• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

灸太郎くんのブログ一覧

2017年11月27日 イイね!

2017 F1 印象的だったこと ① ― ドライバー編 ―

.
二週間くらい前から、いきなり真冬になってしまった気がします。

温かい綿入りの上着を買ったので、
少しハッピーになりました♪

*******************************************

長かった2017年F1シーズンも終了です。

いくつか気になった事を挙げてみたいと思います。

今回はドライバー編です。

    ◇    ◇    ◇

①円熟期を迎えたハミルトン

昨年までのチームメイト間での神経戦に終止符を打ち、
温厚な?ボッタスをチームメイトに迎えた2017シーズン、
チームの力を集め、自分の仕事に集中する姿勢を乱さず、
盤石の王座復帰でした。

    ◇    ◇    ◇

②ここ一番で冷静さを欠いたベッテル

アゼルバイジャンでのハミルトンとの一件は言うに及びませんが、
それ以上にスタート直後にライコネンやフェルスタッペンと絡んで
大きなダメージを被ることがたびたびで、
それらがなければ王座に届いた可能性大と思います。

メルセデスを抜くのが難しいがゆえの積極策も、
同じようなパターンでの失敗が印象に残りました。

    ◇    ◇    ◇

③マシンに馴染めなかったボッタス

突然の王者ロズベルグ引退を受けて、
急遽ウイリアムズから引き抜かれたボッタス。

セットアップが決まった時の速さではハミルトンにひけをとりませんが、
ピンポイントセッティングといわれる今年のメルセデスのマシン、
特に後半戦は迷宮入りしてしまったような不調ぶりでした。
長年親しんだウィリアムズとの仕事の進め方の違いも大きいのでは?

自信を欠くドライブゆえか、勝負強さが感じられず、
ハミルトンのように後方からでも追い上げを果たすパターンが少なかったのが気になります。
2018年は後がないシーズンになりそうです。

    ◇    ◇    ◇

④マシンの序列以上の力を引き出すフェルスタッペン

前半戦はPUトラブルが続いて、やる気を失くしかけたかのようでしたが、
中盤からマシンの戦闘力向上もあり、見事な戦いぶりでした。
戦術はともかく、レース運びは既にベテランと思わせるほど安定感もあり、
危なっかしさを取り除いたA.セナのような印象を受けました。

来シーズン、キャリア絶頂期のハミルトンとの新旧世代対決が楽しみです。

    ◇    ◇    ◇

⑤追い越しの技が光るリカルド

速さはあっても、相手の前に出られないドライバーが多い中、
絶妙のレイトブレーキと引き出しの多い接近戦戦法で
最高の順位を確保し続けたのは流石です。

フェルスタッペン中心のチーム作りを進めるレッドブル、
2019年の契約を巡り、トップチーム間で引っ張り合いになりそうですが、
エース待遇を望むであろうハミルトンや、特にベッテルからは煙たがられそうです。


    ◇    ◇    ◇

⑥目覚ましい成長ぶりのオコン

昨2016年シーズン半ばからの出走ですが、
今季、特に昨年経験済みのコースが続く後半戦は、
先輩ペレスを凌ぐ速さと安定感を見せました。

華麗な追い上げなど派手なところはありませんが、
最善のグリッドからのスタート・確実なレース展開は、
トップチームで走る準備万端といえます。

フェルスタッペンとオコンは、
第二の「セナ/プロ」時代といえるような存在になっていく気がします。

    ◇    ◇    ◇

⑦ルノー移籍で改めて判ったサインツの実力・存在感

前半戦、上位3チームに続く中段バトルで健闘し続けたサインツ。
トロロッソの殆んどのチーム得点を一人で稼ぎ、
チームランキング7位をもたらした実力はトロロッソ「卒業」にふさわしいもの。

終盤戦、ルノーに移籍直後から高い適応力を見せ、
ワークスチームならではの開発力を手にすれば、
現役末期のアロンソに取って代わる存在にもなれそうです。

後半戦の開発の停滞もあるとはいえ、残りのトロロッソドライバー陣との格差、
ホンダ陣営としてはかなり不安があるのでは?

    ◇    ◇    ◇

⑧来季もぜひF1に残ってほしいウェーレイン

昨年のマノー在籍時と同様に、
貴重なチームの全得点を稼ぎ出したにも拘らず、
後半戦はチームメイトに後れを取る不可解な失速。
チームがエリクソンを厚遇したのではないか?と思われます。
最終戦のハースとのバトルも見事でした。

来季のザウバーの布陣は未発表ですが、
速さも安定感もないエリクソンが選ばれた日には、
世界中からブーイングの嵐が起こること必須。
チーム首脳は覚悟されたし。

    ◇    ◇    ◇

⑨勝負師アロンソの闘志衰えず

石の上にも三年、上位進出に期待が大きいシーズンでしたが、
開幕前テストで信頼性・戦闘力ともに初年度に戻ったかのような不振。
今まで抑えていた感情が噴きだし、ホンダへの不満を隠せない発言が続きました。

誰よりも強い勝利への欲求は健在ですが、
マクラーレン/ホンダ間のコミュニケーションを損なう一因ともなったと思われます。

モナコGPを欠場し、勝機ありと睨んだインディ500に参戦。
終盤までトップ争いの一角を形成しました。

本業F1でも、トップ3に続く混戦の中、
たびたび上位グリッド進出など気を吐きましたが、
残念ながらPUがらみのリタイヤも多く、
甚だ不本意なシーズンとなりました。
来季はルマン制覇を視野に入れているようですが、
強行日程はF1の成績次第かもしれません。

    ◇    ◇    ◇

⑩不安定さが目立つストロール

開幕前、当方も「F1進出は時期尚早」と思いましたが、
F1のシート獲得には今季がチャンスと睨んだのでしょう。

意外にもシーズン半ばにはポイント獲得、バクーでは表彰台も経験しました。
マシン開発やセッティング能力には疑問も残るマッサは
新人の指南役として適任だったのかどうか…

後半戦は上位定着、ポイントでも師匠マッサを逆転か?と思わせましたが、
終盤は却ってマッサとの差が際立つ結果となりました。

テスト制限の対象外となる旧型車を使い、
独自に各サーキットの予習をこなす熱心ぶりでしたが、
やはりGP2あたりで経験を積んできた方が良かったのでは?

    ◇    ◇    ◇

素人観戦で目立ったところを書きだしてみました。

Posted at 2017/11/27 22:29:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターレーシング | 日記
2017年10月21日 イイね!

「自動運転車」なにが起こる? ― ①「自動運転」と「自動走行」 ―

.
雨続きで寒いですね。

台風の備えをそろそろしなくてはいけませんね。

日曜は荒天が予想されるせいか、
衆院選不在者投票はひっきりなしに来場されていました。

まだの方はお早めに。

******************************************

電気自動車・自動運転ばかりが自動車の未来みたいに言われる昨今ですが、

「運転プロセスの【自動化の制御を容易にできる】電動化」

という相互作用があるように思います。

******************************************

不勉強にして、新聞やテレビ、自動車誌等のメディアでも、
実際の運用のされ方の想定を目にしたことはないのですが、
他人任せで事後決定を受け入れるだけの立場はご免です。

自動車のヘビーユーザーとして、生活者として、また事業者として、
自分なりにいろいろと考えてみることは重要と思います。

読者の方にも考えるきっかけとなれば幸いです。

   ◇   ◇   ◇   ◇

「自動運転」と一括りにされていますが、
車両の運行のあり方は二つに分かれると思います。


①「有人」自動運転車両

 いわば仮の「運転者」(=事故の責任をとる役割の人)が存在し、
 名目としては「非常時には人が運転(操縦)する」。

 運行にはライセンスを持つ「運転者」1名を立てることが必須である。

----------------------------------------------

②「無人」自動走行車両

 運転者は不要で、車両自身が事前のプログラミングに基づき、
 状況全てを判断・制御し、A点からB点まで走行(移動)する。

 運行には「車両管理者」が責任を持つことになると思われ、
 管理者の下での運行は、利用者自らが乗車するか否かを問わず
 車両は道路上を「何らかの目的のため」走行(移動)する。
 運行に当たっては管理者の許可(同意)が必要だが、
 自動車運転のライセンスは必要がない。

 運転者がいない以上、他の交通を妨げない限り、
 自動走行車の車内での行動は、
 運転に関する法律の制約を受けない。


 例えば車内の全員での飲酒、電話での通話、Web閲覧、
 読書、睡眠(就寝)、車窓からの観光 等、
 何らかの運転以外の業務に集中することが可能
となる。

 また、無人での運搬・配送や送迎も可能になり、
 経済、特に雇用状況に大きな影響を与えると思われます。

 ※ただし移動中はシートベルト着用は義務なので、
  座席を離れることはできない。
  (例えばラジオ体操、「お酌」して回る、性行為、等は不可(笑))。 

******************************************

メディアの報道などでも、この二者は混同され、
明確な原則を持たずに語られていることが殆んどではないでしょうか?

実用化されつつある「運転補助」は①の前段階であり、
過疎地での高齢者の交通など「簡便な交通手段」は②に該当すると思います。

通販A社などが構想中と伝えられる、ドローンなどを使う無人配達なども
道路占有部分を使うなら、広義では②に相当しますね。

   ◇   ◇   ◇   ◇

実用化がすすむ①ですが、
「非常時には人間の運転への切り替え」
という発想(建前?)、信用できますか?


レーダー監視機能を備えた上、邪魔物のない大空を行く航空機ならまだしも、
込み入った混合交通の中で、弛緩し状況を把握していない「運転者」が、
どうしていきなり瞬間の判断に対応できるでしょうか?


生活者としては、他方の②には大いに期待したいと思います。

   ◇   ◇   ◇   ◇

話の規模が大きくなりそうなので、
不定期連載にしたいと思います。

ぜひ皆さんの意見・妄想をお聞かせいただければと思います。
Posted at 2017/10/21 16:05:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車雑感 | 暮らし/家族
2017年10月13日 イイね!

大破炎上しても「不時着」?!

.
昨日まで夏のような暑さでしたが、
今日は一転、秋深し、といった陽気です。

風邪など召されませんように。

************************************

つい先日、沖縄で米軍の大型ヘリコプターが大破・炎上した件です。

どう見ても修復不可能と思える無残な残骸の写真を見ました。
先だってのオスプレイ同様、あくまで「不時着」で通しているようです。

気になって「墜落 不時着 違い」と検索してみたところ、
オスプレイの件に関してですが、こんな記事がありました。

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/osprey-landing-crashes?utm_term=.swNY5LQPLL#.hmW40Dg3DD

防衛省に取材されたそうです。

   ◇   ◇   ◇

(上記リンク記事から引用)

防衛省の認識としては、そのような事態があった場合、
「機体のコントロールを失った状況で着陸または着水する状況が墜落」であり、
「パイロットの意思で着陸または着水した場合は、不時着、不時着陸」になるという。

機体の損壊具合は関係がないとのことだ。

   ◇   ◇   ◇

パイロットの「意思」、いうまでもなく最後まで、
被害の少ない方法、場所、手段を模索するでしょう。

「意思」はあっても、何らかの原因でコントロールしきれず、
操縦者の意に反した状況での結果が「事故」ですから、
今回の件は「墜落」の範疇に入るでしょう。

「不時着」「損壊具合は関係ない」という言葉は、
身内や自分たちへの非難や責任追及を回避する意図から出てくるのでしょう。

運行・管理する側は自戒を込めて、自ら「墜落」と受け止めるくらいにしないと、
特に飛行区域地元の方々の信頼を得ることは難しいとは考えないのでしょうか?

************************************

詰まるところ、一事が万事、と思います。

原発運転への賛否、憲法改正への賛否、と
折しも政見放送でも喧しくやっています。

福島の原発事故が拡大した原因・事後の対処、
あるいは今後のわが国での原発運転の管理体制に関して、
きちんとした原因究明や厄難が繰り返されないための
裏付けや対策がどこまでなされたのでしょうか?

旧憲法下のわが国政府が、「国体維持」の名の下、
国民の人権、生命など顧みなかったばかりか、
「大本営発表」など、実権を握った層、組織の保身のため、
正確な判断の基となる正しい情報を隠匿し続けた歴史事実。

国民を「臣民」(要は「家来」ということです)などと、
自らは絶対者の代弁者とでも思っているのか、
国民を低く扱う価値観に基く教育勅語を礼賛する某代議士や某教育者。

日清・日露の戦果にうぬぼれた挙句、
侵略行為を「列強帝国からのアジア解放の聖戦」と称し、
他国ばかりか自国民の生命、財産、国土にまで、
とてつもない甚大な惨禍をもたらしたこと。

これら事実に対して、現憲法下の日本政府・政権政党が、
一体どれだけ真摯に向き合って、事態の重大さを認識し、
少なくとも自国民に対し、過ちを過ちと認めた上、
繰り返されないために方策を尽くす努力をどれだけ払われたのでしょうか?

それら裏付けなしに原発推進だの、改憲だの、
信用して委任状を渡すわけにはいきません。

   ◇   ◇   ◇

報道機関は「責任追及」こそが金科玉条、とウケ狙い的視点でなく、
権力者や行政幹部の選民意識や独善、怠慢こそを追求し、
事件・事故の事実の要因・背景を掘り下げて広く知らしめ、
国民と共に考える視点を持ってほしいと思います。

わが国為政者の、なし崩し的な現状追認指向や、
自論を絶対視して異なる意見・価値観を認めようとしない姿勢。

他者との真摯な意見交換を通して視野・価値観を広げ、
過去から学んで将来を構築しようとする視点の無さは相変わらずです。

「下々の者どもは余計なことを考えず、我々指導者に従えばよい」という発想、

「仲間も同じ意見だから、たぶん大丈夫だろう」という裏付けのない楽観思考を除けば

近隣独裁国家と大差ないように見受けますが、如何でしょうか。
Posted at 2017/10/13 23:48:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | その他
2017年09月27日 イイね!

自動車系迷惑メール第二弾到来 ―今度はメルセデスだそうな―

.
先日、自動車系迷惑メールをご紹介しました。
http://minkara.carview.co.jp/userid/1333960/blog/40033224/

その際はBMWでしたが、
今度はメルセデスC300 4マチック+450万ドル(5億円)だそうです(笑)
添付ファイルは無かったので開いてみました。

くだらないとは思いつつ、以下、全文ご紹介。
@は※に変えておきました。

********************************************

If you received this message in your SPAM/BULK folder, that is because of the restrictions implemented by your Internet Service Provider, we (Mercedes Benz) urge you to treat it genuinely.

CONGRATULATION! CONGRATULATION!! CONGRATULATION!!!

We happily announced that your E-mail Address has been selected among the winners of the Mercedes Benz International Online Lottery Draw 2016 Xmas promo. You are now a winner of a brand new "Mercedes Benz c300 4matic 2016" and the grand prize of $4,500,000.00 USD.

For easy claim of your winnings, you are simply advice to contact our Claim Agent in Phoenix Arizona Barrister Rita Edward (ritaedward00※gmail.com)

NAME:
CONTACT EMAIL ADDRESS:
OFFICE ADDRESS:
PHONE NUMBER:
OCCUPATIONS:

All necessary information on what to do in receiving your winnings will be treated by our claim agent once contacted by you.

NB: Delivery cost is mandatory in claiming your winning.

Your Mercedes Benz Online Lottery Draw Reference Claim Code: (556682).

Signed
Mercedes Benz Inc.

*********************************************

担当者名なしで締めくくる英文メールやレターってのは見たことがありませんが、
メルセデス本社なり代理店からの当選連絡なら、
「迷惑メールフォルダー内のメール」などでなく、
丁重なレターヘッドで届くことでしょうね。

.
Posted at 2017/09/27 23:49:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々雑感 | パソコン/インターネット
2017年09月15日 イイね!

"エンジンの大地"のクラシックカー" ― NHK Eテレ 旅するイタリア語 ―

"エンジンの大地"のクラシックカー" ― NHK Eテレ 旅するイタリア語 ―.

先日、家族が録画していた番組を見ました。

NHK Eテレ 旅するイタリア語
「#20 "エンジンの大地"のクラシックカー」
8月22日(火)放送|8月23日(水)再放送

https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/italian/tv/backnumber.cgi

既に放送が終わってしまった番組で、すみません。

DVDにダビング(移動)させようと思ったのですが、
当家のテレビにはその機能がないようで、
大変残念ですが消されてしまったようです。

************************************

クラシックカー愛好家としても知られる東儀秀樹氏が、
イタリアを旅しながらイタリア語を身に付けていく、という番組。

毎回オープニングでギブリスパイダーを駆る氏が
映し出されているので気になっていたのですが、
この回で収録されたものでした。

   ◇   ◇   ◇

スポーツカーの聖地ともいえるモデナ(発音はモーデナ)にある、

CUP Collezione Umberto Panini Motor Museum

を訪れ、数々の収蔵車が映し出されていました。

モデナ特産のチーズ(パルミジャーノ レッジャーノ)工場を営む
オーナーの父の代からの収集とのことで、
創業者兄弟経営時代、オルシ家統治時代の
マゼラーティのレースカーを中心とした、とても充実した展示がされていました。

東儀氏は、S.モスによるインディ500出走車(写真手前の白いクルマ)、
エルドラード スペシャルの操縦席に座り、エンジン始動の栄に浴しておられました。

その後、件のギブリスパイダーをご機嫌でドライブされていました。
どのクルマも完調に仕上げられているようでした。

当方は、「世界一美しい自動車」
A6GCS ピニンファリーナ ベルリネッタに釘付けとなってしまいました。
(エンジン音は聴けませんでしたが)

こちらにミュージアムのサイトをリンクしておきます。
http://www.paninimotormuseum.it/index.php

ぜひチェックしてみてください。
Posted at 2017/09/15 21:12:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | テレビ番組 | クルマ

プロフィール

「今年のクリスマス、僕のプレゼントは無くてもいいので「来季ウィリアムズのシートをぜひクビサに!」とサンタさんにお願いしたい!!」
何シテル?   12/12 11:06
灸太郎くん(キュウタロクン)です。 思想・信条・立場など違えど 共通の話題で交流できるのは良いですね。 記述は残ることを意識しています。 古い記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

重曹ブラストを試してみます 
カテゴリ:科学技術
2017/03/09 11:29:29
 
ミッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/28 17:55:59
夢を追って 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/11 13:23:56

お友達

所有車銘柄・老若男女に関わらず、同好の士は歓迎。

初めての方からのコメント、お気軽に♪
以前の記事へのコメントも大歓迎!

楽しくやり取り・意見交換できる方を希望します。

人数を増やすことには興味がないので、
コメント・イイね!等、やり取り重ねた上でお願いします。
41 人のお友達がいます
10261026 * ぼうんのうぼうんのう *
パパンダパパンダ * manouemanoue *
Disco-4@東京Disco-4@東京 * shiro13shiro13 *

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
第三期、またまたユーノス(笑) (新車当時、周囲では誰もロードスターとは呼びませんでした ...
ホンダ バモスホビオ 灸三郎くん (ホンダ バモスホビオ)
ステンレスたわし実験車 ”灸三郎くん” 号です♪ 慣れ親しんだアクティ一門の欲張りバージ ...
ヤマハ RD125-II ヤマハ RD125-II
2ストローク二気筒”リトルツイン”。自作Junkyard Special。 胸のすく吹け ...
イタリアその他 その他 マランカ125 (イタリアその他 その他)
MALANCA ― 知る人ぞ知るイタリアの125ccスーパースポーツ、 マランカ125の ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる