• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3yoのブログ一覧

2015年02月27日 イイね!

しまった、アソコがそうだったのかっ(笑

しまった、アソコがそうだったのかっ(笑次に向かったのは、ちょっと向こうに見える
尖った塔っぽいのが何なのかを確かめに
南へと向かいます。

先の高台にチラッと見えるのを頼りに、住宅街を縫う道を登っていくと何とも古びた建物にぶつかりました。
これがどうも目的の場所だったよう、えーと なんてとこかなー と正面に向かうと、愛知学院大学 大学院とある。へえー、大学の学舎なんだ。何となくウチの母校のクラーク記念館と似たようなところがあるなあ。
ということで、中に入ること能わず、と。まあ、しゃーないですわな。
ついでに、隣にあった城山八幡宮をチラ見して、本日最後の訪問先へ。

15分程度は歩いたでしょうか、やっと到着しました桃厳寺。
なんでもココに名古屋大仏ってのがあるらしい。
日本三大大仏ってのがあるかどうか知らないが、奈良と鎌倉は確定として、前に見た東京大仏はどう見ても違うっぽいし、今回のも結構ローカルな場所なので、どうかいなー という気分。まあ見せてもらいましょ。

境内へと向かうと、いきなり何だか中国の寺院っぽい山門に出くわします。
うーん、ちょっぴり怪しげですなあ(笑
まあ そこは気にせず そのまま進むと、境内は植え込みが結構鬱蒼としていて、どこに本堂があるのか判らん状態。何棟かある建物を順番に見ていくものの、多分ココが本堂だろうなあ… という程度しか判らない(^^;
で大仏はどこやねんとウロウロしてると、どう見てもインド〜東南アジア風の建物に出くわしたり。
えーと、これってさっき(揚輝荘)の続きかいなw
灯籠などにはヘビが彫られてるし、なんか ×××に見える彫刻がされてるのもチラホラ。
うー、これは考え過ぎでわw と気を取り直して奥に進むと、「生命の根源」と書かれた、どうみてもヒンズー教寺院によくあるアレが、デーンと置かれております。やっぱそれ系か… ま、ちょっと置いとこ(^^;

改めて大仏を捜すと、目の端に真ミドリの物体がチラッと見えたので、そちらへ向かうと…
ありました、大仏。いや、ありましたが、これがまた。
なんと申しましょうか、どうしてこの色なの、と。
別に古めかしい青銅色がありがたいとは言いませんがね、さすがにビリジアンみたいな この色はナイよな。
場所も、とりあえずそこしか無かったから感が漂う、微妙な立地。
由緒は知りませんが、どう見ても「珍」にカテゴライズされちゃいそうな大仏ですね(^^;
まあその辺も好きだからいいけどね(笑

と、ここらで時間切れとなりましたが、後で調べたら、このお寺やっぱソレ系でした。
「桃厳寺」でググると詳細なレポがw
ただ、秘宝館じゃないから、扱いが難しいよなあ(笑

■フォトギャラリー 城山公園 / 桃厳寺
Posted at 2015/03/04 18:51:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2015年02月27日 イイね!

何様式なのか、全然特定できない

何様式なのか、全然特定できない名古屋市民の住みたい街アンケートで第1位に輝いたらしい覚王山に、今日はやってきております。基本仕事がらみでの来訪ですが、そっちを済ませちゃった残り時間で、寄れそうなとこをふらりと。

訪れたのは、揚輝荘。
某小説の舞台になっている場所で、そういえば… とふと思い出したので足を伸ばしてみることにしたのでした。
現在は中間にマンションが建っちゃって北園と南園に分断されていますが、昔はそこら辺一体がひとつの敷地だったらしい。さすが松坂屋 初代社長の別荘だったことはある。

とりあえず、辿り着いた北園から見ていきます。
こちらは庭園のみの観覧で、建築物内には入れない。
まあその分 無料ということなんでしょうが、実際はお庭の手入れとか結構な費用がかかっていそう。ここはは一応見学ルートが設定されているので、それにそって見ていきますが、分断されているとはいえ、それでも広い敷地に池あり橋ありお稲荷さんあり、と これが別荘ですか? というレベル。
ホント、財力があると違うなあ(笑

一回り見学を済ませて、今度は南園へ。
連絡用の通路があると知ったのは、一旦外に出て南園に到着したあと(^^;
近すぎて逆に、ちっと迷いましたわw

さてこっちは、揚輝荘の本命だと思ってる聴松閣。
どちらかといえば、こちらのほうがバンガローという気がしないでもない(笑
木組みな雰囲気の建物へと進むと、なかはこれまた何風ともいいがたい造り。組まれてる柱や梁には手斧の痕が付けられていて、外観含め山荘イメージ? と思えなくもない。
そうかと思うと、2Fはぐっとシックに書斎などを用意しつつ、ベンガラ色の壁をまわした和風の部屋があったり、といろんな作風を詰め込んだかのような内容。
そして、極めつけは地下。そう、地下があるんです。
そこには、インドなのかカンボジアなのかわからないが、その辺風な空間が広がっています。暖炉上にはインド神話系? のレリーフ、砂岩っぽい柱にも彫刻が施され、廊下の壁にはお釈迦様生誕の壁画と、もうこの空間だけは日本じゃないって感じ。
でもって、そのまた奥には立入禁止になっている謎の地下道… と。

もう何がなんだか、よくわからない状況(笑
有形文化財とかいわれると高尚な気がしてましたが、なかなかビックリ箱的な建物。
いや、それはそれで楽しかったんですげどね。

■フォトギャラリー 揚輝荘 北園 / 揚輝荘 聴松閣
Posted at 2015/03/03 21:43:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2015年02月18日 イイね!

帰ってきた どうにもとまらない 37

帰ってきた どうにもとまらない 37今回は割とタイムリーに
スカイライン&GT-RミニカーコレクションNEO との
バリエーション比較
でも。

比べる相手は、それ以前に買ったコンビニミニカーシリーズやビーズというところ。
スカイラインっちゃ人気のシリーズなので、何度もリリースされてるし
その間に、金型にも手を入れてるみたい、ということで。
中でも気になるのは、やはり R32。
ヲッサン的には、鋭い目つきのネコ顔が、どこまでその雰囲気を再現できてるかっちゅうのが、ポイントだと思ってるんですが。

左がビーズ(2007年リリース?)で右が今回、といってもそのひとつ前と同じ金型のようです。
全体のフォルムは新しい方が出来がいいように感じますが、ライトの細さとフロント全体とのバランスが GTS-t タイプM っぽいビーズの方が、何となく雰囲気を伝えてるような……………
ってちょっとマテ。

ホイールにモールドされてるナットの頭が、ひい、ふう、みい、よつ… て、4穴ですがな。
ビーズの方はちゃんと 5穴。
ホイールというとミニカーでは重要な要素だと思うんですが、こういうこともあるんだね。
大丈夫かいな、京商サン(もしかして、ホントに 4穴ってあったとか)。

妙なオチがついたものですが、どちらの顔も今ひとつ納得まではいかないってのがホンネ。
特に新しい型のたれ目風味は直してほしいなあ。
Posted at 2015/03/01 09:46:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 散財モノ | 日記
2015年02月12日 イイね!

JR線とどっちが多い

JR線とどっちが多いライブマップには目がないヲッサン
前に空路のサイトを紹介しましたが
今回は東京都内の地下鉄。

2D 版の metrogram & 3D 版の metrogram 3D
眺めることしか出来ませんが
(リアルタイムではなく)運行データのタイムラインに沿って
運行する車両のイメージを見ることが出来ます。
ボーッと眺めてるだけでも結構オモシロいと思うんですが
それにしてもまあ よくもコレだけ 走らせてるもんだねえ。

関西に住んでた頃は時刻表を確認して、間に合うように駅へと向かいましたが、こっちに来てからはそんな習慣も無くなりました。だってどの線も大体 10分以内に来るからねー(^^

そういや、他にも鉄系としては鉄道Now なんてのも。
実際のとこ山手線も相当な本数だと思うんだけど、都内のJRとどっちが多いんだろう。
Posted at 2015/02/28 08:43:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | わわわ. | 日記
2015年02月06日 イイね!

よくもこんな風に凍ったもんだ

よくもこんな風に凍ったもんだ夕方からの雪が積もるかもって予報だったので
ワイパーを立てた、その翌朝。
積もることは無かったが
その代わりに、パキパキに凍結。

これまでも降りた霜でパキパキになることはありましたが、ここまで粒状に凍ったのは初めて。
どんだけ急速冷凍したんだ(^^;

おかげで霜取りがタイヘン。
勢い良くガリガリやってて、氷の粒に引っ掛けてケガしそうになりましたよ。
危ない危ない…
結果いつもより 15分遅れで、やっと走り出すことが出来ました。
雪が積もるのは敵わんが、凍結もタイヘンですな。
Posted at 2015/02/28 08:38:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 出来事:クルマ | 日記

プロフィール

出かけた先で見たこと感じたことを、徒然なるままに書きなぐっています(^^;(実際のとこ「フォトギャラリー」がメインコンテンツという気がしないでもありませんが) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2015/2 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
スクラッチが楽しい、オトナの 1/1 プラモデルですね!
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
※みんカラ 仕様変更に合わせて車種登録を変えたら、本家がスイフトカテゴリーにはいっちゃっ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
04/7/25ドナドナされていきました。雨の日だとすぐホイールスピンする軽量・ドッカンな ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
親の通勤用車でした。 土日に借りて乗ってましたが、MX(ディーゼル)だったので、レッドゾ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.