車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月28日 イイね!
せとうちサイクリング4日目「しまなみ海道縦断」今日はいよいよ、憧れのしまなみ海道を走ります。






朝6時起床。
7時に朝食をいただき、したくを終えて宿を出発しようというとき、宿のお母さんがナマコの美味しさの秘訣を教えてくれた。
なんと生簀にナマコがたくさん。


新鮮で美味しいわけです。
ナマコは牡蠣よりも美味しい時期が短く、11月から3月までだとのこと。
良い時期に良い宿に泊まれたことに感謝。

別れ際にお母さんにもらった品種が謎のみかんをバイクにくくりつけ、8時に出発。


しばらく走ると、2つ目の橋が見えてきます。
大島と伯方島を結ぶ「伯方・大島大橋」です。


すべての橋がそうですが、自転車と歩行者のためのアプローチは、斜度3%程度の緩やかな坂になるように設計されています。橋を渡るたびにくねくねと坂道を走るのですが、これが橋への期待感を高めてくれます。


橋の上からの眺めはこんな感じ。


伯方島に入り、しばらく走っていると、造船所が見えます。
これもしまなみ海道らしい風景。


伯方島では、開山公園展望台に寄り道。


またヒルクライム。この旅では、なんだかんだ結局毎日坂を登っています。
しまなみ海道の絶景を満喫したければ坂を登るべし、ですね。

標高150mの展望公園に到着。遠くに多々羅大橋が見えます。


ここは桜の名所なのですが、残念ながら桜はまだつぼみでした。


例年の開花は4/10頃とのこと。
公園では地元の方が夜桜のための準備作業をしていました。


公園で一番高い展望台に登ってみます。


展望台からは3つの橋を見ることができます。


開山公園に別れを告げてダウンヒル。

大三島橋を渡り、大三島へ。


この橋はアーチ橋なんですね。


大三島で最初の寄り道は、多々羅大橋のたもとにある道の駅。


人型のモニュメント(バイクラック?)にバイクを担いでもらってみたり。


ここで多々羅大橋を見上げながら、いちごどら焼や、宿のお母さんにもらったみかんを補給。

元気が出たところで、10時30分、道の駅を出発。
大三島の中心部にある、「大山祇神社」を目指します。
この神社は、道中で知り合った人が皆、しまなみ海道で一番立ち寄るべき場所としてお勧めしてくれた場所です。

しかし、神社に行くには緩いけれど長い峠道を越えなくてはいけない。
11時20分、神社に到着。





神木は樹齢2600年。ものすごいパワーを感じます。






美しく荘厳な境内を歩き、お参りをして、おなかが空いたのでお昼ご飯。
ところが、当てにしていた海鮮料理屋は、またも休業。。。



そこで、同じく神社の近くにあるこちらのお店へ。


ここの名物は鯛料理なのですが、毎晩海の幸をいただいてきたので、
「せんざんき」という鶏唐揚げの定食をいただく。


付け合せの酢の物がすごく美味しい。
お店の人に聞いてみると、「ざく」という鯛の皮の酢漬けだとか。

満腹になったところで大三島の東海岸に戻り、多々羅大橋を渡ります。

ループ橋をぐるりと回って高度を上げて、


橋の上はこんな感じ。


来島海峡大橋並みに海が近くて、走っていて気持ちいい。


しばらくいくと県境が。


愛媛県とはここでお別れ。

それにしてもこの橋の塔の高さは圧倒的です。


その塔の真下に来ると、なぜか拍子木をたたく少年が。


塔の脚部で音が反響し、鳴き龍になるのですね。
とても良い響きを聞くことができます。


多々羅大橋を渡り、大三島から生口島へ。

生口島から見上げる多々羅大橋。
斜張橋のシルエットが美しい。


生口島はレモンの島。橋の出口には、こんなかわいいオブジェ(ベンチ?)が。


道を走っていると、レモン畑がたくさんあって、実がたわわに実っています。


瀬戸田サンセットビーチ。シーズンオフなので人はまばらで工事中。


ビーチにもオブジェが。


さらに走ると、耕三寺。




1936年建立という絢爛豪華な建物に惹かれたのですが、時間もないため参拝は断念。

耕三寺へと通ずる「しおまち商店街」にある岡哲商店へ。
名物のコロッケ@90円也をいただきます。


コロッケも美味しいけど、コロッケを売ってくれるお店のおばちゃんのほうが良い味を出しているような。

さらに走ると、これまた、しまなみ海道サイクリングでは有名なジェラートのお店が。


立ち寄ってみたものの、寒い日なのに激込み。
かなり待ちそうだったので、残念ながらジェラートは次回への宿題に。

さらに走ると、生口島と因島を結ぶ、生口大橋が見えてきます。


橋の上からは、造船所を見下ろすことができます。


橋の上はこんな感じ。


因島に入り、ひたすら走っていると、しまなみ海道サイクリングではおなじみ?の白い恐竜が。


因島と向島を結ぶ因島大橋の手前で寄り道。
これまたしまなみ海道サイクリング、おなじみの立ち寄りスポット、
はっさく大福のはっさく屋へ。



あれ?

人影がない、、けど?

まさかの、、、


この旅ではお約束になってきた「本日休業」。

・・・・

気を取り直して、先を急ぎます。

いよいよ、この旅で最後の橋、因島大橋へ。
この橋は自動車道の下を歩行者・自転車が走ります。


金網から下を覗くと海がずっと下にある、この不思議な感覚。


向島から見る因島大橋。美しいつり橋です。


下から見上げるとかなりの迫力。


向島をしばらく走ると、尾道に渡るフェリー乗り場に到着。


すぐ目の前に見える対岸が尾道です。


フェリーが到着。


さようなら、しまなみ海道。


本州に帰ってきました。

尾道と向島を結ぶフェリーといえば、サイクリストにとっては、こちらのほうがおなじみなのかもしれませんね。


今日はさらに三原まで走ります。
尾道・三原間は、路側帯がほとんどなく、交通量の多い国道を走ります。
正直、結構怖かった。

今晩お世話になるホテルはこちら。


自転車は部屋に持ち込んでよいとのこと。
フロントの方の対応が素晴らしいです。

コンパクトながら清潔なお部屋の玄関に自転車。


洗濯機も有料ながら複数台装備。


大浴場もあり、ビュッフェ形式の朝食も6時30分からいただけます。
ライドの拠点としてすごくいいなと思いました。

晩御飯は三原駅近くのこちらのステーキハウスでいただくことに。


ロングライドでへとへとだったので、どうしても肉が食べたい!
と、お店に入ったら、三原名物、タコのメニュー、カルパッチョがある!
めちゃくちゃ美味しいです、これ。


で、ステーキをいただきました。
う、美味い!


今日のルート。


9時間で走行距離:95km、累積標高:830m。

・・・

翌日、本当はさらに足を伸ばしてとびしま海道を走りたかったのですが、天気がいまひとつだったのと、足腰がすでに悲鳴を上げていたので、朝一番でまっすぐ帰ることに。

朝の三原駅。


9:22発のこだまで福山まで。


9:59福山発の、のぞみで東京へ。


13:33、東京に到着。

総走行距離:255km、累積標高3200mの
4泊5日の自転車旅行はこれで終了。

自転車旅のノウハウもいろいろ学びました。
小豆島も、しまなみ海道もまた走りに出かけたいです。
Posted at 2017/04/02 23:03:04 | コメント(2) | サイクリング | スポーツ
2017年03月27日 イイね!
せとうちサイクリング3日目「しまなみ海道へ」今日は小豆島を出発してしまなみ海道へ向かいます。







朝8時に宿を出発。
10分ほどで土庄港のフェリー乗り場に到着。
8時35分発、高松行きのフェリーに乗ります。


今回も自転車は最後に乗船。自転車の乗客は、また一人だけ。


例によって船に固定されます。


小豆島と高松は距離20kmと近く、乗船時間は1時間。

高松市街が見えてきました。高層ビルが見えます。いよいよ四国に上陸。


10時、フェリー乗り場のすぐ近く、高松駅に到着!


高松駅から特急で今治駅まで向かいます。
切符買って自転車を輪行バッグに詰めます。

駅前で自転車分解していたら、地元の先輩サイクリストが声をかけてくれました。
この方、ロードバイクに無線機を搭載。自転車のモービルって初めて見ました。
「小豆島を自転車で楽しむなら、海岸線を一周するより寒霞渓に登るのが良い」
とのこと。
うんうん、実際に自分も走ってみてそう思いました。

乗車するいしづち7号。


最後部の指定席を取ったのですが、なんと、このスペースに輪行バッグが入りません。


しかたがないので、車掌さんに断って、デッキに置かせてもらいました。


10時47分、高松駅を出発。
車内は結構空いています。


旅のお供は、高松駅構内で買ったワッフルとコーヒー。美味しい。


この列車、カーブの多い区間を走りますが、コーナーリング時に結構バンクします。
バイクみたいで乗っていて楽しい。


後で知ったのですが、この8000系特急電車、振り子機構を装備しているようですね。

約2時間の乗車で、12時47分に今治駅到着。
さすが今治駅。駅に自転車組み立て場が用意されています。


お昼ごはんに今治B級グルメの「今治焼豚玉子飯」を食べようと店に向かうが、、、




「本日休業」

・・・・。

気を取り直して、来島海峡大橋方面に向かいます。

途中、ブルーラインを目撃!


このあと100km以上にわたり、このラインをずっと見ながら走ることになるのですが、
最初に見つけたときに感動して思わず写真取ってしまいました。

途中、コンビニでお菓子を補給したりしながら、
14時過ぎ、サンライズ糸山に到着。


中には「風のレストラン」があり、14時過ぎでも食事ができる様子。
来島海峡大橋を眺めながら、遅めのランチ。


サラダのドレッシングが地元特産のレモン味で美味しい!

15時頃、サンライズ糸山を出発。いよいよしまなみ海道を走ります。

最初の橋は来島海峡大橋。
今治から大島まで、全長4.1kmの3連つり橋です。

ループ橋を走り、橋と同じ標高約50mまで上がっていきます。
標高があがるに連れてテンションも上昇!




海面から50~60mの高さを自転車で走るって、本当に爽快。


眼下の海には渦潮が。


スケールの大きさ、海を真下に見ることができるところなど、来島海峡大橋は、しまなみ海道の橋の中でも一番走っていて楽しい。

極上の景色を楽しみながらの海上サイクリングを楽しんでいると、雨が降り始めた。
橋を渡ってすぐ道の駅があったので、そこで雨宿り。

気象庁の「高解像度降水ナウキャスト 」をみて、15分後にやむことがわかったのでちょっと休憩。

道の駅から見上げる来島海峡大橋。


16時。そろそろ宿に向かうべきと思いながらも、天気が回復してきたら、
亀老山展望台に登ってみたくなってしまい、ヒルクライム開始。
昨日の寒霞渓ヒルクライムの疲れもあるけれど、斜度がきつくて結構大変。
海を見下ろしながら、激坂をゆっくり登ります。


標高差300mのヒルクライム、30分かけてようやく展望台へ。
ついさっき渡り、下から見上げていた来島海峡大橋を、今度は見下ろします。
しまなみ海道の素晴らしさって、自転車で海と島を巡る視点のダイナミックな転換にあるのかもしれない。
たくさんの島と、それをつなぐ雄大な橋。素晴らしい眺めのご褒美。


絶景に見とれていたら強い風に体温を奪われて寒くなってきたので、
レインジャケットを着てダウンヒル。宿に向かいます。

宿の直前でもうひとつ丘を越えて、へとへとになりながら今晩の宿に到着。



屋根つきのバイク置き場があります。


お部屋はこんな感じ。


洗濯機を借りて、ウェアを洗濯。


晩御飯は品数豊富な海鮮料理。


煮付けやお吸い物など、味付けが上品で本当に美味しい!
なかでもナマコのおろし和えが絶品。ナマコがこんなに美味しいとは!

宿のお母さんはとっても優しくて、
美味しい調理の秘訣を教えてもらいました。

今日のルート。


走行距離:36km、累積標高:600m。

いよいよ明日はしまなみ海道を走り抜けます。
Posted at 2017/03/31 21:29:48 | コメント(0) | サイクリング | スポーツ
2017年03月26日 イイね!
せとうちサイクリング2日目「小豆島一周+寒霞渓ヒルクライム」小豆島2日目。








今日は丸一日小豆島を走れるけれど、
寒霞渓までヒルクライムをするのか、島の海岸線を一周するのか、
ライドのテーマが定まらないまま、朝8時に出発。

島を走っていると、民家の壁が独特の色をしていることに気づきます。


よく見ると、木材の表面を焦がしているんですね。


のんびり海沿いのサイクリングを楽しむこと2時間。


途中、大阪城の石垣の石を供給した小豆島の石材産業の歴史を展示する「道の駅 大坂城残石記念公園」に寄り道したりしているうちに、大部の交差点に到着。


ここを直進すれば、海岸沿いを一周するコース。右折すれば寒霞渓に登る道。

さてどうしよう。。。

思っていたよりも天気がよくなってきたので、展望に期待して寒霞渓に上ることに決定。

標高差700mのヒルクライム、スタート。見上げる山が高くて威圧されます。


時々海が見えるヘアピンカーブの連続する道をゆっくり登っていきます。






1時間半かけて山頂到着!


鋭い崖が海を背景にせり出す絶景が、ヒルクライムのご褒美。




ロープウェイは崖の間をすり抜けるように上がってくる。これも楽しそう。


景色を満喫して、コロッケやら大判焼きやらを補給したら、南岸の草壁までダウンヒル。この道からの景色も素晴らしい。

寒霞渓から連なる断崖の連続。


草壁方面の市街地の向こうに見える半島に、壺井栄の小説「二十四の瞳」の舞台となった学校があります。


13時、草壁港に到着。
ランチにイタリア料理店に寄ってみる。


店へと至る路地は、短いけれどすごい斜度の激坂。
重心を前にしないとフロントが浮いてしまうほど。
インナーローで必死にもがいて登りきり、息も絶え絶えになりながら店に着くと、



「本日休業」


・・・・。

涙目になりながら引き返し、草壁港フェリーターミナルの目の前にあるうどん屋さんへ。


肉うどんをいただく。
肉が旨みばつぐんで美味しい!


14時、フェリー乗り場を出発し、二十四の瞳記念館のある田浦(たのうら)半島を目指す。

途中、良い匂いがただよう醤油工場エリアを抜ける。


直売所もいくつかあって、こだわりの醤油が売られている。

田浦半島の道も結構アップダウンが多い。
走っているうちに時間も体力もなくなってきたので、途中で引き返すことに。

田浦半島から内海湾越しに、今日昇った寒霞渓を仰ぐ。


へとへとになりながら16時に宿に到着。

今日のルート。


8時間で72km走り、最大標高700m、累積標高1200m。

海岸線沿いではないけれど、ほぼ小豆島一周(マメイチ)達成、ということで。
明日は高松にわたり、今治まで移動します。
Posted at 2017/03/31 21:27:57 | コメント(0) | サイクリング | スポーツ
2017年03月25日 イイね!
せとうちサイクリング1日目「小豆島 中山千枚田」自転車で瀬戸内海の島を巡る旅に出かけてきました。
(クルマがまったく出てこないお話です。)






初日、4時起床。最寄りのJRの駅まで走り、輪行バッグに自転車を格納。
土曜の早朝の電車は空いてます。


東京駅に6時10分着。輪行バッグかついで駅構内を急ぎ、
6時20分東京発の新幹線に乗車、岡山を目指します。


車内では最後尾の座席の席の後ろのスペースに輪行バッグを置きます。


9時38分、岡山駅到着!


新岡山港まで約10km。自転車で走ります。

10時40分、新岡山港到着!


ここで「せとうちサイクルーズPASS」をもらいます。
自転車でフェリーを利用すると、少しだけ割引になります。


この時点ですでに空腹。
フェリーターミナルで、にゅうめんを補給。


この旅行最初のフェリーはこちら


自転車は人と車の乗船が終わってから、最後に乗り込みます。


船内では船員さんが慣れた手つきで自転車をこのように固定してくれます。


自転車の乗客はどうやら一人だけ。
11:20、いよいよ本州を離れて小豆島へ出発!


1時間10分の乗船時間がもうすぐ終わり、小豆島が近づいてくる頃、
船のデッキに香ばしいごま油の香りが。





「船内の厨房で中華料理??」





と思いましたが、正解はこちら。


小豆島の玄関、土庄(とのしょう)港には、おなじみの「かどや」の工場があり、
いつもごま油の香ばしい匂いがただよっているのでした。

12:30、いよいよ小豆島に上陸。
まず小豆島サイクルステーションに寄ってみます。
ここはフェリーターミナルの正面にあり、コインロッカーや休憩スペース、有料ですが入浴施設もある、サイクリストには便利な施設。


、、、誰もいません。スタッフが常駐しているわけではないようです。
というわけで、パンフレットで道を確認し、すぐに出発。

とりあえず中山千枚田を目指します。

途中、世界一狭い海峡「土庄海峡」を発見。
ギネスブックにも認定されているんだそうです。


緩やかな坂をゆっくり登っていくと、中山地区に到着。

千枚田に囲まれた交差点にたつ「こまめ食堂」に立ち寄り、遅めの昼ごはん。


店内はにぎわっているので、千枚田を眺められるテラス席に座ります。
ってこれ、小学校の机といすの再利用なんですね。


千枚田を眺めながら、ランチ弁当をいただきます。
千枚田で収穫された米で作ったおにぎりが嬉しい。
おかずは品数豊富で、一品一品が本当に美味しい!!


満腹になったところでさらに坂を登って、千枚田を楽しみます。
かなりの急斜面で複雑な地形を切り開いたことが、上から見るとよくわかります。






急斜面の田園を巡るヒルクライムを終えて、
中山千枚田を出発。海岸沿いにある「小豆島オリーブ園」を目指します。

ここは小豆島の名産、オリーブ栽培発祥の地なんだそう。
海を見下ろす南向きの斜面にオリーブ畑。なんだか地中海のようです。


敷地内にある風車に寄ってみます。

曇天のため、まばゆく白く輝く姿を見られなかったのはちょっと残念。

風車の周りでは、ほうきにまたがってひたすら飛び跳ね続ける集団が。。。
異様な光景に唖然としてしまいましたが、こういうことだったんですね。

夕方が近づいてきたので、宿のある土庄に戻ります。
途中、「エンジェルロード」に寄ってみます。
これは、干潮時だけ海面に姿を見せる砂州。
ちょうど到着した16時半は当日の干潮の時刻。

エンジェルロードはしっかりと出現していました。


しかし観光客がいっぱいでよく見えない。。。
ビンディングシューズで湿った砂の上を歩きたくなかったので、早々に退散しました。

日が傾いてきたら結構寒い。宿への道を急ぎます。


17時に宿に到着。
今回お世話になったお宿はこちら。(土庄港に向かうフェリーからこのように見えます。)


フロントの方に相談してみると、自転車の室内への持ち込みはOKとのこと。
(ただし、レイアウト上無理なお部屋もあるようなので、事前相談しておくべきでした。)


部屋の窓からは土庄港が見える。オーシャンビュー(ベイビュー?)ですね。


この宿は露天風呂も海を見下ろす絶好のロケーションで、ほんとに気持ちいいです。

晩御飯は、これでもかというほど、地元の名産が盛りだくさん。
ロングライドで疲れた身体に美味しい補給。


実は、今回が自転車輪行旅の初体験。
「冬の分厚いウェアの洗濯、ちゃんと乾くのか?」と心配でした。
初日は手洗いしたのですが、翌朝にはしっかり乾いていました。

ちなみにこの宿には洗濯機があり、無料で使うことができます。
(洗剤は売店で買う必要があります。)

今日のルート。


走行距離:46km、累積標高:580m。

明日は小豆島一周(マメイチ)か、寒霞渓ヒルクライムのどちらにするか??
Posted at 2017/03/31 20:43:27 | コメント(0) | サイクリング | スポーツ
2016年12月18日 イイね!
南房総サイクリング日曜日、良い気候に誘われて、南房総にサイクリングに出かけてきました。

朝9時の富津館山道路。外気温は6℃。
風がないために冷たい空気が地表近くにたまっているのか、数十mの高さに帯のように薄靄が漂う不思議な光景。
この季節、あちこちで焚き火をしているのだけど、煙が上空に上がらず、地表近くに溜まっています。
鋸山の下のトンネルを抜けると、外気温は12℃に急上昇。やっぱり南房総は暖かいです。

10時に大房岬を出発。


大房岬を出るとすぐに現れるのが崖観音。
崖に貼り付くように建てられた社殿もそうだけど、背景の地層も見事。


那古船形駅の駅舎は良い雰囲気。


道に迷いながら田園の中を抜けると、道の駅「三芳村」に到着。


牛乳カステラをいただきました。


道の駅には、国体のロードレースのコース図が。


さらに走って、次の道の駅、「ローズマリー公園」へ。


千葉県名物?のMAXコーヒーで休憩。
甘くて、ロングライドの補給に最適♪


千倉の瀬戸浜海水浴場沿いの遊歩道を走ります。
冬の海には誰もいなくて、独り占め状態♪


ちなみに川を挟んださらに先、南千倉海水浴場沿いの遊歩道はお勧めしません。
遊歩道に砂が積もっていて、シクロクロス状態に。(^^;)

3つ目の道の駅「潮風王国」。
海産物が人気でにぎわう道の駅ですが、今日はスルー。


近くの漁師料理屋「いちまる」へ。


いちまる丼をいただきました。新鮮な地魚が美味しい!


満腹になったところでさらに走り、野島崎灯台へ。
ここはらせん階段を登って灯台の上に行けるのですが、今日は外から眺めるだけ。


近くにはアロエの花が咲いていました。


さらに海沿いを走り、4つ目の道の駅「アロハガーデンたてやま」へ。


びわ最中とびわゼリーを補給。


伊戸周辺の海岸。
日がだいぶ傾いてきました。


洲崎(すのさき)灯台へ。
この灯台は野島崎灯台と比べると、小さく可愛らしい外観ですが、ロケーションが素晴らしいです。相模灘を眼下に見渡す高台に佇む姿は雰囲気があります。写真では奥に伊豆大島が見えています。


最後の休憩ポイント「渚の駅たてやま」で再びMAXコーヒー♪
ここは海を眺める展望デッキやカフェだけでなく博物館もあって、寄り道して楽しいところです。今日は時間がないのでデッキで休憩するだけ。


もう夕焼けがきれいな時間。


16時に大房岬に戻ってきました。
岬の奥に入っていくと、展望台があります。
ここから、本日初めての富士山が、三浦半島の向こうにかすかに見えました。

今日のライドは6時間で約80㎞。

今日のルート。


ルートラボはこちら。


南房総は、コンビニは少ないですが、道の駅がちょうど良い間隔にあり、休憩スポットになります。
三浦半島と比べると地形が穏やかで、平坦なところが多く走りやすかったです。
ただし、大房岬への登りは、最大勾配約20%の激坂です。

今日の天気は、後半は曇りがちで風が出てきて少し寒かったけれど、田園と海岸を走り、南房総の自然を満喫できた楽しいサイクリングでした。
Posted at 2016/12/21 21:58:11 | コメント(0) | サイクリング | スポーツ
プロフィール
「東京湾岸サイクリング(葛西臨海公園→ゲートブリッジ) http://cvw.jp/b/1315377/38701796/
何シテル?   10/15 21:21
mgyです。 現在は、レヴォーグ(1.6L STI Sport)に乗っています。 以前は、 レヴォーグ(1.6L GT-S EyeSight)、 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
月イチロングライド 9月場所 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 21:00:32
渋峠に登ってみた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/31 15:09:28
しまなみ海道サイクリングロードを行く。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/21 21:15:07
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レヴォーグ 6 Wheel Tourer (スバル レヴォーグ)
STI Sportに乗っています。 ロードバイク積んで、どこへ出かけよう?
その他 ロードバイク モナミ1号 (その他 ロードバイク)
KhodaaBloomの2015年モデル。 初めてのロードバイクです。 ・フレームサイ ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
LEVORG 1.6GT-S です。 3台目のスバル車、初めてのターボ車、初めてのアイサ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
4代目BPレガシィです。 2台目のレガシィ、初のAT車でした。 ビルシュタインの足回りが ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.