車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月23日 イイね!
小雪を過ぎたこの季節、恥ずかしがり屋の夕日は
すぐにその姿をビルの谷間に隠してしまう。
こじゃれたショーウインドウのディスプレイに照らされた歩道を
楽しそうに腕を組んで歩く恋人達

時々、どうしようもなく寂しくなる。
それは、ひとりベッドの上で膝を抱えてでいる時よりも、
アナタと一緒にいる時のほうがずっと…。

冗談なのか、本気なのか。
愛されているの? それとも沢山いる女友達のひとり?
付き合い初めて一年以上も経つのに、アナタの本心が分からない。

アナタに甘い言葉なんか期待してない。
でも、女の子だもの。黙ってキツく抱きしめられたら、
それだけで、このモヤモヤした気持ちなんか一瞬で霧散してしまうのに。

二週間ぶりに彼に会う心境って、きっとワクワク、ドキドキの筈だわ。
パンプスのつま先を見つめていると、涙が零れそうになる
その時、目の前に赤いクルマが停まった。

ALFAROMEO Spider Quadrifoglio Rosso

「ごめん、随分またせた?」
「ううん、さっき着いたばかりだから。ねぇ、このクルマ…」
「あ、うん。それより乗って」

車道側のドアを開けてくれたアナタ。私は赤いクルマに乗った。

「屋根がないのに、以外と寒くないのね」
「ヒーターをつけてると暑いくらいだよ」
「そうなんだ。でも、オープンって外から見られているみたいで
 ちょっと恥ずかしい」

「今日が何の日か覚えてる?」
「……お互いの誕生日でも、アナタとはじめて出会った日でもないわ」
「その赤いパンプスを履いて元町をデートした一年前の今日、
 僕たちの前をこのクルマが通り過ぎて…」
「私が、”あんなクルマでドライブできたら素敵ね”って言った日」
「そのとおり」
「すっかり忘れてた。覚えていてくれたんだ…」

信号が赤に変わり、クルマが静かにとまる。

「大好きな真奈美の願いだから」
「えっ? 今なんて…」

その先の言葉は彼の唇で塞がれて言えなかった。
横断歩道を通る人たちが振り替えり、私達を見ているのもかまわず。
長く甘い口づけをかわそう。


Posted at 2016/11/23 22:33:32 | コメント(5) | トラックバック(0) | Story | 日記
2016年10月10日 イイね!
OLYMPUS PEN-Fデジカメが欲しくて、
とうとう買ってしまいました。
RICOH GR以来……
かれこれ6年くらい経ったでしょうか。

一眼は気合いを入れないと持ち出すのが億劫。
でも、ファインダーを覗いて映したい。
機能は充実して欲しいけれど、やっぱり
カメラとしての存在感と質感は大事。
そして見つけたのが、OLYMPUS PEN-Fでした。

小さい私の手でもちゃんとホールド出来る小柄なボディは
バルナックライカのようなレンジファインダーを思わせるデザイン。
ぎっしり列んだダイヤルはアルミ削り出しにローレット加工!
写真は黒が素敵だったけれど、実機を見たらクラシックなシボ革に
サテンシルバーが栄えて、こちらに一目惚れ^^

マイクロフォーサーズもミラーレスも初体験なので
ちょっと不安でしたが、ファインダーで見たそのままが映る
ダイレクト感が気持ち良く、感じたそのままを写せるPEN-Fが
大好きになりました。

三連休の最後、ようやく雨が上がったので
Lanceのストラップを付けて、谷根千へお散歩シューター。
PEN-F わたしの素敵は相棒が増えました^^











Posted at 2016/10/10 18:44:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | daily | 日記
2016年09月18日 イイね!
9月の夏休み。
日々の生活で擦り切れ、ストレスで押しつぶされそうだったから
何もせず、ただボーッと過ごすために、
二泊で館山へ行ってまいりました。

目的はのんびりカフェめぐり。
房総という土地柄、こちらにはロケーションを生かした、魅力的な
「山カフェ」「海カフェ」が沢山あります。

オーナーの思いが結実したカフェは、どれも個性的。
似ているお店にはまずお目に掛かりません。
そして、都会にあるスカシテイルお店とは違い、優しくて、どこか懐かしい。

ますは明鐘岬にある、その名も「岬」
吉永小百合が主演した「不思議な岬の物語」のモデルになったカフェ。
やっぱり、カフェと言うより、喫茶店と呼びたい小さなお店。
喫茶店の前にはベンチが置いてあり、目の前の浦賀水道を行き来する船が見えます。
お店から流れてくるジャズと打ち寄せる波の音が重なり合って聞こえてきて、
その音に身を任せると、緊張に凝り固まった体が解けてゆきます。



二つ目は「日毎
山奥の細い急な坂を上がったところにぽつんとあります。
アーティストのご主人のアトリエだった場所をカフェになさったとか。
店内も生成りの木綿のような居心地の良い空間です。

丁度お昼時だったので、サンバルとチキンのカレープレートを頂きました。
サラダに添えられたインドの酢の物とパパドとヨーグルト。ご飯は二部突きの玄米。
セットの黒豆茶も材料から拘り、手を掛けてこしらえたことが良く分かる味。
体の中からスッキリ綺麗になりました。



三つ目は「Sand Café & Sons
E.ヘミングウェイの名作「老人と海」の世界観を閉じ込めた海沿いのカフェ。
お店にはキーウエストを感じさせてくれるフォトや、カジキの飾り物、船舶時計にランプ。
ご近所さんなのかしら、椰子の実を抱えたおじさんがビールを片手に
オーナーさんと談笑している姿も絵になってる。
海で遊んだ後や、お休みの午後のひとときをゆったり過ごしたくなります。


四つ目 「GAKE」
名前の通り、崖の際に立っている不思議なカフェ。
店内には、洋書のcafe table bookやアンティークやアート作品がいっぱい置かれ、
混沌の中に不思議な空間を演出していました。



お店に続く坂の下には廃墟好きには堪らない光景が…。



最後は「Cafe 923」
GAKEではお食事が出来なかったのでと検索したら
「素敵女子オーナーが作る窯焼きピザが激ウマすぎる!」にヒット。
もうピザ以外のことが考えられなくなりました。
そこは、田園の中にある高い生け垣に囲まれた、
隠れ家のような素敵なお宅がお店でした。

ウッドデッキに続くリビングのようなお部屋は、落ち着いたWedgewood blue色。
オーダーを受けてから専用のピザ釜で焼かれたピザは、絶品でした!
ふわサクっの香ばしい生地にとろけるチーズ。マルガリータのバジルや、
生ハムとルッコラに使われているお野菜はハーブ園から取り寄せたものだとか。
柔らかくて、薫り高くて、たまりません。

このピザを食べる為だけに、いすみ市岬町までドライブしてもいい。


今回は、都内から海ほたるを渡り内房へ。鋸南から館山、千倉、いすみ市の外房と
430kmちょっとをスイスイ走ってくれたケイマン君、ありがとうね。
今日は綺麗に洗車してあげました。
とくに、汚れたホイールは念入りに(大汗)


洗車の後は…やっぱりCafeで(笑)
オーナーの夢が形になったカフェは、思いの深さの分だけ
素敵な空気を纏い、訪れる人をそっと包んでくれます。

Posted at 2016/09/18 21:46:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | daily | 日記
2016年02月09日 イイね!
皆様、お元気でいらっしゃいますか?
すっかり年も明けて、気がつけばスーパーボウルも終わってしまいました^^;
ビッグゲームで公開されたAudi R8のCMがとても印象的でした。

R8と言えばトニースターク
ダンディなのにキュートなところが大好きです。


CMは、かつてアポロ計画の宇宙飛行士(Commanderと呼ばれているので船長かしら)
司令船と着陸船のミニチュアや勲章、若きアストロノートだった頃の写真が飾られた部屋で
彼は夕食にも手をつけず、追憶の中だけに生きています。

そんな父のもとを息子が訪ね、
「OK Commander come with me」と父を家の外に誘います。
そこにはR8が……。

キーを息子から受け取り、R8に近づく父。
発射台の最上部をロケットの搭乗ハッチまで歩く自分が蘇る。
ステアリングを確かめるように握りながら、司令船操縦士の息子を見つめ
カウントダウンのゼロを呟き、イグニッションスイッチを押す。
デビッドボウイのSTARMANが流れ、R8は猛然と走り出します。



クルマは移動の手段だけじゃなくて、感動の体験を与えてくれるもの。
わくわく、ドキドキさせてくれるスペースシップやタイムマシーン。
そんな、とても基本的なことをノスタルジックに描いたCMです。
表現方法は違うけれど、スバルのCMも同じ手法ですね。

ただ時期的に、急逝したデビッドボウイの曲を急遽あてたような気がして、
ここまで感傷的に描いたのですから、最初の追憶のシーン曲は、当時
アポロ計画のテーマ曲のように扱われたシナトラの「Fly me to the moon」
を乾いたラジオ音源で。イグニッションONからは、Right Stuffの
メインテーマ曲(2'18から)にして頂きたかった。(個人的な趣味ですけど 笑)





砂漠の中を、射出の火薬で火傷をおった煤だらけの顔で、
パラシュートとヘルメットを抱えて悠然とガムを噛みながら歩いてくる
チャック・イエーガーを演じるサム・シェパードのカッコイイこと♡



それにしても、宇宙飛行士とC3コルベットって
とってもお似合いですよね^^



Posted at 2016/02/09 22:39:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2015年09月23日 イイね!
「この秋刀魚、いずれよりとりよせたのじゃ?」
「日本橋魚河岸にござります」
「あっ、それはいかん。秋刀魚は目黒にかぎる」

5月の終わり、ほぼ日企画の気仙沼さんま寄席に参加した特典で、
ファストパス抽選に当たったものですから、
目黒のさんま祭りに行ってまいりました(笑)

このお祭りに供される5,000匹のさんまは、気仙沼から無料で送られ
気仙沼の人たちが焼いてくださいます。
その費用を捻出するための企画がさんま寄席。
10:20頃に目黒に着くと、既に沢山の人が目黒川沿いに列んでいます。
本当なら2,3時間列ぶことを覚悟しなければいけないのですが、
ファストパスのお陰で直ぐに焼きたてのさんまにありつけました^^

引き替え券を渡すと、沢山の人たちが一列に並んで焼いているので
あたりはさんまのすごい煙!



焼きたてのさんまにお醤油を掛けてもらい、
大分産のかぼすをギュッと絞って、頂きます。
青空の下で、さんまの煙にまかれながら頂くお味も最高でした。
(もちろん、お供はクラフトビールw)



お腹がいっぱいになったら、
鬼子母神の「手作り市」をひやかしてぶらぶら
焼き物、手芸、ガラス、革などなど、ハンドメイドの出店がいっぱいでした。



帰りは、なんとなく路面電車に乗りたくなって
鬼子母神前駅から乗車。
チンチンとベルを鳴らし、ゴトンゴトン走ります。
昭和の東京がここにありました。


Posted at 2015/09/23 21:04:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「接吻 ORIGINAL LOVE http://cvw.jp/b/1290906/38900843/
何シテル?   11/23 22:33
アマゾンKindle版で発売中 ^^ http://goo.gl/dnjlsu 「ナローポルシェの夢魔は嫉妬する」 「クルマのある風景」 ケイマンの...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
Audi R8 / Star man 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/10 07:32:26
ファン
110 人のファンがいます
愛車一覧
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
ポルシェ ケイマンに乗ることになりました。
アウディ TT クーペ TT君 (アウディ TT クーペ)
とっても賢くてスマートだったTT君 なのに、可愛がってあげられなくてゴメンね;;
ケータハム その他 ケータハム その他
走る、曲がる、止まる楽しさを教えてくれたクルマ セヴンの中でもメンテナンスフリーで、女の ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.