• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

鰐(わに)のブログ一覧

2017年11月06日 イイね!

AACA museum

US自動車博物館紹介シリーズ第5回w。
今回はAACA museumってとこに行ってきました。11/4土曜日のお話。

グーグルナビによると、クルマで6h!
しかし、行くしかない!と決心し、朝5:30に起床、6時過ぎに出発。途中近所のガソスタで給油。
まだ真っ暗です。

日が出てきたところ。


8:00くらいにようやく明るくなります。
ちょうどそのころオハイオの州境を通過。


オハイオの隣がペンシルバニアと思ってたら、ウェストバージニアを経由してました。w

すぐにペンシルバニアに突入。


でしたが、途中で有料道路に案内され、やむなく料金所へ。
チケットを取って、通過。

まぁほとんどまっすぐだし、交通量も少ないし、紅葉もきれいだし、イイね、とドライブしてました。

残り1時間くらいのところで渋滞。
まぁ、10minくらいのロスでしたかね。
止まってる間に紅葉を撮ってみたのですが、実際に見た感じには撮れませんでしたねぇ。

もうちょっと色ついて見えたんだけど。

さて、有料道路を出るとき、ETC的な奴の専用レーンとそうでないレーンがあるので、そうでないレーンへ。
CASH専用、と書いてあって、前の人も現金精算してたんだけど、窓口の人にカード使えるか聞いたら使える、っていうんで、この前作ったANA USAカードで清算。

12:45くらいに到着。

建物の前に、円錐形の物体が三つ並んでるのはハーシーズのチョコのオブジェ。これについては後述。

ロビーではクラシックカマロが迎えてくれます。


そしてリンカーンコンチネンタル。

リアの円形のシェイプがコンチネンタルのアイデンティティて感じがします。

そして、スチュードベーカー。

この会社はもともと馬車屋さんだったそうで、ビッグスリーとの競争に勝てなくなってきて、パッカードと合併したんだって。そのときパッカードはメルセデスの米国代理店だったり、そのころ日本のパッカード代理店はあの三輪自動車で、その後にポルシェに転向したそうですよ。


入場料は$7+tax。

まずはコルベット。

1953, 1956, 1962の3台のC1コルベットが飾られてました。
1953年式の白い個体には直列エンジンが載っていて、自分には違和感でしたが、調べてみると最初は直6だったそうですね。
C1は個人的には前期の丸目2灯のがカッコよく思います。



さて、その先に足を踏み入れると。
こんな感じの展示が。




クルマに関するあれこれの歴史が興味深いです。


ハーシーズの創設者のハーシーさんのクルマも紹介されてました。


またエルカミーノ。


こんなディスプレー。



昔はドライブインシアターていうのがあったんだよ、の図。

自分も1回だけクルマで行ったことがある覚えが。
さすがに今はもうやってるとこないよね。




今回の目玉はこれかなと。


デロリアンDMC12の量産車とプロトタイプが並んでます。


こっちが量産車。


で、こっちがプロト。


一緒だろ?って?いやいや、エンジンレイアウトが違ってたんですって。

プロトはもともとバンケルロータリー(!)をミッドにレイアウトする予定だったのが、量産に移るときにPRV-V6リアエンジンに改められたんだそうです。

プロトのほうが光沢があったのは、プロトだったからなのか、個体差だけなのか。。。

そして、タッカー。






テストシャーシに載っていたエンジン。

シリンダーの先端にパイピングされていて、燃料?と思って説明書きを読んだら、バルブ作動を油圧でやるんだって。本当??

さて、地下に降りてみると。
新しめのマッスルカー。

特に一番手前のトランザムなんかは、自分が子供のころ好きだった奴ですねぇ。ほんとはファイアーバード・トランザム、ですね。ブラックのボディのエンジンフードにファイアーバードの柄が入った奴、トミカ持ってましたねぇ。TVでやってた映画に出てたのを見たんじゃなかったっけかな?ネットで検索すると、トランザム7000てのがヒット。wikiでも紹介してるから、きっとこの映画だったんだろうなと。
で、よく見たらこの個体はトランザムを名乗ってなくて、ただのファイアーバードだったぽい(汗)。

そして奥にはバス、バス、バス!

さらに壁には大量のバスの資料!

バス好きの方にはたまらんでしょーなー。自分はそれほどでもw

自分の嗜好としてはバスよりはこっち。

SW20 MR-2、じゃなくて、ポンティアックフィエロGTです。
こいつは6気筒積んでるみたいです。
アメリカの自動車メーカーで最初のミドエンジンスポーツカー量産車らしいです。

ここでもHONDA発見。
2輪だけど。

他にも何台か飾ってありました。

2階にも行ってみる。
大量のエンジンフードマスコットの展示。
この犬みたい奴の顔が面白い。


Packardもモチロンチェック。

車輪持ってる人はGoddes of Speedっていうらしいす。
そしてここでは鳥はペリカンて書いてありました。

これまたググってみたら、興味深いサイトを発見。
http://www.mikipress.com/m-base/2014/04/28-2.html
当時、パッカード社内でもペリカン派と鵜派がいたんだって。面白い!

もう一個、オハイオゆかりのカーメーカー、PEERLESS社のもあったので載せておきます。


さて、だいたい全部見たかな?というところで16:00ちょい前。自分用のお土産を買って、帰る前に、ハーシーズの事が気になって受付の人に聞いてみた。
そしたら、ハーシーズはペンシルバニアにチョコ工場を持ってるそうで、ファクトリーツアーもしているらしい。17:00までやってるから行って来れば?と道順を教えてもらったんだけど、これからまた6h運転して帰らないといけなかったので、そのまま帰宅。

帰り道は有料道路代ケチりたいなと、有料道路優先をキャンセル。そしたら50mile、1h余計に走らされた。途中土砂降りにあったりも。
雨の合間にバーキンに寄ってワッパー購入。クーポン使って1個分のお代で2個ゲット。
運転しながらパクパク。

23:00くらいに自宅到着。今回はさすがに疲れた。
さて、本日の走行距離は。


852km、じゃないですよ、852mileです。
852×1.609=1370km!たぶん自己最高記録更新ですね。


今朝、奥とskypeしてて、奥が「もう寝るねー」っていうんで、ずいぶん早く寝るんだなぁと思ったら、こちらのサマータイム終わってました。PCの時計も自動で調整されるとは知らなかったす。1H得した(笑)。



Posted at 2017/11/06 03:40:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月02日 イイね!

GILMORE CAR MUSEUM

事後報告です。
10/29に後輩と二人で行ってきました。
またミシガン。
朝7:00発、11:00過ぎ着。


まずはこちらのダイナーで腹ごしらえ。


シカゴ風ホットドッグ。

これにチップも合わせて$7くらい。。。高い~。

店内。



さて、見学開始。
かの有名な、シェルビーGT500。



かの有名な、ロードランナー。



かの有名な?AMCペーサー。


フォードのトリノってクルマらしいけど、コブラのサブネームが。


そしてベンツ!



クラシックカーがいっぱい。


こんなディスプレーも。


ここにもタッカーありましたよ。


ちょっと目を引いたクルマ。

ドアの開き方が普通じゃないなーと。

思ってよく見たら、これまたオハイオの会社だったらしい!

コルベット。


ホンダ車。コンセプトバイクだって。


これまたコルベット。コンセプトカーだって。


これまたコルベット。


コブラ。かっこいいねぇ。このくらいのサイズのがよさげ。


またコーベット。


またGT500。


またコーベット。


かの有名なエルカミーノ。


ハドソン。リアから引き出しが。


完全空冷エンジン。わかります?シリンダーがむき出しですよ。


リンカーンの展示室。


歴代のコンチネンタルが。

フォードの店舗。

フォードのアッセンブリープラントのミニチュア。


キャデラックのディーラー。



変わったクルマ。




みょーにデカイクルマが!!


昔のシェルのスタンド。


最後のほうは寒くてかなり投げやり。
あまりの寒さに15:00くらいには切り上げて帰ってきましたとさ。

おしまい。
Posted at 2017/11/02 12:27:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月24日 イイね!

America's Packard Museum

10/21
ググってみるとアメリカというところはクルマの博物館が大量にあるらしく、
近場で行ってみようと思って、コロンバスの博物館に行ってみたら、開いておらず。。。

気を取り直し、デイトンの博物館に目的地を再設定し、1時間くらいで到着。
が、そこもやっておらず。。。

で、もう一件、デイトンの博物館ということで、表題のとこに行ってきました。
パッカードの博物館はこの前も紹介しましたが、今回のとこは別のとこです。



当時のディーラーの建物をそのまま利用しているのだとか。

入るとターンテーブルの上に立派なクルマが。


そして受付の女性はこの前のパッカードミュージアムよりも愛想がよくてよかったす。

アルミニウムボディって書いてあった。


鵜、なんだそうで。


エアアウトレットが可動式みたい。








奥に入るとさらにサービスセンター的なところが。








チャンピオンプラグ!


A/F計らしい。


こっちは点火時期を見る機械?


デルコ・レミー!
(気になる方は、前回のパッカードミュージアムのブログを参照ください)





マーシャルのヘッドランプ







同じように見えて、全部微妙に違うの。


で、これまた前回のパッカードミュージアムで見た、プッシュ式のシフト操作部、実はマイナーチェンジで適用されてたらしい。
適用前。


適用後。



というわけで、また飽きもせず3時間も見て回ってなかなか興味深かったです。

今度の週末は後輩とミシガンの博物館行く予定です。
Posted at 2017/10/24 12:41:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月15日 イイね!

The Henry Ford Museum

最近知ってる人が立て続けに自動車博物館に見学に行った話をupされていたのに触発されて、行ってきました。

7:00出発。
途中2回トイレ休憩やらミシガンステートマップ入手の休憩をはさみ、現地到着は10:30過ぎくらい。



ウェルカムセンターに入ると結構な数の人が。
何人か日本人ぽい人たちも。


並んでチケット購入。
ダメもとで、AAA(こっちのJAFみたいな奴)の会員だと何か特典ある?って聞いてみたら、入場料10%割引だって。聞いてみるもんだ。

さて、まず入館してすぐのところには歴代の大統領専用車の展示。


コルベット C1 と、クライスラーのハードトップ。

C1って丸目4灯だと思ってたら、あれはC1の後期型だったみたい。前期型は丸目2灯だったのね。

CB750。説明文には高い評価が書いてありました。


仕事柄、こういうのが気になる。


触媒の右上の筒っぽ、有鉛ガソリンのノズルが入れられるように入れ口を拡大するツールなんだって。無鉛ガソリンを好まない人が使ってたんだそう。そんな道具があったとは。。。

ロータリーエンジンも展示されてましたよ。



またまた仕事柄、こんなのに目が行って、見覚えのある箱が。

PHMのラベルが!やっぱり初代インサイトのECUでした。こんなところで再会するとは。
ちゃんと紹介されてました。ただ、People saw it as a novelty, not a breakthrough. ってとこがちょと微妙。。。


インターステイツハイウェイについて。

ペンシルバニアやオハイオ、インディアナのトールロードのほうが先に出来ていたらしい。
ドイツのアウトバーンにインスパイアされ、アイゼンハワー大統領の命で、米ソ冷戦中にNATIONAL SECURITYのために建設されたんだそう。
この前のサウスダコタ旅行の時に使った90号はRAPID CITYとかSIOUX FALLSとかを通る道で、その下の道(80号)なら、カリフォルニアまで繋がってるのね。

初期のクルコンは車体とは別で購入できた。負圧チューブがアクセルペダルにつながってるみたいだけど、どういう意味だったのかしらん?

FORD GT。



FORD GT40。


説明文にはMARK-IVとしか書いておらず、GT40じゃないの?と思ったけど、WIKIで調べてみると、OLD-GT40にもいろいろ種類があったみたいで、MARK-IからMARK-Vまで。そのベース車としてローラMK-VIてのがあったそう。
GT40も奥が深い!

ボンネビルの最高速チャレンジの車。V8エンジンが4基搭載されているらしい。


このマクドナルドのサインって、1号店の、あとで乗っ取られた奴よね?


と思って、チェックしてみた。
http://thefounder.jp/
似てるけど、ちょっと違うのね。でも間違いなくモデルになってるね。

big boyって、アメリカのものだったのね。そんで、昔からあったのね。


13:00近くになって、ちょっと空腹になったし、ちょっと疲れたということで、ランチ。

店員のお姉さん、可愛かったす。
どうやって注文すればいいの?って聞いたら、ベラベラベラーってしゃべられたので、
ちょっと待って、もう少しゆっくりしゃべってちょうだい、って言ったら、ごめんねー、ってボディタッチされた(笑)
ハムチーズサンドイッチとコールスロー。とコーヒー。コールスローはまずかった。。。けど、お姉さんに「どう?」って聞かれて、Good!と言ってしまった。。。まぁ、サンドイッチは食べられたので。。。。



これが意外とカッコよかった!

リアの雰囲気が今度のアコードに似てるような?

この前パッカードミュージアムに行ったけど、他にもオハイオゆかりの自動車があったんですね。
これはシンシナティの会社だった模様。


ライトウェイトスポーツカーがアメリカでも流行る!と読んだが、1年で潰れちゃったんだって。


今回の最大のお目当てはこれでした!


このクルマはアメリカで組み立てられた最初の日本車です!

映画にもなった、タッカー。


ブガッティロワイヤル

超高級車。6台しか生産されなかった奴です。

フォードセダンとその後ろにカブトムシ。


カブトムシは、1949年に2台輸入され、10年後には年間12万台輸入されたんだそう。

エンブレムの展示。


ここにもオハイオの名前が。



この前出てきたパッカード。


ビートルにインスパイアされて、アメリカもRRの空冷エンジン車を作ったんだって。


エアダクトがほとんど見えないけど、冷却大丈夫だったのかしらん??

またアコードが。

この代のアコードはうちの親父も乗ってました。親父が乗ってたのは2.0Siでしたが、北米には上市してなかったでしょうね。

飛行機の展示。








かの有名なT型フォードの分解展示。


こんなのも。






なんだかわかんないけどすんごいでっかい展示が。



With Liberty & Justice for All、っていうテーマの展示。クルマとは関係ないけど、これまた興味深い。

有色人種用の水飲み場だって。


有色人種と白人でトイレ別だったんだって。。。


白人と有色人種で待合室が別だったんだって。有色人種用は狭くて汚くて、椅子も粗末だったって。なんだかねぇ。

Rosa Parksさんが逮捕されたバスですって。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9
いろんなストーリーがあるんですねぇ。

鉄道の展示。




閉館間近は人がまばらに。




結局閉館時間(17:00)までいて、係の人に「もう閉館ですよ」と追い出されるまであちこち見て回ってました。

帰りは途中でウェンディーズに寄り、チーズバーガーを購入。そのまま運転しながら食べたので写真なし。

21:30ころ帰宅。

本日の走行距離、363mile。=584km。

今回もいろいろ興味深いものが見れてよかった。
Posted at 2017/10/15 14:31:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月11日 イイね!

洗車

こちらに来て3か月、その間、通勤に使っているリースカーを一度も洗車をしていなかったので、クルマの前面が虫だらけ。。。
そのまま放置して取れなくなると返却時にまずいなと思い、洗車してみました。

まずはガソスタへ。
ガソリン入れるついでに、
窓ふき用の道具で窓を拭いて、
さらについでにドアミラーカバーやグリル・ボンネット先端・フロントバンパー前面などの虫を除去。
ガソリン入れるときに、ディスプレイの、洗車しますか?の問いにyesで答えると、レシートにcar wash codeが記載される。洗車代$5。一番安い奴を選びました。

その後、併設されている洗車機へ。
レールに左前輪を合わせて侵入。
レシートのcar wash codeを入力。
ギアをニュートラルにし、ブレーキリリース、サイドブレーキもリリース。
スタートボタンを押して窓を閉めると、クルマが勝手に洗車機の中に移動されていく。
モップでぐるぐる洗っていく。






最後に風が吹いて水分を吹き飛ばして終了。


まぁまぁきれいになったかな。
次に洗うのは12月かなー??

以上、アメリカではじめての一般洗車場体験報告でした。
Posted at 2017/09/11 10:16:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「AACA museum http://cvw.jp/b/1294445/40675010/
何シテル?   11/06 03:40
鰐(わに)です。よろしくお願いします。 子供の頃からのクルマバカです。 2007年から、とうとうマイカー2台体制(汗)いつまで2台維持できるか。。。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

弟のエボ6 トランク盗難その後 嬉しい出来事と、スバルオフのお話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/22 00:10:57
ゴミ箱考察 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/16 22:52:49
センターイルミ取り外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/16 22:49:34

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
ホンダ CR-Z、納車されました。 元サイバー乗りとしてはほっとけない存在でした。 しか ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
2007年、ふとしたきっかけでS2000というクルマに初めて乗りました。 それまでは、 ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
1999年、当時乗っていたDC2R96を事故で廃車にしてしまったため、乗り換え。 ジムカ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
1995年のデビューは鮮烈でした。 翌年就職することになるのですが、 「(次乗るのは)こ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.