• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

《》たぼの"ブルーのルーテシア" [ルノー ルーテシア]

運転席乗員検出センサシート表皮に

カテゴリ : 内装 > シート・シートカバー > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間3時間以内
作業日 : 2017年10月09日
1
今まで着座センサ=運転席乗員検出センサをシートクッションの上に別のクッションに仕込ませた方法を採っていましたが動作が安定しないので急遽作業しました。泣
2
まずは、シートをレールから外します。シートレール毎外そうとしましたが、N瀬さんが力一杯締めてくれたおかげで外せませんでした。ならばシートをレールから外すことに変えました。が、これが結構。。。ボルト4つで止めてあるのですが、ボルトの先にレールのレバーがあるので指が入らない、スパナを少しずつ回しながらの作業。こんな設計にするなよ。操作がしにくい。
3
シートを外したら、シートクッションを外します。シート表皮が長く平たいフックで前後で止まっているので、引っ張って外します。フロントが外しやすいのでそちらから外します。
4
シートクッションから表皮を外しますが、接着剤で止めてあるのではがしながらの作業です。
5
乗員検出センサを表皮とクッションの間に挟み込み、両面テープで1カ所留めます。センサの元にある箇所も両面テープでクッションに貼り付けます。
6
表皮を元に戻し、シートに装着し、シートレールにボルト接続します。
これがやっかいで、外したときのように指が入らない、メガネレンチが入らないので作業しづらい。ボルトも逆さまなので落ちるのでマイナスドライバーで支えながらの作業です。なかなかボルトが入っていかない。涙
7
なんとか収まって、テスト走行に移ります。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

リアシート穴補修

難易度:

インテンスにRSシートをインしてんす!

難易度:

純正シート戻し

難易度:

BA101 でバッテリーテスト 納車1年目

難易度:

舵角センサー調整

難易度: ★★★

ホーン交換!!

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

獅子306XT、菱ルーテシア2RSに続き、フランス車3台目です。 ルーテシア2RSでモデファイやり過ぎた。。。サーキットで遊びすぎた。 今回はおとなしめのモ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

パンちょうだい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/02 20:40:35

お友達

楽しい車ライフを過ごしましょう
17 人のお友達がいます
役年役年 ワッキー 《》ワッキー 《》
yn306yn306 えーちゃん!えーちゃん!
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 BKHBKH

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー ルーテシア ブルーのルーテシア (ルノー ルーテシア)
ルーテシア4 PH2に乗り換えました。 前車はルーテシア2 RS PH2でした。 2世代 ...
ルノー ルーテシア 栗坊主 (ルノー ルーテシア)
ルノー ルーテシア ルノー・スポールに乗っています。 今までで一番弄った。 吸排気、サス ...
プジョー 306 (ハッチバック) プジョー 306 (ハッチバック)
Pulsarの乗り心地が悪化していた頃に出会いました。 初めての中古、初めてのATでした ...
日産 パルサー パルGTI (日産 パルサー)
新型が出て、MTとATと営業マンが試乗車を持ってきてくれました。 MR-2G-Limit ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.