• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

灸太郎くんのブログ一覧

2016年07月22日 イイね!

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その9 装着位置変更の効果 ―

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その9 装着位置変更の効果 ― .
こんばんは。

おかげさまで本業が大忙しの灸太郎くんです。

例年は夏場から秋にかけては金欠になるのですが、
今年は大丈夫かな?(笑)

**********************************

さて、前回予告の通り、ステンレスたわしの取付け位置を変更してのレポートです。

前回給油の翌日、タイトル写真のように、消音器(タイコ)直後、
補強板の前側にたわしを移動させてみました。

補強板の先へはくぐらせられないので、一旦たわしを伸ばして、排気管に巻きつけて針金で留めました。

     ◇     ◇     ◇

面白いことに、バモスホビオは消音器が二つあります。
写真右、白く反射しているパイプはエンジン側から来て一つ目の消音器に入り、
写っていない、画面左で二つ目の消音器に接続されます。
ステンレスたわしを巻いてあるのは二つ目の消音器直後のテールパイプ根元です。

     ◇     ◇     ◇

装着位置を変更しての乗車感ですが、
一番変化を感じたのは、低いギヤでのアクセルon/off時のぎくしゃくした反応、
いわゆる「ドンツキ」が、意識して操作しないと起こらないくらいに減少したことでした。

それ以外にも、以前からのステンレスたわし装着時の特性を強くしたように感じました。

アイドリングではさらに音量が下がり、
エンジンの吹けは、空ぶかし/走行負荷下ともに以前と比べ、
はじめの反応が鈍くなった印象です。
アクセル開度の割にトルク感はあるように感じます。
ギヤを下げる際のブリッピングの際にも、以前よりも意識してペダルを操作しています。
一日乗ったらすっかり慣れてしまいましたが。

乗車感に関しては測定できないのであくまで印象です。
音量が下がったといっても、走行中にラジオのボリュームを絞れるほどではありません。

期待感から改善したように感じるプラシーボ効果というのもよく聞く話ですが、
ツキが悪くなったように感じる、ネガティブプラシーボというのもあるのかどうか・・・(笑)

     ◇     ◇     ◇

今回の使用状況は、
エアコン使用が全体の80%程度(早朝を除く日中すべて)。
アイドリングでのエアコン使用、仮眠は無し。
エアコン使用で高速道路を40kmほど走行。
特筆すべき重積載もありません。

-----------------------------------------

例の如く、燃料計が半分より下がったところでの給油です。

●2016年7月20日 再給油(レギュラー18.25ℓ)

 走行距離 265.3km


 三井系セルフスタンド。前回と同じ給油機。満タン自動停止後一度だけ補充。
 (毎回できるだけ同じ条件)

-----------------------------------------

●1ℓあたりの走行距離=14.54㎞/ℓ

前回より1㎞/ℓほど改善され、14km/ℓ台後半を回復しました。
仮眠休憩や重積載がないので順当な結果かもしれません。

     ◇     ◇     ◇

高速道路での燃費をどう捉えるかですが、
自身の利用頻度が高い、都市部の高架区間などほぼ平坦な区間を想定すれば、
信号の多い一般道を通行するより改善されるのではないかと考えます。

ちなみに高速道路走行時もエアコンを使用したため、
巡航時のエンジン回転数は5000rpm程度までに抑えました。
(5速でメーター読み約100km/h)
高回転でのエアコン使用はコンプレッサーの寿命を縮める、
と聞いたことがあるためです。

コンプレッサー負荷もあるでしょうが、追い越し車線を加速する際、
100㎞/hを超える辺りになると車速の伸びが明らかに遅く、
もどかしさを感じました。

-----------------------------------------

とりあえず現状での走行を続けて様子を見るつもりですが、
オイル消費が多かった最中に、ブローバイ汚れが多く交換したエアクリーナーを再点検してみようと思います。

モノタロウでの廉価社外品を使用中なので、純正品に戻してみるのも一考かもしれません。
2016年07月18日 イイね!

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その8 バモスホビオの車両特性 ―

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その8 バモスホビオの車両特性 ― .
時折涼しくなったりしていますが、
湿度の高い日が続きます。

洗濯もの、干しても乾かないと困るなぁなんて思いつつ、
エアコン+扇風機で対処しています。

弱い日差しでも温度上昇が見込める、
ワンボックスカー車内に竿を渡して干すのも手でしょうか?(笑)

****************************************

さて、今回はステンレスたわしを装着しなおした状態で、
エアコン稼動率80%近い状況での燃費報告です。

今回は仮眠休憩は30分程度。

フル積載+エアコン稼動での走行(数十キロ)を含みます。


-----------------------------------------

燃料計が半分より下がったところでの給油です。

●2016年7月16日 再給油(レギュラー19.07ℓ)

 走行距離 258.5km


 三井系セルフスタンド。前回と同じ給油機。満タン自動停止後一度だけ補充。
 (毎回できるだけ同じ条件)

-----------------------------------------

 ●1ℓあたりの走行距離=13.56㎞/ℓ

 負荷や運転状況の変動があり単純比較の対象になりませんが、
 前回よりは5%強改善されており、はじめの変化が大きかった分、
 観察者としてはヤル気が辛うじてつながったような気がします(笑)


*****************************************

■なぜ初回の伸び代が大きかったのか?

 入手以来、特に発進加速が悪く、クラッチを交換後もセカンド発進は実質無理、オイル消費も過大と、
170000㎞走行のエンジン消耗の事実を身に染みて感じていた時期に知った「ステンレスたわし」。

 意外なほどの効力でしたが、もしかすると当方固有の条件に適合したのでは?という可能性を考えてみます。

 ●劣化の進んだエンジンの、排気系に起因する抵抗・損失が何らかの理由で低減した。
 (燃焼室洗浄前とそれ以後との比較では、たわしの有無による差が小さくなったように思います)

 ●床下ミドシップのアクティ系特有の、排気管長の短さに起因する損失が理由はともかく低減した。
 (フロントエンジン、前方排気の横置きFF車と比べると、2m以上は短いように思います)

 ●排気量・出力の割に車重が重く、乗用ゆえの最終ギヤ比の高さ(バンと比べて)など、元来高負荷な成り立ちに対し、わずかであってもアシスト効果が大きかった。

 このあたりの仮定は実証が難しいので、他車で試されている方の体験記も参考にしてみたいと思います。

*****************************************

 次回は
●ステンレスたわしの装着位置をタイコ直後に移動させての変化の具合

 をレポートしたいと思っています。

面倒ですが一か所ずつ試して、原因と変化の状況、結果を
できる限り数値で把握するのがチューニング効果測定の裏付けをとる作業なのです。
2016年07月17日 イイね!

2016、気鋭の新人が続々と登場する時代 ― F1ニューカマーたち ―

.
こんにちは。
燃費計測に汲々と(灸々?(笑))しておりましたが、
久しぶりにモーターレーシングの話題です。

**************************************

【おことわり】

各F1ニュースサイトを巡回する中で、記事のタイトルに年次が入っていないがゆえ、
「おすすめ記事」などのお節介な表示で、古い忘れかけた記事に「え!」とぬか喜びみたいなことになることが多く、
自身のモーターレーシング記事にはタイトルにすべて年次を入れるようにし、過去記事も加筆訂正しました。

多少でも検索・閲覧に便利になればと思います。

**************************************

2016年シーズンも夏休み直近ですが、
既にメルセデス勢にタイトル争いは絞られた感があります。

そんな中ですが、勢力区分の変化は興味深いものがありますね。

自身の気が付いたポイントを挙げてみたいと思います。


      ◇     ◇     ◇


■マクラーレン/ホンダ、中段グループへの復帰。

アロンソ加入直前の2014年のマクラーレン、最強メルセデスユニットを搭載しながらも、
緒戦での2-3位獲得をピークに、鳴かず飛ばずのシーズンとなりました。

この2014シーズン、前半(ハンガリーまで)で6位、97ポイントを集めていましたが、
今2016シーズンはハンガリーを残し32ポイント、7位です。

獲得ポイント数は1/3以下ですが、直線でたやすく抜かれない、
或いはシルバーストンのような高速サーキットでもウイリアムズより前を走れていた予選/レース内容から見ると、
ホンダ製パワーユニットの戦闘能力はルノーと同程度相当に向上している模様。

むしろハミルトン脱退後「負けぐせ」がついてしまったような、
マクラーレンの車両開発に向上を期待したいところ。
昨年来の「踏んで行けない」マシンでは加速も伸びません。

「殴りかかる以外のチームへの働きかけは全てしている」というアロンソのコメントがありましたが、
元来シーズン中の開発能力にも定評ある(後手に回っている、ともいえますが)マクラーレンなので、
近々予定のパワーユニットのアップグレードとの相乗効果で、後半・終盤戦は表彰台争いを期待しています。


      ◇     ◇     ◇


■結果が出ないフェラーリ

2016シーズン、開幕当初は「メルセデスとのギャップが縮んで勝ちが見えてきた」はずのフェラーリでしたが、不運な展開や、完璧なメルセデスの作戦に阻まれ、昨年を下回るようなレース結果が続いています。

開発面では速さを優先し、信頼性・耐久性を削っている部分もあるのかもしれませんが、
マシントラブルはいただけません。

若干の不安要素としては、開発の方向性が定まっているのか?と外野から見える部分と、
メルセデスに比べ、作戦の想定範囲が明らかに狭い、場合によっては融通が利かないように見えることでしょうか。

昨年は新天地で心機一転のベッテルが想定外の3勝を挙げましたが、
勝負を挑むはずの今季、チームのモチベーションに不安を感じます。


      ◇     ◇     ◇


■続々登場、気鋭の若手ドライバー

電撃移籍・即優勝のフェルスタッペンショックはハミルトンやベッテル登場以来の大きなものでしたが、未来のチャンピオン候補の若手は彼だけには留まらないようです。

◇昨年2015シーズンは不動のテールエンダーだったマノー。
 今季(2016)はメルセデスユニットを得て、コースによってはしばし速さを見せ、
 荒れたオーストリアGPではついにポイントも獲得した パスカル ウェーレイン
 メルセデスAMG入りも噂されますが、ロズベルグが契約を更新しないことは考えにくく、
 同じメルセデス勢への移籍の可能性など、来シーズンの身の振り方が注目されます。

◇昨2015シーズン来、M.フェルスタッペンに注目が集まり過ぎ、健闘ぶりが見落とされていたカルロス サインツ
 同名のWRCチャンピオンの父を持ちますが、「Jr」の称号を拒否する気概です。
 昨シーズンもフェルスタッペンと互角の速さを見せるも、あまりにマシントラブルが多く結果につながりませんでしたが、今シーズンはマシンも安定感を増し、下位からでも順位を挽回してくる力強いレース運びを見せています。
 来季の契約更改が伝えられましたが、こちらも上位チームのレッドブルには空きがなく、トップクラスのマシンにはすぐにはありつけなさそうなのが惜しいところです。ルノーワークスによる引き抜きの噂あり。

◇2016シーズン当初はチーム財政やマシン開発が不安視されましたが、ヨーロッパ転戦に入りフェラーリを脅かす実力を見せるフォースインディア。
 中でもセルジオ ペレスは、定評あるタイヤの使い方のうまさに加え、昨シーズンあたりからここ一番の勝負強さや安定感を増し加え、急激に評価が高まっています。
 上位チーム移籍は難しいのが現状ですが、マクラーレン時代の不評を拭い去る活躍を見せてほしいものです。

◇2016シーズン、緒戦でのアロンソの大クラッシュ・次戦欠場を受け、急遽スーパーフォーミュラ準備中の日本から呼び出され、バーレーンGPに出走した、ストッフェル バンドーン
 いつも変わらぬクールな表情が特徴的で、言動も自身に満ち溢れたマクラーレンの秘蔵っ子。2015シーズンGP2では敵なしの圧勝を見せ、今季はマクラーレンのリザーブドライバーを務めつつ、日本のスーパーフォーミュラ出走中です。
 昨日の富士ラウンドでは一人違ったラインを通るなど試行を重ね、ブッチギリのポールポジション獲得。レースでは惜しくもリタイヤでしたが、日本のレース界にも大きな影響を与えそうです。
 来季はJ.バトンに代わってマクラーレンのステアリングを握ることが予想されます。

◇”プロストを凌ぐ”と噂される、エステバン オコン
 F1本戦未出走のため憶測の域を出ませんが、2015GP3チャンピオン獲得、現在ルノーF1リザーブドライバーを務め、メルセデス育成プログラムからDTM出走中の19歳です。
 リザーブドライバーというと、スポンサー持込みがらみだったりするケースもありますが、二社から引っ張りだこの期待の星のようです。

***********************************************

■勝って「ブレイクスルー」できない、数年来のホープ勢

以上のような評価上昇中の若手が次期シートを窺いつつある中、
セカンドグループのチーム層が薄くなった(=上位3チーム以外は勝てない)影響か、
一世代前の”期待のホープ”の伸び悩みが目立ちます。

◆2015ルマンウイナーとして久しぶりに注目を集めた、N. ヒュルケンベルグ
 F1では2015シーズンから、前述の同僚、ペレスの後塵を拝する場面が増えています。
 ドライ/ウエット混在の難しいコンディションで上位に進出する場面が多いのは、デビューイヤー最終戦でのブラジルGPポールポジション獲得以来の実力派ならではですが、決勝となると不運な展開で上位を逃すことも再三。高評価の割に、F1表彰台未経験なのが意外です。
・上記ブラジルGPではポール獲得しながらも次年度レースシートを失う不運、
・大柄な体格ゆえかアロンソ時代のフェラーリへの移籍も実現せず、
・まだ戦闘力が高かった時代のロータス移籍もチーム資金難で逃す、など、
「ミスターバッドラック」の称号をM.ウェバーから引き継ぐかのような、巡り合わせの悪さが続いています。F1シートを確保できているだけラッキーと見るべきか?
本人の目標はともかく、状況への順応性の高さはWECの方が向いているのかもしれませんね。。。

◆マッサに完勝しきれない、V.ボッタス
 ウィリアムズのテストドライバーを経て、レギュラーの地位を獲得したボッタスですが、
「キャリア終盤のマッサなど足元にも寄せ付けないはず」との大方(であろう)の見方とは裏腹に、
今一つ伸び悩み、未勝利の状態が続いています。
 モナコ、カナダなど、不得意なコースにマシンが全く適応しない不安定要素も大きいですが、チームのシーズン中の開発力の弱さ(例年のじり貧傾向)や、作戦面での工夫の無さも足を引っ張っている要因です。
ピットストップではトップクラスの速さを身に付けたウイリアムズですが、
レースはグリッドから徐々に順位を落としていくような展開が、N.ロズベルグ脱退以来ずっと続いているのが気になります。


      ◇     ◇     ◇


ボッタス曰く「ウイリアムズでは勝てない」という発言が以前にありましたが、

「勝てないマシンでも勝つ可能性がある」 現在の3強ドライバー=ハミルトン・アロンソ・ベッテル。
「マシンが順当なら確実に勝てる」 リカルド・ロズベルグ・バトン。
「何かあれば勝てるかも」 フェルスタッペン・ライコネン・(マッサ)。

ここまでが現状で”勝ちの目”があるドライバーでしょう。

「マシンがよければ勝てるかも」と思わせるのがペレス・グロージャンあたりで、
ヒュルケンベルグやボッタスがここに続くように感じますが、中堅層がドライバー/チームともに非常に薄くなっている近年、フェルスタッペンのような次代の若手に飛びこされてしまう恐れがあるように思います。

特にヒュルケンベルグ、ボッタス、ペレスには、荒れたレース展開などを好機として、
初勝利を挙げることで現状突破を果たしてほしいと思います。

テレビ観戦・Web記事をベースに素人評論、失礼しました。
Posted at 2016/07/17 16:47:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターレーシング | スポーツ
2016年07月16日 イイね!

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その7 たわし脱落危機一髪! ―

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その7 たわし脱落危機一髪! ― .
猛暑です。

このところ業務多忙で、記事が遅くなってしまいました。

1週間で1か月分くらい働いたような気がします。

多分気のせいですが(笑)

*****************************************

ステンレスたわしによる燃費改善効果、
いよいよ満を持して、の筈だったのですが、

タイトルのように、うかつにもたわしを縛りつけていなかったせいで、脱落しかかっていました。
すんでのところで紛失するところでした。

     ◇     ◇     ◇

前回給油後、再装着したのですが、
針金が見当たらず、後で縛ろうと思って忘れていました。

そのうち、信号待ちなど、ガードレールや建物からの反響で、
タペット音のような甲高いカチカチというような音が響くようになり、
燃焼室洗浄でバルブ/バルブシート間のカーボンが除去され、
タペットクリアランスが広がったのか?と思い、さあどうしようか、
と考えていたのですが、ある時、ふと排気出口を見ると、
ステンレスたわしがギリギリのところで踏みとどまっています!

消音器(タイコ)は横置きで、右側からエンドパイプが出るので、
風圧ですぐには飛ぶまいと思っていたのですが、
床下の気流はそう単純ではないようです。

早速押し込んで、たわしの中に残っていた針金でその場で縛っておいたのですが、
今回の走行距離のほとんどは「消音器直後」ではなく、
出口ぎりぎり辺りだったようで、実効がなかった模様です。

装着しなおした後は、甲高いカチカチ音も不思議と響かなくなり、
全体に低めの音質/音量になっています。
とりあえずタペット調整は不要かと思っています。

     ◇     ◇     ◇

ちなみに、自身の場合、ステンレスたわしの取り付け位置は、
厳密にはタイコ(消音器)直後、というより、数センチ後ろになります。


写真左端が消音器、数センチ後ろにテールパイプ取付け補強板のようなものがあり、ドーナツ状のままではたわしを通せないので、ステンレスたわしはその直後に取り付けて、補強板の穴に針金を通して留めてあります。

たわしをほぐすか引き延ばして補強板と消音器の間に取り付けると、変化があるかもしれませんね。

*****************************************

また、燃焼室洗浄に至った大きな理由のオイル消費、
給油時にはオイルレベルを確認していますが、
今のところ目立ったオイル減少は見られません。
既にオイル交換から700㎞以上走行しているので、
こちらはほぼ復旧できたとして良さそうです。

-----------------------------------------

いつものように、燃料計が半分まで下がったところでの給油です。

●2016年7月10日 再給油(レギュラー17.29ℓ)

 走行距離 222.0km
 (ステンレスたわし位置がずれた状態。距離の6割程度エアコン使用。
 他にエアコン使用、アイドル状態での計2時間程度の仮眠休憩含む)

 三井系セルフスタンド。前回と同じ給油機。満タン自動停止後一度だけ補充。
 (毎回できるだけ同じ条件)

-----------------------------------------

 ●1ℓあたりの走行距離=12.83㎞/ℓ

 今回は期待したほど伸びていません。
 長時間のアイドリング、エアコン使用が響いた可能性が大きいように思います。

 ステンレスたわし使用前の、エアコン使わない時期の平均12㎞/ℓ程度は維持できているので、
 とりあえず様子を見たいと思います。
2016年07月04日 イイね!

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その6 軽視できないタイヤ内圧 ―

ステンレスたわしの燃費改善効果 ― その6 軽視できないタイヤ内圧 ― .
こちらは夕立がやって来ました。

梅雨明けにはまだ早いですが、
真夏のような天気です。

洗濯をしようと思って準備していましたが、
雨が上がってからにします。

*****************************************

さて、前回予告の通り

●ステンレスたわしは一旦取り外したまま。

●左前を除き、かなり下がっていたタイヤ空気圧を補正。
 (あくまで給油所のエアスタンドでの補給なので厳密ではありません)

●エンジンオイルを正規のガソリンエンジン用10W-30、
 (交換前のディーゼルエンジン用と同粘度)に交換。
 同時にオイルフィルターも交換。
 (ホームセンターのタイヤ・オイル交換ブースにお任せ。銘柄不詳。オイル量はゲージで確認)

以上の状況での燃料消費を測定しました。

ちなみに、指定空気圧に合わせた乗車感ですが、
特に大きな変化は感じません。
期待した、転がり出しの損失の変化も体感するほどではないようです。

同様にエンジンオイル交換も体感できる変化はありませんでした。
(乗車感、排気臭など)

●タイヤ銘柄=ダンロップ エナセーブ 145R12 6PR LT(貨物車用)

 (車両入手後、即交換)。

 タイヤに関しては特に強い印象はありませんが、現状で不満はありません。

-----------------------------------------

いつものように、燃料計が半分まで下がったところでの給油です。

●2016年7月4日 再給油(レギュラー14.87ℓ)

 走行距離 220.5km

 (ステンレスたわし取り外し。距離の6割程度エアコン使用。
 エアコン使用、三名乗車で名古屋市街地まで往復一回、
 他にエアコン使用、アイドル状態での15分程度の仮眠休憩含む)

 三井系セルフスタンド。前回と同じ給油機。満タン自動停止後一度だけ補充。
 (毎回できるだけ同じ条件)

-----------------------------------------

 ●1ℓあたりの走行距離=14.82㎞/ℓ

 同条件ではありませんが、前回にはない小排気量車には厳しい条件を含んだ状況下。

 厳密には参考記録となりますが、前回比10%の向上を果たしました。

 一連の整備前の平均燃費12㎞/ℓとの比較では23.5%の向上です。
 伸び代としては、燃焼室洗浄と同程度と見ることもできそうですが、
 参考程度に受け取っていただきたいと思います。

*****************************************

今回の結論としては、

 ●タイヤ空気圧は少なからず燃料消費に影響がある。

とすることができると思います。

燃料消費以前に、走行性能への影響や、
高速道路でのバースト、急制動時のグリップ低下等を考慮すると、
適正空気圧を保つことは重要であることは言うまでもありません。

今回はステンレスたわしに言及することはありませんでしたが、
参考になれば幸いです。

-----------------------------------------

次回は、「満を持して」

●正常な空気圧・本来のエンジンオイル・燃焼室洗浄後の状態で、
 ステンレスたわしを再装着しての燃料消費の状況をレポートします。

 時節柄、エアコン稼動状態でのレポートになるかと思います。

.

プロフィール

「大破炎上しても「不時着」?! http://cvw.jp/b/1333960/40571636/
何シテル?   10/13 23:48
灸太郎くん(キュウタロクン)です。 以前の記事へのコメントも大歓迎です♪ 古典的スポーツカー、GT、レースカー。 特に“血の匂いがする”猫背のベルリネ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

重曹ブラストを試してみます 
カテゴリ:科学技術
2017/03/09 11:29:29
 
ミッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/28 17:55:59
夢を追って 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/11 13:23:56

お友達

所有車銘柄・老若男女に関わらず、同行の士は歓迎ですが、
いたずらに人数を増やすことには興味がありません。
コメント・イイね!等、ある程度やり取り重ねた上でお願いします。

「お友達」か否かでコメント・メッセージ等の制限もいたしません。
楽しくやり取り・意見交換できる方を希望します。
41 人のお友達がいます
f2000f2000 * shiro13shiro13 *
Disco-4@東京Disco-4@東京 * hiro5150hiro5150 *
10261026 * パパンダパパンダ *

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
第三期、またまたユーノス(笑) (新車当時、周囲では誰もロードスターとは呼びませんでした ...
ホンダ バモスホビオ 灸三郎くん (ホンダ バモスホビオ)
ステンレスたわし実験車 ”灸三郎くん” 号です♪ 慣れ親しんだアクティ一門の欲張りバージ ...
ヤマハ RD125-II ヤマハ RD125-II
2ストローク二気筒”リトルツイン”。自作Junkyard Special。 胸のすく吹け ...
イタリアその他 その他 マランカ125 (イタリアその他 その他)
MALANCA ― 知る人ぞ知るイタリアの125ccスーパースポーツ、 マランカ125の ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.