウィークの前衛部隊との戦いみたいなもの……極端には混雑はしないかな?
しかし!世のおとーさん達!
休みなのは自分らだけではないのだ
みんな考える事は同じなのだ!


行き当たりばったりの計画だと……
きっとかわいい子ども達からつめたい目線を投げ掛けられ
愛する妻からは幻滅の視線を向けられる


週末からはいよいよゴールデンウィーク主力部隊との決戦が待ち受ける!
もし……今日 仮に前衛部隊との戦いに敗れてもまだ挽回のチャンスはある!!


負け戦で得られたものこそ……次の戦いへの糧となる!!
かわいい子ども達の笑顔の為
最愛の妻のため!!


おとーさん達は荒波の中に向け抜錨(ばつびょう)する……!



……なんのこっちゃ?
まぁ私たちは安定のホリワーですが
皆さんは良い休みを!!

Posted at 2014/04/29 07:43:25 | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年04月28日 イイね!

電気戦争

昨日の夜 サンワーから開放され帰途についた時
ある大手の書店に立ち寄った


近所のコンビニから例のごとくコーヒーを買いひと休みし 翌日のブログネタを考えていた
となりに白い車がバックして入ってきたが



別に気にもしない


しばらくすると隣の車の持ち主が買い物を終えたのだろう……乗り込む
軽自動車のワンボックス型の車だ


いきなりヘッドライトをつけたではないか!!まだエンジンもかけていないのに!?そりゃ最近のバッテリーは性能が飛躍的に上がったが……だからとそのやり方は感心せんねぇ……


乗っているのは若い……のかな?女性だ
すると軽自動車のワンボックスはスルスルと走りだす


!?!?


何!?セル回したか!?エンジンかけたっけ?


ボディ下部には……
『MiEV』
の文字が!!
あぁ……三菱の電気自動車か!!
なるほど……セルなんて回る訳ねーわなぁ……


たまにだが三菱i-MiEVをみることはあったが…………残念ながらガソリン版は去年で生産終了してしまった
電気版はまだ生産を継続しているが……


実際我が家でKeiの後継を探していた時
三菱iも候補に上がったのだ!
ただメインに乗る人が……その独創的なスタイリングにやや拒否反応を示した為
ペケになったのだった……


ちょうど昨日は書店で車雑誌を読んでいたのだが
電気自動車についての日独比較があった
ある超有名な車をこの世に送り出した超一流の技術者がインプレッションをしていた


内容は割愛するが


私はまたかと感じた
そりゃ独車は凄いさ……現在もことごとくベンチマークにされている
独車に追い付け追い越せと……


しかし今回比較したのは日本の2台はすでに販売され数年が経過している
独車版は去年の末にようやく販売が開始され 日本に至ってはまだ販売すらされていないバリバリの新型車である


自動車に限らずあらゆる工業製品は日進月歩!後からでてくるのが優れてているのは当たり前だ
あとお金のかけかた……前例がいるのならそのネガティブ部分を研究してフィードバックすれば……おのずと…………


あとお金のかけかたに繋がるが いかに環境負荷ゼロの電気自動車でも
価格がべラボーに高いのでは意味などない


独車版電気自動車……大変良いものなのはその文章を読んだだけでもわかる
じゃあ我々庶民が買えるくらいのものなのか?となる


三菱や日産はやや高いとはいえ庶民レベルでも十分買える……


まぁ日本の国に住む日本の国のメーカーの車しか買えないヤツの負け惜しみに聞こえるがね……
私は特別ではない普通に乗れる普通に買える電気自動車を世の中に送り出した日産や三菱は素晴らしいと思う


インフラ整備が最大の問題か?
もしくは独車版みたいにバイクのエンジンをエマージェンシー的に積むか……


まだまだ戦いは始まったばかりだ
通常の車は歴史の長さがネックになとてたりした しかし電気自動車はまだ黎明期!ここでしっかりと主導権をとってもらいたい
充電器戦争も熾烈である
チャデモが世界で通じる充電器になれるように……



Posted at 2014/04/28 11:50:50 | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年04月27日 イイね!

愛車考

我が愛車はトヨタハリアーだ
名だたる名車たち比べたらその歴史は浅い


しかし特に私が現在乗っている2代目は10年近く生産された
大人気でメーカーが嬉しい悲鳴で長期間生産したわけではなく
レクサスとの絡みやディーラーの突き上げ……後継と目された車が思惑ほど人気が出なかった…………とか
まぁ原因は様々だ


かつて私が愛車にしていた初代型も意外と多く見る
すでに10数年経過しているのに 比較的コンディションの良い個体が多い
車の性格上 無法な改造が少なく
バカみたいにエンジンぶんまわすヤツも少ないから……かな?


元々レクサス用として開発された車であり
アメリカを指向している車である
大径ホイールとタイヤを履かせた迫力あるスタイルを醸し出し
アメリカンな雰囲気を出すような
比較的アメリカ的なドレスアップが多いのも特徴か


ヨーロッパのかほりを感じさせる車たちが増えた中 個性が際立つデザインだと思ったりしている
……あぁ? んな訳あっかよ!!
と反論したい人もいらっしゃるであろうが……しろーとの戯言なので流して下され


初代型に私は幸いにして乗る事ができた
当時 このクラスにはこの手の車は無く
メルセデスが開発していたぐらい


余り走っていないから珍しがられ
外車だと思っていた人すら存在していた
ボンネットにハリアーの名前を示すチュウヒのマークが入っていたからだ


残念ながら予算の関係でいちばん下のグレードになってしまったが
恋い焦がれて手にいれた車は飽きが来ないものなのだ!
スピードは出ない うるさい 極悪燃費 中途半端な排気量で余計に税金を払う理不尽さ……たった164ccオーバーした為
1つ上のクラスの税金を払わねばならなかった


それでも良かったのさ


本来はV6 3000ccが標準の車体に
価格を抑える為に古いエンジンを突っ込んだ……まぁベースたるカムリの従兄弟のセプターも同じ構成だったから……一概には言えないのかな?


会社帰りにコンビニでドリップコーヒーを飲む……すると隣に我が愛車と同じハリアーがバックで駐車しようとしていた


大径ホイールとタイヤ 分厚いエアロパーツ そして!オーバル型の4本出しの排気口が見える
これはかなり凄い!
ハリアーってマフラー変えている人少ないよね?だから余計に珍しい


でも音は純正とかわらない……


若いやろっこが乗っていた
チラッとこちらを見た……やはり同じ車があると見てしまうものだよ


新型が出たがまだまだ数は少ない
私が住む地域ではまだ数台しかみかけないが……いずれ増えていくはずである


だが!私はまだまだコレにのり続ける!!
Posted at 2014/04/27 09:05:38 | コメント(1) | トラックバック(0)
2014年04月26日 イイね!

迷える子羊たち さぁ!選択の時

彼は迷った……
今乗っているストリーム……気に入っていた……
しかし!あちこちガタガタになり始め
修理代もかさむように


ほうほう……乗り換えですか?


そう……どーしようかと……新車は考えていないんだよ



フム……ストリームからの乗り換えなら
また同じストリームか
ライバルのウィッシュ……もしくはマツダのプレマシーとか


しかしそれらだとどうしても狭いと
背の高いミニバン系にしたい


それに……ホンダが好きなのだと
そうなると!! エリシオンとステップワゴン……
残念ながらフリードは除外だ


車格はエリシオンが上
V6 3.5リッターを頂点にV6 3.0リッターとL4 2.4リッターと幅広いラインアップ
対するステップワゴンはL4 2.4リッターを上位におきL4 2.0リッターとバランス良く配置


確かに新車価格はエリシオンの方が高い
車格も違うし標準装備品も
よりコストがかかったものが付いていたりする


しかし中古であるとその限りではない
残念ながらエリシオンは人気だったとはいえない ゆえに中古であると値段も下落傾向に
逆にステップワゴンはエリシオンよりも新車価格が安いが 人気は段違いであり
中古市場でも安定した価格で推移している


私は敢えてエリシオンを推した
エリシオンは同グラスの人気車安く
また……ステップワゴンクラスより上級の室内を満喫できるだろう 2.4リッターならばステップワゴンより安く買えるものも多い


しかし……彼の琴線に触れたのは
ステップワゴンだった……しかも2.4リッター版(先代前期型)


だって エリシオン重いっしょ
スピード出ないもの……


あぁ……なるほどね 同じ性能のエンジンならば軽い方が俊敏だわ
彼は上質な室内よりも俊敏な運転感覚を選んだ


それでいいのさ 他人の意見は参考程度
お金を出すのは自分なのだ
自分が良いと思ったものを選ぶに限る
その選択は間違いではないだろう


Posted at 2014/04/26 06:20:22 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「ガソリンがぶ飲みする猿がいるという
しかもバイクのタンクのホースを抜いて…
マジッすか!?体大丈夫なのか?

何シテル?   11/15 09:32
aero-centuryです。 車弄りは全くしません…つーか絶望的に手が不器用ですので やりたくても出来ないのです 色々知ってる風な感じですが!!実は...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

ちょっとISが懐かしくなります 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/05 19:00:35
リニアトロニックを理解する 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/15 08:35:17
アルミテープでの静電気の帯電を除電ができる範囲は! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/14 22:13:23

お友達

楽しくみんカラやりましょう!
17 人のお友達がいます
スーパー浪漫☆隊長スーパー浪漫☆隊長 * せっきぃ(555せっきぃ(555 *
YOURSYOURSみんカラ公認 s-sights-sight
研兄ロバⅡ研兄ロバⅡ しんじょんしんじょん

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ハリアー トヨタ ハリアー
ある時 トヨタが新しいジャンルとして発表した車 先には自社のRAV4があり 他社ホン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.