車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月20日 イイね!
パワーウィンドウのリセット先日パワーウィンドウがやや不調という記事を書きました。いちおう現象を整理しておきますと…。

・運転席の窓をちょろっと開けているときに、パワーウィンドウのツマミを[閉める]の方にちょろっと動かすと、グッと窓が開く。
・そのあとスイッチをどちらに動かしても窓が開く。
・窓が全開になる。パワーウィンドウのツマミを[閉める]の方に動かすと、やっと窓が閉まる方向に動く。

つまり、パワーウィンドウのスイッチをどちらに動かしても窓が開くという異常な状態になったときには、窓を全開にすると治るというわけです。やや腹立たしいですし、この状態では車検に通りません。

オザミさんからバッテリーを外してパワーウィンドウをリセットして治ったという報告をいただきましたが、わたしのGVBでは治りませんでした。

しょーもないので、「ほかにもパワーウィンドウのリセット方法があるんじゃないかな~」とサービスマニュアルを探したら、パワーウィンドウのリセット方法が書いてありました。本来は別の異常時に使用するようですが、試してみたら治りましたよ!


■リセット操作A

1. 運転席に座りドアを閉める。
2. イグニッションスイッチをONにする。
3. パワーウインドウメインスイッチを操作し、ウインドウガラスの位置を半分くらいにする。
4. パワーウインドウメインスイッチを「アップ」方向に操作して運転席側のウインドウガラスを全閉にする。
5. ウインドウガラスが全閉のままパワーウインドウスイッチを「アップ」方向に1秒間保持する。
6. パワーウインドウメインスイッチを「オートダウン」方向に操作して正常に全開になるか点検する。正常に全開にならない場合、手順1) から6) まで再度行う。

■リセット操作B

1. 運転席に座りドアを閉める。
2. イグニッションスイッチをONにする。
3. パワーウインドウメインスイッチを「オートアップ」(スイッチを一杯に引いた状態)にしてそのまま保持し、ウインドウが上昇中、全閉になる直前にイグニッションスイッチをOFFにする。パワーウインドウスイッチはそのまま保持し続けウインドウを全閉にする。
4. パワーウインドウメインスイッチを「オートダウン」(スイッチを一杯に押した状態)にしてそのまま保持し、ウインドウが下降中、全開になる直前にイグニッションスイッチをONにする。パワーウインドウスイッチはそのまま保持し続けウインドウを全開にする。

注意:
イグニッションスイッチをOFFにしてから次にONにするまでの作業を30秒以内に行うこと。

5. リセット操作Aを行う。
6. 「オートアップ」「オートダウン」操作を行い正常に作動するか点検する。正常に全開全閉にならない場合、手順1) から6) を再度行う。
Posted at 2017/05/20 20:32:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2017年05月09日 イイね!
なんか軽自動車にセルフガソリンスタンドで軽油を入れて、クルマがエンコしたという話がありますよね。あれを見てゲラゲラ笑っている人がいると思うんですけど、わたしは全然笑えねーな、と思います。

だって、わたしも中学校ぐらいのときはそう思ってたもん! レギュラーは普通車でしょ。スポーツタイプはハイオク。そういうイメージで考えると、軽自動車は軽油になるんですよ! じゃあトラックはなんなのかというと、重油です。いや、イメージですよ!!

いまはガソリンのオクタン価とか燃焼の仕組みがわかるから「そんなアホな」となりますけど、そういう仕組みがわかっているドライバーって、どんだけいるんですかねって話です。そんなの超マニアです。

でも実際には、セルフガソリンスタンドの給油機を操作して軽自動車に軽油を入れかねない現実があるわけです。ふつう、これを防止しようと考えますよね? 誰もが間違えないように、どんなに無知識でも間違えない確実な方法で。

そう考えると、いちばん簡単なのはクルマの燃料キャップの色を、ガソリンスタンドの給油ノズルの色と揃えることでしょう。レギュラーは赤、ハイオクは黄色、ディーゼルエンジンは緑。燃料キャップとガソリンスタンドの給油ノズルの色が同じであれば、間違える可能性が減るでしょう。あの赤・黄・青色を識別できない可能性も考えて、キャップとノズルに同じ★マークとか○マークを併記してもいいかもしれない。

なんで自動車メーカーは、そういう防止策を採らないのかな?
法律的に物理的に給油キャップが黒でなければならない理由があるのかな?
Posted at 2017/05/09 23:09:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2017年05月08日 イイね!
ゴールデンウィークがいつの間にか終わってしまいました。「スポーツランドやまなしに走りに行こうか?」と考えたんですが、千葉県に引っ越してから首都高を横断せねばならない苦労を考えると、ふつーに土日に走った方がいいという結論に達しました。常連の皆さんも走っていたみたいで、ちょっとうらやましいです。わたしが早起きが苦手なのがダメなんですが…。

で、ちょっと気になっているのがWRX STI(VAB)のマイナーチェンジです。そろそろD型の発表があるんですけど、US仕様がどこまで日本仕様にも反映されるのか?ってことです。

センターデフが電磁クラッチのみになるってのは実現されるでしょう。理由は単純で、原価低減です。GR系になったときにトランスミッションの電動ポンプが廃止されたのと同じ流れです。前後のトルク配分が変化するような大胆な変更があれば度肝を抜かれますけどね~。

ブレーキキャリパーに関しては、現状維持かなあ。どっちかといえば、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参加するので、また記念車両に装備ってパターンのほうが可能性としてあるんじゃないかなぁ…。

次期シビックRもそうなんですが、ニュルブルクリンクで何秒だとか、それはそれで素晴らしい話だとは思います。でも、もうちょっと小さく軽いクルマのほうが楽しそうだよなぁ…なんて思います。欧州車がまさにその方向性になっていますが、あれで安ければね!
Posted at 2017/05/08 22:20:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2017年04月29日 イイね!
スーパーオートバックス東雲店に行ってきました。「シックススターミーティング2017 SPRING」を開催しているので、多少は安く販売しているだろうな~と思って、しっかりとHKSのメタルキャタライザーの値段をチェックしてきましたよ。

GRB/GVB/VABのHKSメタルキャタライザーは、工賃込みで17万円(税込み)でした。
安いかというと、15%引きなのでさほど安くはないな~という感じです。

ほかにもDIXCELやProvaなども展示してましたが、場所が立体駐車場の一階という薄暗い場所だったので、なんというか秋葉原のパーツ屋にいるような不思議な雰囲気でした。「氷菓」の文化祭でへんぴな場所になっている古典部を思い起こさせました。場所はもう少しなんとかならなかったのかなと。

そうそう。「シックススターミーティング」だけあって、駐車場にはんぱねー数のインプレッサが停まってましたよ。でも、展示場にはほとんど人がいなかったので、どうなっているのか理解に苦しみます。
Posted at 2017/04/30 00:12:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2017年04月25日 イイね!
パワーウィンドウがやや不調なんか運転席のパワーウィンドウが、いまひとつ調子悪いんですよ。

タバコを吸うので運転席の窓をちょろっと開けるんですが、いざ窓を閉めようにとしてパワーウィンドウのツマミを[閉める]の方にちょろっと動かすと、グッと窓が開くんですよ。

「えっ」と思ってパワーウィンドウのツマミを[開ける]の方向に動かすと、グッと窓が開きます。まあこれは当然です。

でもって、またパワーウィンドウのツマミを[閉める]の方にちょろっと動かしても、窓が開く。結局パワーウィンドウのツマミをどっちに動かしても窓が開くんで、しまいには窓が全開になります。窓が全開になったあとは、パワーウィンドウのツマミを[閉める]の方に動かすと窓が閉まるんですね~これが。雨が降っているときや高速道路だと最悪ですよ!

珍しい現象ですよね!
Posted at 2017/04/25 22:13:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
プロフィール
東京都出身のイケぽんです。 WRX STI スペックC 17インチモデルでクルマは4台目。月1回のミニサーキット走行を楽しんでいます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
ファン
113 人のファンがいます
愛車一覧
スバル WRX STI スバル WRX STI
WRX STI スペックC 17インチモデル。GVBのD型です。 エアコンはオプション装 ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
DC5インテグラType R 後期型です。色はビビッドブルー・パール。前期型よりやや淡い ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
色はブルーマイカメタリック。セリカの青色は台数限定の特別仕様でしか選択できませんでしたか ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
トヨタ初のVVT-i機構を搭載。カタログでは200馬力でしたが、シャシダイ計測で164馬 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.