• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おーでぃーえいのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

【ライブレポート】Kalafina お台場みんなの夢大陸2017 めざましライブ 

【ライブレポート】Kalafina お台場みんなの夢大陸2017 めざましライブ Kalafinaが出演しためざましライブに参加してきました。

2017.7.23
お台場 HOT SUMMER スタジアム
17:00〜

現在フジテレビで開催中の「みんなの夢大陸」のイベントのひとつである「めざましライブ」。
様々なアーティストが日替わりでライブを行います。


Kalafina単独公演では少ない屋外でしかも夏。
そんなレアな状況で汗だくになりながら普段以上にはっちゃけるKalafinaと一緒に楽しめたライブでした。
ライブの模様は明日のめざましテレビで放送されるそうです。


めざましライブは公演時間が1時間に満たないので毎年参加を見送っていたが、今回は前日にEGOISTのライブに参加して都内泊だったのでそのライブ終了後に一般発売中だったチケットを手配。
整理番号は1300番台で当然これはほぼ最後方でした。

‎会場に到着すると前日の快晴と暑さがウソのように薄曇りでさほど暑くもない。
しかも小雨が降ったり止んだりの繰り返し。
天候には恵まれないというKalafinaあるある。
さすが期待を裏切りません。
おかげで過ごしやすかったです。


急遽参加を決めたのでKalafinaの装備は一切なし。14時からの物販で水色のリストバンドを購入。
物販エリアからステージが見えたのでリハ待ちしていたらほどなくして3人が登場。私服姿で位置を確認している様子でしたが、係員から物販が済んだらこのエリアから出るようにとの指示で退散。

開場の30分前が集合時間で会場の外周に沿って整理番号順に列を形成してからの入場。

会場内は全て立ち見で柵で割りと細かく‎仕切られており、
エリア毎に後方に入り口がある仕組み。
空きスペースが無いように見える前の方のエリアに行ってみると、案の定入り口付近にはまだスペースが残っており番号の割りには良い場所を確保。

開演10分前くらいからまた小雨がぱらぱら。。。
裏切らないな〜と思いつつ、夏だから濡れてもいいかくらいな気持ちでした。

紙兎ロぺの前説で無理やり心臓を捧げてからのカウントダ
ウンでライブスタート。

短いオーバーチャーから始まった1曲目は

M1 メルヒェン
これはおとなしく聴く曲。

続けて
M2 progressive 

本来なら盛り上がる曲ですが、さすがにメルヒェンからの流れでは会場も温まっておらず私と同じく腕を上げる人はまだ少なくて声は一切無し。

この頃には小雨はほぼ止んでました。

MC

当然天候に触れてKalafinaあるあるで盛り上げるWakana

気合いが入り過ぎてるのか、いつもより声が高いKeiko

今日は煽るからねと会場をけしかけるHikaru

Keikoの「みんなでひとつになりましょう」からの

M3 sprinter

当然盛り上がリました。

さらに‎、

M4 O‎ne Light

でたたみかける。
来て良かったー

MC

「来月発売の新曲やっちゃいます」

M5 ‎百火撩乱 ‎

久々に梶浦さんっぽくもありKalafinaらしくもある曲。
おとなしく聴くしかない曲ですが内心はニンマリです。
来て良かったー‎

本編はこれで終了。


手拍子のみのアンコールの催促に

UN1 in your eyes

で応えてくれました。
イントロが流れる中、手拍子をしながら3人が再登場。
もちろん会場も同じように手拍子で迎えます。
明るい屋外で手を横に振ってると「夏だなー」。
これはきっと富士急のLiSAのデート(LiVE)の影響だな。

UN2 blaze



「未来」が流れる中、あいさつをして終了。

ところがその未来が流れ続けるので当然手拍子は続き、ダブルアンコールの期待を高めてからの終了アナウンス。
終了アナウンスは早めにお願いします。


新旧織り交ぜつつ計7曲で約40分。
来て良かったー
Posted at 2017/07/23 21:34:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | Kalafina | 日記
2017年03月05日 イイね!

ミッドナイトかがやき

遠征帰りの新幹線が人身事故を起こして帰宅が5時間近く遅れたという話です。


あまり大きく報道はされていないが、昨夜発生した北陸新幹線の人身事故のまさに当該列車に乗っており上田駅手前で4時間停車。

変なところで減速してるなと思っていたら「緊急停止します」のアナウンス。
減速具合は通常と変わらない気がしたが、ブレーキの音が違って何かを引きずっているような音。

車両点検で1時間、その後人身事故と判明したので関係者(JR、消防、警察)が現場に到着するまで1時間、現場から現場検証しながら当該車両までたどり着くのに2時間という具合。
上りもしばらく停まっていたので、首都圏のダイヤにも影響していたようだ。

幸いトンネル外だったのでネットが繋がるし、モバイルバッテリーもACアダプタも持っていたのでヒマは潰しやすかった。JRの運行状況を見たり、ツイッターで「北陸新幹線、事故」で検索したり。

何シテル?でつぶやこうかとも思ったが状況が解決してからか帰宅してからでいいやと思っていたら、朝7時までメンテナンスw


運転再開後は徐行運転で長野までたどり着き、事故の影響か調査の為か分からんけど長野までしか走らせられないと後続の長野終着”あさま”が代替えすることとなった。

あさま待ちの車内でJR関係者から非常用の水とカロリーメイトが配られた。
平謝りの関係者に「お疲れ様」「ありがとう」と声をかける人たち。
4時間待っている間も私がいた車両には文句を言う人もいなかった。
JRも迷惑を受けている側だし。
上田から先の駅の駅員さんも我々を待ってくれているし、首都圏も含め影響を受けた人はかなりいると思う。

ほどなくして後続のあさま2編成も入線してきて、後から来た方のあさまが新たなかがやき号となった。

夜中に通常速度で走る車内で沿線住民に申し訳ないと思いつつも早く着いてくれとも思った。
長野での乗り換えで待ち時間があったので金沢駅着は5時間近く遅れてAM4時20分。

ここから先の在来線は「タイムリートレイン」なる臨時列車を運行してくれたおかげで無事最寄駅に到着。


昔出張帰りのほくほく線で強風のせいで停車を繰り返して深夜に金沢止まりになってしまった時は、そこから先はJR負担でタクシーだったっけ。


遅れは280分だったので特急料金は払い戻し。
早く帰りたかったので切符に証明のメモとハンコだけ押してもらって帰宅。
途中ちょこちょこ寝ていたせいか目が冴えていたが風呂入って1時間だけ寝て通常出勤。

事故か事件か分からんけど勘弁して欲しい。
Posted at 2017/03/06 18:59:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月27日 イイね!

【ライブレポート】リスアニ!LIVE 2017 1日目 ”CROSS STAGE”

【ライブレポート】リスアニ!LIVE 2017 1日目 ”CROSS STAGE”リスアニ!LIVE 2017 1日目 ”CROSS STAGE”に参加してきました。

2017.1.27(金)
18:30~
日本武道館





今年から3日間開催となったリスアニ!LIVEの1日目はKalafinaとLiSAの対バン形式。
どちらも単独で武道館2daysを複数回成功させており人気、実力ともにトップクラス。

歌やライブの方向性が異なる2組がどんなコラボを見せてくれるのか。
どちらのライブをよく参加するし、リスアニ!LIVEですから期待しかしていません。


セットリスト

M01:oath sign/LiSA with Kalafina
M02:crossing field/LiSA
M03:エレクトリリカルメインステージ/LiSA
M04:⼀番の宝物/LiSA
M05:THIS ILLUTION/LiSA with Wakana
M06:traumerei/LiSA with Hikaru
M07:Catch The Moment/LiSA
M08:ANTIHERO/LiSA
M09:Psychedelic Drive/LiSA
M10:Rally Go Round/LiSA
M11:Rising Hope/LiSA

15分休憩

M12:overture 〜 Magia[quattro]/Kalafina
M13:blaze/Kalafina
M14:メルヒェン/Kalafina
M15:満天/Kalafina
M16:to the beginning/Kalafina
M17:輝く空の静寂には/Kalafina with LiSA
M18;believe/Kalafina
M19:identify/Kalafina
M20:音楽/Kalafina
M21:ring your bell/Kalafina
M22:One Light/Kalafina with LiSA


両者の共通項であるFateシリーズの曲を中心に構成されていました。
LiSAの単独公演かくらいの盛り上がり。
いつも通り楽しめたのはもちろん、ここでしか見られないであろう数々のコラボ曲。

1曲目の「oath sign」の2番でKalafinaの3人が登場した時の興奮と歓声。
Wakanaとのコラボ「THIS ILLUSION」はFate UBWの最終話のみのED曲。
イントロが始まると悲鳴にも似た驚きの歓声が静かに起こりました。
ライブで初めて聴くのがこういう形とは。

続く曲ではHikaruがニコニコで走って登場、ひーちゃんらしいわw
同い年であることと、初めての食事後にカラオケに行って盛り上がったことを話してくれたのちに告げられた曲名は「traumerei」
ひーちゃんにピッタリな選曲。
激しく動いて走り回っての熱唱でした。

Kalafinaがソロでコラボするのは今回が初で、LiSAからの提案で実現したそうです。

Keikoとのコラボがまだだが。。。
気になりつつもRising HopeでLiSAパートは終了。

15分の休憩中にバンド機材を入れ替えます。
リスアニ!LIVEはそれぞれのお抱えバンドによる生演奏なので。

Kalafinaパート
流れ始めたovertureは「Magia」
これを聴くと自然と気になるのは通常版かquattroか。
今回はquattroでした。
Kalafinaの単独ライブはサイリウム禁止なので、赤一色に染まる光景が印象的ではある。

個人的に一番良かったのは「輝く空の静寂(しじま)には」
Fate曲が多い中でなんでこの曲?黒執事曲であまり知名度は無いし、かといって盛り上がる曲でもない。
1番はWakana、2番はHikaruがリードボーカルでKeikoがそれに寄り添うよう歌う大好きな曲だから別に良いんだけどLiSAっ子は置いてきぼり?
と思ってたらステージ後方にLiSAが現れて歌いだすではないか。
しかも1、2番ともリードボーカルで。




実質的にKeikoとのコラボです。

LiSAの力強いボーカルも良いもんです、ぐいぐい引き込んできます。
単に力強いだけだと刺さることは刺さるけどそれ以上はない場合もあるけど、LiSAには「かえし」があってそれで引っかけてぐいぐい引き込んでくる感じ。

歌い終わってからのMCで選曲理由を明かしてくれました。
LiSAが以前たまたまテレビから流れてきたこの曲を聞いたことがあってLiSAからのリクエストで実現。
その時は曲名はおろかこれがKalafinaの歌であり、黒執事のテーマ曲であることも知らなかったとのこと。
デビューしてから全てが繋がったもののなぜか今までKalafinaに話す機会がなかったそうです。

最後はLiSAを呼び込んで
Keiko「最後は盛り上がりたいよね、煽って」
LiSA「いけるかぶどうかーん」
武道館「おおおおお~~」
One Lightで盛り上がって、フロントバンドメンバーを紹介して終了。

リスアニ!さん、さすがです。

Posted at 2017/01/29 23:33:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | Kalafina | 日記
2017年01月22日 イイね!

【ライブレポート】Kalafina 9th Anniversary LIVE 2017 1日目

【ライブレポート】Kalafina 9th Anniversary LIVE 2017 1日目Kalafinaのデビュー9周年記念ライブの1日目に参加してきました。

2017.1.22(日)
TSUTAYA O-EAST
17:30~

デビューした1月23日にファンクラブ会員限定でライブを行うのが恒例になっています。






いきなりセットリスト。
どんなライブだったか一目瞭然。


M01.overture~oblivious
M02.interlude01
M03.君が光に変えて行く
M04.interlude02
M05.傷跡
-MC-
M06.ARIA
M07.sprinter
M08.fairytale
M09.seventh heaven
M10.snow falling
M11.アレルヤ
-MC-
M12.メルヒェン
M13.また風が強くなった
M14.progressive
M15.Kyrie
M16.identify
M17.heavenly blue
-MC-
18.into the world
EN1.overture~音楽
EN2.blaze
-MC-
EN3.真昼
EN4.五月雨が過ぎた頃に



1曲目のoblivious(デビュー曲)から11曲目のアレルヤまで「空の境界」の各主題歌を第1章から順番に歌うという涙もののライブでした。

その後はLiSAのごとく準備されたお立ち台に載って(過去のアンケートで腕しか見えなかったというのがあってその対策だそうです)クビキリサイクルのEDテーマの「メルヒェン」を披露したのち新旧織り交ぜ一気に駆け抜けてinto the worldへ。


このFCライブは2013年からほぼ毎年参加してますが、今回が一番盛り上がって熱量も高かった気がしました。
セットリストの影響が大きいとは思いますが、最近はホールやアリーナばかりで皆さん鬱憤が溜まってたりして。

立って聴きながら横に揺れたり縦にリズムをとったり、汗をかき腕を上げながら声を出すのもKalafinaの音楽に良く合います。

最近のライブでは3曲歌い終わっての曲名紹介&MCが定番ですが、今回は5~6曲歌い続けたり曲名紹介もあったりなかったり。
ライブハウスだとなお更MCを入れて流れを切ってほしくないし、曲も知ってる皆さんでしょうから。


一番印象に残ったのはアレルヤ。
最近はオリジナルと異なるアレンジで歌うことが多い(武道館公演しかりクリスマスライブしかり)ですが、今回は空の境界縛りだけあってオリジナルで、歌いかたももちろんオリジナルに近い。
近いとは今回はより力強かったからです。

「そうそう、こういう歌だったよね」と嬉しくもなり感動もしました。

今回も参加出来て良かった、これだからライ部活動はやめれらないのです。

Posted at 2017/01/23 22:56:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | Kalafina | 日記
2017年01月22日 イイね!

Kalafina ARENA LIVE at 日本武道館 ライブ版

Kalafina ARENA LIVE at 日本武道館 ライブ版昨年開催されたアリーナツアーのファイナル、日本武道館2Daysの初日(2016.9.16)を収録したライブDVD/BDが先日発売されました。







2日目の一部(初日歌わなかった歌)も特典収録されてます。
私は2日目のみ参加しました。

これがとても良いものだったという話です。


ツアーの最終公演はたいがい収録されてライブ版で発売されます。
ツアーは年1回やるので1年に1枚は発売される訳です。
それを私はほぼ収録公演には現地参加しておいてさらにライブ版も買うという。

マンネリ化しそうですが、これがしないんです。
お布施の為に買っている訳ではありません。

Kalafinaは毎回何がしかの新しいことを入れてくるし
、歌が今だに良くなっているのが分かります。(個人的印象)

3人の特徴がより際立ってきているのに同時に歌ってもケンカしないどころかそれぞれの声が心地良く聴こえてかつ高めあっている。(個人的印象)

曲そのもの成長しており、発表当時よりアレルヤはより温かく、into the waterはより壮大になっている(個人的印象)

私が好きなアーティストさんたちがよく言っていますが曲は発表、発売されて終わりではなくむしろスタート。
歌い手が歌い続けて、聴き手も聴き続けてお互いによって変化、成長させていくものだと。
Kalafinaもそれを地でいっています。


映像作品としても素晴らしいです。
現地だと席にも依りますが遠くからの定点観賞。
ライブ版だと様々な大きさや角度で観賞できます。
演出効果もバッチリ楽しめます。
映像収録前提とも思える格好良い動きも多々あります。

このライブ版が発売された週末にライブをしてくれるというニクさ。
明日1月23日がデビュー記念日で10年目に突入します。
これを記念して毎年ファンクラブ会員限定のライブを東京で開催しています。
ライブハウスでやるのはここ数年はこれだけなので、そういう意味でも貴重です。
今回は22(日)、23(月)の開催で私は22日のみ参加。
Kalafinaはライブハウスで立って聴くのも良いんです。

Kalafinaはライブハウスで成長してきましたから。

Posted at 2017/01/22 09:05:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | Kalafina | 日記

プロフィール

「台風で帰ってこられないかもと上京を断念したけど、電車は止まらなかったようだ。」
何シテル?   09/18 00:22
おーでぃーえいです。 DS4からXEに乗り換えました。 よろしくお願いします。 ライブレポートまとめ↓ http://minkara.carvi...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

立ち上げ直しました !! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/10 17:16:27
本気か?? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/24 12:31:55

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

ジャガー XE ジャガー XE
2017年モデル グレード:PURE エンジン:ディーゼル 色:ポラリスホワイト(ソリッ ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
シトロエン DS4に乗っています。 ・眺めて良し(格好良い) ・運転して良し(気持ち良い ...
ホンダ HR-V ホンダ HR-V
前車のインテグラがかなりくたびれてきたので、以前からスタイルが気に入っていたHR-Vに乗 ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
新車で買った前車のアコードのローンの支払いが厳しくて中古(走行距離8万km、48万円)で ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.