• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hiroponnのブログ一覧

2016年09月10日 イイね!

メンテナンスは大事です

35コイルに交換して、調子が良くなって運転が楽しくなりました。
とりあえず、いつ換えたか分からないプラグと、だいぶ前に換えたエアクリをやっつけようと作業開始!

だいぶ涼しくなり、天気も良かったので作業日和でした。
プラグカバーは前回のコイル交換のときに外してあるので、サクッと交換。


因みに前回のコイルのインプレはプラグ交換前の、純粋にコイルだけの効果でした。


外してビックリな減り具合(+。+)アチャー。
バックが凄く見にくいけど、下から順に1番からです。
電極が摩耗し過ぎて、ギャップが広がってます。
3番が真っ黒以外は焼け気味な印象。


これは、コイル交換で強い火花でトドメを刺したのか、経年的かは不明ですが、今回は7番にして正解だったかな!?

あとはとりあえずエアクリを。

たまに蓋を開けて見たら汚れて見えなかったけど、新品と並べると一目瞭然。
こちらもいい感じになることでしょう。


作業後とりあえずエンジン始動。
十分に常温からで、セル二回回ったか位でかかりました。

あんなプラグでも低回転から力強く走らせる35コイル。
これで真価を発揮してくれるでしょう!
またドライブが楽しくなる予感(*´Д`*)
Posted at 2016/09/10 18:58:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月30日 イイね!

良い点火

良い点火台風が東北地方中心に大きな影響を与えている今日この頃。
カッとなる事が多くて、何を血迷ったか、コイル交換をしました。

ガソリンエンジンにとっての良い点火!
これは基本の「き」のはずで、決して忘れていたわけではありません。


せっかく交換したので、とりあえず参考になるかは別として、
自分自身の記録と、たまたま見られた方の参考になればと思ってメモしてみます。


今まで未交換だったので、せっかくなので性能アップも期待して流行の
R35(VR38DETT)コイルへ。

これからのインプレは、コイルそのものの能力差なのか、単純に新品にしたことによるものか、
はたまた気温差なのか。(日曜に交換してから、最近雨やら涼しい日が続いている。)
まあ、10万キロオーバーまで純正が持ち続けたのもなかなかですが、そんな乗り方でのファーストインプレッションです。

後日気が向いたら追加するかもしれませんが、高速系を100キロ程度の走行で感じたことを。。。

エンジン&ECU:ノーマル
吸気系:エアクリ(純正交換)
排気系:フロントパイプ、スポーツ触媒、マフラー交換

今回は、プラグは交換せずに、コイルのみ交換。
(後で交換するために、カバーは外したままで、コイルの冷却的には有利になっているかも。。。)


○始動性、アイドリングは特に変化なし。
 でも汗だくで交換したプラシーボから、ブーーーーとなめらかになった様な。気がしたい!
 しかし、微妙な温度からの再始動はホントに一発!早すぎてびっくり。


○低回転は、激変!
 登坂での2000rpm以下でも、スーッと走る。ギクシャクがほとんどなし。
 エアコンON時、登坂でゆっくりシフトチェンジして2000rpm付近で少しアクセルを開けたとき、
 苦しく回って、3000rpm位から過給もかかりぐわっとなっていたものが、
 2000rpm付近からでもほとんどギクシャクなく、スーッと行く。
 エアコンOFFしている感じでスーッと行くものの、やっぱりOFFするとさらに回転が軽くなる。
 坂道でもATのごとく、低回転からトルクがきっちりついてくる。
 これは感動モノでした。

○高回転は、そんなにギラギラして走らないし、走っていので変化を特に感じてません。

○音は、全体的に静かになった感じ。
 今までも、SR22と比較すると滑らか~と思っていたものが、さらに滑らか(シルキー)な
 連続音になり、トンネル内で踏み込んだ時の感動が少し減ってしまった気がする。。。
 これももっと走り回ると印象が変わるかもしれませんが。
 パンパンの炸裂音も減った気がします。

総評として、
コイルを新品、R35にしたことで、古い純正と比較すると、
(気温の影響も否定できないが)低回転が乗りやすくなり、
車が軽くなったかのような印象を受ける。
坂道発進とか、そこそこの交通量の山間の道では感動的に乗りやすくなりました。
この感動は、SR20から22にしたとき並みで、コスパ的には10分の1以下なことを考慮すると、いつやるの?いまでしょ!って感じ!?
Posted at 2016/08/30 21:24:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年05月16日 イイね!

トラブルシューティング

だんだんと暑くなってきて、たまにエアコンを使うシーズンの到来!
何となく水温高い問題は、エアコン入れても最高値はあまり変わらない。
上がり方は早くなるものの、アイドリングでも89度は越えない感じ。
あれ?昔からこんな感じだったのか??
よく分からなくなってきました。
とりあえず、クーラントをワコーズのスーパークーラントに交換。
青いから、体感的に水温が下がった!


気がする…
実際には85度まででサチってる。
戻ったのかな??

今回は、クーラントとエンジンオイルとフロントパイプと触媒を変えたので、何が影響しているか…
いや、フロントパイプと触媒は関係ないか。

クーラントは劣化するので、定期的に変えましょう。と言うお話でした。



え?
フロントパイプと触媒ですか?



RS☆Rの等長と、サードのスポーツ触媒にしてみました。
なんか音量は静かになった気がする…
今となると、前の音を覚えてないけど、
4,000回転位の音が滑らか過ぎて全く切れ目ない音に変わった。
まるで、4気筒バイクみたいな感じ。
完全バランスの直6ってホントはこんな音なのかって感じ!

RS☆Rは70から80φでノーマルには太い??
男は太い方がエラいはず!



しかもこんなレイアウト!そそられます。
意外と最低地上高はここじゃないから、問題なしっぽい。

今回は水温対策が主目的だったはずが、カッとなり気がついたらフロントパイプと触媒(+。+)アチャー。
Posted at 2016/05/16 19:01:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年02月02日 イイね!

トラブルシューティング3

安心してください。
まだ解決してませんよ!

なんちゃって。
その後もいろいろ乗りながら気になる事をまとめて
自分の頭の中を整理していきます。


先日ふと気づいたのが、
下り坂でニュートラルで下ると水温が上がる。

現状の気候条件10度前後(エアコン)で、アイドリング時の水温は85~86度くらい。
通常の走行では、82~84度くらいで上り坂で86~87度近辺まで上がる。

その後いろいろ試してみました。
ギアを入れて、少しアクセルを調整するもののエンブレが効く状態だと81度とかまで下がる。
これは、もっと長い下りならどこまで行くかは不明だが、結構下がる。
その状態から、クラッチふみっぱ。もしくはニュートラルに入れると
(エンジンがアイドリング状態)にすると水温が少しずつ上がる。
上がり方はだいぶ緩慢。

同様に下り状態で、クラッチふみっぱで、3000rpm付近まで回してキープすると、
少し下がった気がする。(これは一回やってみて、そんな気がした程度。)


このことから、アイドリング回転では水温は高めで、少し回した状態で水温が落ち着く。
N1のウォーターポンプに交換をしたっけ??
何もしていないのに、アイドリング回転付近の水温が上がった感じ。

アイドリング時はあまりにポンプ回転が足りず、回すととりあえずの流量が確保できている??
エアを噛んでいて、アイドリングで影響が出ている??


うーん。やっぱり水温系はプリメーラのトラウマからか気持ち悪い。
今となっては記憶があいまいですが、NOSをつけて喜んで走っていたら、
水温が上がり気味と感じた→エア噛み?→スワールポット追加→とりあえず下がった

さらにに喜んで走り続けた結果、エンジンブロー。
走った後には、クーラントが吹いた跡がついており、それがだんだんと増えていきました。
開けてみたところ、燃焼室にも水が入っていて、ブロック歪み、ガスケット抜けが起こっていました。
まあ、最初の段階で気づいたとしても、ブロック、ピストンが死んでいた可能性があり、
出費などの面からみても大差なかったかもしれませんが。。。
(その時にカッとなって、2.2にしてしまったのは若気の至りか。。。)


とりあえず時間が出来たら、ベルトのハリを見てみるのと、
エア抜きをしてみて様子を見て見ようかと思います。
これを機にいたずらするのも良いか。と思う悪魔の自分と、
ファミリーカーだからダメだと思う天使の自分との間で
葛藤が生まれたのは言うまでもありません。
Posted at 2016/02/02 19:05:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月18日 イイね!

トラブルシューティング2

東京が雪が降って大変になる前に、東京出張は終わって戻れたものの、今日から広島~九州。
こちらも結構やばいかも。。。
雪対策にオートソックは積んでいるものの、使わないに越したことはない。
だって突っ込まれたら、一緒だから。。。

あ!でもほとんどの出張は、公共交通機関だから関係ないか!
車は家でおとなしくしといてもらうことにしましょう。

前置きはこのくらいで、東京から戻った先週土曜日に車屋さんでオイル交換のついでに看てもらいました。
とりあえず、オイルは最近車屋さんおすすめのロイヤルパープル。
3回目くらいだから、シナーレックがなじんでくるのかな??

ミッションオイルも交換したので、インプレは気が向いたらパーツレビューに書いてみようかと思います。
第一印象は、良いです!


第二の前置きはこのくらいで、
結果的には、今現在でも85度の表示までされる。
しかし、走っているときには81度~83度くらい。
油温がある程度上がってからの停車時に85度くらいに行く。

その後走って感じたことは、
2000rpm(1500~2500)付近では少し高めで、
3000rpm(2500~3500)付近の方が、走行中の水温が低い気がする。
当然同じ速度で、ギアを一つ落とした場合。
最近、あまり回さなかったので、気づきませんでした。。。

その辺の回転数でカップリングファンのまわり方が違う??

オイルを交換したからなのか、吸熱、放熱が良いのか、油温が結構変化する。
外気10度(エアコン)くらいで、油温、水温とも83度~84度でサチる。

3000rpmアベ位で油温が90度弱で、水温が81~83度位な気がする。


車屋さんでは、
一旦95度付近まで水温を上げて、電動ファンの動作確認。→異常なし。
非接触温度計にてラジエータアッパー、ロア側を比較すると、20度以上の差があり
サーモもラジエータも機能してそう。
エアブローにてラジエータ、インタークーラあたりを吹いてもらった。


以上のことからシローと的推察によると、今までと全く違う推察も成り立つかも。
と思ってみたりしました。
水温、油温とも少しオーバークール気味で燃料が濃く、水温が上がり気味。
走って適温近くなると落ち込むものの、停車時などにまた濃くなり、温度を上げに行く。
(これは、少し回転高めの方が、水温が低い気がするところからの希望的推察です。)

とりあえず、今今冷却系にクリティカルなダメージがある感じではなさそうです。
ただ、カロリー(発熱)アップの可能性は否定できないので、
もう少しMFDをにらみながらの走行が必要な気がします。

が、気のせいな気もしてきました。

落ちがどこにつくのか。。。
Posted at 2016/01/19 08:20:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

前のプリメーラは、好き放題イジッて車の楽しみを教えてもらいました。 結婚を期に、どうしても乗りたかった車にスイッチ。 嫁にはエアコン、オーディオがあって、快...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

家なき子 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/25 03:56:18
vs S2000 (maxさん) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/21 23:00:05

お友達

興味を持っていただけたら、ポチッとお願いいたします。
25 人のお友達がいます
S. YS. Y はかたさんはかたさん
よしかつ@BNR34Nurよしかつ@BNR34Nur BNR34z-tuneBNR34z-tune
ブル~GOGOブル~GOGO MoujiMouji

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
前プリメーラから、ファミリーカーへ乗り換えです。 リアシート、エアコン、オーディオは残し ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
レーシーが行き過ぎてきました。。。
日産 ノート 日産 ノート
ディスイズさいこーにちょうど良い??か? 子供連れの4人家族としては、アリかもしれない。 ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.