車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月30日 イイね!
2週間前、FIAT124ABARTH ・・・乗ってきた。
 なんでこんなに間が空いてるかって?

 空気読んでくれ。
一年なんだよ。まぁ、そんなことは知ったこっちゃ無いって?もっともだね。

 ま、ま、とにかくこの車に乗ってきた。

一言で言って・・写真写り悪すぎ。←実車が良いのよ。
ロードスターと全くの兄弟車なんやけどね。
 エンジンが違うわ、ブレーキが違うわ、足回りも違う。
イタリア人が車に凝るとこうなるのねってこと。
 
 一番目を引く違いはノーズの長さ。 前後/50;50重量比に近づけるためにこのフォルムになったんだそうな。
 ロードスターは乗車状態で若干リアヘビーになるんだそうである。

 シフトノブの位置、その他はロードスターと変わらない感じ。
高いスカットル、ステアの12時位置に真っ赤なレザーのマーキング。
 ムード作りはさすが。
多少重めのクラッチを踏み込んで、セルモータを回す。
 耳のすぐ後ろで野太い咆哮を上げる1.4㍑ツインエア仕様のターボ。
なんだ、リカルド・モンツァ・アバルトのマフラーか・・・凄い音。え?これがノーマル・・・。
じゃ、アバルトのマフラーにすれば・・・ マフラー交換の楽しみが無いなぁ。

 多少アオリ気味でクラッチミート。
「そんなデリケートじゃないですよう・・・」と隣のDらーの若い子が言う。
 
 少し走って中央環状を右折。
ワハハ・・・ ごめん、ロードスター。 違う車だわ。
 フレームにも(例のセンターのヤツ。)も手が入ってて、剛性が違うんだと。
 アタシくらいの腕なら解らんけど。 NAとは違うなってこと位は解るワナ。

 NDと比べてもこの大パワーを事も無げに吸収してるから違うんだろね。
ビルシュタインのショックも良い感じ(正直、ビルシュタインのショックにはそれまで余り良い印象無かった。)
 結論。
 デザインは好き嫌いだし、兄弟車ってことで、とかくロードスターと比較されがちやけど。ね。なんつ~~か。
 どっちが良い?って比較より。どっちが好き?
 って比較が合ってるかな。
 じゃじゃ馬で派手で・・なのが好きな人なら文句なく、124ABARTHでしょ。
もっと肩の力を抜いて・・オトナなんだからって想う人はロードスター。

 アタシャ子供だから。。。
ABARTHのが好き。日本でもこんな車が作れるんやね!って感じ。まぁ・・マツダだから作れるのか。FIATの要求に応えて作るマツダもたいしたもんやね。

一回りして帰ってきたらとっぷりと日が暮れて。


ん~~欲しくなったけど、ロードスター+100万。
 3年後に負けて貰おう。
 帰り、206に乗ると。。。コレはコレで良い。軽量ボディーに大排気量(っつても2000cc)NA・・ガシッとしてるけどしなやかな足回り。うわぁ・・・これも離したくないなぁ。。
 ま、三年後・・次の次の車検、考えましょ。プジョーも17年オチになっちゃうからね。

 帰ってきて懲りもせずにゆきかぜのマフラーステーを作る。
2バルヴ後期型のゆきかぜに初期型のマフラーをつり下げているゆきかぜ。
 一定の回転数で走るとビィ~~~~ンと共振音が鳴ってしまう。
マフラー関係で無理してるのはこのステーだけやから、多分コレが原因だな。

 本来はステッププレートに

 こんなインナーステーをつり下げて、ボルト1本で止まっているが。。
初期型のマフラーはマフラー側にも2コのボルト穴がある。
なので、後ろの穴は使わず、前の穴だけで止めていた。

 ちょっと気持ち悪いので・・・アルミ板(3㎜厚)で2本のステーを作って、クロス型につり下げた。

 材料費・・・240円

普段はパニアケースに隠れて見えないけど、これでしっかりと固定もできたし。
はぁ。。。

 一ヶ月もサボると書くことたくさん。
そうそう、昨日はお風呂のリニューアル。
 電気で湧かすお風呂を、ガスにした。だって~~~電気代凄いもん。
追い炊きできる様にして~~~~って言うと、お風呂のリニューアルですね!
ときた。
 「キャンペーン中ですので・・・安いですよ。」
 「・・・・・はい。」
 カラーを決めて浴槽決めて・・この色も決めて。壁と床の色と素材を決めて。。
昨日完成。
 この年になるとね。。風呂って大事なんよ。

とにかく、白を排除して・・木目の壁、薄い茶色の床。浴槽もベージュ色。
 手すりだけ、アクセントに白色。
工事に来てた若い職人が、「こんな色の風呂を組んだのは初めてやけど、コレは良いですね~~。ウチもこんな感じにしようかなぁ。。落ち着きますよね~。」
 だと。
 それがねらいなんよ。

浴槽も丸みを帯びた形状。マホービンタイプなんだと。
脱衣室の1/4程度を占めていた電気温水器を撤去して、広くなったし!

 これも嬉しいなぁ。。

 って事で。
今日はカミさんの一周忌をしんみり偲ぶつもりが・・彼女の叔母達の楽しいおしゃべりで元気になって・・良い週末だったなぁ。。

 これからも色々あるよ。
自分で選んで生まれてきた人生。順風満帆にはほど遠いけどさ。
 谷有り谷有り・・・オイオイ山は?なんて気がつかないうちに下ってた。
けどさ、また知らない間に山の上。
 その時にキチッと気がつけば・・それでいいんじゃないか。
 
 ・・・楽しいしさ。 向こうの世界で二人もカミさんがいるって想うと・・死ぬのも別に怖かないやね。
 こっちにいる間、やりたいこといっぱいやって。。三途の川を渡ったら、愛した人が待ってて。。
 オイオイ。結構幸せかもよ。

 
Posted at 2016/10/30 23:44:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | オクルマ | 日記
2014年10月20日 イイね!
イベント有り過ぎやろ。
 つってもアタシの蒔いた種。
9月の16日。気持ちよく走ってたら気持ちよすぎてスピードオーバーのアタシ。
 生まれて初めて赤い紙を戴きました。

 これは判決を戴いた後の赤紙ですが。。
 で、その時に交機のおまわりさんから、「罰金(反則金じゃなく)が10万円くらいになるよ~」と言われてシュン太郎になってたアタシ。
 さて、その赤紙の顛末は。

 10月9日。
 まず、新大阪にある「大阪簡易裁判所」に出頭して裁判を受けなさいと赤紙に書いてあります。正確にはその簡易裁判所にある「大阪交通警察官室」ってところ。
 出頭日時、場所も赤紙に書いてあるので親切(?)だなこりゃ。
ますは「警察受付」っつ~ところで赤紙を提出して受け付けナンバーの書いた紙をもらいます。

 で、そこにはその日に回る巡礼先が書いてあり、これも親切(?)まずは警察官の取り調べ。・・・といっても「赤紙に書いてあるの、間違いないですかぁ?」と確認して終わり。異議のある人はここで「ごねる」という仕組み。
 もちろんアタシは何も異議がないので、30秒ほどで終わってハンコ押して終わり。ここからいわゆる、「書類送検」されます。「前の待合室で待ってて下さいね。」ここで異議を申し立てると、別室に呼ばれるらしい。。
  前の待合室で待つ事数分、今度は「区検察室」に呼ばれてまた事情聴取。
 ここは正念場。ここから「起訴」されるので、罰金額は前にいる検察官の心証次第。(一概には言えないと思うが。。)泣き落としと十分反省の弁。弁解はしない方がよさそう。事実は変わらないから。
 にこやかに退出すると、今度は一階に移動しておとなしく待ちます。
裁判所に書類が回ってるようで、おとなしく判決を待ちましょう。罰金を払う窓口の前に座ると、イヤでもアタシより前に判決が出てる方々の金額が解る仕組み。聞かなきゃ良いけどどうしても気になるよね~。最高は14福沢。最低は7福沢。
 どうか7福沢になりますように。。

 22番、23番・・・まだまだですな。と思ったら、いきなり「38番、○○さん。」
お!アタシ。とても飛ばすのね。
 窓口で・・・「○○です。」「はい。こちら、判決です。8番窓口で納付して下さいね。」
恐る恐る判決文というか、還ってきた赤紙とプリントアウトされた帳票みたいなの見ると。。。「!!」
 5福沢!「おっとぉ!何となくラッキー!」 いいの?もう、変えちゃダメだかんね!
(上の画像でも5万円ってハンコ押してあります)
そそくさと払い込んで、免許証の返却券もらって。
 受付で免許証還ってきました!

 と、言う訳でここで、第一段階終わり。
次は門真試験場が待ってます。

 休日挟んで10月14日。台風一過の大阪は憎たらしいくらいに晴れ渡っています。

 運転免許試験場から。
6時間ミッチリ講習ですが、以前事故った時に受けた一日講習からかれこれ20年。
変われば変わるもので、運転実技の(試験場のコースを走る)時間があったり、ミュレーターでの疑似体験(危険がたくさん待ち受けるロールプレイングみたいなヤツ)があったり、視力検査や動体視力検査!パソコンの画面を見ながら反応時間の検査があったり、六時間退屈しない。
 昔みたいなDVDの映画みたいなのが有る訳でなく、最後に効果測定の考査が有るくらいでサービス満点。
 てな訳で

 行政処分である「運転免許停止処分書」と言うのをもらって、一番下に「期間短縮通知書」欄に29日短縮ですよ~ってハンコをもらえば解散。

 ふぅ・・求職中で良かった・・・のか?
ま、皆様、ホントに気をつけましょうね。とても時間と労力がかかります。
なんと言っても、スピードを出しすぎるってのは社会的責任に対する背信行為だって思いますよ。
 昔に比べて市街地での制限速度は緩和されてます。制限+5㎞/hまで位であれば全くイライラせずに走れるはずです。だからといって事故を避けられる訳では無いですが、少なくとも危険性は大幅に減ると思いますよ。
 アタシも肝に銘じて。。自転車を含め安全運転に努めます。

 ではでは~~。
Posted at 2014/10/20 18:41:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | オクルマ | 日記
2014年09月21日 イイね!
「維持費の安いクルマが一番やね」
 ですか?
 どうでも良いけど、愛着の湧きそうにないクルマの末路は。。
愛着湧かなければほったらかしになるし。結局修理や余計なメンテナンスでお金がかかるよ。
 一度乗れば愛着が湧くかって解るよ。。
見せかけのエコカー減税なんてくそっくらえだよ。
 ハスラーが嫌な訳じゃないけどね。アタシの車じゃないよ。アタシなら違うクルマをというより、今の軽自動車は選ばない。ってだけ。

 ハスラーはイイよ。とてもね。
でも欲しく無い。

 とカミさんと話してたら、左側を懐かしいトッポタウンビーが走っていった。
夫婦二人で・・・「トッポやったらいいね」

 おかしな二人。

これだと、免停食らうほどとばしゃしねぇ。
でもね~。トッポはウルトラスムーズなエンジン。トールボーイの割に低い重心で、ふらつきもなくイイクルマなんだ。ツーリングできちゃうんだよ。のんびりね。
上の写真は阿蘇。一日700Km位はしんどくない。
 ファーストカーにもできる希有な軽自動車なんだと思うよ。
今の規格より断然小さいのもイイ。

そんな今のクルマって無いかね。
Posted at 2014/09/21 13:52:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | オクルマ | 日記
2014年09月16日 イイね!
う〜ん。
カミさんはアラレちゃんだったのね。

見積もり中の図。。買うと決まったわけじゃ無いけどねぇ。はっきり言って買わない確率の方が高いような気もする。けど。
確かに彼女は中学、高校時代丸い黒縁メガネをかけて「あられちゃん」と呼ばれていたことは聞いたよ。
ハスラーのCMを見て、「これ、ええヤン。」
まぁ、⭕️-BOXとか⭕️antoとか言わないから。。まだアタシも乗れるな。と思ったのは浅はか。
色はピンクやね。(^◇^;)
は、とりあえず回避したけれども。。
以前にピンクキャロルに乗ってたけど、アレはあれで外し感が有ったけど、ピンクのハスラーを運転するほどあたしゃデリカシーが無いわけじゃ無い。
まぁ、良いけれど。。

F6エンジンを積んだこのキャロルは、コシのある足回りと合まって、結構運転が楽しかった。
夜間が多い運転だと言っては、ヘッドライトをマーシャルのダブル反射にしたり。。(ラリー車の定番でしょ。)さりげなくプラグケーブルをながい電子にしたり。。パーソナルの皮ステアφ355にしたり。
スズキのエンジンは気持ち良くってとても好きだから、ハスラーを選んだのは良いけどね。
待てよ、このままハスラーを息子達用にして、アタしゃチンクのアバルトとか。。ロードスターのNDとか。。
それも良いなぁ。。
そうそう、就職の方はボチボチです。転職組になるので半年スパンで見てくださいだと。。アタしゃ天邪鬼。
来月中に決めてやるぜ。
Posted at 2014/09/16 09:31:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | オクルマ | 日記
2014年09月04日 イイね!
ヒマなのを良いことに押し入れの整理。驚くくらい古いネガフィルムが大量に出てきた。
 更にヒマなのでフィルムスキャナでデータ化してみた。
昭和60年のある日、免許を取ったその日。免許もないのに(予約時点では、まだ免許がにゃい。)レンタカーを借りることができたそんな時代。
VWサンタナ(日産でノックダウン生産してた)という車を借りて湘南へ。

んだから、合法的に(笑)初めて運転したクルマはサンタナと言うことになるなぁ。これはオマケ。
---FORDのこと---
 明けて昭和61年
出会いは一枚の新聞折り込み広告だった。
「お年玉セール!」堺市内のとあるカーディーラーの広告だった。
「Autorama」今は無くなってしまったマツダの販売チャンネル。日本フォードブランドのクルマを売っていた。
幾つか出ている中古車の中の一つに目が止まった。1月3日のこと。早速同級生に頼んでクルマを出してもらって見に行った。
テルスター2,0i Turbo Ghia。当時、ヒョロヒョロの国産車の中に有って一種異様なマッシブさにアタシはイチコロでヤラレてしまった。
 他のクルマはまだまだフェンダーの真ん中にほそ~~いタイヤがリアカーのようにあった時代。普通は扁平90の時代。
195/60/15。クラフトレーシングのパールホワイトのアルミホイール。フェンダー面イチとまではいかないけど。 
 そして機能美とも言えるエアロパーツ。(オーストリア FOHA)フロントリップ、サイドシルスカート、リアスポイラー。全て純正オプション。
第一印象。「どんなけカッコええねん。」
すぐに試乗。教習所のローレルとは異次元の加速。ガシッとした足廻り。一週間後、私の初めての愛車となった。

前に立つでぶっちょは30年前のアタシ。

パールホワイトのボディはネガが古びてセピア色になってますが。前ヨメはこんなにカワイかった日々。(遠い目)シマッタ。。。
 しばらくしてある事件からメルセデスの280E,280CEに乗ることになって、ヨーロッパ車の神髄を知ることになったアタシ。全く運転の楽しくないメルセデスに飽き飽きした頃、懐かしの Autoramaにふらりと立ち寄った。そう、メルセデスの280CEで。
 懐かしい担当者が店長になり、昔話に花が咲いた。
 「そうそう、どらさん。ヨーロッパといえば今度FORDのベルギー工場から新しいクルマが入るんですよ。モンデオってんですけど。一台試乗用に入ってるですけど乗られます?」
 クルマ好きのアタシ。イチもニも無いでしょ。
 まだまだこのクラス国産は敵わないなぁ。確かに凄くイイ。大ぶりなボディーに2㍑のロングストロークエンジン。街乗り、高速、全てがしっかりしてる。
 「来月から認定番号が降りるから、登録に時間が掛からなくて納車はすぐですよ。」
 ワゴンの契約書を前に店長はホクホク顔。アタシが頼んだ「カリビアンブルー」(だったと思う)は大阪で初めてだったそう。

このクルマ、イメージカラーもブルーだけど、ちょっと色調が違う。少し赤みの入ったこのブルーは今までのクルマで一番のお気に入りだった。
 
 このモンデオは登場当初、有名な評論家に酷評されてた。でも、彼の著書「間違いだらけの~~」に書いてあるこのクルマの批評は「ホンマに乗ったことあるの?」っていうくらい、デタラメだった。言い切れる。彼はその時絶対に乗っていない。(それが証拠に、次の年のこのクルマの批評は100点満点に近い好評だった)一人の人間がこうも違う批評を書くなんて信じられないくらい。
 (それからはこの本を買わなくなった。)

 何となく・・FORDが好き。
だから、キャデラックよりリンカーンが好き。
エスカレードよりナヴィゲイターが好き。
カマロよりマスタングが好き。

 FORDって、車達を一般の市民が気軽に乗れるようにした偉大なメーカーなんだよ?ガソリン車を世に出したメルセデスも偉大だけど、FORDが無かったら今のような車社会はできてなかったかも。。ってくらい、功績は大きいと思う。
 クルマに対する考え方って言うか、とても肩の力が抜けて好感できるんだよなぁ。。
 だから、ロールスやジャガーをフォードが買い取った時、世界中から賛否両論が有ったんだと思う。イギリスの誇るRRやジャギュアを一般大衆化するなって。

 BMWやメルセデス、アウディやワーゲンに飽きた方。一度アメリカンのシビリアンカーの代表、フォードに乗ってみられては。そのおおらかさに共感できる部分もたくさんあるのでは。

 
 
Posted at 2014/09/04 22:10:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | オクルマ | 日記
プロフィール
「ゴール。
アホウども。お疲れ様。
お前らの中にアタシもいられて良かった。」
何シテル?   05/20 18:41
大阪府立地球防衛軍キャップです。(Fake)  旧いものが好き。特に80年代はいつでも輝いてます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
久しぶりのオイル交換  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:32:40
206に306のスカッフプレートを付けてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:31:43
マルチディスプレイ脱着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:30:03
お友達
運転が好き。横に乗るのも好き。
バイクも好き。ツーリングが好き。
旅が好き。
お気に入りのクルマが有る。

 ちょっと寂しい。
んなアタシです。 
 一緒に時を旅しましょう。
22 人のお友達がいます
サンデー・パパサンデー・パパ * 味噌おでん味噌おでん *
funplexfunplex * YOSSY~YOSSY~ *
青葉裕紀青葉裕紀 info@noj-ibaraki.cominfo@noj-ibaraki.comみんカラ公認
ファン
4 人のファンがいます
愛車一覧
BMW K100RS ゆきかぜ (BMW K100RS)
キングオブスポーツツアラー
プジョー 206SW (ワゴン) 雪豹 (プジョー 206SW (ワゴン))
これから躾けます。 2台目の206SW。見た目フツー、走るとドラネコ。
ヤマハ ヤマハ 龍姫 (ヤマハ ヤマハ)
ParadaiseRide! 冬眠中のXZ550。写真は玄龍号。体力が軽さを求めるように ...
ヤマハ SRV250 綾風 (ヤマハ SRV250)
とても良くできたクォーター。 少し弄ればロングツーリングもこなせる。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.