車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月18日 イイね!
東京オートサロンに行く新年開けて早くも18日が経ってしまった。この間正月だと思っていたのに😦

14日に東京オートサロンに行ってきました。


14日の未明には雪が薄らと路面に積もり、-7℃の寒さ

新幹線で東京オートサロンへ、幕張と海浜幕張とは違う駅なんだね、同じかと思ってた。海浜幕張の駅で降りて改札でゲートが開かず恥をかきました( ˊᵕˋ ;)



新幹線🚄も東京駅でもこの桜井日奈子があちこちに、今年のトレンド女優になるのか

オートサロンですが事前勉強を前回に続き、しなかったので、どこに何があるのか解らず(><)仕方ないので順序よく端から廻る。



ある程度、見る、撮る車種をキメないと広過ぎて1日では見学出来ません。
今年は旧車をメインとして歩いてみた。

レクサスRCF GT3

カーボンですか



ここには人が多かった





シビック出ましたね、オートサロンで初公開
このカラーがまたオッサン好みな渋いです



 このタイプRはいくらするんだろうね





リアもきまってるね

TOYOTA WRC 懐かしいセリカが出てました



GT-TSですよ
ホモロゲ取るために200台だか販売したこのセリカは、フロントフェンダーがウレタンだったなあ、雑誌に出ていたのをよく覚えている。これはラリー車だけど、





R35 何とも言えぬ存在感







フェアレディZ S30型 サファリラリーに出ていましたね。当時240ZGが中古でも欲しかった



迫力のオーバーフェンダー




グリーンメタリックがいい感じでZにマッチしてますね






PAN SPEED やはりFD3S の曲線はすばらしい




RE雨宮は去年見るのを忘れました
今年はどうにか場所を見つけました



人気ありますね、グッズが飛ぶように売れてます🚗💨

RX8



ロータリー出るかな


構造美がすばらしいポート加工




このFD3Sは この方のですね。
どんな処理をしてレストアしたのか気になりますね
塗装には曇りがないです


ここまでFD3Sに惚れ込むとは、このクルマは幸せ者です
オーナーは相棒と思うのか彼女と思うのか(◦ˉ ˘ ˉ◦)


FD3Sの後ろで物腰が柔らかそうな社長さんが心配そうに見ていたのが印象的でした




話しは変わって

屋根裏部屋の三和のカレンダーを交換する。

会社に毎年営業の方が挨拶で持って来るけど、A1サイズもあるので同僚は誰も持って行きません。ググると三和のカレンダーは1979年からマリリン・モンローで統一しているみたいですね。

そして、もう締め切っていますが100人に毎年プレゼントしているようです。欲しがるのは間違いなく中高年のオッサンです(^_^;)
カレンダーというと仕事で書き込みできるのは会社用で、好きな事をする屋根裏部屋にはカレンダーを天井に貼り、オレとマリリンの対話を楽しみます☺︎。




あと、小ネタのオンパレードですが、忙しい方はスルーしてください。
テムレスは作業用の手袋なんですけど、
テムレス=手の蒸れが少ない(レス)でテムレスか


-60℃まで柔らかな手袋ですが、日本ではここまで下がらない🙅

今、マイブームですよ。マイブームって言葉が過去の言葉ですが


値段はこのタイプでは1500円くらいと少しお高めですが、

自分で雪が入らないようにホックやカバーを付けて



ネットから借用ですよ

バックカントリー、スノーシュー、冬山のテントとか、一番は雪かきかな、あんがい使えると思います


一回り大きいのを買ってインナー用の手袋の上に、👍✨ヘストラもイイけどコレは気兼ねしないで使える


そうそう、今日の仕事の帰りにウワサの焼きそば買いました



どんな味なんでしょ、加薬の説明文にイチゴの文字が🍓、この間のショートケーキ味焼きそばと同じ風味でしょうか


あっ、キレイなレディにはオッサンは嫌われたようです







バイバイと手をフラれました




今年もぐだぐだブログです
2016年12月28日 イイね!
巡りあう世界

MY LITTLE LOVERの歌でもなく、何となくテレ東の番組をいじったみたいような気もしますが、見逃してください

誰しも小さい頃や学生時代に行った場所や遊んだ所を再訪してみたいと、心の片隅で思ってませんか?

自己満足ですが、辿ってみたよ(^_^;)


今年は大河ドラマ「真田丸」の影響で、全国から観光客が押し寄せた信州上田城
混んでましたね

地元民しか知らなかった、勤労者会館の無料Pが整備されて有料Pになってしまいました

左下がボケてますが半世紀近く前の写真です。セピア調にしてみました(もともとセピア色です)

真田神社から南櫓を見る方向ですが、今は柵が出来てしまい土手の上に行けません。
切り株の右側で撮った写真です。太いスギはかなり伐採されてしまったみたい


手を最大限伸ばしてもセピア色の写真がボケる
写真はむずかしいです

西櫓から南櫓方向ですが、ここも柵が出来ていて入ることができません
撮った場所がよくわからない
以前はよく南櫓が見通しよく見えてましたが、ケヤキ、竹藪が伸びて見えないな




西櫓の下に来ましたが、どうも櫓の石垣の下が撮った場所のようです





再度上に来て「ここか」
平らな所が幅3mしかありませんが、どうもここのようです
前はもっ~~と平らな場所があったのか
恐い場所で撮ったもんだ



上田城跡公園の前にはお蕎麦の草笛が今工事中です
混むんだろうな。もっと早く出来れば良かったのにね

24日はお上りさんで東京にきました
親戚が浅草にいたので小さい頃よくきたみたいです

東京駅から浅草雷門までが田舎者には一苦労でした
どうにか着きましたが、セピア色写真には人がまばらですが、人、人、人でごった返してます。外人が約3割くらいか
とても、提灯の下まで行けません



「門」の字体が少し違いますね
現在の提灯は松下電器が寄付したようです
セピア色の写真をよく見ると卍のマークが入ってました


若かりし頃の自分がいますね。服が半ズボンでネクタイらしきものをしてます。この光景は記憶力がいいのか、このセピア色の写真をよく見ている性なのかよく覚えてます
前はもっ~と高い場所に設置されていたような感じですね


浅草の六区通りに行ってみました
長野県上山田温泉にもありましたねエッチな「浅草ロック座」が(笑)
高校時代に行きました


以前にTwitterに出ていましたが、「ウソだろ」と思ってましたが、ホントにありました。
地元の方はご存じなんでしょうね

ビートたけしが予約してあるそうです
人力車のお兄さんもお客さんに説明してました



粋ですね
横の捕鯨船には来店した有名人のなかにビートたけしの写真もありました

ここから地下鉄に乗り上野駅で降りて

上野公園の西郷さん
のところへ



上田城ではボケた写真で苦労したので、今回のためにアマゾンから自撮棒をポチり持って行きましたが


風が強くて用をなさない自撮棒(笑)



仕事で使う高級な自撮棒を持って来るべきでした
通行人も多くてオッサンが使うのも恥ずかしわー
今も昔も銅像の周りの柵は当時そのままには、びっくり

銅像前にはベンチは無かった。横に座っているのは従妹です。今ではオバサンまっしぐらですが何を間違えたのか学校の先生


不忍の池に来ました
上野駅よりかなり下がった場所に池はありました
ここも柵が設置されており際までは行けません
外灯もあり、池のカーブが似ているのでここら辺りかな
木は大きくなってますね



また上野駅に来ました
昔の信越線は何番線?14番線くらいかなよく覚えてません
当時は「妙高」で上野に






単線分しかない線路とホームが何となく似てる




そんなこんなで上野駅から、夕方に新宿のエルタワーに行きカメラを引き取り





すぐそばの新宿センタービルMB階で



24日の夜でしたが、カレンダーに
デザイナー:三村漢さん、写真家:中西 敏貴さんのサインをもらい
今年流行りのクリぼっちでした



フラフラになりながら新宿駅に向かう


疲れて目線がブレているのかと思いましたが、いやただ歩道が動いているだけ



電車で東京駅に行きJP タワーの日本一大きなクリスマスツリーを見たりして東京を後にしました



また、時を経て巡り逢いたい人生の1ページの世界です

今年も残りはあと4日ですね。

みん友の皆さんや、いつもイイねを押していただける皆さん、
今年もお世話になりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします

今年もいろいろありました、皆さまもそうでしょうね
どうぞ良いお歳を是非信州蕎麦でお迎えください
Posted at 2016/12/28 20:25:11 | コメント(18) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年12月11日 イイね!
今年の歩んだ道を振り返って
いつもの何気ない田舎の散歩道

朝の散歩は何パターンかあるが、寝坊した時や時間が早い時、天気の具合と使い分けて約30分ロッキーと歩く
つうか引っ張られての散歩だ

その道には、過ぎた季節の形見が落ちている
藤の花が咲き、花が落ちる頃の5月16日そういえば今年の春先は季節の進みが早く、例年より虫の活動が2週間くらい早かった

山桜の赤い小さな実が落ちていたのは6月2日



踏むとクチュと音がした
盛夏の頃は何にも落ちていない、自然も生きるのに精いっぱいだ

木から青い栗のイガが落ち始めたのは8月17日
木に実をつけ過ぎて、栄養の行き渡らない実が落ちてしまうのだろうなと、勝手に思う


9月27日には熟れた栗が道に落ち、衝撃で実が道に転がっていた
誰かしらに拾われて、巡り会うチャンスはあまり無い




同じ日だけど、何の実だろう
桃色のじくに緑の小さな実だが、大量に落ちている

血管を見ているようで、若干気持ち悪し


10月29日には昨晩に降った風雨で、サクラの色づき始めた葉っぱを容赦なく落として、陽に輝いていたが何でだろう、清々しく感じた




11月24日には積雪10cmの季節外れの雪があったが、時間が無く撮れなかった


山の道で樹の息吹を感じる

春から里山に行きブナに逢ったりしたが、あちこちの登山道で出逢った大樹たちの記憶は他にもまだあるが、自分が印象に残った樹を記した

枯れてもまだ存在感がある大樹たち。でも秋に行った鍋倉山の森姫は撮るのは可哀そうだった

お盆に行った薬師岳で道の脇にそびえている、サワラ?何の木だろうか
枯れてもまだ10年くらいはそのまま直立不動で立っている大樹
今、大阪で耐震改修している岡本太郎の太陽の塔みたいだ


もう少し登ると
ヒノキみたいだか、風格のある大樹


登山者は目の前にそびえている大樹に気にもせず登って行く
直径2m弱の大樹だが半分枯れた樹肌を見ていると、生命力を感じる
こんなに枯れてもまだ根が生きて養分を葉に送っている



下から見上げると幹の途中から太い枝が出ているのがわかる
枯れた肌は虫食いだらけ


上高地に何回か行ったが小梨平~横沢までの間には、ツタが幹を登りやがて木を枯らすがこんな木は多数あるが、自然のバランスがあるのだろう、全てが枯れるわけでもなさそうだ



幹を這い登り太陽を目指す逞しさに、恐ろしさも感じたりして

木が弱くなると、待っていたかのように、キノコが生え始める



今年は適度な降雨があったので、菌糸類の発育はどこでも良かったようだ

8月21日の苗場山で見たキノコ
枯れたブナに生えているどう見ても毒?なキノコ
毒なほど目立ってキレイだ




9月18日の雨降りの日に上高地で見た苔の中から生えてきたキノコは雨でしっとりしていた



木に寄生しているキノコはやがて木を朽ち果てるまで養分を吸い取る


紅葉前の苗場山で落ちていた紅い葉っぱの色が毒々しくて撮ってみた





ミルキーウェイ

道じゃないけど、空にある河だ。
空を仰いでみれば今年は何回か山で星空を見れた時もあり雨でダメだった時のほうのが多かった
次は見れるとイイナ、撮るのはムズカシイけど

12月5日の夕方はクルミの丘で三日月と金星がランデブーしていた




月の左下に小っちゃく輝く金星がわかるかな


12月8日の朝にシーズン初めての小さいサンピラーを見た



今年もいろんな道を通り、何かを五感で感じまだ覚えていること、すっかり忘れてしまったこととか、人生と同じか

朝の気温も0℃近くなって寒くなってきたね

昨日の朝はアラレが少し舞ってうっすらと地面を覆ったけど、すぐに風に飛ばされてしまった



季節はどんどん冬に向かっていて、毎年繰り返しの散歩道


次はどんな風景が、落し物が見れるかな

Posted at 2016/12/11 05:53:35 | コメント(18) | トラックバック(0) | 風景、季節 | 日記
2016年11月19日 イイね!
ちょっと北海道みたいな...最近行った所が北海道みたいな風景でした
はるか昔の30年も前に1回行ったきりなので、北海道に似ているかも定かではないけど(笑)
北海道に住んでいる方には笑われるね(^^;

11月12日は→が壁に光るトンネルを通り抜けると、でかいダムの周辺にはもう積雪がありました
雪深い所は標高が低くても既に雪があり、この附近一帯が冷え込んでいるようで不思議です


道端には雪上車がもう冬に備えて用意されており、東の空にはもうじきスーパームーンを迎える月、この日の月齢は11.1でした
着いたのは15時過ぎで、すでに山沿いの道は夕闇せまる時間に



南極っぽくもあるが、北海道にも道端にあるのかな?北海道は豪雪地帯じゃないか😆
道端には10台くらい準備されてました



ここでは、葉っぱが落ちるのが間に合わない秋がありました



実際は↑のようにはキレイな場所はほとんどなくて

今までに数回の降雪を繰り返して、たまに晴れるとカエデの上に積もった雪が溶けたのだろう



おびただしい落ち葉が雪上にあり、降雪の度にカエデの赤い色が消えてツチ色に変わる
豪雪地帯なのでもうじき木の上まで降り積もる




ここは遠くにでかいダムの見える場所でした
ここは虫屋では有名な場所だ

帰りに大湯♨に17:30に行きましたが、18時まで営業なのにもう外の電気が消えていたので、少し下に下り薬師♨の少しカルキ臭いような♨(650円)に浸かり、そのまま高速、一般道を乗り継ぎ、飯山の花の道の駅や姨捨SAで仮眠を取り過ぎて次の目的地にはちと、寝坊しました



高速道路から見える月を追いかけるように走って、当日は月の入りが4時過ぎ
で星はあまり見えませんでしたが、この秋一番の冷え込みだろうか
スゲ、アザミの枯葉には霜がビッシリ

霜が陽にあたり輝きを増す



10分くらいの陽の演出のマジック



朝焼けはほとんど無く、いたって普通の朝をここで迎えました



風も無く静寂な時間でしたが寒くて
500kmほどの走行距離で帰宅



日は変わり、あるところで昼休み



天気がイマイチですが、芝生を隠すようにイチョウの真新しい落ち葉と奥にはまだ枝に、ガンバって付いているシラカバの黄葉



牧草のグラデーション?かな

真ん中の携帯の中継基地がジャマですが、ここは野辺山とか高原ではなく
意外と市街地に近い



けっこう丈がデカくなったカラマツ

道の横にはカラマツと既に葉が落ちたシラカバ



道路にはカラマツの落ち葉がいっぱい
そもそもカラマツは北海道に多いのか少ないのかわからないので
ググると日本固有種ですね

そして北海道には少ない?ような記述が(笑)
カラマツがたくさんあるとイメージしてましたが、無いのか




トラクターのローターリーで耕した畑の畝にカラマツの落ち葉で模様ができる



カラマツとモミの木と芝生

そして、カラマツの耕作道が続く


北海道の酪農農家にあるような作業小屋ですが、芝生にはサクラの赤や黄色の落ち葉




どことなく小さい北海道の風景にみえますか?
Posted at 2016/11/19 14:09:46 | コメント(20) | トラックバック(0) | 風景、季節 | 日記
2016年11月14日 イイね!
鍋倉山
少し前ですが11月3日と5日の二日にわたり鍋倉山(1289m)に行ってきました。
そして鍋倉山を含む関田山脈の稜線には、信越トレイルL=80kmが通っています

今回は信越トレイルも少し歩き、ブナの巨木の谷を通り鍋倉山~関田峠と歩いてきました
鍋倉山をつづら折りに登っている県道95号線の中間にクルマを置いてブナ巨木の谷を目指します。鍋倉山は標高が低くて亜高山帯は無く、山全体がブナ一色です

ここには森太郎、森姫と名前が付いているブナの巨木があります

遊歩道はありますが、自然に過度な負担をかけないという考えで入口には看板がないので見つけにくい


そして、通常は歩くうえで邪魔な木は切ってありますが、ここはあまり伐採はしてありません
自然に優しい道です


登ってスグにブナの森の案内板があります



しばらく行くとに幹がコブだらけのブナが道の横にデンっと立っていますが、長年生き抜いてきたのがわかります
ブナの密度からすると、大北の雨飾山、笹ヶ峰のほうのが数は多い気がします





20分も歩くと「森太郎」が見えてきます



樹高25m 幹回り5.34m 見た目の直径は約2m弱です
樹齢300年以上ですが上部が枯れているのでヤバいです
幹は苔で服を着ているようです


林野庁が選ぶ森の巨人たち100選の1つです
長野県は山国なので100選にたくさん入っているかと思えば、たった4本です

森姫と名前の付いたブナは樹勢が弱り、保護の甲斐も無く10年に枯れてしまいました

森太郎に続く大きな木があまり多くないような感じを受けました
自然淘汰されてしまうのだろうな


横から張り出したブナを跨いだり、下を潜ったりして進みます




山頂近くなると、標高が低いのに前日の雪が11/5の時点で残っていました
豪雪地帯なので、そろそろ根雪ですね


今日は鍋倉山の山頂でリッチなカップ麺です

荷物の軽量化のため横にあるサーモスの山専ボトルを持つことが多くなりました

6時間後でも80℃をキープ出来るうたい文句ですが、ホントに熱くカップ麺が美味しく食べれます



最近モンベルで似たサーモボトルが出ましたね
作りが良く似ていますが、こちらは6時間に78℃の説明書きです
性能を比べてないのでわかりませんが、モンベルのほうのが1000円近く安いです



稜線にあるモリアオガエルが産卵する池を見ながら(今は何もいません)



道の上で上下に舞うユスリカ




その下にはギフチョウの食草のコシノカンアオイ



生物の多様性が垣間見れます

稜線から新潟県側は海からの風で大きくなれないブナがグニャグニャしてます
長野側に下れば大きなブナがあるのに、稜線一つでこんなにも違います



関田峠からは舗装路を2~3km歩いて下りますが、けっこうツラい
尾根を境に葉が落ちたブナとまだ葉が付いているブナ

同じところを撮ってみました 
ガスッていた11/3です



下が晴れていた11/5です
逆光ですが陽の当たりかたで見えかたが全然違います
落葉が進んでいるのがわかります


葉が落ちたブナの樹皮は白くて、シラカバとは趣きが違い見ていて飽きません



最後にアウトバックです



晴れていてもガスッていてもイイぞ





ブナの下のおびただしい実、いったい何年分のブナの実があるんだろ

芽が出ない実、クマ、リスのエサになってしまう実がほとんどだがブナが無いと、ここの生物たちは生きていけない





今日からこの県道95号線は冬の通行止めです
次に来れるのは来年の5月頃だ
Posted at 2016/11/14 19:56:40 | コメント(11) | トラックバック(0) | 山、池、湿地、虫 | 日記
プロフィール
「@*…madonna…*(ユミリン) さん、さすがにもう寝たでしょ🤔💭寝不足はお肌の大敵ですよ~」
何シテル?   01/19 05:45
こんにちは アウトバックを所有していますが、久々のMTをH24年4月にS2000を購入して、新鮮な気持ちで楽しんでいます。 この相棒と長く、つきあっていきた...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
ブログ画像のミスカラーと回避策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/12 20:17:19
ZなMの会、裏磐梯♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/23 23:52:43
五箇山 相倉集落の秋 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/17 09:51:35
お友達
恥ずかしがり屋の内向的なジジィです
車ネタはあまりなく日常の生活で見たり感じたりした風景、山、虫のネタブログとなりますのでご理解おねがいします

なんとなく波長が合いそうでしたら気兼ねせず絡んでください
37 人のお友達がいます
ヘリーハンセンヘリーハンセン * 銀鬼7銀鬼7 *
まさぴろん @2ndまさぴろん @2nd * *…madonna…*(ユミリン)*…madonna…*(ユミリン) *
peakhunterpeakhunter マキバ号マキバ号
ファン
101 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
楽しみながらコツコツと拘っていきたい ・エンジン オーバーサイズピストン組込み2.2L ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
H27年2月14日予約  4月1日に納車になりました。 皆さんよろしくおねがいします ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
H19年より3年落ちのBPEを購入して乗っています。
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
2015年1月の事故により廃車
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.