車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月15日 イイね!
.
寒いですね~

仕事場は、床が土間(コンクリートのたたき)なので、
エアコンは入れてますが、足元から冷えます。

********************************

さて、先日、名古屋市東部に用事で出かけました。

電話をしたら訪ねようと思った友人が不在だったので、
夕方さてどうしよう?と思いましたが、
閃いたので、とりあえず現地に行ってみました。

自動車博物館としては世界最高レベルの一つでは?と思しき、
トヨタ博物館です。

********************************

いくつか気になっている書籍があるのですが、
なかなか手にとってみる機会がないので、
資料室にあれば閲覧できるかと考えました。

某通販サイトで、気になる品をチェックし続けて、
手頃な出物があれば買うようにしていますが、
そうはいっても金額はかさむので。

********************************

現地に着いたのが夕方4時。

休日なら混んでいる第一駐車場も、平日夕方は特等席に止められます。

受付を訪れ、閉館時間を確認すると、夕方5時までとのこと。
一時間弱の滞在で入館料1000円かぁ、と、
この際3,000円で年間パスを購入すべきかと悩みつつ、
受付嬢に相談してみると、嬉しい誤算!

「資料室の利用は無料です」とのこと!♡

これはイイことを聞きました、ありがとう!とお礼を述べつつ、
飛ぶように別館3階を目指しました。

********************************

平日夕方とあってか、事実上貸切状態。

20年ぶりくらいに資料室を訪れましたが、
あらためて充実ぶりには感心します。

ただ、その後の飛躍的な書籍の増大には対応しきれていないようでしたが、
資料価値の高い、古書店などでもお目にかかれないような、
古今東西の書物の充実はありがたいものです。
閲覧できるだけでもありがたいと思いました。

蔵書の意外なほどの傷みの少なさは、
利用者の少なさを物語るのかもしれません。。。

以前はコピーサービスをしていたように思うので、
ご希望の方は確認してみてください。

***********************************

1時間の滞在、慌ただしい「立ち読み」状態でしたが、
ざっと数十冊をチェックすることに成功。

実は一番のお目当ての本は無かったのですが、

これだけ充実した資料室、
近隣の愛好家の方々にはぜひお勧めしたいと思いました。
.
Posted at 2017/01/15 21:28:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌のご紹介 | クルマ
2017年01月07日 イイね!
真田さん?(笑).
さあ、昨日の問題、

ヒントをお出しする前にご名答をいただきました。

それでは解説を交えての答え合わせです♪


********************************


テールゲートのお祓いステッカー。

” をモチーフにしたものと、

” をモチーフにしたもの(というか、そのまま(笑))二点。


当方は「真田」(さなだ と読んでください、念のため)と思い当たりました(笑)

    ◇    ◇    ◇

”真”の方は、一宮市は真清田神社(ますみだじんじゃ、と読みます)、

”田”の方は、犬山市は成田山名古屋別院(こちらはお寺)のステッカーです。


ひょっとすると、「真田丸」ファンの方かも?(笑)


    ◇    ◇    ◇

他にもいろんな神社・仏閣のステッカーをたくさん貼ってあるのを見かけます。
他所とあわせて貼られるとは想定外かもしれませんね。

上記の”田”印をバンパーにズラリと並べて貼ってあるのを見たこともあります。
ラジオ体操よろしく、皆勤賞ものかも。

色々と”意味を持たせた”貼り方もできるかもしれませんが、
罰が当たっても当方は関知いたしませんので悪しからず。。。
Posted at 2017/01/07 16:52:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマのいる風景 | 日記
2017年01月06日 イイね!
お名前(苗字)かな?(笑).

こんばんは。寒いですね。

新春お楽しみ企画です♪





先日大型スーパーに夕食の買いだしに行った際、
隣のマスに止まっていたクルマ。

何となく気になっていたのですが、
ピン!ときたので帰り際に写してみました(笑)

    ◇    ◇    ◇

少々漠然とした謎掛けですが、
何かお気づきになりましたアナタ!

コメント欄でぜひともご披露くださいませ♪

ヒント①、まずはタイトルを見てね♪

ヒント②は明日のお楽しみ♪
Posted at 2017/01/06 19:22:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマのいる風景 | 日記
2017年01月04日 イイね!
.
遅れ馳せながら、あけましておめでとうございます。

今年一年(に限りませんが)、わたくしども自動車愛好家にとって
良い年になりますよう祈念いたします。

大みそかより体調を崩し、元旦/2日とダウン(完全寝正月)!
ようやく昨日から動けるようになりました。

*****************************************

私事、昨年10月頃よりほぼ無休、
大晦日も夕方、何とか年内の仕事と最低限の家事を片付けたところで
気が緩んだのか急に鼻水やら怠さが襲ってまいりました。。。

実家で家族会議があったので、遅れながら参加。
実父の入院もあり、先方もお疲れの様子で、
風邪をうつしてもマズイ、と早々に退散しようかと思いましたが・・・

   ◇   ◇   ◇

実家(弟宅)も築後そろそろ10余年、
間仕切りの戸がえらく重いので見ると、
戸の重さでレールがヘたったのか「車高短」、
戸車が沈みこんで戸が擦っている状態・・・

これくらいはお安い御用と、ドライバーを借りて”車高調整”(笑)
とりあえず老父母でも軽く開け閉めできるようになり一件落着。

役立たずの長男ながら、「クルマもの」だけには存在感を示せたかも??

   ◇   ◇   ◇

取引先&身内への年賀状をなんとか片付け、
年末分の経理の締めやら何やら、とやっていると正月休みも終わってしまいそうですが、
今年は次の連休まで休業!と宣言しているので、
何とか懸案のユーノス、エンジンだけでも掛けて、車検の手配をしたいと思っています。
まずはキャブを組み立てる「場所」の確保からですが・・・
(要は職場兼作業部屋の片づけ・・・)

   ◇   ◇   ◇

昨年は記事にはしませんでしたが、
「動けばよし」の筈の足グルマのバモスホビオ、
ペダル周りをあれこれ弄っておりました。

軽規格の都合上、足元が狭いのですが、
アクセルとブレーキのペダルの段差が大きすぎてスムーズに運転できず、
折角のマニュアルなのに気分はよくないし、
疲れるし、長時間乗ると腰も痛くなって、と
さすがに毎日乗るクルマ、仕方がないのでユーノスを置いてこちらをやっつけていました。
(といっても年間通して弄っていたわけでもないのですが・・・(笑))

しかしこのクルマ、ブレーキペダルを取り外そうとすると、
ハンドル回りなども殆んど取り外さないと無理なのでは・・・?
マスターシリンダーの整備などどうするのでしょうか??

荒療治の末、踏面の角度等、満足しているわけではありませんが、
何とか長時間運転もできるようになり、
右足がペダルの間を「踊れる」ようになったので、ひとまずヨシとしています。

   ◇   ◇   ◇

ユーノスも、あれこれ構想(妄想?)だけは盛んで、
買い込んだ部品類はそれなりに多数。
シート、ホイール等大物だけでも数セット・・・

置き場も無くなりつつあり、未使用品を放出したりもしています。。。

DIYにこだわり過ぎると、身動きが取れない状態が続きそうなので、
ドゥカティ時代同様、機関等重要部分はプロにお任せして、
最終仕上げや”灸太郎くんナイズ”に手を掛けようかと思っています。


「そういえば冬タイヤに替えないとな~」などと、
何かと理由をつけて先延ばしにしかねないので、
叱咤激励のコメントお願いします(笑)

取りとめのない記述ですが、これにて失礼します。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted at 2017/01/04 12:49:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日々雑感 | 日記
2016年12月19日 イイね!
自身がチーム代表ならどうするか? ―メルセデス、ウイリアムズの悩み ―.
こんばんは。何かと慌ただしい雰囲気です。

*************************************

さて、チャンピオン、ニコ ロズベルグのまさかの引退表明で、
シートが間もなく埋まると見られたストーブリーグ、大炎上です!

(冒頭画像はパスカル ウェーレイン)
(FIA ドライバー紹介ページより)

   ◇   ◇   ◇   ◇

【メルセデスがボッタス引き抜き?】

昨年来、フェラーリが目をつけていると噂のボッタス、
メルセデスが引き抜きを画策している模様です。

確実に最善の結果を持ち帰る実力は当然として、
なぜボッタスなのか?

①メルセデスのチームマネージャー、トト ウォルフがマネージメントに関わっていて、
 ウイリアムズとの契約内容を把握している。

②トトは以前ウィリアムズのチームマネージャー、現在も株主であり、
 チーム内情(懐具合)に通じている。

③エンジン供給元としての強みがあり、供給条件を交渉の材料にできる。

隣のプレーヤーの手持ちカードを知っているような、
ある意味不思議な状況です。

マッサを圧倒しきれなかったあたりが「伸び悩み」のようにも思えるのですが、
ここは(失礼ながら)マッサが健闘した、と評価されるべきなのでしょう。

「ウィリアムズにいては勝てない」と自覚するボッタスとしては
千載一遇の願ってもないチャンスでしょう。

   ◇   ◇   ◇   ◇

【マッサ、引退撤回?】

ファンからもチームからも惜しまれつつ、「幸せな引退」を果たしたはずのマッサ。
ここへきてまさかのチームからの復帰要請との噂です。

来季の大幅な車両規定変更(タイヤサイズ、ウイング規定など)があり、
今年からの継続性(車両評価や方向性の確定など)を保つ必要から、
「ボッタスと同等のドライバーが必要」とチームのコメントです。

最終レースでのパフォーマンスでも、衰えを感じさせない走りを見せましたが、
いざ「じゃあもう一度乗るか」となるのかどうか・・・

ブランクは無いとはいえ、気持ちの上で一旦は緊張感が切れた後、
シューマッハー同様、晩節を汚す結果にならないでしょうか?

   ◇   ◇   ◇   ◇

【ウェーレインには”何か”がある?】

直前シーズン「ハコ」DTM出身とのことで、
ディレスタ並には走るかな?と高を括っていましたが、想像以上でした。
ちょっと変わった髪型は気になりますが(笑)

マシンの能力ではザウバーと五十歩百歩と見られるマノーで、
たびたびのQ2進出に加え、決勝でも上位進出、ポイント獲得まで果たして、
実力の高さは間違いのないウェーレイン。

テストでもたびたびメルセデスのマシンを駆り、
レギュラー陣に遜色のない走りを見せています。

来季は中堅チームに移籍か?と目されましたが、
テスト走行も行い、ヒュルケンベルグが抜けたフォースインディアが選んだのは、
チームメイトのオコン。

マシンの状況を掴むのが非常に優れている、と前評判は高く、
「第二のプロスト」の呼び声もあり、
今年後半戦からの実戦でも手堅い走りを見せましたが、
ウェーレインを破るほどの戦績とは見えませんでした。

ウェーレイン本人も、「なぜフォースインディアに選ばれなかったのか?」と
たいそう不満で、シーズン後、フォースインディアと話し合いを持った様子。

表向き「チームとのコミュニケーション上の理由」とされていますが、
ここに何か【明かされざる真実】があるように勘ぐるのはわたしだけではないでしょう。


①もしや人間性(態度、姿勢)の問題?
 ザウバーで注目を浴びた当時のペレスが本人も認めるように「高慢になっていた」ような、
 ある種の若気の至りといったことがあるのか?

②速さや適応力に、ペレスやハミルトンが拒否反応を示している?
 ペレスは「速いチームメイトが欲しい」、
 ハミルトンは「誰がチームメイトでも問題ない」「チームとしてはアロンソやベッテルはマイナス」
 と発言していますが・・・

 「火の車」フォースインディアとしては、大口スポンサー持込みでなければ、
 何よりもポイントをもぎ取る速いドライバーが欲しいところですが、
 率直に言って今季のオコンの走りは「是が非にも」というレベルだったのかどうか・・・

 大口スポンサー持込みでチームに対し発言力があり、
 ライコネンの後釜としてフェラーリ入りを狙う、とされるペレスにとって、
 自身を上回りかねない”新鋭”(=ウェーレイン)は、将来を脅かす存在でしかないでしょう。

 同様にハミルトンにとって、すでにマシンやチームに馴染んでいる”新鋭”は、
 古巣マクラーレンからのデビューイヤーの彼自身、
 王座を携えて移籍してきたアロンソにとって”厄介なチームメイト”だったことが
 思い出されても不思議ではないでしょう。

 いずれにせよ、来季もウェーレインをマノーで走らせるのは非常にもったいない、と思います。

   ◇   ◇   ◇   ◇

【自身がメルセデスのマネージャーだったら?】

タイトルのかかった最終戦での「ペースを上げよ」オーダー無視の一件、
チーム側は「非常に重く見ている」と、来季出場停止や解雇まで噂され、
最終戦直後の来季用タイヤテストでは”体調不良”を理由に走行を中断した中止、
ウェーレインと交替したハミルトン。

その後、チャンピオン、ニコのまさかの引退表明で、
ドライバーを二人とも失う訳にはいかなくなったチームは
チームオーダー無視を「不問に処す」どころか、
けん責自体が誤りだった、と迷走し出す始末。
見透かすようにハミルトンの発言も再び増長し出しています。
メルセデスとしては扱いきれなくなってきているように思えます。

来季は「エース格」ハミルトン慰留はやむを得ないところかもしれませんが、
チームとしてはニコに代わる「勝てるドイツ人」を望んでも不思議ではないでしょう。

勝てるマシンが欲しいアロンソ、あるいは、
フェラーリとの不和が伝えられるベッテルを2018年に向け獲得を視野に入れれば、
来季だけで「未来のエース」ウェーレインを降ろすわけにはいかない、というのも実情でしょうから、
ウェーレイン起用の場合、ハミルトンの来季末での移籍を念頭に、となるのではないでしょうか。
例えばベッテル、あるいはアロンソと入れ替わり、といった具合に。

   ◇   ◇   ◇   ◇

【自身がウィリアムズのマネージャーだったら?】

長期低迷脱出を賭け、存亡を分けかねない来シーズン。
マッサをメインドライバーに、新人ストロール、という布陣は率直に不安です。

エンジン完全無償、あるいは将来のパワーユニット供給ワークス移行
(つまり現行メルセデスチーム撤退後を睨んで)でなければ、
ボッタスを手放して「目先の違約金+パワーユニット供給費用割引」くらいでは
手を打てないでしょう。パディ ロウ加入となれば、あるいはその布石か?

契約上どうしてもボッタスを引きとめられない場合、
自身なら、マクラーレンと同じ手「ドライバー三人体制」を使うでしょう。

●レースドライバーはウェーレインとストロール。

●テスト・開発ドライバー兼控えドライバー(要所ではFP1担当)としてマッサ。
(二人のドライバーいずれかが期待値を下回る場合に備え「保険」)

スポンサーのマルティーニが、若手二人(一人は未成年)起用に懸念を示している、
との報道もあり、マッサを敢えて「大使」的な役割として帯同させるのは解決策かと思います。

<追記>
但し、”マシンが決まれば速い”マッサでは、
開発担当としての役割には不安あり。

マクラーレン”第三の男”実質ガーデニング休暇の
J.バトンを引き込む、という見方もありますが、
今季終盤の走りを見ても、開発としてならともかく、
レースドライバーとしては難しいように感じます。

   ◇   ◇   ◇   ◇

発表は年明けになる、とのことですが、
以前噂に上ったザウバーへのウェーレイン加入(+メルセデスユニット供給)は
そろそろ時間切れになりそうですね(マシン製作日程上も)。

彼にはメルセデスかウィリアムズで走ってほしいものです。

いずれにせよ、楽しみです。


Posted at 2016/12/19 10:34:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターレーシング | クルマ
プロフィール
「トヨタ博物館の資料室 ― 近郊の愛好家の方、行かなきゃ損だよ! ― http://cvw.jp/b/1333960/39182912/
何シテル?   01/15 21:28
灸太郎くん(キュウタロクン)です。 以前の記事へのコメントも大歓迎です♪ 古典的スポーツカー、GT、レースカー。 特に“血の匂いがする”猫背のベルリネ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
(88) 嘘だ!と思うのなら、一度試して下さい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/02 10:49:14
ミッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/28 17:55:59
夢を追って 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/11 13:23:56
お友達
所有車銘柄・老若男女に関わらず、同行の士は歓迎ですが、
いたずらに人数を増やすことには興味がありません。
コメント・イイね!等、ある程度やり取り重ねた上でお願いします。

「お友達」か否かでコメント・メッセージ等の制限もいたしません。
楽しくやり取り・意見交換できる方を希望します。
41 人のお友達がいます
berlina1994berlina1994 * hiro5150hiro5150 *
f2000f2000 * 彰さん彰さん *
パパンダパパンダ * まー@木更津まー@木更津
ファン
51 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
第三期、またまたユーノス(笑) (新車当時、周囲では誰もロードスターとは呼びませんでした ...
ホンダ バモスホビオ 灸三郎くん (ホンダ バモスホビオ)
ステンレスたわし実験車 ”灸三郎くん” 号です♪ 慣れ親しんだアクティ一門の欲張りバージ ...
ヤマハ RD125-II ヤマハ RD125-II
2ストローク二気筒”リトルツイン”。自作Junkyard Special。 胸のすく吹け ...
イタリアその他 その他 マランカ125 (イタリアその他 その他)
MALANCA ― 知る人ぞ知るイタリアの125ccスーパースポーツ、 マランカ125の ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.