• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heaven1/fのブログ一覧

2013年08月31日 イイね!

誕生日と下町の空と。

何となく空を撮り続けている。
 特に夕焼け、朝日。空と雲が織りなす色がとても良いと思っている。
夕焼けに惹かれるところはその茜色。
 黄金色から茜色深紅から群青色。
朝はなんと言っても「グリーンフラッシュ」僅かに5~6分間だけ空が緑に染まる。
 冬のよく晴れた朝は日の出前に群青から茜色に変わる直前だけ、緑色に染まる。
茜色が黄金色に変わって雲の端が輝き出すと群青色は逃げていく。

 誕生日を意識して空を撮ったことは無かったけど、今年は夕焼けが素晴らしかった。
 デジイチを持って行けば良かったのだけど、まぁ、腕もなんちゃってなので、iphoneで充分なのだが、じゃぁ、何のために簡単デジイチを買ったのかねぇ。。
会社近くの公園で

 しばらく走ってハルカスからビィィィム

 どうしても走りながらだと手ぶれが・・・

と、まぁ夕焼けも綺麗な今年の誕生日だった。
 で。このあと家に帰ると、二つ前のブログに繋がるって訳。

 51歳になった。
オヤジはこの年を経験していない。
 45歳のままのオヤジは、それでも何故か私よりいつも年上のままだ。
  稀少な「ホンダ ジュノオ」の後ろに私の母親を乗せてツーリングしたというオヤジ。ハコスカに乗っていたオヤジ。
 会社の機械はオヤジの自作。そのために電気工事士の免状を取ったオヤジ。

 血は争えないなぁ。
  
 この血を分けてくれたオヤジに感謝。
Posted at 2013/08/31 20:09:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 下町の空と | 日記
2013年08月30日 イイね!

やっつけたぜ!

結局アタシのガレージにいることになっているビラーゴ1100。
 先々週のキャブ掃除で中速域への不安は無くなったモノの、まだアイドリングには不安が残る。
 こんな状態のまま友人に返すわけにはいかない。
猛然と闘志が湧いてきたアタシ。
 先週の土曜日~日曜日。その友人が来てくれるというので、一念発起。
「キャブのO/Hもやるわ。」
 キャブを車体から外すことに恐怖感すら有ったのだが、「人間が組み立てたもの、人間が組み直せないことはあり得ない!」
 で、外してみた。
 外す手順は、キャブをインシュレーターに付けたまま、インシュレーターをシリンダーから外し、捻ってキャブを取り出し、・・・書くと簡単だが結構汗だくモノ。
念願のパイロットジェットを外してエア吹き!

やはりというか、見えにくいけどノズルが半分詰まっている。
ついでにメインジェットも外してみるけど、こっちは穴が大きいから詰まってない。

 キャブを組んで、2時間かけて元に戻す。日曜日の朝。
友人が腕をふるってパスタをこしらえてくれたのを昼食に食べて、満腹。

左上から「明太子マヨネーズ」右上「満願寺唐辛子と茄子のトマトソース」中左「アンチョビのペペロンチーノ」(絶品)中右「満願寺唐辛子と茄子のクリームソース」下「明太子クリームソース」
 イタリア家庭料理の味は素朴で優しい。
 夕方。友人はクルマで、アタシはそのビラーゴ1100で友人宅へ。
阪神高速で80Kmでクルーズ。2500~3000回転、ヤマハのVツインは柔らかい振動と歌うようなサウンドで優しくクルーズできる。
 ん~~。アメリカンもこれくらいになるとホントに良いねぇ。
キャブの状態も、アイドリングは安定してるし、中速域への(中回転域)繋がりもスムーズ。
「してやったり。」アタシの整備の腕もまんざらじゃないな。と一人で満足しながら、ゆきかぜとビラーゴの違いを楽しんだ。
 友人宅に到着すると友人の父君が感激してくれてそれだけでも「あぁ、良かったなぁ。」と思えた。
 願わくはこのままキャブの調子が落ち着いてくれますように。

 次の日はどうしても乗りたくなってゆきかぜ通勤。
あかね色の空と西日を受けるゆきかぜは好きな色が交錯して何とも言えないなぁ。

 複雑なラインにローアングルの光線が当たって、晩夏のゆきかぜは彫りの深さを映し、秋の空気の優しさを目に見えるように際立たせてくれる。
 いやはや。
 何から何まで優しい気持ちにさせてくれた先週末だった。
Posted at 2013/08/30 20:51:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 修理人生 | 日記
2013年08月22日 イイね!

誕生日

今までで最高にHappy!
夕飯はアタシの好きなたこ焼き(笑)


家族からのプレゼントは涙ものの工具箱。


ブランド品や無いが、コレは嬉しいなぁ。
今までで最高の誕生日でした。
ありがとう〜。
Posted at 2013/08/22 05:44:14 | コメント(5) | トラックバック(0)
2013年08月17日 イイね!

ツーリング 8/16

昨日8月16日。
 念願の2タンクツーリングに出た。
 ここ2~3年間で一度もでなかったけど、そうだなぁ。。5年くらい前の山形以降、1タンク以上のツーリングに出てないもんなぁ。
 
 ワクワクしながら15日の夜、温泉セットとデジイチ、コンデジ、布製のバックに詰めてゆきかぜのパニアケースへ。
 明日16日は朝の勤めが終わったらシャワーを浴びてすぐに走ろう。なんて修学旅行前の小学生の様な私。なかなか寝付かれない。
 明けて16日朝。6時5分、ゆきかぜ号の心地よい鼓動感にちょっとした幸福感を味わいながら、パラダイスの会長であるS氏との待ち合わせ場所である奈良県御所市のコンビニへ。
 いつもは行楽のクルマでいっぱいの国道309号線はこの早い時間と言うこともあって好きな速度でゆきかぜを走らせることができる。
 金剛山系の分水嶺である「水越峠」の長大なトンネルをくぐって御所に付いたのは6時40分。一般道で平均60Kmを超えるスピード。ゆきかぜの超高速巡航はこの時間でこそだな。
  しばし本日のルートをS氏とああだこうだと談笑。とりあえずのルートを(ええ加減)適当に決めてひとまずの目的地である勢和多気へ向かう。
 ルートはここ御所から大淀~吉野~高見峠を越えて、桜峠~多気にいたるルート。
和歌山~伊勢街道だ。伊勢本街道の裏道。
 カントリーロードをゆわKm/h~よわKm/hで流す。ゆきかぜのカントリーペースはこんなモンなのだ。
 国道166号に入ってからは+10Km/h。高見峠では久しぶりにフルバンク+フルスロットルの連続。
 調教されたサラブレットの走りではなく野生に還された猛獣のような咆哮をインテイクの辺りから発しながら怒濤の迫力の峠行。
 んだからバイクはやめられないんだよなぁ。まぁ、こんなことできるのも後数年。
 先行車がいないことを幸いに、104EAエンジンの特有の重低音パルス高回転音を響かせてのコーナーリングは歳を忘れて「血湧き肉躍る」ってやつ?(笑)
 トンネル前の休息所で一服したくなったのは久々のことで緊張の余り・・・。

 実際、K100をこんなペースで峠行する人間は少ないのかもしれないが、RSの名の通り、ゆきかぜ号は”RENN SPORT”なのだ。英語ならRacingSports。
 BMWモトラードではレースに使用する偉大なエンジンにしか与えられなかったネームなのだ。
 このK100を「鈍重」などと言うバイク乗りは即刻自分のスロットルワークを見直した方が良い。まぁ、そんな乗り方したいと思う方が希有だけど。
 要は乗り方、回し方。2バルブマルチエンジンの特性さえ解っていれば、わき上がるトルクと回転の伸びは渾然一体となる。2バルブは2バルブなりのメリットがあるんだから。5000回転以下に落としても、そこそこトルクを出してくれるから、どうしても走り方がラフになってしまうけど、キッチリ回転を保ってやれば気持ちよく攻められる。
 僅か1600ccのNAロードスターが2リットルターボ、ミッドシップエンジンのMR-2をタイトコーナーが続く峠道で完全に置いていけるドライブができるのはこういう理由からなのだ。
 クルマの性能、バイクの性能。走り方の性能なんて、乗り手の性能が大きくモノを言うのだ。
 とまぁ、大きな口を叩いても、新しいリッタークラスのバイクに乗った連中にはおいて行かれますがね~。
 アタシも歳です。
 俺たちのサーキット(冷や水)はここまで。勢和多気からサニーロード県道22号~国道260号へ至る。
ココまで来ると、南国ムードたっぷり。交通量の殆ど無い道の傍ら、廃業した旅館の駐車場にて一服。

 明るくて大阪より涼しい。
ここでMT-01が燃料補給なのだが、ゆきかぜは「2タンク、600Km」を決め込んでるので300Km走行まで我慢我慢。

我慢中のゆきかぜ。
だって、まだ210Km辺りだから。まだまだ走らないと2タンク600㎞は心細くなる。
しばらくして42号線に再び合流すると、紀伊長島町。尾鷲市を過ぎて、左折の筈の国道311号を探す。海沿いギリギリを行こうとS氏と話していたから、小さな半島を回り込む311号はちょっと魅力的なのだ。
 尾鷲市を過ぎた辺り、ちょっと前が詰まってきたなぁと思ったら、白バイの軍団(20台くらい)が先行しているのが見えた。
 黄色いセンターラインを突破して追いすがるのもとても勇気が要るのでおとなしくシャンパンゴールドのちょっと古いクラウンの後ろについて行く。
 ?なんの変哲もないクラウン?ちょっと古い?へ?と思うまもなくS氏が白のセンターラインに変わった途端にそのクラウンを抜いていく。
 私も仕方なく一緒に・・・。追い越しざま、運転席を見ると水色の制服に肩章、交機のバッジとワッペンの付いた右肩が目に飛び込んできた。
 こんなに無茶な追い越しをしてるんだから、と、もはや観念のほぞを咬んだのだが何故かその覆面パトカーは知らんぷり。
 このパトカー追い越しによって、あと2台向こうに接近した白バイ軍団。
 実は熊野市で行われる花火大会の警備応援で駆り出された三重県警の方々でした。
 K100はこんなときも横に並んだ白バイ警官達に「先輩を見る目つき」で見てくれるのでちょっと得した気分。
 ここからは国道311号を山の中へ。「さぎりの里」と言う休憩所でお昼ご飯にヒレとんかつ丼を頂いた。そして第二の目的地である「丸山千枚田」。
 苔の付いてる山道を登ること数分。眺望が開けたところ。


何となく、ノンビリ観光ツーリングになってしまって、もう2時近くになってるし。
丸山千枚田をあとにしてトリップメーターは310Km。まだ平坦路では給油ランプが点かない。(千枚田への激しい登りでうっすらと点灯した)が、ちょうど半分と言うことでガソリンスタンドへ突入。給油量は16.35㍑。 惜しい!あとちょっとで20㎞/㍑の好燃費。
 まぁ良いよ。リッターバイクであれだけ峠を攻めて、なおかつこれだけ走れば。
と、またゆきかぜに惚れ込んでしまった。
 GSのオヤジに次の目的地である玉置神社への行き方を確認して、国道311号から国道169号へ。
 狭い道を快調に距離を稼いでいく。
ハタから見るとビックバイクが2台、とんでもないスピードで狭い道を飛ばしてるんだろうなと思う。。ごめんなさい。
 路面に砂が浮いた山道を登ること国道169号から30分ほど。玉置神社への登り口が見える。
 え?ここから登り?歩き?

普通の山道やんか。

所々崩れて歩くところが狭くなってるし。苔の付いた木の根はグネグネと出っ張ってるし。。反対側は断崖絶壁。ムンクの叫びの世界・・・・。
 でも良いお参りでした。
樹齢3000年と言われる神代杉も見られました。

 2時間かけてバイクの処まで帰ってくるともう5時過ぎ。温泉にノンビリ浸かってるひまがないなぁ。。
 ど言うことでせっかく十津川温泉郷まで降りてきたのだが、

自販機でお茶を買ったあとそそくさと帰路についた。
 午後7時。御所まで帰ってきた二人。

 まぁ、いい歳こいたオヤジが子供に還って一日中遊んだ8月16日だった。
  口の悪いの、態度のでかいの。やっぱり歳を感じるなぁ。

 そうそう、来週の水曜日は私の誕生日。
カミさんは憶えているんだろうか。
Posted at 2013/08/17 21:22:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | K100RS | 日記
2013年08月17日 イイね!

今日のカミさん

今日はカミさんとアメ村でデート中。
オススメの日本一長いソフトクリームを食べました。
初公開カミさん


Posted at 2013/08/17 15:18:22 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「ゴール。
アホウども。お疲れ様。
お前らの中にアタシもいられて良かった。」
何シテル?   05/20 18:41
大阪府立地球防衛軍キャップです。(Fake)  旧いものが好き。特に80年代はいつでも輝いてます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

久しぶりのオイル交換  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:32:40
206に306のスカッフプレートを付けてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:31:43
マルチディスプレイ脱着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:30:03

お友達

運転が好き。横に乗るのも好き。
バイクも好き。ツーリングが好き。
旅が好き。
お気に入りのクルマが有る。

 ちょっと寂しい。
んなアタシです。 
 一緒に時を旅しましょう。
22 人のお友達がいます
funplexfunplex * 結石持ち結石持ち *
万葉万葉 * 青葉裕紀青葉裕紀 *
YOSSY~YOSSY~ ヒロ@NCヒロ@NC

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

BMW K100RS ゆきかぜ (BMW K100RS)
キングオブスポーツツアラー
プジョー 206SW (ワゴン) 雪豹 (プジョー 206SW (ワゴン))
これから躾けます。 2台目の206SW。見た目フツー、走るとドラネコ。
ヤマハ ヤマハ 龍姫 (ヤマハ ヤマハ)
ParadaiseRide! 冬眠中のXZ550。写真は玄龍号。体力が軽さを求めるように ...
ヤマハ SRV250 綾風 (ヤマハ SRV250)
とても良くできたクォーター。 少し弄ればロングツーリングもこなせる。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.