• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かわねこの愛車 [その他 その他]

男爵資料館 -蒸気自動車-

投稿日 : 2006年08月18日
1
函館の西、北斗市(旧上磯町)にある、「男爵資料館」。
明治時代に「男爵いも」の栽培研究をしていた、川田龍吉男爵の農場跡を利用した資料館です。
圧巻は日本最古の自動車、ロコモービル社製の蒸気自動車です。
50年ほど、倉庫に眠っていたものをレストアしたとかで、動態保存なのが素晴らしい。
2
ガラスケースに収められているので、反射で写真が汚くてすいません。
車体は「馬なし馬車」と呼ばれていた時代らしく、かなりコンパクト。
3
リアタイヤの上の「箱」の部分にボイラーなどが入っているらしい。
ちなみに燃料は、ガソリンに近いナフサなんだとか。当時、容易に手に入ったとは思えないので、維持するのにも相当お金がかかったと思われます。
川田男爵は、このクルマを通勤に使用していた、日本で最初のオーナードライバーなんだとか。
4
当時の部品も保存されています。
「自動車整備業」なんてものがなかった時代、ドライバーは同時に整備士であることも要求されていたのですね。
5
これはなんと当時の車検証です。クルマが信じられないほど高価だった時代、家宝とされていたのは想像にかたくありませんが、それでもよくぞこんなものまで保存されていたものだと、感心してしまいます。
川田男爵という人物、かなり几帳面だったのでしょう。
6
ラジエーターモードメーターという計測器具。
ボイラー式という仕組み上、ラジエーターのコンディションの把握が必要だったに違いありません。
蒸気機関は、このあたりの保守管理がかなり難しいそうです。
7
取扱説明書と、パーツリスト。
なんでも自分で直せないと、乗ることすらかなわなかった時代をしのばせます。
8
これまた貴重な、当時の雑誌。英国の「オートモービル」誌だそうです。
本などでは見ていますが、実物は初めてなのでチョット感動。

イイね!0件




関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

プロフィール

「先ほど聖地を通過したら、ラリホのノボリが立っていました。写真は撮れませんでしたが。(^^;)」
何シテル?   08/22 16:06
オートバイとクルマと、野遊びが大好きな「おやぢ」です。(^^ゞ 北海道のど田舎に住んでいます。どれくらい田舎かと言うと、地域で乗っている車種を言えば、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

To all the GRANDVITARA users 
カテゴリ:ESCUDO
2013/04/25 00:50:33
 
TREK FIELD 
カテゴリ:震災支援
2011/04/27 21:50:38
 
SSER ORGANISATION 
カテゴリ:震災支援
2011/04/10 23:28:28
 

お友達

照れ屋なので、自分から特に募集はいたしませんが、お誘いいただければ、謹んでお受けします。
m(_ _)m
ただし、基本的にはオフ等でお会いしている方、またはブログ等でなんどかコメントのやりとりを経た方とさせていただいておりますので、いきなりの申し込みはご遠慮願います。
137 人のお友達がいます
ヒロ君の老いぼれ酔歩徒ヒロ君の老いぼれ酔歩徒 * jakejake *
組頭(伸)組頭(伸) * ひげ太ひげ太 *
てらまこてらまこ * hatigomaruhatigomaru *

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード スズキ エスクード
外遊びの相棒として、約20年乗ったD21テラノの後継機として、2012年8月4日より就航 ...
日産 テラノ 日産 テラノ
19年前、その卓越したシャシー性能と、荒削りなサウンドのVG30に惚れてつきあい始め、1 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
2004年ラリージャパン。SSスタートポイントで、イグニス・スーパー1600を見たのが始 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
【情報交換用の登録であり、関連情報URLと同一車両です】 2004年ラリージャパン。 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.