• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

海辺のバカボンパパのブログ一覧

2017年06月14日 イイね!

280SEエンジン

JEEPが終わって、入れ替えでメルセデスベンツの280SEが入庫しました。

以前、フルコンで動かしたのですが、エンジンがかなりくたびれており、思うようなセッティングにならず、別のエンジンを基にエンジンの加工&製作を行っていた車両です。

腰下は、メインメタルと紺ロッドメタルでおおよそ50万円以上。

そんなお金をかけられないということで、さらにもい一基エンジンをばらして、クランクジャーナルなどの計測を行い、使える中古のメタルを選んで組み上げました。

ヘッドは自社でバルブ研磨とシートカットを行い、すり合わせして、ヘッド面のすり合わせも行いました。



ロッカーアームは12個新品に。

先週アメリカから部品のすべてが届いたので、本日エンジンの組上げをしました。

エンジンをよく見ると、この後組み上げる予定の日産のL型エンジンにそっくり。



いや、日産のL型がベンツのエンジンにそっくりなんだ。

Posted at 2017/06/14 23:43:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月02日 イイね!

で、JEEP終了!

その翌日、JEEPのエンジンを車体に搭載し、昨日エンジン始動!

点火時期合わせて、点検していたら、排気漏れが気になりました。

なので、本日排気漏れの場所を特定し、EXマニホールドを取り外して確認。

ヘッド側のフランジが3気筒まではそろっているのに、1番シリンダー部分だけが低いので排気漏れしてました。

早速フランジを面研して取り付けようとしたら、フロントパイプ側も気になったのでこちらも面出し加工。



フロントパイプの差込口のフランジより出ているパイプが、錆びて穴が開いてるので、ガスケット2枚重ねで解決。

頼まれていたメルセデスベンツ190Eの2,5-16Vの純正ラジエターの修理です。

修理というより製作だよな~。

アルミでサイドタンクを製作して純正と同じ取り付けでというリクエスト。



先ず片側はいい感じで出来上がりましたが、問題はA/Tクーラー側ですね。

Posted at 2017/06/02 18:06:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月29日 イイね!

どんどん行くよ~!

テスタロッサの12連スロットル&日産ECU&油圧パワステ化がひと段落。

次は、1950年代のJEEPのエンジンオーバーホール。

載っていたエンジンは使い物にならない状態だったので、代わりのエンジンを探して、それを洗浄し各部を点検。

必要な部品を手配しておいたのが、昨日の夕方に届いたので、早速機能の寄りからエンジンを組み始め、本日エンジン組みあがり!



吸気がプッシュロッドで排気がサイドバルブのF型エンジンというものらしい。

まったくそんな知識もなく、ただばらして洗浄し点検し、ごく普通のエンジンと同じく常識的にく見つかればいいだけなんじゃないのかな~??



JEEPが終わったら、



次はルノーキャトルのエンジンやらないとな~。

ルノーA110のリアのスプリングを純正同等というバネに交換して1か月ほどで、どうやら3cmほど下がってしまったようで、こちらもこのバネを捨てて、ショックケースに車高調整式のアダプターを使って、直巻きにするかな~?

製作途中のアルピナB7Turbo3.5L改4Lのエンジンも組み上げて、これは載せたらタコ足やインタークーラーやらやること満載。

コブラの型取り車も借りてきて、型どりしなきゃだし。

1936年式Auburn852も、ライトスイッチ類の修理。

自分の190Eも300TEもやりたいのにさ~😿。
Posted at 2017/05/29 21:56:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月24日 イイね!

テスタロッサのパワステ出来上がり!

テスタロッサのパワステ、出来上がりました~。

結構隙間が無いので、部品も選ぶの大変でしたが、取り付けブラケットさへも半分にしてから中で組み立てなければならないほどです。

先ず、本来純正のステアリングラック取り付けブラケットを切り落とします。

それで今回付ける国産の油圧式ステアリングラックの取り付けブラケットが純正のラックのある穴に入るかというところから選別です。

国産ラックには片側がラックに鋳込みのブラケットが付いているものが多く、これもそのブラケットがテスタロッサのラックの穴に対角線上でギリギリ入ります。

次に、新しいラックを取り付けるための板を切り出します。

しかし、この板がラックの穴に入ってくれません。



そこで横に半分に切り、左右を間違わない様にわざと左右で高さを変えて半切します。

ラックの取り付け穴に半分ずつ通して、車体にボルトで4か所固定。

更に、板の真ん中が反り上がるので、押さえ板を溶接して起き、そこをボディー側からもボルトで固定できるようにします。

足りないラックのエンドまでのアダプターも、国産側がM12Xp1.25、テスタ側は1/2インチの20山のユニファイ。



これで先ずは取り付けるための下準備完了。

次にラックを通しますが、先ほど板の固定に使ったボルトの頭が邪魔で、ラックが通りませんので、1か所だけボルトを外します。

ここまでしなければラックが通ってくれなんです。

ラックの左右の位置と、ラックからステアリングシャフトへの向きを確認していよいよラックの取り付け一の穴を決めます。

ラックは45度ほど傾けて固定することになるため、ボルトを固定するための45度斜めカットしたスペーサーが必要になります。

ラックは10mmと12㎜のボルトそれぞれ4本で固定です。

ステアリングラックの左右とステアリングシャフトの油圧配管を作って、油圧の電動ポンプをトランクルームに取り付けます。





電源やアースを引いて電源オン。



モーターが回ってステアリングが軽々と動きます。

これでこのテスタロッサも車庫入れが楽になるんでしょうね~。

この後電気配線などのまとめを終えたら、いよいよ12連スロットル日産ECUのROMの実走セッティングです。

燃費悪そうだな~😿

で、このテスタロッサの純正ステアリングラックは、ヨーロッパで買うと50~60万円ですが・・・・・

そうそう、ハンドルの奥にあるライトスイッチが壊れていて、ヘッドライトが消えないのでスイッチを交換するのに、国内でテスタロッサの純正スイッチ類を見積もると、30数万円。

しかし、とある外車と同じものを使っており、配線とカプラーが異なるだけだそうで、これを買ってハンダでつけて終わり。

こちらが4万円弱。

そして、タイロットエンドのブーツも破れていたので国内で調べると、片側2万7千円。
ヨーロッパでスト6千円しませんでしたが、私が取り寄せるの手間なんで・・・・

てな感じで形になりました。

そして、以前から買ってあった、バルブ研磨機。

やっと活躍の場が訪れたので、ジープエンジンのバルブをリフェースしてみました。



そしてシートカッターもあるので、バルブの径に合わせてシャフトを旋盤で切削して作り、シートカットして摺合せも終了!

やる気出せば出来るんだけど気が乗るまで時間かかるんだよな~(笑)


Posted at 2017/05/24 17:08:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月14日 イイね!

テスタロッサのパワステ化

作業中のテスタロッサですが、事故でステアリングラックが曲がっており、ハンドルが他のテスタロッサより重い。

というので、純正を調べてみると、とんでも無い価格で😿

で、いつもの国産部品の流用で、油圧のパワステにします。

   しますというと簡単なようですが、これが・・・・。

まず、右ハンドルの物を左ハンドルに使う。

ハンドルのシャフトの位置や、取り付けブラケットの問題、油圧パイプの事など、頭で考えても仕方ないし、かと言って部品の図面があるわけでもないので、ひたすら中古部品を買いあさってみる。

で、これ使えそうだな~というものをゲット。


しかし、純正のステアリングラックの取り付け位置では油圧配管が全くダメ。

そこで、純正とは真逆の面にブラケットを付ける板をまずは製作。





しかし、この板が一枚物のままでは収まらず、2分割にして先ずは取り付けてみる。

次に、ステアリングラックを通してみようとすると、やはり通路に対して対角線上でやっと入るくらいギリギリ。



取り付けの角度はステアリングシャフトをまっすぐに持ってこれる角度まで寝かして、それに合わせてブラケットを製作。



タイロットエンドのアダプターも左右共に切削で製作し、本日は部品を仮止めしてみました。



Posted at 2017/05/14 18:58:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「280SEエンジン http://cvw.jp/b/1336627/39938061/
何シテル?   06/14 23:43
海辺のバカボンパパです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CRM50 ホンダ CRM50
ホンダ CRM50に乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.