車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
ドア振動の異音を解消わたしのインプレッサは足が硬いんですよ。だからふつうに道路を走っていてもガタガタ音は鳴るんですが、路面の悪いところを走っているときに左ドアのほうから「ババババババ」とか「バイィィィィィン」というヘンテコな異音が鳴ることに気づきました。

というわけで、なにかと内装が接触しているのであろうと推測して内装を剥がしてみましたよ(写真)。


▲フロント左ドアの内装を剥がしたところ

おそらく、スピーカーの回路ユニットが内装と接触しており、ドアと内装がきちっと締結されず浮いているために、振動でバタついているのだろうと考えました。

スピーカーの回路ユニットをちょっと右にズラして取り付け直し、内装を取り付けて路面の悪いところを試走したところ、異音は鳴らなくなりました。

「なんか高級感が出たな」とか感じてしまった自分の低レベルさが恐ろしいです。
Posted at 2017/03/20 21:22:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2017年03月18日 イイね!
スポーツランドやまなし122回目&反省会なんか春分の日で3連休だったんですね。そういう日は中央自動車道は混むだろうと予想して、5:00に起きて5:30に出発しましたが、やっぱり若干の渋滞に引っかかりましたよ。なんでみなさん早起きするんですか! 寝てろ!!

韮崎ICを降りてから一般道をスポーツランドやまなしに向けて登っていきますが、もうすぐってあたりで道路脇に白い物が見え始めたんですよ。なんか昨晩に雪が降ったらしく、やまなしも最終コーナーのブレーキングして旋回を始めるあたりが凍っていて、溶けるまで走行できませんでした。早起きしたのにマジかよ!

実際に走ってみたら、最終コーナーでクリップに付くまでに尻が滑って肝を冷やしました。最終区間と第1区間のタイムは絶望的です。さらには、第4コーナー入り口のアウト側も濡れていて、第4コーナーの外側から進入するとこちらも尻が滑ります。

ラップタイムはもう期待できないので、ひたすら39R→24Rの練習をしました。
あと、そのあと2輪の人たちが走るんで、最終コーナー入り口で止まるブレーキをして暖めて乾かしておきました。

第122回…41.141秒(フロント:Z2☆ 255/40、リア:Z2☆ 255/40)

■走行時の状態(10:45~)

ガソリン:メーター読み1/2
タイヤ:
 F Z2☆ 255/40
 R Z2☆ 255/40
ブレーキパッド:
 F IDI GT-Spec GT1
 R IDI GT-Spec GT1
外した装備:車載パンク修理キット
スーパーオーリンズの減衰力:
 F 8段戻し
 R 8段戻し
タイヤ空気圧:
 F2.0k(走行前)→2.6(走行後)
 R2.3k(走行前)→2.6(走行後)
VDC:OFF
DCCD:AUTO-

▼走行後の追加メーターの最大値

水温:102℃
油温:108℃
油圧:740kPa
ブースト:1.5k

■車載ビデオ


■今回の反省点

▼39R→24R

39Rにちょっと奥から進入してみました。



いままでは、10Rからステアリングを切ったまま39Rに進入していました。今回の車載ビデオを見ると、途中でカクッとステアリングをまっすぐに戻して、また切りながら39Rに進入していることがわかります。

たしかに39Rに奥から進入することに成功しました。でも、結果的には大失敗です。なぜなら、39R進入前にステアリングをカクっとまっすぐにした瞬間に、10R立ち上がりから残っていた横Gが完全に抜けちゃったからです。

39Rには横Gを残したまま進入しないと、そのあとのチョンブレ後の24Rの切り返しの効果がガクッと落ちます。当然、そのあとのアクセルオンも遅くなります。10Rから39Rまで、横Gを残して進入するのが当面の課題となりました。

やまなしの社長と、この箇所についてかなり議論したのですが、10R立ち上がり時の目線の位置が問題かなって感じでした。

39R→24Rは、まったくコースの形状と関係ないライン取りをマスターしないとタイムが出ません。まっすぐ39Rに進入するとそれなりのタイムも出せるし、いろいろと工夫してもタイムがあまり差が出ないので、コース攻略から外れてしまう箇所かもしれません。

そこが、このやまなしのくそ嫌らしいコース設計ですよ!と文句を言っておきました。めちゃくちゃ社長は喜んでいました。できれば、進入ポイントの箇所に杭を打って旗を付けておきたいぐらいです。

■次回への課題
・10Rから39R進入までのライン攻略


写真のほうは、関連情報URLをどうぞ。
Posted at 2017/03/19 23:39:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年03月11日 イイね!
ブレーキパッドのグリスアップブレーキパッドのグリスアップをしました(写真)。

新品ブレーキパッドの組み付け時にグリスを塗っていますが、もうずいぶん時間が経っているのでカピカピに乾いてるんですよね。なのでグリスのカスを削り落として、ブレーキパッドの残量もしっかり確認しようというわけです。

キャリパーのブレーキパッド摺動部にパーツクリーナーを吹いて歯ブラシでよく掃除。ブレーキパッドとシムにこびりついたカスを歯ブラシでよく落として、愛用しているグリスのWAKO'Sブレーキプロテクターを薄~く塗って貼り付けます。

WAKO'Sのブレーキプロテクターですが、冬と夏で明らかに柔らかさが違うんですよ。冬場は厚塗り気味になっちゃうので、湯煎してやると柔らかくなるので薄~く塗れるようになります。シムの貼り付け部にグリス厚く塗ってしまうと、ブレーキのタッチが甘くなっていくので、薄く塗ることを心がけています。

あとはブレーキパッドの摺動部にグリスを塗って、キャリパーに組み付けて終了です。

まだまだブレーキパッドの残量もありました。IDI GT-Spec GT1って、お値段は高いですけど長持ちしますね!
Posted at 2017/03/11 21:38:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2017年03月05日 イイね!
アストロプロダクツの2tレーシングジャッキを買ったアストロプロダクツの2tレーシングジャッキが安売りになったので、購入してきました(写真)。

以前は重量30kgのくそ重いフロアジャッキで使用後に必ず腰を痛めていたのですが、新しいジャッキは重量18kg。かなり楽に運搬できます!

ふーむと思ったのは、ARCAN、NOSブランドで販売されている2tフロアジャッキと同じようにしか見えないんですよね…。シリンダー部のOリングが劣化するとオイルが漏れる報告がありますが、これも漏れるのかしら? やや心配です。

低床フロアジャッキだからそのままジャッキアップできるかも? と試してみました。


▲入らない…

やっぱりダメでした。


▲スロープに乗せてからジャッキアップしてウマに乗せました

結局、以前と同様にタイヤをスロープに乗せてからジャッキアップしてウマをかけました。

そうそう。スロープといえば、黒いプラスチック製のスロープが売っていますよね。「あれは割れるからこっちにしな」と金属製のスロープを勧められて使用しています。やや重いのですが、いまだに壊れる気配はありません。

本当に黒いプラスチック製のスロープは割れるのかな? とパーツレビューを見ていたら、「スロープから降りた瞬間に、スロープがものすごい勢いで吹っ飛んでいって割れた」という爆笑モノのレビューがありました。なるほど…。

パーツレビューは、関連情報URLをどうぞ。
Posted at 2017/03/05 17:46:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2017年03月04日 イイね!
AMD Ryzen 7 1800XとASRock X370 Gaming K4を買って組んだ3月3日午前0時のAMD Ryzen発売解禁に合わせて、秋葉原のツクモeX.に並んでRyzenとマザーボードを購入しました(写真)。

わたしが並んだ時刻は20時過ぎで、28番目でした。1時間に30人ぐらいずつ増えていって、最後は150人ぐらいになったかな? マザーボードの枚数がとにかく少ないという事前情報もあり、さらにRyzen用のAM4ソケットに取り付け可能なCPUクーラーが少ないのもあってCPUだけ買って帰る人も多かったように見えました。わたしも目的のマザーがなければ、CPUだけ買って帰るつもりでした。

みんなワクワクしながら並んでましたよ! くそ寒かったけど!


▲Ryzen用の部品一覧

ツクモでRyzen購入者に配布されたものは次のとおり。

・RYZEN使い捨てカイロ
・ツクモたんクリアファイル
・RYZENクリアファイル
・RYZENシール×2
・謎のマウスパッド

■組み立て

わたしが購入したのはRyzen 7 1800XとASRock X370 Gaming K4です。
ASRock X370 Gaming K4を選択した理由は、X370でいちばん安く、Intelのネットワークチップが載っていたことです。B350シリーズだと、自動オーバークロックのXFRが効かないので避けました。

準備しておいたCPUクーラーはCooler MasterのHYPER TX3 EVO。ツメで引っかけるタイプなのでAM4でも取り付け可能です。Cryorig H5 Universalも持っているのですが、取り付け金具はRyzenとCryorigを購入したレシートの写真を撮って日本代理店のディラックにメールで送らねばならないという…。購入物のレシートは箱の中に入れておく癖があるので、撮って送りました!


▲Ryzen 7 1800Xを開封

Ryzen 7 1800XにはCPUクーラーが付属していないので、中身はこれだけです。ケース貼り付け用のシールが付いていますね。


▲マザーボードにRyzenを取り付け

AM4マザーはAM3マザーと、取り付け具のボルト穴の位置が違います。CPUから出ている配線の違いのため、ボルト穴の位置が変更されたそうです。


▲CPUクーラーとメモリを取り付け

CPUクーラーをツメで引っかけて無事に取り付けました。
メモリにも罠があります! DDR4-2666を用意していたのですが、2枚差しの場合は通常の両面実装メモリはDDR4-2400相当のアクセス速度になります。片面実装(1Rank)だとDDR4-2666になるそうです。まあ、両面実装でもメモリをオーバークロックさせればいいんですけどね。


▲ケースに取り付け

CPUとメモリを載せたマザーボードをケースに取り付けて、GeForce GTX 1080とサウンドカードのSE-300PCIを取り付けて完了です。

インストールするOSはWindows 7 (x64)です。最近のマザーボードにはUSB2.0コントローラーが載らなくなったので、Windows 7のインストール中はUSBマウスやUSBキーボードで操作できません。わたしはPS/2キーボードを使っているので、カコカコとキーを叩きながらインストール作業を進めました。

そうそう。ASRockのマザーボードはBIOS更新方法が異様です。早くも新BIOSが公開されていたので試しましたが、USBメモリに更新アプリと新BIOSを入れて、不思議なコマンドを入力しなければならないんですよ。わざわざ箱には日本代理店が付けたBIOS更新方法の紙が入っていたんですが、付属しているUSB機器の数によってドライブを切り替えるコマンドが異なるので、みんな苦労するんじゃないかな~。


▲CPU-Z

インストール完了です。まーオーバークロックするのはこれからですが、あまり高クロックはできないようですね。


▲デスクトップのガジェット(Open Hardware Monitor)

デスクトップにCPUのLoadを表示するガジェット(Open Hardware Monitor)を置いているのですが、16行並んでいるのは壮観ですな~。

■動かしてみた全体的な感想

・さほど速さは感じない。
・ときどきマウスポインタがピタッと止まることがある。ハングしたのかと思うと復活する。

マウスポインタがピタッと止まる現象が謎ですね…。
Posted at 2017/03/04 22:13:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | パソコン | パソコン/インターネット
プロフィール
東京都出身のイケぽんです。 WRX STI スペックC 17インチモデルでクルマは4台目。月1回のミニサーキット走行を楽しんでいます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
のんびりのんびり。
111 人のお友達がいます
白しび#3白しび#3 * IMTT・DC5RIMTT・DC5R *
HIDE-SPEC-CHIDE-SPEC-C * オザミオザミ
ねこち n^._.^nねこち n^._.^n Ryoma555Ryoma555
ファン
113 人のファンがいます
愛車一覧
スバル WRX STI スバル WRX STI
WRX STI スペックC 17インチモデル。GVBのD型です。 エアコンはオプション装 ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
DC5インテグラType R 後期型です。色はビビッドブルー・パール。前期型よりやや淡い ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
色はブルーマイカメタリック。セリカの青色は台数限定の特別仕様でしか選択できませんでしたか ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
トヨタ初のVVT-i機構を搭載。カタログでは200馬力でしたが、シャシダイ計測で164馬 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.