• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3yoのブログ一覧

2013年02月27日 イイね!

篆刻ってなんですか?

篆刻ってなんですか?古河歴史博物館から 10分程度で、篆刻美術館に到着。
ところで「篆刻(てんこく)」って、何ですかいのう? という諸兄も多かろう。
(ヲッサンもそのひとり… 聖刻1092なら知ってるがw)
何となく「篆」の文字を見た気がするが、いったいドコで…と記憶を辿ってみると。

…そうそう、「篆書体」ってのがあったよな。
…日本語フォントで「金文体」とか「隷書体」とかの仲間みたいなヤツで、確か社印とかにも使う、ビヨーンと伸びたり曲がったりしてる図形みたいな文字ぢゃなかったっけ?
(嗚呼、なんてボキャブラリー貧困な表現 ^^;)
なんてことを、鉄十字っぽい窓をジーッと眺めながら、ひとり黙考する怪しげなヲッサンとなっておりましたw

ハッとその怪しさに気づいて、いそいそと中へ(笑
館内は外見同様ズバリ石倉な造りで、展示室は重々しい観音開きの扉が開け放たれた中となっております。
正直なところ、倉の中ということもあって、展示されている量は「もうオシマイ?」という程度。
ただ刻印という枠の中で、どのように主張・表現するのかを突き詰めたひとつのカタチ という意味では、1点1点なかなか深いモノがありますね。
とはいえ先の通り、数が数なのでサクッと終了。
引き続いて、お隣にある街角美術館へ。

コッチもレンガ組風の建築ですが、内容は入館料無料のギャラリーという感じ。
ヤケに愛想のいい受付のオネーサンに見送られて、中へと進んでいきます。
常設は「第2回古河の絵画美術展」、企画展は「先生たちの美術展」というタイトルで学校の先生たちの作品、と どちらも地域に根ざした展示を開催。
順番に作品を見ていきますが、なんというかこう、グッとくるものがないねえ。
確かにきれいなのだとか、手が込んでるね、とかいうのはありますが、(作品の前で)足が止まっちゃう…とかいうのはないなあ。
こういう経験をすると、芸術家と呼ばれる人たちって、やっぱどこかw がスゴいんだよなあ… と思っちゃいますねえ(笑

というところで時間切れ。
そろそろ次の打合せ場所に向かわなきゃ。

■フォトギャラリー
Posted at 2013/03/03 16:55:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2013年02月27日 イイね!

お城はどこに?

お城はどこに?古河歴史博物館・文学館と 2館を見終えて、さて次はと。
そういえば、ナビ様のマップ上に「古河城」ってのがあったはずなんだが、それはいったいドコなんでしょ。
iPhone の GoogleMaps さんで現在位置を見てみると、まさにココが古河城… はて?
思い起こすと、エントランス付近に何やら石碑があったような。
もう一度見に行くと、そこには「古河城出城諏訪曲輪跡」と。
そういうことですか。
でも、マップに城跡の記号をふるなら、城門跡とか天守跡とか欲しいよなあ(^^;

ま、当初の疑問は一応解決したということにして、次のスポットへと足早に進みます。
歴史博物館の向かいにある鷹見泉石記念館は、3/15まで屋根の葺き替え工事で休館中と残念でしたが、裏手の奥原晴湖画室は開いてたのでチラッと拝見。
座敷にはひな人形が飾られていて、そうかー寒いけどもうそんな季節なんだなー なんて、気づかされますね。

そこは早々にお暇し、次の目標地点である篆刻美術館へむかいます。
オノボリサンよろしくアチコチ眺めながら歩いていきますが、この辺りナカナカいい環境ですね。
空が広いのはまあ都会から外れると実現するけど、建ってる住宅とか建築物を見ると、結構美観に気を使ってるなあ、と。
普通だと、壁や路面は無味乾燥な機能優先仕上げになってるのが、主張しすぎない装飾などがなされていて、そこはかとなく雰囲気がいい。
古河第一小学校なんて、側だけ見てると伝統のある私立にしか見えないもんなあ(^^;

とか歩いてる間に、目的地が近づいてきました。
ほう、コッチもいい感じの造りですねえ(^^)

■フォトギャラリー
Posted at 2013/03/02 09:16:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2013年02月27日 イイね!

古河でチョット寄り道

古河でチョット寄り道打合せの移動で北へとクルマを走らせていると。
ある交差点で「古河歴史博物館」の看板を発見。
で、時計を見ると… まだ時間の余裕アリ。
( ̄∇+ ̄)vキラーン
ということで、チョット寄り道。

博物館近隣の道路はイメージづくりか石畳となっていて、いい雰囲気。出来れば辺りをブラブラしたいところですが、時間が読めないのでガマンして階段をトコトコと上がって受付へ。ところが、ソコに座ってたオネーサンのオススメだと、この近くに点在する美術館など 3館がセットで見れる共通券がおトクですよ(^^) ということだったので、よっしゃ!その話乗らせてもらいまひょ、ということに(駐車場は無料だし、まあ時間は何とかなるっしょw と)

てな成り行きですが、まずは展示ルーム。
内容は名前の通り古河の歴史が語られていますが、焦点が絞られていて、よくある“浅く広く”でないのがいいところ。
そんな中、目を惹いたのは、大きく取り上げられている鷹見泉石、ではなくてw 蘭医 河口信任の展示。河口信任て誰? という感じですが、明和九年(1772年)日本医学史上ではじめてとなる人体解剖書「解屍編」を刊行した人物。
もちろん、その解剖したヒト。
そんな展示があるとはつゆ知らず、ツラツラと順番に見ていくと、何やら刑場っぽいジオラマが。
で、よーく見ると、首から上がない & 胸がぽっかり開けられてるぢゃない。
げげっ!
シーンはモノトーンで作られてるので エグくはないですが、やっぱ色とか想像しちゃうよなあ orz

残りは特別後味が悪くなることもなく、すんなり見終わって、今度はお隣の文学館へ。
もともと「文学」と言われると、引いちゃう性分のヲッサンですが、共通券にしたからには見とかなきゃね。
で これが、予想外に良かった(^^;
基本的には 本がズラーッて展示だけなんですが、ポイントとしてのパネルがよく出来てる。
透明アクリに印刷された作品のハイライト? センテンスを手前に、それをイメージしたパネルを奥に、と立体的にセット。
和田芳惠の「雪女」を読みながら、その奥に見えるイメージを、頭の中でだぶらせる妙。
うーん、これはよく出来てるねえ。

とか見てる間に、半時間が経過。
まずい… まだ見れてないのが 2軒あるし、いそいで廻らなきゃ(^^;

■フォトギャラリー 古河歴史博物館 / 古河文学館
Posted at 2013/02/28 22:19:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2013年02月23日 イイね!

ドライブのお供[168] 思い出し笑い

ドライブのお供[168] 思い出し笑いというか、最近腹の底から笑ったって記憶が全然ない…
何の拍子か、そんなフレーズがフッと頭をよぎったりして。

これって、ヒトとして危ないんじゃね?
という強迫観念にかられちゃったw ので
いろいろと思い出しながら
チョット昔の CD なんぞをゴソゴソしてみました。

そんな目的意識? を持って眺め回してみると、少ないながらも持ってたりするんだよなあ(笑
といっても、ゲラゲラってんじゃなくて、ニヤリッてとこなんだけど…
ま、それが片頬を歪める程度でも、笑わないよりいいよね、ねっ(^^;



TECHNODERUCK (1997) / Oriental Magnetic Yellow
まあ、あれです。O.M.Y です。パロディに徹したネタの ”京浜音楽” とか "退職" が、取りにいった笑い的な仕上がりでまあアリかも。
音楽的には、前作の Oriental Magnetic Yellow や 養殖 XOBREEDS 辺りの方がニヤリとできる…というか微妙に気持ち悪いというかw


弱気なぼくら /NERVOUS (2001) / Oriental Magnetic Yellow
もう 1曲目の "僕に胸キュソ" から参りました(^^; アナグラムな言葉遊びに走っちゃってますが、そこはかとなく歌詞の意味も通じてみたり。
まあ、アルバムタイトルで 既に笑っちゃってたからなあ…



少年メリケンサック オリジナル・サウンドトラック (2008)
収録されてるどの曲をとっても、あまりの情けなさw に笑うどころか最後まで聴けないんですが、"アンドロメダおまえ" だけは別格(笑
歌詞 & サウンド、そして TELYA の Vocal に 80年代のピコピコ感をくすぐられて、思わずニヤリと。


MOTOR MAN Vol.3 (2001) / SUPER BELL"Z
「どれをお聴きになっても、同じようなモンですが…」的サウンドな中、"京浜急行VVVF" は結構お気に入り。茶目っ気の効いた歌詞と SE がイイ感じ。コレ聴いて VVVF に乗りにいっちゃったし(笑


さとりのしょ (2011) / detune.
面白いよって「Peeping Life」を貸してくれたんだが、正直全然笑えなかった(^^; その代わりと言っちゃナンだが、エンディングの "さとりのしょ" はナカナカ深くて(^^) てか、この曲では笑えないな…
Posted at 2013/02/24 18:03:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2013年02月17日 イイね!

フォトギャラリー 総ざらえ

フォトギャラリー 総ざらえ今回のページで、フォトギャラリーが
ちょうど 1,000ページ
ちゅうことで
どんなのが並んでいるのか調べると
ザッとこんな感じ




こどもとお出かけ 630p
こどもとお出かけ 旅情篇 45p
ふらり 262p
懐かし 20p
出来事 19p
散財  17p
わわわ 4p
その他 2p

やはり、お出かけ系が 937件と、圧倒的ぢゃないか 我がぐn(ry
最近はちょっとさぼりがちですが
次は、お出かけ系 1,000件を目指していきますか(^^)
Posted at 2013/02/17 19:22:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自己Link集 | 日記

プロフィール

出かけた先で見たこと感じたことを、徒然なるままに書きなぐっています(^^;(実際のとこ「フォトギャラリー」がメインコンテンツという気がしないでもありませんが) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
スクラッチが楽しい、オトナの 1/1 プラモデルですね!
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
※みんカラ 仕様変更に合わせて車種登録を変えたら、本家がスイフトカテゴリーにはいっちゃっ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
04/7/25ドナドナされていきました。雨の日だとすぐホイールスピンする軽量・ドッカンな ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
親の通勤用車でした。 土日に借りて乗ってましたが、MX(ディーゼル)だったので、レッドゾ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる