車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月18日 イイね!
2月18日
今日はまとまった時間が取れなかったので、大がかりな作業はせずにサイドカウルが外れない問題を解決しちゃおうと思います。


サイドカウルのボルトが取れない問題ですが、キタコでも扱ってるいわゆる「ウエルナット」が仇となってます。絵を参照。クリックしたら大きくなるかも。


仕組みとしては、ゴムの中にナットが埋まっていて、右側の絵のようにゴムがつぶれることで固定するんです。簡単に固定できるし、防振にもなるし、なかなかいいパーツだと思います。
でも、ボルト先端が錆びてしまうと、緩めるときにナットがウエルナットごと供回りしちゃうので、どうやっても外れません。
状況としてはこんな感じ。


対策としては、ディスクグラインダーでボルトの頭を削り飛ばしちゃうしかなさそう。
サイドカウルを削りたくないので、ボルトの頭とサイドカウルの間に薄い金属板を差し込んでガードしようと思います。

ということで、工作用に在庫してあるステンレス板を用意。


金属板を切る愛用のはさみ。金属板を切るとき、むちゃくちゃ便利。


大き目に切った。


こんな感じで、ボルトの頭とカウルの間に挿入。


で、ディスクグラインダーでギュイーン!火花を散らしてボルトの頭を削ります。


サイドカウル取れました。


外れた(破壊した)ウエルナット。


フレーム側は、全く掃除されてなかったので、汚ねー。
あとで掃除するからねー。でも今日じゃない。


とりあえず、固定してみた。


ウエルナットをまだ手配してないので、普通のナットで固定してます。
ボルトが錆びてなければ、ウエルナットは脱着のとき超便利なんだよねー。


今日はついでに、ナンバープレートのボルトを極低頭キャップボルトに交換したり。


テールの錆びたボルトを


極低頭キャップボルトに交換したりしてみた。


テールランプを付けたらこんな感じ。


あと、先週できなかったリヤタイヤのバランス取りも実施。


とりあえずサイドカウルが取れない問題は解決しました。

リヤタイヤのバランス取ったし、走ってみようかなーって思ってエンジンをかけようとしたけど、先日充電したバッテリーがやっぱり弱い。
様子見た結果やっぱり寿命だなー。交換だねー。

バッテリー弱弱で走りに行くのは嫌なので、明日はフォークのオーバーホールやるかな?
でも、家の周りだけちょこっと走ってからオイル交換もしたいなー。



Posted at 2017/02/18 22:52:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年02月15日 イイね!
モンスターちゃんは、キャブレターがFCRに交換してあったんだけど、エアクリーナーがこんな感じになっちゃってます。
キャブレターに直接フィルターが付いてる感じで、エアクリーナーのケースはただの飾り。


最初は「あ、そうなんだ」程度の認識でしたが、整備を進めているうちに気が付いたのです。
やたらと、エンジンとかフレームの内側の汚れがひどい。触ると真っ黒になります。

真っ黒になる原因について考えてたんだけど、この写真でフレームの上、バッテリーの横を通る黒くて太いパイプがエアクリーナーに繋がってます。


これは、クランクケースから出たブローバイガスを吸気側に戻す仕組みなんだけど、ブローバイガスにはオイル混じりのいろいろ汚い成分を含まれてるんですよねー。

エアクリーナーケースがただの飾りになってる現状では、ブローバイガスがキャブレターから全部吸われてるわけじゃなく、外側に漏れてる状態です。

あかんやん!
そりゃ、バイク触ると真っ黒になるわ!
まあ、それ以前に保安基準に適合してません。

そんなわけで、欠品しているエアクリーナーのフタを手に入れるために、エアクリーナーアッセンブリ―をヤフオクでゲットしました。


フタだけなんて都合のいい出品がなかったので、ケースもセットです。
キャブレターとエアクリーナーを繋ぐダクトも付いてたので、欲しいものは全部そろってます。

参考までに、エアクリーナーケースを横から見たところ。
真ん中の穴がブローバイガスが戻るところです。


バッテリーのケースも一体となっています。


直付けフィルターからエアクリーナーに変更すると吸気量が変わるので、キャブレターをセッティングしないとアカンなー。
基本的にはFCRキャブを使う方向なんだけど、純正キャブレターをヤフオクでゲットして、純正キャブに戻すかなー。

とか、いろいろ考えてます。

















Posted at 2017/02/15 11:35:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年02月13日 イイね!
ドゥカティモンスターのフォークオイル、いろいろ悩んだ末に結局同じMOTOREXの5Wにしました。
他に検討したのは、ヤマルーブ サスペンションオイルM1でした。


倒立カートリッジタイプで、動粘度もドンピシャ。わかってれば、最初からこっちを買ったのにー。


まあ、これでいつでもフロントフォークをオーバーホールできます。
来週末やるかな?

オイルついでに、別のオイルの紹介。
油圧プレス機の油圧ポンプ、中のオイルが減ってる感じだったので、補充用オイルを買ってきた。


プレス機だけでなく、油圧ジャッキも時々オイルを補充しないと、クルマが上がらなかったり、持ち上げたクルマが下がってきたりするので要注意です。
Posted at 2017/02/13 17:35:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年02月13日 イイね!
2月12日
さて、昨日に引き続いて今日はリヤタイヤを交換します。


例によって、プレス機をビードブレーカー代わりにして・・・・・


こんな感じでビードを落とす。
やっぱり、ビードブレーカー欲しいなぁ。


作業前に買えばよかったんだけど、手動のチェンジャー買おうかどうか迷っていて、チェンジャーにはビードブレーカー付いてくるので、無駄になるし・・・とか悩んでたんです。

結局、チェンジャー買わなかったんだけど、5千円ぐらいのチェンジャーは、真ん中の棒が太くてバイクのタイヤで使えなくて、ホイールを三方から挟む1万5千円ぐらいのタイプは最大16.5インチまで。なぜ17インチに対応させなかったんだ!
買っても結局使えなかったので、買わなくて良かったんだけど、ビードブレーカーを買うタイミングを失ってしまった。

ビード落とし、反対側を落とすのが難儀した。

それにしても、古くなったツーリングタイヤ固いです。
ビードをホイールの中に落とし込むのがポイントなんだけど、タイヤが広がって落ちてくれないので、タイラップで縛ってみました。


取れたー。あーしんどい。
もういや(笑)


ホイール単体でののバランスを確認後、いよいよタイヤをはめますよ。
タイヤをタイラップで縛りました。いいのか、こんなに変形して・・・・


とにかく、押し込みます。
ネットの情報では手で押し込める。タイヤレバーいらない。なんて言ってますが、手で押し込むなんてとてもじゃないけど無理です。このタイヤじゃ絶対無理無理。


最終的にタイヤレバー使って入れました。まあ、入ればいいんです。
でも、タイヤがはまってからが、予想してなかった出来事が・・・・

変形したタイヤの一部ががなかなか元に戻らず、ホイールとの間に隙間ができしまい、エアーを入れても入って行かないし、とにかく必死にタイヤのあちこちを押したり引っ張ったり、最終的にエアーを入れるだけで2時間かかってしまった(笑)
必死の作業で写真なしだけど、ホントにあきらめかけた。

ホイールの外周を荷締めベルトでグイグイ縛ってエアーを入れたら、やっと入ってくれました。


そんなわけで、遅くなったし、疲れ切ったし、まだ走りに行けてません。
次回は、万全の態勢を整えて、タイヤ交換しようと思います。

話は全く変わるけど、今まで見て見ぬフリをしていたサイドカウルを外そうとしたんだけど、このボルトが外れません。


ナット側が変な構造で回らないようになってるんだけど、ボルトが錆びているので、ナットと一緒にクルクル回ってしまう。
しかも、工具が入らない。

もう一か所、こっちも外れません。


もちろん、反対側(車体左側)のサイドカウルも外れません。
困った、困った。

ボルトを破壊して外すと、サイドカウルにも被害が・・・・
外す方法を考えます。
































Posted at 2017/02/13 00:36:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年02月12日 イイね!
2月11日
いよいよ、待ちに待った土曜日!
さあ、タイヤ交換だ!

と思ったけど、寒いです。
10時でも雪が残ってます。


でも、雪景色は嫌いじゃないです。


朝は、もっと白かったんですよ。
まあ、寒いけどボチボチ支度して、タイヤ交換頑張ろうと思います。


寒いけど作業開始です。やる気だけはマンマン。


前後のタイヤを交換するので、両方のホイールを外しました。


ちなみに、新しいタイヤはメッツラーです。
今付いてるフロントタイヤがメッツラーM3だったんですが、そうじゃなければメッツラーは絶対選ばなかったです。


M3, M5, M7のどれにしようかなー?って考えて、最終的に「METZELER SPORTEC M7RR」にしました。
M3→M5→M7って進化してきてるんですが、旧型のM3, M5が安ければそっちにしようかなーって。そしたら、値段変わらなかった。


どっちから?
まずは、はめるのが簡単そうなフロントから。
作業に邪魔なブレーキディスクも外しちゃいます。


ここで、プレス機登場です。何に使う?


ちょちょっと組み替えます。


はい、ビードブレーカとして使います。
でも正直言って、ビードブレーカーの方が専用品だけあって、扱いやすいと思う。
やっぱり手動のタイヤチェンジャー買えばよかった。


とりあえずビードは落ちました。
まあ落ちるんだけど、専用品には勝てません。
手間も時間もかかります。


さあ、タイヤ外すぞー。でも固いなー。
まーじーかー!タイヤレバー曲がった!
古いタイヤ外すの、固すぎるよー!
あ、僕の使い方が悪いのです(笑)


曲がったタイヤレバーも貴重な戦力なので、プレス機で修正。


直ったよー!


しかし、ホントマジで大苦戦です。
このあと、地道に片側を外したけど、反対側を外すのがむちゃくちゃ苦労した。
最後、コツをつかんでやっと外れました。必死の作業で写真なし。


まあ、とにかくタイヤが外れたので、ホイールだけでバランスを見ます。
重いところを確認して、そこにタイヤの軽点を合わせれば、ウェイトも少なくて済みます。
でも、特にバランスはおかしくない雰囲気。
毎回違う所で止まる感じ。


じゃ、タイヤはめます。
YouTubeなどで有名なタイラップで縛ってからはめる方法をやってみます。
この方法だと、タイヤレバーを使わなくても、手で入っちゃうらしい。
でも、この写真から先が
ううぅぅぅぅぅ、固い・・・・


結局、タイヤレバーを使って入れました。
まあ、それほど苦労はしませんでした。
外す方がホント大変だった。

次はビード上げ。
まずは、バルブコアを入れずに、エアーを入れます。


シュー・・・・・バンッ!
片側のビードが上がった。
さらにシュー・・・・バンッ!
両側無事に上がりました。
あ、タイヤの軽点は、セオリー通りバルブに合わせてます。

エアーを入れて、ブレーキディスクを付けたら、バランスを取ります。


タイヤ回して遊ぶ様子(笑)
いやいや、バランス取りだからね。


実は作業中も時々雪が舞う感じで、気温はとても低いです。


まあそんなわけで、今日はフロントしか交換できませんでした(笑)
でも、面白かった―!


明日はリヤタイヤの交換です。
リヤはバトラックスなので、外すのは楽なんじゃ?と期待してます。

やっぱりタイヤチェンジャー買えばよかった。せめてビードブレーカーだけでも・・・・

次回交換までに、チェンジャーは考えよう。
Posted at 2017/02/12 10:37:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
プロフィール
「[整備] #ジャイロUP ウエイトローラーセッティング http://minkara.carview.co.jp/userid/1307206/car/2200447/3911572/note.aspx
何シテル?   09/19 18:44
「車関係」 アメリカ(デトロイト)在住時に撮影したアメ車の写真を中心に、アメ車図鑑を製作しています。まだまだ未整理の写真もあるので、がんばって充実させて...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
1969キャデラックの整備記録 
カテゴリ:My Website
2011/10/13 21:43:28
 
1958キャデラック レストレーションプロジェクト 
カテゴリ:My Website
2011/10/13 21:41:55
 
クラシック キャデラック 
カテゴリ:My Website
2011/10/13 21:40:16
 
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
キャデラック フリートウッド 60スペシャル キャデラック フリートウッド 60スペシャル
1969年式 Cadillac Fleetwood 60Specialに乗って、お好み焼 ...
キャデラック シリーズ62 セダン キャデラック シリーズ62 セダン
アメリカ在住時に購入した1958年式キャデラックです。 あまりにボロいので個人でレストア ...
ホンダ ジャイロUP ホンダ ジャイロUP
釣りに行くために購入したのですが、まずは整備を楽しみます。
ドゥカティ MONSTER400 (モンスター) モンスターちゃん (ドゥカティ MONSTER400 (モンスター))
1998年式 モンスター400です。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.