• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年09月17日

駆け引きの応酬 ― F1ピラニアクラブ ―

.
またまた雨模様です。この秋は涼しいですね。

***************************************

ほぼ確定かと思われている、ルノーによるロータスF1チーム買収、
なかなか発表されませんね。

チームは無い無い尽くしの中、ベルギーでは表彰台獲得!
株を大いに上げましたが、現オーナーからの追加資金投入はない模様で、
売却交渉の余波(=未確定事態発生)で
マルドナードの持ち込み資金も凍結されているとか。

”コストカッター”ゴーン氏の”兵糧攻め”のように思えますが、実態やいかに?

万が一、交渉不成立の場合、
ロータスの行方でひと波乱起こりそうですね。。。

今季のマノー マルシアのように来季の分配金は確定しているので、
引き受け手ナシでの「お取り潰し」はまず無かろうと思いますが、
昨シーズンのケータハムのように、
今季残りレース参戦中断もあり得るかもしれませんね。

となると絶不振のマクラーレンも入賞に近づく??(失礼)

***************************************

レッドブルとは袂を分かつことが確定したようで、
開発済みらしいアップグレード版も「いまさら」投入しないようですが、
ルノーとしては「撤退も視野に入れている」とか。

そうなった場合、「やり手」ゴーン氏が現有F1パワーユニットを
みすみす捨て去るとは到底考えられず、
こちらも開発チームごと売却の可能性を探っているのかもしれませんね。

とはいえ、こちらも「去年より遅い!」など評判さんざんで、
現状「ホンダよりマシ」といったところがセールスポイントでしょうか?!

VWグループ参戦の噂も絶えないので、一枚絡んでくると面白いですね。

***************************************

レッドブルはフェラーリユニット搭載に向け進んでいるようですが、
ルノーの可能性なしで背水の陣となると、
フェラーリ(=フィアット)も、供給条件(=金額)など足元を見てくるかもしれません。

対するレッドブルサイドとしては、
ジュニアチームのトロロッソには本家と別のユニットを使用して(となるとホンダ?)
いざとなれば「交換」ということも視野に入れるかもしれません。

ただ、今期の実績が今のところほぼゼロなのと、
今季博打を打って開発に専念したマクラーレンとしては、
美味しいところをさらわれてはたまったものではないので、
すんなりはいかないでしょうが。

***************************************

今週末のシンガポールGP、
マクラーレン-ホンダ関係者は「ウチに合っているコース」と意気上がっていますね。

パワーがなくてもある程度戦えそう、という何ともな理由ですが、
熟練のドライバーがどこまでやってくれるか、楽しみにしたいと思います。

***************************************

来季から新規参戦の米国はハースF1チーム、
フェラーリのコンポーネントを大量に流用してくるようですね。
(「本体」=モノコックは別物とか)

”実績ある経験者求む”とのことなので、
願わくば可夢偉選手にもチャンスがあれば、と期待したいところですが、
日本のメディアからも名前がなかなか挙がらないのが逆に気になるところですね。

***************************************

以上、不定期連載”F1三面記事”、

例によって写真なしですみません。
.
ブログ一覧 | モーターレーシング | クルマ
Posted at 2015/09/17 14:09:31

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2015/09/17 20:10:13
こんばんは。仕事に飽きたのでみんカラのぞいたら、よい息抜きになりました。

これまで、エンジンがほぼイコールコンディションという環境の中で、レッドブルが空力で稼ぐというビジネスモデルを確立したのに、それを根こそぎFIA(バーニー?)にひっくり返されたので、ぎゃんぎゃん言ってるだけ、という感じが僕にはしていて。

やっぱり現代のレースは総合的なパッケージングなので、コンストラクターよりメーカーの方がアドバンテージあるんじゃないのかな、と。

ただ、がらがらぽんのあとは、メルセデスが新しいビジネスモデルを確立して、よそのメーカーもなかなかキャッチアップできないし、それはそれでなんだかなー感満載なんですが。

ニューウェイの空力にしろ、メルセデスのターボにしろ、
現代のテクノロジーって、キリキリと突き詰めていくとベストな方法論はひとつしかないんですかね。しかもその道は細くて細くて、一人しか通れないようなパイプのようなイメージなんですが(笑)

ウィングカーはいますぐ作れないけど、でっかい扇風機つけて下面の空気吸い出しちゃえ! ってゴードン・マレーがやったみたいな、ざっくりとしてた時代が懐かしいです。って、これ言っちゃぁオシマイなんですけどね。
なのでオシマイです(笑)
コメントへの返答
2015/09/17 22:00:16
お疲れさまです。まだ残業中でしょうか?

規格改定に合わせてリソース注ぎ込んだメルセデス一人勝ちの状況ですが、たまたま当たった、という気もしないではありません。

ルノーが勝手にコケた(開発力も問われていますが、テストができないのでギャップが埋められない)上に開発もケチっているようにも見受けられ、そのあたりがレッドブルの怒りを買っているのではないかと思われます。

テクノロジーの王道はあるのでしょうが、おっしゃるように規約の巾(=方法論の自由度)が無さ過ぎて、エンジンにしても2000年代前半まではVバンク角などにも各社の狙いがあったわけですが、その辺りまで規格化されてしまうと重箱の隅を限りなく突くような、息苦しいような争いになっていますね。

ウイングカー時代は見た目斬新ながら荒唐無稽なマシンもまだまだ見受けられ、子供心にも「これはダメだろー、カッコ悪いし!」なんて思いながらオートスポーツ誌を兄弟で取り合いながら読んでました(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@パパンダ マツダはこのところブランド力強化に力を注いでいるようですね。心血注いだ自社製品への誇りある態度は国産メーカーに一番欠けていたものと思います。」
何シテル?   08/11 15:49
灸太郎くん(キュウタロクン)です。 以前の記事へのコメントも大歓迎です♪ 古典的スポーツカー、GT、レースカー。 特に“血の匂いがする”猫背のベルリネ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

重曹ブラストを試してみます 
カテゴリ:科学技術
2017/03/09 11:29:29
 
ミッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/28 17:55:59
夢を追って 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/11 13:23:56

お友達

所有車銘柄・老若男女に関わらず、同行の士は歓迎ですが、
いたずらに人数を増やすことには興味がありません。
コメント・イイね!等、ある程度やり取り重ねた上でお願いします。

「お友達」か否かでコメント・メッセージ等の制限もいたしません。
楽しくやり取り・意見交換できる方を希望します。
41 人のお友達がいます
エンジェル キングエンジェル キング * ぼうんのうぼうんのう *
f2000f2000 * hiro5150hiro5150 *
yanagidayanagida * まー@木更津まー@木更津 *

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
第三期、またまたユーノス(笑) (新車当時、周囲では誰もロードスターとは呼びませんでした ...
ホンダ バモスホビオ 灸三郎くん (ホンダ バモスホビオ)
ステンレスたわし実験車 ”灸三郎くん” 号です♪ 慣れ親しんだアクティ一門の欲張りバージ ...
ヤマハ RD125-II ヤマハ RD125-II
2ストローク二気筒”リトルツイン”。自作Junkyard Special。 胸のすく吹け ...
イタリアその他 その他 マランカ125 (イタリアその他 その他)
MALANCA ― 知る人ぞ知るイタリアの125ccスーパースポーツ、 マランカ125の ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.