車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月01日 イイね!
3回目観てきた『この世界の片隅に』やっとプログラムを入手出来ました♪
無地にタイトルのみのシンプルな装丁。
映画の内容をすでに知っているだけに、無地である事にまたココロが動きます。

3回観てやっと自分の言葉で映画の感想を話せるレベルになりましたが、語ること自体が野暮です。
この映画は、とにかく観てほしい。
ただそれだけ。

それでも、映画の事を話したくて話したくて。
ところが、この作品を語るのは非常に難しい。
セリフのひとつひとつ、カット割り、音の付け方、声優陣の声の抑揚、すべてが研ぎ澄まされて純度高く作り込まれてます。
ストーリーのひとつのエピソードに注目すると全体像が濁り、全体像だけを観てしまうとひとつひとつのエピソードが気になって気になって。
何ひとつ不要なモノがない完全体な作品です。正直、奇跡だと思います。

この奇跡を起こしたのは、やはりアニメーションという表現方法を選択したからでしょう。

いろいろな立ち位置から鑑賞する事ができる作品です。

3回鑑賞し、やはり若い夫婦の絆を強めていく過程からの視点で自分は観ていると気づきました。
戦中から終戦(そして戦後も)を生きた若い夫婦の物語。
戦禍が身近に迫るまでは、わりとほんわかしたストーリー展開ですが、夫婦の視点だとかなりのドラマが展開します。
すずさんの幼馴染が水兵となって登場するくだりは、夫婦の物語として観た場合のクライマックスです。
『すずと駆け落ちしに来ました』と宣言しているような幼馴染の登場と態度。
それに対する夫の対応と、すずさんの選択。
あのシーンのすずさんの艶っぽい作画。

すずさんという女性の生き様としても、自分は鑑賞していました。
絵を描く事が大好きで、いつもボーっとしていると云われるすずさん。
絵の中の空想でリアルな現実とのバランスを保っている女性。
彼女が初めて体験する空襲の際の、高射砲の弾幕と水彩画のモンタージュ。
あの演出には圧倒されました。
その時点では、すずさんはまだ『傍観者』の立ち位置だという現実。
その後、身近な命を奪われ、自身の空想を描く手段を奪われ、否応なく現実に引きずり込まれるすずさん。
追い打ちをかけるように降り注ぐ焼夷弾。
あの時のすずさんが浮かべた大粒の涙が、すずさん個人に焦点をあてて鑑賞した時のクライマックスだとおもいます。

そして、避けては通れぬ戦時という時代設定。
時代設定という大きい俯瞰視点で鑑賞するには、昭和20年8月15日という日の意味を知らなくてはなりません。
終戦の日と云うだけでなく、この国が価値観の相転移を起こした日。
まさに、どこぞの魔法少女が希望と絶望の相転移を起こしたかのように、
この国の明治維新より続く価値観が崩壊した日。
その意味を知らなくては、すずさんのあの日の慟哭の深さを理解できないと思います。
たまたま自分の親は、晴美ちゃんと同世代。
8月15日を境とした価値観の相転移の記憶を体験談として親から聞いていたので、
すずさんの慟哭がココロに刺さってきました。

そして、どんな立ち位置で鑑賞したとしても、地続きで今の自分たちの時代へと続くエンディング。

アニメーションでしか表現できない手段で描き切っていながら、その制作過程は古き日本映画の王道。黒澤明監督や今村昌平監督などの巨匠システム。
監督自らが私財を投げうち正に作品へ血肉を注ぎ込むような執念。
徹底的なリサーチとロケハンによるリアリズムの追求。
更には、アニメーションならではの省略とデフォルメ。
高畑勲監督が『かぐや姫の物語』で行った実験手法の正に完成形。

当然の事ですが
この作品は日本映画史に名を残しますが、その程度で収まらないエナジーを持ってます。
パルム・ドール 金熊賞 金獅子賞
を受賞できるレベルに達してます。

この大傑作に命を吹き込んだラストピース 女優のんさんへ最大の賛辞を贈りたいです。
すずさんはのんで、のんはすずさん。
彼女しかいませでした、この作品に命を吹き込むことができたのは。

Posted at 2016/12/02 00:22:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽/映画/テレビ
2016年11月21日 イイね!
THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-イエモン(お茶じゃない方)の全国ホールツアー。
昔の言い方では「地方公演」
その群馬公演に行ってきました。
地元なので車でチャっと行ってチャっと帰ってきました。

とにかく大感激の大感動。
だって7列目

いままでこんなにステージの近くでコンサートみたことありませんでした。
爆音の中で大満足の2時間でした♪


   




Posted at 2016/11/21 23:00:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽/映画/テレビ
2016年11月19日 イイね!
自分の文章力の無さを痛感します。

この作品の良さを伝えたい!
って気持ちが沸き起こるのに、ソレを伝えきれない。
言葉にまとめられません。

2回目は、かなり自分の感情をコントロールして冷静に作品を分析しようとしましたが、やはりダメ。
沸き起こる感情を抑えきれませんでした。

すずさんが生きているんですよ。
アニメーションとして描かれた人物なのに、生身の人間としてそこに存在しているンだもの。
まさにひとりの女性の半生を、彼女と共に歩んでいるようです。
その後のすずさんの人生も、共に歩むように体験したいと熱望しています。

作品に対して全く非の打ちどころがないので、別な処に不満を。
パンフレットが欲しいのに完売。早く増刷して下さい!!
県下にたくさんシネコンがあるのに上映館は一か所。 なぜ!
もっと上映館を増やしてもっと気軽に観に行けるようにして!!
少し遠出をしても観に行く価値のある作品なんだけど。



Posted at 2016/11/19 01:56:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽/映画/テレビ
2016年11月16日 イイね!
『この世界の片隅に』感動したとしか表現できません。
只々、感動しました。
ここまで感情を突き動かされるなんて。
鑑賞後、数時間経ってるのに、涙腺がまだ閉じずに涙が滲んできます。
身体の力みも抜けてしまい、なんだかフワフワしたままの状態。
人生を変える1本

この自分の想いをどう表現したらよいか、、方法が見つかりません。
あえて対比で表せば

良作に恵まれた今年の日本映画界。
若さが眩しいばかりに輝いてた『ちはやふる』上下
虚構と理想の意欲作『シン・ゴジラ』
宮崎あおいの演技力に圧倒された『怒り』
自分らの世代にはノスタルジーの感動な『君の名は。』

これらの良作が束になっても『この世界の片隅に』にかなわない。

間違いなく『火垂るの墓』を超えている。

『火垂るの墓』に宿っている隠れた作家性(イデオロギー)がこの『世界の片隅に』はない。
最後までヒロインのすずの生きる世界(社会・世間)での物語に集約することで、この作品は地域・社会・民族を超えた普遍性を持ってます。

主人公すずの声を演じた能年玲奈(のん)の、声の演技が神憑ってます。
彼女しかこのヒロインの声を演じられない。
『怒り』での全身全霊の宮崎あおいの演技を、声の演技だけで彼女は超えてきた。


昨年の『マッドマックスFury Road 』は、総合芸術としての映画の、最高到達点だと思います。
この『この世界の片隅に』は、映画文学の最高到達点に届いていると、自分は思います。


凄惨で、困難だけど、
逞しく、優しい、仄かな希望の道筋を描いて幕を下ろしたこの作品。
すずさんの『右手』が、自分のココロの一番弱いところを優しく看てくれた気がしました。

Posted at 2016/11/16 15:58:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 映画鑑賞 | 音楽/映画/テレビ
2016年11月03日 イイね!
ひさびさに本気の洗車本格的に寒くなる前に、いちどフル工程の洗車です。
今回から今まで使っていたコーティング剤から新しいコーティング剤に交換。
施工する前までは『余り変わらないだろう』と思ってましたが、実際に塗布してみると、かなり仕上がりに違いがでました。
塗布する前の液剤自体がすでに全然違って、濃度濃いぃ~感じでした。








お昼過ぎから北風が吹き始めたので午前中に作業が終わって良かった。
仕上がりも予想以上にいい感じ。
これで謳い文句通りに9カ月効果持続してくれればなお嬉し。
ま、今年はもう一度、スキーキャリー載せるときに追加施工する予定なので、厚塗り効果に期待♪
Posted at 2016/11/03 13:47:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「まさかの積雪予報… 大事をとってタイヤ交換」
何シテル?   11/23 07:52
基本的に『インドア』で出不精です。 でもじっとしていられない性質なのでアウトドアします。 長時間の寝貯めが出来るので、 活動期と充電期がはっきりしています...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
車の事を詳しくないくせにインプスポーツとパジェミの2台体制です。
いろいろ教えて下さい。
60 人のお友達がいます
たかまる。たかまる。 * 麺吉麺吉 *
しょうたろう(michael-R4)しょうたろう(michael-R4) * チェロ.チェロ.
ミルキーウェイミルキーウェイ hoshino@BL5Dhoshino@BL5D
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
BP5からの乗り替り。中古購入。 基本、(自分の物差しでの)ノーマルで乗る予定。 すぐに ...
三菱 パジェロミニ スキッパーX 4WD 5MT (三菱 パジェロミニ)
登山道入り口までのアプローチ用という目的で購入。 実際手元に届くと1/1のおもちゃのよう ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
思い出がいっぱいつまった愛車です。 この車で弄ることを知り、このサイトを知り、大勢の友達 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.