• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Tomo.K@青い三連星のブログ一覧

2015年05月28日 イイね!

チャレンジ!八草の滝(ハソノタキ)

チャレンジ!八草の滝(ハソノタキ)和歌山県では日本の滝100選に選ばれている滝は3つ。

・那智の滝
・桑の木の滝
・八草の滝

これらは3つとも訪問済みなのですが、那智の滝は言わずも知れた名瀑で、桑の木の滝も魅力のある、素晴らしい滝なのです。

那智の滝

桑の木の滝

しかし八草の滝はなんで100名瀑に選ばれたの?等々、酷評が多い地味な滝なのです。遠望でしか見れない、水量が少ない(枯れている時すら・・・)等、個人的にも滝云々よりも周りの景色と合わせて・・・と言う評価でした。そんな八草の滝は和歌山で最も有名な観光地の一つ白浜町(旧日置川町)にあるのです。

最近、八草の滝を調べていた所、カヌー以外で滝本体に行く方法がある模様で、これは行くしかないでしょー!と再訪問する事に致しました。

展望所より八草の滝です。ん~~~よく見えないなぁ・・・。

ズーム!!滝を確認!水は枯れてませんね!それではあそこを目指していざ出陣!

展望所より日置川下流に行くと、↑のように久木橋と言う橋があり、左手にある林道を進んでいくと八草の滝に行けるとの事。

林道は100mくらいまでは車でも入れそうですが、未舗装路なので、橋の手前の道の広めな場所に駐車し、徒歩で入っていきました。

右手に日置川を見ながら、テクテク歩いて行くと、このような手掘りのトンネルがあります。

トンネルよりすぐ三又路?があります。わかりにくいですが、一応上、中、下に分かれています。

事前に調べていたので・・・。一番はっきりしている道である上のルートだと八草の滝がある谷とは違う谷へ向かってしまう模様。

わかりにくい真ん中のルート(小さい水路アリ)を行くと、鍋津呂滝と言う滝があるらしいので、まずはこちらから・・・。

水路上を歩き、ひたすら進んでいきます・・・。5分ほど歩くと滝に到着です。

鍋津呂滝です。人工のような壁より流れ落ちる滝です。自然でこのような形の岩ができるのもまた不思議ですね。平ぺったい岩肌を水が流れていくのが魅力的です。落差は5mの小さな滝ですが、水量も多くなかなか良い感じです。

この滝の近くに祠があったり、信仰のある滝なのでしょう。

さて鍋津呂滝を後にし、八草の滝に向かう事にします。先ほどの三又路に戻り、下ルートより、進んでいきます。

鍋津呂滝の下流ですね。日置川と合流している部分ですが、渡ってこの先を進みます・・・。

とりあえず、濡れる装備でもないので、川に大きめの石を置いて行き、足場を作りました。無事に川を渡る事ができましたと・・・。

テープを頼りに先へ進みます。至る所にテープが貼ってるのでややこしいのですが・・・あくまで日置川沿いを上流に向かって進みます。

道はこんなんです・・・。昭和30年代くらいまでは生活道として使用していたようですが、今となっては・・・。滑り落ちると、そのまま日置川にドボンです。死にはせんでしょうけど・・・。少々危険個所もあるので、慎重に進みます。

歩きにくい、川沿いの道を10分ほど歩くと、少しだけ山の中に入って行く形となり、このような橋があります。この橋を渡って、枯れた川を上流に向かって進みます。

枯れた川を進んでいくと、水の音が聞こえてきます。滝はすぐそこですね!

八草の滝に到着しました!カヌーでしか行けない場所と思っていましたが、なんとか滝本体に出会う事ができましたね。

岩を登って滝壺前より・・・。落差22mと言うはずなんですが、絶対それよりは高いと思います。倍はあるんじゃないかなぁ?

角度を変えて・・・。水量は多くは無いですが、赤茶けた岩肌を流れる白い水が良い感じですね。

静かに流れる繊細な印象の滝なので滝壺は浅く、小さいです。雰囲気は良いですね。

と言う事で八草の滝を満喫しておりました。そこそこ苦労して来た分、感動度がプラスです。間近から見た八草の滝は豪快さは皆無で、他の2つの滝とまったく違うタイプの滝でした。

さて・・・来た道を帰るのか・・・と、慎重にとっとと戻りましょう!!少々慣れた分、戻りは早い感じで、無事に車に到着しました。

八草の滝は遠望よりも間近で見た方がやっぱ良いですね。他の滝にも言える事ですがね。なぜ100選?と言うのはとりあえず無くなりました。100選ってのは別にベスト100って言うわけでもありませんしね。ちょっとした目安・・・と個人的には思っています。

その後は高野龍神スカイラインを使用して帰りましたが、道中、高野町の大滝へ寄り道をして、帰宅しました。


追記・・・八草の滝への三又路で、作業着の人と出会いましたが、話をしてみると、この辺に道を作ると言う計画があるらしい・・・。需要あんのかね?と僕もその人も疑問状態でしたので、できればこのまま残していて欲しいものです。あくまでまだ計画中って話でしたがね。
Posted at 2015/07/08 20:20:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 登山/ハイキング | 日記
2015年05月19日 イイね!

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 8

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 8三滝渓を満喫し、お次に向かったのは日本の滝100選に選ばれている、雨滝です。雨滝付近も滝が多々ある渓谷で、11年ぶりの訪問となります。雨も一応止んでいる状態でしたし、これからお天気は回復予報、三滝渓より良い状態で巡れるかなぁ・・・なんて思ってました!が結果はもっとひどい状態でした・・・orz

一応雨滝駐車場に到着しましたが、道中霧がどんどん濃くなり、現地は超濃霧です。

カメラ気を使うなぁ・・・と思いつつも三滝渓の時は後悔したし、この状態だとスローシャッターは確実!三脚を装備し、いざ雨滝渓谷内へ!

渓谷内に入ると、まずは布引の滝が見えます。この滝は湧き水が流れ落ちているとの事で、水量に変化はあまり無いらしい。落差は25mほど。女性的な滝ですね~。

佛谷の滝です。布引の滝より少し進めば橋がかかっていて、橋の上から三脚を設置しパシャリ。滝と言うほど落差も無いですが、この水の流れ、好きです。

そして日本の滝100選に選出されている雨滝です。落差は40mの直瀑で、布引の滝と比べ男性的、豪快な滝です。濃霧の為に霞んでますね・・・。これはこれで絵になりますが、こういう雰囲気だと、ちょっと怖いです。

雨滝前、橋の上から霧がマシになった瞬間を撮ってみました。滝壺の前にも行けますが、濃霧等々でなぜか行く気になれませんでした。この角度の雨滝はベストショットかな~。

さて、橋を渡って、奥に行けば、筥滝にも行けるのですが、なんせ霧状の雨と濃霧状態・・・。大丈夫とは思いますが、先に進む気も起きなく、ここで引き返しました。

車に戻って、カメラを拭き拭き・・・。エアコンをつけて、しばらく水気を取りつつ、自分自身もちょいと休憩・・・。ヤフーナビを自宅にセットし、ここより気の向くままの寄り道をしながら・・・って感じで行こうかのぅ・・・。

濃霧・・・全然晴れてこないぞー!フォグランプが役に立つシチュエーションです。さて家に向かって出発!!

鳥取市中心部よりR9に戻って、福知山方面へ走っていくと思いきや、ナビは新温泉町周辺よりR9に入る、山越えルートを進めてくる。ほぅ・・・ショートカットか!と思いつつ、ナビの言う通りに走っていくと、かなりの険道でした。上の写真は雨滝渓谷から少し行った所の広い箇所で濃霧じゃあ!と言う証拠に撮ったんですが、この先は濃霧+狭路、岩石落ちてる状態だの、ガードレールなしの下は雲海?状態箇所、離合不能状態だの、HAHAHA!なかなか愉快な道じゃあないかぁー!

慎重に車を進めていき、険道区間を脱出しました。かなり時間かかったと思いましたが、10分ちょいくらいで行けてた模様・・・。対向車がいなくて良かった。

道もマシになり、霧もなくなった頃、横尾の棚田と言う看板があったので、棚田をパシャリ・・・。この後、無事にR9に出る事が出来ました。

道はともかく、ショートカットはできました。いったん鳥取市内に戻ってぐるっと回ると結構時間かかりますからねぇ・・・。でも次も・・・って言われるとちょっと考えます。対向車きたら、濃霧の中のガードレールなしでバック・・・となると死ねそう^^;

さてR9をひたすら福知山方面へ走っていきます。香美町でローソンにより、小腹がすいたので、とりあえずドーナツと飲み物・・・wその場で食べず、そうだ滝の前で食べよう!と思い・・・。

ここに立ち寄りました。日本の滝100選の猿尾滝です。兵庫県で4つあるうちの一つですね。R9猿尾滝口交差点より2,3分で到着します。

上段39m下段21m合わせて60mの段瀑です。上段の岩肌が仏様に見えたり、マリア様に見えたりと言う事です。名前の由来は下段の滝が猿の尾っぽに似てる事からだそーで・・・。この滝前でドーナツ&朝に買っていたカロリーメイトを頂きまーす!

猿尾滝にはこんな日でもチラホラと観光客が来られて、挨拶もすれ違うたびにしてましたね。三滝渓も雨滝もお一人様だったのに・・・。

お腹も満たされ、滝巡りもしつこいくらいやって、さてさてまた車を家路に向かって走らせますか・・・。空も晴れ間が増えてきて、お天気も回復!道の駅ようかに到着した時には暑くなってまいりました。さてここより新しくできた北近畿豊岡自動車道があり、舞鶴若狭道まで一気に行って帰るかどうしようかなぁ~と思いつつ、和田山ICで降りて、何を思ったか、ハイドラ竹田城CP取る為、ちょいと寄り道・・・。竹田城CPを取るには駐車場まででは取れなく、ここより徒歩で・・・だったので、めんどくさくなり、諦めましたw

と言う事で、竹田城が見える所で記念撮影・・・。竹田城はかなり観光客でにぎわってました。

もう見るとこは無いな~と思い、姫路方面へ車を走らせ、山崎IC付近のマクドで腹ごしらえ、その後は播但道に入り、姫路バイパス、加古川バイパス、第二神明、阪神高速を使って、車中泊2泊3日、約1500km走った旅も終わりました。ん~滝巡りに城巡り、満喫ですね~!宝くじとか当たったら毎日こういう事をしていたいものです・・・。
Posted at 2015/07/06 01:45:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 長距離 ドライブ/旅 | 日記
2015年05月19日 イイね!

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 7

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 7道の駅かわはらにて、小鳥のさえずりで目が覚めた・・・。朝の5時前である。雨はあがっているが、正直、空模様はいつ降り出しても・・・と言う状態である。
まずは朝の身支度をし、ファミマにて、ドーナツと野菜ジュースを購入・・・。もうコンビニドーナツ生活である。カロリーメイトも購入し、いざ出発!
道の駅からすぐの所に河原城があったが、目もくれずに三滝渓へ向かう・・・。河原城は復元?されたばかりの新築の鉄筋城のようです。まぁいずれ行く事があれば・・・。

三滝渓に向かっていると、雨もポツポツ・・・、なんか霧も濃いみたいやし、大丈夫かなぁ~と思いつつ・・・とりあえず林間駐車場に到着しました。上の写真の場所です。

ここからは徒歩なのですが、小雨が・・・。しばらくやむかなぁ~と車内で待機してましたが、やむ気配もないので、傘をさしていざ出発!三滝渓はちゃんとした遊歩道となっている模様なので、危険個所は無いようです。小雨だったので、機動力重視で一眼(E-300)を置いておいて、コンデジ(F100fd)+スマホでがんばりました。

駐車場からすぐの所にある、夫婦滝です。三滝渓付近は大小様々な滝があるようです。

夫婦滝前の橋をくぐって銚子ヶ渕です。小雨なのでスマホで撮影・・・。

三滝渓の施設やコテージ前をテクテク歩いて行くと、吊り橋への→看板があるので、それに従って進みます。

遊歩道入口前にある看板を読む・・・。とりあえず色々と滝があるようですが、吊り橋から見える千丈滝を目指します。

遊歩道はこんな感じ・・・。この後にそこそこ長かった木の階段ゾーンがあったりしましたが、階段ゾーン以外はわりと平坦な道のりです。

と言う事で一気に吊り橋です。下を覗くとかなり高さがあります・・・。さてさてこの吊り橋から右を見ますと・・・。

千丈滝が・・・!落差80mを誇る大型の滝です!いやはや~写真じゃあこの迫力はまったく伝わりません・・・。千丈滝の左上は横谷の滝がありますが、木々で見にくいですね。確かに百選に選ばれてもおかしくない、貫録のある滝です。

吊り橋から下をのぞき込むと・・・うへぇ!たけぇ!千丈滝のすぐ下にも滝がありますね。

吊り橋より下流側を撮ってみました。濃霧です・・・。でもこれはこれで幻想的ですね。ど早朝で山奥におひとり様なので、ちょっと怖いです。

コンデジ&スマホで色々と千丈滝を撮っておりましたが薄暗かったので、感度的にも一眼のが楽だった・・・と置いてきたのを後悔。まぁなんとかそれなりに綺麗に撮れたかなぁ~?と思いつつ、三滝渓、千丈滝を後にしました。ちなみに吊り橋の奥は通行止めですが、その先は千丈滝の上流へ通じている模様で、まだ滝があるそうです。でもあくまで通行止めなのでね~小雨だし・・・。

三滝渓、千丈滝&横谷の滝は見ごたえ十分でした!前日にスマホで調べるまでは知らない場所でしたが、まだまだ色々と良い滝があるもんですね。

Posted at 2015/07/04 00:48:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 長距離 ドライブ/旅 | 日記
2015年05月18日 イイね!

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 6

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 6八重滝を後にし、R54を広島方面へと南下を開始した。行先は広島県三次市にある日本の滝100選の一つ「常清滝」です。
中国地方でもっとも落差のある滝だそうで、その高さは126mとの事。それはそれは・・・楽しみですね。
さてさて、R54はなかなかの快走路で、信号もほとんどなく、気持ち良く走れます。R54より県道62号を右折し看板を頼りに、7㎞ほど走って到着!八重滝よりだいたい50分ほどでした。

駐車場から歩いて行くのだが、雨がぽつぽつとちょこっと落ちてきたり、またやんだりと、いつ降り出しても不思議ではない状況でしたので、とっとと行きます!

400mの遊歩道を歩いて行きます。ここの公園?キャンプ場もあったり、アウトドアを楽しめる施設となっている模様です。

早足でテクテク歩いたので、常清滝にとっとと到着!落差126mはだてじゃありませんね!水量はそんなに多い滝ではないので、滝壺は小さいです。
常清滝は3段瀑でそれぞれ上段が荒波の滝(36m)、中段が白糸の滝(69m)、下段が玉水の滝(21m)と名付けられている。

角度を変えて下から撮ってみました。見上げると首が痛くなりますね~。

滝前から展望台に移動し、常清滝を眺める・・・。木々で全景は見れませんが、相当な落差があると確認できます。

中国地方でNo.1の落差を誇る常清滝を満喫後、雨も心配だったので、とっとと車に戻りました。

さてここよりどーしよ・・・。まずは腹減ったと、R54を松江方面に走らせ、道中のコンビニにてまたドーナツと野菜ジュースを頂き、色々と寄り道・・・矢入大滝って滝を探したり・・・見つかりませんでしたが^^;

とりあえず松江まで戻って参りました。松江市内で給油をし、とりあえず、どうしようかなぁ~と考えた結果、鳥取へ戻る事にしました。天気は本格的に雨降りになり、道の駅でお土産を買ったり、仮眠したり~、夕方くらいに鳥取市内に到着!

まずは・・・、夕飯として、R9沿いにあったつけ麺屋にて食事を取り、その後、鳥取ぽかぽか銭湯と言うスーパー銭湯にて一日の汗を流し、ハイドラの鳥取城址CPと鳥取砂丘CPを取ってから、砂丘の駐車場にて、明日はどうしよう・・・とスマホで作戦を練る。

鳥取市内で滝と言えば、三滝渓と雨滝渓谷の二カ所が有名な模様。雨滝には11年前に訪問している。三滝渓の存在は今、初めて知った・・・。三滝渓をスマホで若干調べた所、何故滝100選に選ばれなかったのか?と言う感想が多かったので、まず決定!三滝渓を見た後、雨滝にも行って、そのままR9を使用して帰ろうかな・・・と言うざっくりとした計画を立てた。

と言う事で、三滝渓に一番近い道の駅かわはらに行き・・・雨が止む事を願ってzzzzz・・・。
Posted at 2015/07/02 01:08:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 長距離 ドライブ/旅 | 日記
2015年05月18日 イイね!

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 5

運転しっぱなし!鳥取と島根と時々広島の旅 5龍頭ヶ滝より八重滝へ、ヤフーナビをセット。市道?を走り、そして県道283号を経てR54に、そこから松江方面へ北上すると、八重滝の看板があり、右折する。

右折後、1分ほど走ると八重滝の駐車場に到着!国道からすぐの所に八重滝の一つ猿飛滝の看板があったが、とりあえず帰りに見よう・・・。さてさて龍頭ヶ滝よりだいたい20分くらいだったかな?近いですね。


上の写真、駐車場より1.1㎞の遊歩道を歩く・・・。片道35分ほどのようです。ではでは行きますか~。

駐車場より遊歩道へ入っていく、橋の上から川をパシャリ・・・。カジカガエルの声が聞こえてきてとても心地良い。

八重滝の一つ、滝尻滝です。写真を撮るにはこの位置からしか無理かなぁ~。

遊歩道はそのまま滝尻滝の上を通り、本格的に渓谷内へと入っていきます。赤目四十八滝に雰囲気は似てるかな?しばらくこんな感じな渓谷内を歩きます。

紅葉滝前にて案内図の看板がありました。渓谷内も後半戦に突入しているようです。この段階では短い道のりの赤目四十八滝と言う感じ・・・。

紅葉滝です。滝と言うより、渓流瀑ですね~。

河鹿滝・・・。

姥滝・・・。

姫滝・・・。

八重滝の残りの二つは八塩滝と八汐滝・・・。

おおぅ・・・!最後の最後で逆転満塁ホームランと言う感じでした!上の段が八汐滝、下の段が八塩滝だそうで、総落差40mの段瀑です。もうちょっと高い感じもしますが・・・。水量、幅等大型の滝で、いやはや・・・良い滝に会えましたね!!
渓谷美も好きですが、やっぱ大きい滝があると無いとでは満足度が違います!八重滝・・・恐れ入りました。

高度を上げた展望所より、ズームで八汐滝。迫力ありますねぇ~。

そして下段の八塩滝・・・。下から見る、上から見るのとでは、表情もまた違いますね。

最後の八塩滝八汐滝コンビをしばらく満喫した後、来た道を戻るのでした。

帰り道は思ってるより早く帰れる感じでした。駐車場に戻り、次はどこに行こうかな~。R54は南へ行くと広島に抜けれるようですが・・・。そういや~3月に広島方面へ行った時、案として出た広島の日本の滝100選である「常清滝」は確か広島市より北側に位置する三次市にあると言う事だったよーな・・・と思い出し、ヤフーナビでセットしてみると、八重滝から50㎞程度の道のり。これは行くしかないでしょ!と思い、広島県三次市方面へ向けて出発するのでした。


あっ・・・最後に八重滝の一つ目の滝である猿飛滝を見なきゃ!

コンクリートで固められていたりして、とっても残念な感じの滝でした・・・。
Posted at 2015/07/01 01:33:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 長距離 ドライブ/旅 | 日記

プロフィール

「鈴鹿サーキットへ見学に行く! http://cvw.jp/b/132644/40483730/
何シテル?   09/27 01:55
滝、歴史的建造物など綺麗な所、スゴイ所を見に行くのが結構好きな人。走り出すと止まりません。 政治経済~オタクの話まで適度にこなします。ただしマニアック...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

滝部活動 
カテゴリ:滝リスト
2009/07/08 18:35:23
 
SHINOBI NINJA TOOL 
カテゴリ:素材
2007/06/01 10:24:28
 

お友達

【お気軽に】滝部活動【どうぞー】
85 人のお友達がいます
おやっさ~んおやっさ~ん * ヒロ@SUZUKIヒロ@SUZUKI *
HAKUHAKU * こば@銀枠息子こば@銀枠息子 *
龍壱@かよキチ龍壱@かよキチ はやけんはやけん

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
三代目スイフトスポーツは先代を正常進化させた感じで、大人のスポーツと言った印象な車です。 ...
スバル プレオ スバル プレオ
初愛車のスバルプレオLS。フルエアロのお買い得?モデル。 スバルEN07エンジンは音が ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
二台目の愛車の二代目スイフトです。JWRCでの活躍は結構有名!?絶対的なパワーはないエン ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.