• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3yoのブログ一覧

2009年01月31日 イイね!

何事もなく 50,000km に到達

何事もなく 50,000km に到達昔は 50,000km を越えると、クルマもそろそろ人生の曲がり角なんて気がしてましたが、最近のクルマだとまだまだこれからが本番!な元気さ。

ウチの旧スポも、別段ドコもぶっ壊れる(ぶっ壊すw)こともなく、50,000km に辿り着きました(^^
ホントなら、ここらでオーバーホールとかしたい気持ちだけはヤマヤマなんですが、まいどの先立つもの不安でお決まりのエンジンオイル交換のみ(^^;

ただ、そろそろミッションオイルは変えないとダメかなぁ?

Posted at 2009/02/09 22:40:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | 出来事:クルマ | クルマ
2009年01月25日 イイね!

ローコストで行こう[264] 紙の博物館

ローコストで行こう[264] 紙の博物館飛鳥山三番勝負のラストは、いちばん北側の紙の博物館。
本命が残ったわけですが、さてさて。

■今日の出費:\320
(大人・小人 各1、3巻共通券 /3)/累計 \1,520

他の 2館と比べて小振りな扉をくぐると、そこは建物の割に小振りなエントランスホールと壁を使ったミュージアムショップ、そして模型やパーツなどを展示した資料展示室。
うむむ、まさかコレだけってことは…

受付で入館チケットを渡すと、
「ちょうどこれから紙すき体験がありますが、されますか?」
ときた。よっしゃあ、これですよコレ、料金も入館料コミコミなので安心、即整理券を受け取ってコゾウと二人 1F(というか地下というイメージの)講堂へ。
辿り着くと、折りたたみテーブルの上にズラーッと紙すきの道具たちが並んでる。
と、待つ程のこともなく始まりの時間となり、まずは簡単な解説から。

作業自体は、紙の繊維を水に溶かしたものを透かしの入った型に流し込み、後は水分を 濾す → 押し出す → アイロンで強制乾燥、最後に郵便番号枠のスタンプで完成と、ものの 5分もあれば OK な簡単さ。
そしてこの和紙ハガキ作り体験の元になってる紙が、最近回収が盛んな牛乳パック。
なんでもあのパックに使われている紙は、繊維が長い針葉樹を使用していてこういう和紙制作にはピッタリの高級品なんだとか。前の仕事は紙とは切っても切れない内容でしたが、さすがにこんなパッケージはやったことがなかったので、洋紙とは比べモンにならん…程度しか知らなかったんですが、そうですか、コレなら家庭でも出来そうな雰囲気。

蘊蓄もソコソコに紙作りスタートですが、見た目通りホントにカンタン。
一部機械(プレス)がないと即席制作には辛いところもありますが、天日干しでのんびりとならウチでも出来そうです。体験自体も指導がボランティアのオッチャンたちだからかフランクなもので、2回 3回繰り返しも OK、嫁のお土産ということで計 3枚作らせてもらいました(^^

体験の後は残りの 3~4F の展示を閲覧、 「紙と神」の企画展示も興味深く、本日の最後を飾るに相応しいなかなかナイスな博物館でした(^^

■フォトギャラリー 博物館展示 / 紙すき体験



Posted at 2009/02/07 18:41:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | コゾウとお出かけ | 日記
2009年01月25日 イイね!

ローコストで行こう[263] 飛鳥山博物館

ローコストで行こう[263] 飛鳥山博物館次はお隣の飛鳥山博物館。
渋沢史料館は予想通りの内容だった訳ですが、今度はどうですか。

■今日の出費:\320
(大人・小人 各1、3巻共通券 /3)/累計 \1,520

またもやデカイ自動扉をくぐると、今度もなかなか面白いデザインの建築。ホールとなっているエントランスに受付があったので共通券を見せると、メインの入り口は 1F との事。
1F ? そうか、ここは飛鳥山の上なので 2F なのね。
ちゅうことで、階段を下って 1F へ。階段脇に今度こその受付がありますが、どう見ても上の方がメインに見えますねぇ(笑

で中はと。
基本的な内容は、古代からの近辺の歴史と文化に関連する資料が並ぶ、典型的な資料館。
高床式の豊島郡衙の正倉が目を惹きますが、それ以外はまぁよくある………
つーか、なんか釘付けになってますが > コゾウ。
いったい何に?…と見ているものを横から覗くと。

…石器の作り方… ですか(^^;

まぁ今までの嗜好からいくと判らなくはないですね。
といってもこの辺には黒曜石とか落ちてないから、無理ですよー(笑

ただ、ココに魅力がないのかと言うとそうでもない。その一つは飛鳥山劇場。
飛鳥山の桜は、暴れん坊将軍こと吉宗が享保の改革の一環として花見用に作ったわけですが、その辺をコンピュータ制御のロボットさん達で演じて見せてくれるわけです。吉宗と狐の化けた女中との掛け合いですが、千葉繁が声を当ててたりして変なところで楽しめたり(笑
(そういえばの富士吉田市歴史民俗博物館の御師住宅の解説は藤岡弘、だったなぁ)
他にも当時の暮らしといっても、花見に使ったお弁当の中身だとか、よくある生活臭漂う展示とはちょっと毛色が違うのがうれしいところ。

続いて 2F の企画展「来て、見て、さわって!昔の道具」を見終わって、次は? と探すともうおしまい。あっそう、だから 1F がメインの受付なんですね(笑

■フォトギャラリー

飛鳥山


Posted at 2009/02/01 17:24:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | コゾウとお出かけ | 日記
2009年01月25日 イイね!

ローコストで行こう[262] 渋沢史料館

ローコストで行こう[262] 渋沢史料館一応公園に満足したのか、やっとこさ向かいに建つ博物館群へ。
まずは駐車場側からいくとすると…

■今日の出費:\320
(大人・小人 各1、3巻共通券 /3)/累計 \1,520

渋沢史料館とありますが、案内にある肖像をみると見るからに近代史に出てきそうな出で立ちの紳士。
んー、運営も(財)渋沢栄一記念財団などという高尚そうなところだし、コゾウと入るのはいかがなものかと(^^;
まぁ 3館共通券で 2割引とくれば、それほどソン( ! )でもないしヨシとしましょう。

などといいつつも、正直近代史は歴史の中でもいちばん苦手。
だいたい、近代史といえば 3学期の後半に終わりきれないからサラッと流すのが世の常だと思うんだが、数学の統計と同じくらい頭に残らんのだよなぁ(笑 おまけにナントカの変とかカントカの戦いとかいうイベントもなく地味ーな雰囲気が漂ってるので、興味も今ひとつわかない。

そんなイメージが頭イッパイに広がったままえらくデカイ自動扉を抜けると、ソコは ”財団” という言葉がピッタリの空間。やっぱりなぁ(笑
エントランスでオジサマに、見学の前にムービーを上映してるのでそれを見たら、と勧められるまま会議室っぽい部屋へ。そこで渋沢氏の功績を見せられるんだが… 確かにスゴい人であるのは確か。
一橋家に仕え、その後財界人として今も大企業として名を残す種々の分野の設立に尽力、91歳の生涯を閉じるまで第一線で活躍と年譜を追っていくだけでハハァッ、てな感じ(笑

でもまぁ、そんなところに子連れはないわな(爆
グルリと展示を見ていきましたが、いちばんのお気に入りは、休憩室にあるブリティッシュなチェアでございました。さもありなん(^^;
さーて、次は飛鳥山博物館、こんどこそ。

■フォトギャラリー

Posted at 2009/01/27 22:47:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | コゾウとお出かけ | 日記
2009年01月25日 イイね!

ローコストで行きそこねた…[66] 飛鳥山公園

ローコストで行きそこねた…[66] 飛鳥山公園朝からダラダラしていたら、なんだかもう 10:30 a.m.
昨日は雪がチラついていたので取りやめたが、今日はいい天気なので断固出動(笑

■今日の出費:\1,200(駐車場代 約 3時間)

といっても時間が時間、本日は都内で手を打ちましょう。
ちゅう訳でやってきたのは、京浜東北線 王子駅前の飛鳥山。前に桜を見にぶらりとやってきましたが、ソコの上の方ですな。最近駐車場が出来たらしいので、今日はクルマで出動です。

ハイ、着きました(^^
さすが都内、コンビニで買い物してきてもまだ 11:45 a.m. … やっぱ近場は楽ですねー
今日の目当ては、紙の博物館を見て、ついでに他の博物館をチラ見た後、本命の科学技術館へというコース。サクッと飛鳥山は済ませるつもりで…(てのが甘かった)

駐車場から博物館へ向かって歩いていくと、その向かい側には何やら極彩色の遊具がちらりと。
これをコゾウが見逃すはずはありません、さっそく

「ちょっと行ってくる(^^」

とお出かけに(^^;
うーん、こりゃ今日は科学技術館はアカンぽいなぁ…

この公園敷地の割に遊び場はこじんまりとしていますが、なかなか個性豊かなデザインの遊具が並びます。
海の世界なのか、はたまた動物なのか、お城っぽいマウンドを中心に、船や貝・珊瑚などをかたどった原色ピカピカな遊具たちが一角を占めています。そして、その反対側には動物たちをあしらった腰掛けやエラくリアルなゾウの滑り台とか… テーマがよく判りませんなぁ。
まぁ遊ぶのにそんな事は大概関係ない訳で、結局しばらくは寒空の中待ち状況へ。
結局いちばん遊んだのはオーソドックスなブランコだったりする訳ですが、他にもお約束の機関車など一通りをクリアする頃にはざっと 30分経過。
こりゃ、マジで科学技術館はまたの機会になりそうです(^^;

■フォトギャラリー

飛鳥山

Posted at 2009/01/25 23:18:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | コゾウとお出かけ | 日記

プロフィール

出かけた先で見たこと感じたことを、徒然なるままに書きなぐっています(^^;(実際のとこ「フォトギャラリー」がメインコンテンツという気がしないでもありませんが) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2009/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
スクラッチが楽しい、オトナの 1/1 プラモデルですね!
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
※みんカラ 仕様変更に合わせて車種登録を変えたら、本家がスイフトカテゴリーにはいっちゃっ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
04/7/25ドナドナされていきました。雨の日だとすぐホイールスピンする軽量・ドッカンな ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
親の通勤用車でした。 土日に借りて乗ってましたが、MX(ディーゼル)だったので、レッドゾ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.