• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年08月18日

ドゥカティ750F1-Ⅰ 純正アルミタンク <追記あり>

ドゥカティ750F1-Ⅰ 純正アルミタンク <追記あり> このページご覧の皆様も経験があると思いますが、
憧れのクルマ(バイク)を購入する際に、
初期のモデルか、後期のモデルか、と悩むことも多いですね。

エンジニアの意図が明確で、デザイナーの理想を描いたのが初期モデルでしょう。
反面、新しいメカニズムの信頼性や実効性に問題がある場合もありますね(ミウラのように)。

メカニズムの安定性や信頼性、さらには性能アップが図られているのが後期モデルですね。
ただ、フェイスリフトの名のもとに、オーバーデコレーションや、美点をスポイルしてしまうもあります
(例えばあえて言えばべレットの最終モデルの外装)。

中古車、というよりヒストリック車として考えれば、歴代オーナーの手入れ次第、といった面もありますし、
珍しいクルマの場合、目の前にある個体以外考えられないケースもあるでしょうね。
一目ぼれ→衝動買い、というのもありますし(笑)

******************************************

さて、わたしの750F1は、初期モデルです(二けたのフレーム番号)。
エンジンは三ケタのシリアル番号ですが、ドゥカティの場合、番号が一致していることはあまりないようです。

発表時には、750TT1レーシングパンタの外装をまとっていましたが(カタログも作られたようです)、
発売時には84年仕様のワークス風外装に替わっていました。
(正直ガッカリでした)
プロトタイプを再現してみたいという気持ちが当時からあるのですが、
実際やった人は今のところ無いみたいですね。

******************************************

さて、話が初めから逸れてしまいましたが、750F1純正のアルミタンクを紹介します。

二重線の旧ドゥカティロゴを持つ湿式クラッチのⅠ型、乾式クラッチ化されたⅡ型はアルミタンクが標準です。デカールを貼った上にクリアコートされています(それぞれ形状は異なる)。
(NCRステッカーは後から当方で貼ったもの)

かなり薄肉の素材のようで、大変軽量です。
(以前空にして計量したのですが、数値を忘れてしまったので、後日記載します)

レーシングパンタよりは数センチ短くされていて、乗車時の荷重を前よりにしていますが、
末広がり部分を削った形状なので、太もも裏での抑えが効かないのが難点です。

<追記>つまり、通常の直進時の乗車姿勢では、膝頭の内側しかグリップできない。
よって減速時はお尻を横に少しずらして内腿で押さえてやるほうが楽です。
<追記ここまで>

後年式の鉄製タンクとは取付け方法も異なり、前側は専用ゴムバンドで留めています。
後部はねじ止めです。
タンクキャップはレーシングパンタTT2と共通の、樹脂製ねじ込み式です。

<追記>キャップの近くの、上に出ている管は、エア通路です。
密閉式キャップなので、内圧を大気圧に保つためのものです。



右側には、スロットルワイヤーの逃げが刻まれて、凝った形状になっています。
(半円断面の凹み部分)





裏面後方は、Rサスユニット上部を避けるように凹まされています。
実質容量は、15ℓ程度です(カタログの表記は誤り。プロトタイプのレースタンクか?)。

<追記>元気良く走らせても、リッター当たり20km程度は走るので、300kmが航続距離の目安です。<追記ここまで>

各部の黒いスポンジは、フレームから浮かせるためで、おそらくノンオリジナルです。
(振動による擦れ、クラック防止)



内側には、バッフルプレートがあり、燃料が揺れないようになっています。
レース対応品の証しともいえます。





燃料タップは、前の方にあり、各気筒独立の手動式タップ(負圧式より変更)がありますが、手が入れにくく操作しにくいので、現在は左側のみ使用(=走行中も操作可能)とし、T字に分岐させています。
サーキット走行含め、燃料供給量は問題なし。内径の細いホースや、とりまわし方によってはタップを二つ使っても供給不足が起こるようです。キャブレターよりも低い位置にホースをとりまわしてやると、フロートチャンバー増量と同じような効果があるのでは?と考えています。



<追記>タンク下面が汚れていますが、キャブレータの吹き返し(というよりガソリン蒸気)によるものです。特に問題はないのですが、掃除してから写せばよかった・・・
ブログ一覧 | DUCATI 750F1 PANTAH | 日記
Posted at 2012/08/18 00:01:54

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

気になる車・・・(^^)303
よっさん63さん

今朝、別れたのに、また再会。。やは ...
もきち☆さん

[SurLuster Pro]オー ...
シュアラスターさん

みんカラ:モニターキャンペーン【ガ ...
風雅堂さん

田中 ミノル の ドラテクレッスン ...
田中 ミノルさん

ハイエース、新型で何が変わった?  ...
セキュリティーのプロテクタさん

この記事へのコメント

2012/08/18 08:27:36
どっちかというと現在モデルの娘がいいですね(特にグラビア系で笑)
コメントへの返答
2012/08/18 10:50:22
最近はきれいなモデル系女子がよくテレビに出てますね。よく似た子もいて見分けがつかなかったりして混乱しています(笑)

個人的には美しい年輪のお姉さん世代も素敵と思います(笑)

パテ多用仕上げはBleu ArtさんやMEEP!さんのようなプロには即見破られそうですね(笑)
2013/04/10 10:08:58
すいません以前の投稿に反応してしまいました。

レース用はそう成っていたんですか!

モンジュイのアルミは・・・・純正のエアープレンタイプで10Lしか入らず(エ~と思いました)
市内は1/10kmしか伸びずなので100kも走れ無かった!
コメントへの返答
2013/04/10 12:09:41
ありがとうございます。投稿いつでも大歓迎です♪

モンジュイ、前方がⅠ型より薄くなっていて、上面が少しふくらんだエアだまりになるような形状だったと記憶しています。

それにしても10ℓで満タンですか?バッフルの形状からエアが抜けない造りだったのでは?と想像してしまいます。

それにしてもスゴイ燃料消費ですね!ウチの2倍…その分高回転域の伸びはさぞや素晴らしいものだったのでしょうね。

この頃までの自由奔放な造りに憧れました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「「自動運転車」なにが起こる? ― ①「自動運転」と「自動走行」 ― http://cvw.jp/b/1333960/40603799/
何シテル?   10/21 16:05
灸太郎くん(キュウタロクン)です。 思想・信条・立場など違えど 共通の話題で交流できるのは良いですね。 記述は残ることを意識しています。 古い記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

重曹ブラストを試してみます 
カテゴリ:科学技術
2017/03/09 11:29:29
 
ミッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/28 17:55:59
夢を追って 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/11 13:23:56

お友達

所有車銘柄・老若男女に関わらず、同好の士は歓迎。

初めての方からのコメント、お気軽に♪
以前の記事へのコメントも大歓迎!

楽しくやり取り・意見交換できる方を希望します。

人数を増やすことには興味がないので、
コメント・イイね!等、やり取り重ねた上でお願いします。
41 人のお友達がいます
Le Bleu ArtLe Bleu Art * hiro5150hiro5150 *
N A B EN A B E * 彰さん彰さん *
ぼうんのうぼうんのう * shiro13shiro13 *

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
第三期、またまたユーノス(笑) (新車当時、周囲では誰もロードスターとは呼びませんでした ...
ホンダ バモスホビオ 灸三郎くん (ホンダ バモスホビオ)
ステンレスたわし実験車 ”灸三郎くん” 号です♪ 慣れ親しんだアクティ一門の欲張りバージ ...
ヤマハ RD125-II ヤマハ RD125-II
2ストローク二気筒”リトルツイン”。自作Junkyard Special。 胸のすく吹け ...
イタリアその他 その他 マランカ125 (イタリアその他 その他)
MALANCA ― 知る人ぞ知るイタリアの125ccスーパースポーツ、 マランカ125の ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.