• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年01月04日

タイヤの空気圧管理

ミニサーキットをアホのように走りまくっている身ですが、タイヤの空気圧管理について、自分なりの経験から得たものをロジックを踏まえて書いてみます。これからサーキット走行する人の参考になれば…。

サーキットを走ると、タイヤの空気圧が上がります。DC5インテRは2.3kが標準空気圧ですが、走行時は2.7kぐらいまで上昇します。「2.7k以上には上がらないのか?」って思うでしょうけど、まーこのへんが限度です。なぜかっていうと、「キュキュキューー」というスキール音が激しくなるから乗っている人間も「ヤバイ」と気づくし、そのままムリに走るとスピンするからです(笑)

タイヤ空気圧が上昇するおもな理由はブレーキングです。強烈にブレーキを踏むとタイヤと路面の間に摩擦熱が発生し、タイヤのゴム、ホイールが熱せられ、タイヤ内の空気が暖まって空気圧が上昇します。

スポーツ用途にアルミホイールが使用されるのは、軽量ってだけではなく、「熱しやすく冷めやすい」というアルミの熱伝導率の高さも理由のひとつです。だから自作の断熱材にアルミを使うのは意味がありません…。

さて。話を戻します。

サーキットで走行前とピットイン時に空気圧を調整するのは、空気圧を走行時に最適な状態に保つため。走行時にタイヤの接地面を均等な接地圧に保つことが目的です。

タイヤの種類にもよりますが、温間時(走行時)に2.1kが最適だとすれば、走行前の冷間時に1.8kぐらいに下げておく。走っていれば2.1kを超えて空気圧は上昇していくので、スキール音が多くなったり旋回時の手応えが怪しくなったら、ピットインしてすぐ空気圧をチェックします。

こうやって、「何周走ればどれぐらい空気圧が上昇するか」「自分のタイヤに最適な空気圧はどれぐらいか」というデータを拾って、走行前のタイヤ空気圧を決めていくわけです。まー地道な作業です。

駆動方式がFFの場合は、空気圧の上がり方に独特のクセがあります。

FFは加速・制動・旋回にフロントタイヤを酷使しますので、フロントタイヤの空気圧がすごい勢いで上昇します。逆に、リアタイヤは制動にあまり使われないので、なかなか空気圧が上がりません。

そんなわけなので、フロントタイヤの空気圧をリアより0.2ぐらい下げて最初は走ります。もっと差を付けてもいいけど、そうするとタイヤが暖まるまで時間がかかるので、なかなかアタックできない、アタックしても不発に終わるという弊害もあるので、わたしはこの程度にしています。

あとは、FF独特のアンダーを抑えるために、温間時にフロントタイヤがリアより低い空気圧になるように調整しています。わたしの場合は0.1k差を付けています。ちなみに、わたしがベストだと思っている温間時の空気圧は、17インチのRE-01R 215/45でフロント2.1k、リヤ2.2kです。

タイヤの空気圧は走行のたびに空気圧チェックをしてデータを蓄積すれば終わりですが、もうひとつ重要な要素があります。

それは、タイヤの表面温度です。

「タイヤはゴムでできているから、このゴムが地面をひっかいて進んでいるんだろう」

と思っているなら、それは全然違います。

そういう見たまんまの単純な理由なら、タイヤの表面に粘度の高い材料を貼り付けて走った方が、よっぽどグリップするはずです。

タイヤのグリップ力は、ゴムが溶けて地面とタイヤの間に溶解したゴムの膜ができることで生み出されます。このゴムの溶け出す量が最適な状態であれば、最大のグリップが発生します。

だから夏場の路面温度の暑い日は、ゴムが溶けすぎてグリップしなくなってきますし、路面温度が低すぎる寒い日は、ゴムが溶けずにグリップしないという状態になります。

空気圧の管理を完璧にしたとしても、タイヤの表面が暖まらなければ簡単にスピンします。だから、寒すぎるような日はベストLAPを出しにくいです。

もうひとつ、オマケのロジックを書いておきます。

太陽が出ているとき、まず暖まるのは地面。そのあと地面に暖められて空気が暖まります。固体は暖まりやすく冷めやすい、動いているもの(気体・液体)は、暖まりにくく冷めにくい。だから、空気の温度を測って「寒い!」と感じても地面が冷たいとは限りません。暖かくても日陰の路面は冷たいままですしね。

だからタイヤのグリップをより正確に予測しようとするなら、コースの路面温度を測ってみるのがいいと思います。

アストロ兄さんに非接触型温度計を何度も進められていますが、そろそろ購入した方がいいかも…と思い始めています。

グリップしにくい路面温度で早々にアタック開始して、スピンして刺さるのはイヤだからってのが理由です!(ほんとーに怖いです)
ブログ一覧 | メンテナンス | クルマ
Posted at 2008/01/04 22:10:21

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

2018-02-02 鈴鹿ツイン  ...
田中 ミノルさん

そうだ!沖縄に…行けませんけどね
姫鈴さん

開催まで後5日!
凸(デコ)さん

初老夫婦のお休みの過ごし方
ぢ~ぢさん

冬の月明かりの下で
ほたる.さん

焼きそば三連荘! 第二弾
2TG怪さん

この記事へのコメント

2008/01/04 22:22:44
で走行後は空気圧を上げておけば町乗りも問題なしですね
コメントへの返答
2008/01/05 17:48:50
あーっ、帰宅前に空気圧を元に戻すことを書き忘れました。
でもここまで空気圧をチェックする人なら、わかる…と信じたい。
2008/01/05 09:44:12
すごい勉強になります。理論的な分析なので説得力抜群。バイクでミニサーキットを走って依頼、空気圧には敏感ですが、闇雲に外気温で走行前のタイヤ内圧を設定していました。

グリップの原理も知りませんでした(汗)。
コメントへの返答
2008/01/05 17:50:33
空気の温度と路面の温度がかなり異なるってありがちなので、冬場はスピンすることが多いです。この前それで大スピンしちゃったし!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

東京都出身のイケぽんです。 WRX STI スペックC 17インチモデルでクルマは4台目。月1回のミニサーキット走行を楽しんでいます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

のんびりのんびり。
110 人のお友達がいます
こぺん茶こぺん茶 * RYOct9aRYOct9a *
HIDE-SPEC-CHIDE-SPEC-C オザミオザミ
kamirukamiru kara30kara30

ファン

112 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
WRX STI スペックC 17インチタイヤ仕様。GVBのD型です。 エアコンはオプショ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
DC5インテグラType R 後期型です。色はビビッドブルー・パール。前期型よりやや淡い ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
色はブルーマイカメタリック。セリカの青色は台数限定の特別仕様でしか選択できませんでしたか ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
トヨタ初のVVT-i機構を搭載。カタログでは200馬力でしたが、シャシダイ計測で164馬 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.