• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

甲斐右衛門のブログ一覧

2006年01月31日 イイね!

心を開いてくれない

仕事終了!
さぁ~ 帰るぞ。
マック終了!
終了… 終了? 終了???
って終了しようとしまま固まっている。。。


あぁ~ なんてこった。
フリーズなんてまずないのに、帰ろうとするときに限ってあるんですよね。
新しいG4はリセットが無いので電源を切って強制終了しかありません。
てな訳で電源ボタンを押し続けます。
押し続けると強制終了となるので。

押す、押す、押す…
さてこんなに長くおさなくちゃいけなかったっけ?
そんな訳はない!
どうしよう。。。
以前の会社のマックだったらコンセントを抜くという荒業で回避したんですけど、
まだ入社したばかりの新米の僕にそんな事が出来るわけがない。

どうしょうもないので、隣の先輩にヘルプを出した。

甲斐「電源が落ちないんですけど、どうしたらいいんでしょう?」
先輩「ボタン押し続けてみた?」
甲斐「はい、指が折れそうになるほど」

今度は先輩がボタンを押してます。
先輩、やっても無駄ですよ。
と心の中でつぶやく。

先輩が五秒ぐらい押し続けたところで、
プシューン(マックが落ちた音)
ってなんで、落ちるんだよ。
僕がどれだけやっても落ちなかったのに。。。

く、情けない。
まだマックは僕に心を開いてくれていないのか。。。
Posted at 2006/01/31 22:47:12 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2006年01月30日 イイね!

明日があるさ

♪明日がある 明日がある
♪明日があぁるぅさ~


そうさ、僕には明日がある。
まだ明日がある。
明日はまだ31日。
まだ1月だ。
明日やろう(爆


♪明日がある 明日がある
♪明日があぁるぅさ~
Posted at 2006/01/30 23:09:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2006年01月30日 イイね!

創作シリーズ 「この道の先」 後編

友達の自転車は自慢するだけの事はあって走りやすい。
前後サスペンション付きの12段階切り替えのマウンテンバイクだ。
ギアを変える為に手元を見ながら運転する。
ギアを切り替えて、前を向き直すと、またあのレンガの道に入ってしまっていた…

いつの間に入り込んでしまったのだろう。
全くわからない。
しかも、ここで引き返せば、よかったのだがなぜかまた進んでしまう。

木々に囲まれたレンガの道を自転車で軽快に走っていく。
この先どうなるのかもわからないのに、ともても気持ちよくすがすがしい。
そして、またあの池が見えてきた。
その瞬間、ハンドルを取られて思いっきり横転してしまった…


気を失ってしまっていたのか、気付いた時は仰向けになって自転車に潰されていた。
そして、いつのまにか星も出ている。
こんなに綺麗な星ならいつまでも眺めていたいものだ。
自転車越しに見える星は本当に綺麗にみえる。

さて、このまま寝転がっている訳にもいかないので、自転車をどけて立ち上がろうとすると、足に痛みが走った。
どうやら、横転した時に足をひねったようだ。
まぁ、たいした事はないから問題はない。
また、来た道を戻っていこう。
友達に借りた自転車を起こしてまた走り出す。
この先は恐らく自分の知らない町だろうと感じながら。

真っ暗なレンガの道を自転車で軽快に走らせていく。
2~3分も走ったところで、もう町の明かりが見えてきた。
やっぱり、自分の知っている町じゃない。
でも、今度は町まで行ってみよう。
この町がどこなのか調べてやろうじゃないか。
そう思ってレンガの道を走っていると前から人影が
「そこで何をしている!」
いきなり怒鳴られてしまった。

別に悪い事をしている訳ではないのだが、思わず逃げ出してしまった。
逃げた方向は、池の方向。
すごい勢いで自転車を走らせる。
追ってきているかどうかも解らないがとにかく必死で池に向かっていく。
池が見えてきた、そこで自転車のチェーンが外れ横転しそうになった。
もうこの先は予測ついている。
そう、これでいいのだ。
これで…

次に気付いた時は、日中の明るい池の前だった。
直感的にいつもの世界に戻ってきた事を感じとれる。
もう、ここに関わるのは辞めようと思った直後、自転車が無い事に気付いた。
もしかしたら、向こうの世界に置いて来てしまったのか。
あれは、友達の自転車だしそのままにしておく事はできない。
そう思い、もう一度向こうに行く事を決意した。

今までは偶然?にも気を失って世界を行き来できていたが、今度はどうしたらいいだろう。
どうしていいかわからず、池に飛び込んでみた。
池の水は冷たく、とても綺麗だ。
そして思ったよりも深い。
どんどん、深くまでモグっていく。
これでも、小学生の頃水泳を習っていたから泳ぎにはちょっと自信があったのだ。
どれくらいもぐっただろうか、全然底が見えてこない。
っていうか、こんなことをして向こうの世界にいける保障はどこにもない。
なんて、思っていると息苦しくなってきた。
当たり前だ。
ドンドン上に向かって戻っていくが全然上が見えてこない。
本気で苦しくなってきた。
もう駄目だ…


ふと気付くと池の岸で水に浸かりながら仰向けになっている。
やはり星が綺麗だ。
夜って事は、向こうの世界にこれたって事だろう。
早速立ち上がって辺りを見渡すと自転車が転がっていた。
あぁ~ よかった。

もうこっちには用事はないこの自転車を持ってもう一度池にもぐろう。
そう思った所で、後ろの方から人の気配を感じた。
「お前そこで何をしている。」
「意図的に地下世界からこちらに来ているのか!」
何を言われているのかもよく解らず腕を捕まれ注射のような物を打たれて、その後は…




いつからここにいたのだろうか。
気がついた時は、慣れたベッドの上だった。
そう、全てが夢だったようだ。
あのレンガの道も、向こうの世界も。

しかし、全てが夢だったのだろうか。
実はそうは思えないのだ。
一体どこまでが事実で、どこからが夢だったんだろう。
そう思わせるぐらい鮮明に色々と覚えがある。

まぁ、何にしてもいつもの家にいるのだからよかった。
今度こそこれで、終わった。
夢であったか、事実であったか解らないが、そんな事はもうどちらでも良い。
いつもの日常がここにはあるのだから。

足を少し引きずりながら、会社へと向かっていった。。。






※す、すんませんでした。
こんな面白くも無い文章を読ませてしまって。
実はこれ、ある程度は実話なんです。
そう、夢をみたんですよ。
ある道を通っていくと違う日常がある夢を。
そして、友達の自転車を置いて行ってしまった話も夢の中でちゃんとありました。

なぜそんな夢をみたかは、おそらく「どうぶつの森」の影響があるような気がします。
あのゲームで通信を使うと友達の村にいけるというシステムがあるんです。
恐らくその影響ではないのではないだろうかと(笑)
Posted at 2006/01/30 00:29:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2006年01月29日 イイね!

創作シリーズ 「この道の先」 前編

会社帰りいつものように気だるそうに最寄り駅から駐車場に向かっていく。
あぁ~ 今日もつかれたなぁ~ 見上げれば星空。
今日も星が綺麗だ。

空を見る為にあげていた頭を下ろして前を見ると、いつの間にか知らない道に迷いこんでいた。
ここは近所だ、知らない道なんてあるわけがない。
ところが、この道は全く見たことがなく、どこまでもまっすぐ続いている。

いったいこの道はどこに続いているんだろう?
戻った方が懸命なのだろうが、探究心に駆られて駆け足でその道を進んでいく事にした。
そこの道は回りは木々で覆われていて山道のように思えるが、どういうわけか綺麗なレンガで道が出来ている。
一体誰がなんの為にこんな道を作ったのだろう?
まぁ、そんな事は置いておいてとりあえず、この道の先が知りたい。
どれくらい来ただろうか、足も疲れてきた。
もう引き返そうかなと思い今一度目を凝らして前を見ると、池みたいなものが見えるじゃないか。
疲れきっているはずなのに、駆け足でそこに向かっていく。
と、そこでなぜか意識が朦朧としてきて気を失ってしまった。。。

次、目覚めた時はもう日もあがっていて明るくなっていた。
目の前は池だ。
一体ここはどこなんだろう。
そう思いながら昨晩来た道を戻っていく事にした。
帰りの道は結構早く感じ10分ほど歩いたところで木々が少なくなって町並みが見えてきた。
え、ここはどこだ?
自分の知っている町じゃない。
そんな訳はないのだが…

ほとんどパニック状態におちいり来た道を走って戻っていく。
池が見えてきた。
そこで、また意識が朦朧としてきて気を失ってしまった…


次に気づいた時には仰向けになって池の前で倒れていた。
空には綺麗な星空。
問題は解決したわけじゃないが、もう一度その来た道を戻ってみることにした。
今度はやたらと、このレンガの道が長く感じる。
いや、実際長い。
これは、おそらく来た時と同じ距離ぐらいだと判断し、何となく元の町に戻れるような予感がしていた。
足も疲れて、精神的にも疲れてきたせいか無意識で歩いているうちに知っている町並みにたどり着いていた。

一体あれはなんだったんだろう。
一体どこからあの道へ入ってどこにたどり着いたのだろう?
そんな謎を残したまま疲れたので床につくことにした。

そして翌朝、友達が自転車を購入したというので早速試乗させてもらうことにした。
もちろん、昨日の出来事を忘れた訳じゃない。
ただ、考えても仕方がないし普段の生活に戻れているのだから問題はないだろう。

後編へ続く…
Posted at 2006/01/29 21:36:56 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2006年01月29日 イイね!

かっこいいねぇ~

叔父さん「そのトラック甲斐ちゃんの?」
叔父さん「かっこいいねぇ~ 何ていうトラックなの?」
甲斐「え、エスクードです…」

と、トラック?
まぁ、そんな事は聞かなかった事にしてかっこいいねぇ~ なんて言われてしまった。
うれしいぃ~
まぁ、車をあまり詳しくない人ですししかたないですね。

都合の悪い事は忘れてしまうのが一番です。。。
Posted at 2006/01/29 19:22:10 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今夜の焼き肉の焼く順番を思考中・・・」
何シテル?   06/20 08:20
今、今後を左右する大きな分岐に立っている。 損得勘定抜きにして、全力で挑んでいこうと思う。 全力の結果、出た道が正しい道だと信じて。。。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード スズキ エスクード
乗り心地は良くないっすけど、扱いやすい最高の相棒です。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.