車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
【終了報告】Be a driverなオフミ2016 最終戦皆さん、こんばんわ(^-^)ノ

本日(正確にはもう昨日ですがw)、キョウセイ・ドライバーランドで開催しましたBe a driverなオフミ 2016の最終戦、無事に終了しました。

参加された皆さん、お疲れ様でしたm(_"_)m

競技は「ドライバーの上手さを競う」という趣旨で、マツダのSKYACTIVに塔載されているi-DMと、iPhoneアプリのG-Bowlアプリを組み合わせて使用します。

SKYACTIVのオーナーになれば、i-DMのスコア5.0点を取る事はそう難しい話ではないのですが、ドライバーは自然と「5点を取る走り」をするようになります。それはそれで良いのですが、走る道も走り方もドライバーの自由に任せてしまっては、i-DMスコアでドライバーの優劣は判りません。仮に走る道を定めたとしても、そこを自由なペースで走られては、やはりi-DMスコアでドライバーの優劣は分りません。

そこで、G-Bowlアプリの「目標G」という機能を利用してコースを走るペースや走り方に縛りを掛けてやります。
今回は昨年の最終戦で好評だったキョウセイ・ドライバーランドを借り切って、クローズドコースを思い切り走って上手さを競いました。

最終戦の勝敗もさることながら、この一戦で年間ランキングが確定し
こいつらが誰の手に渡るのか?という点でも大変注目の一戦でしたが、結果は遂に!poyoyon2さん初優勝♪♪♪

この優勝で年間ランキングでRYUSUクンを逆転し、第3位のトロフィーを持ち帰ることになりました(^-^)。RYUSUクン、残念だったね(^^;

年間チャンピオンはみんこりーさんが2位に入って昨シーズンに続き二連覇♪
ご主人のちぇんさんもシリーズ準優勝を確保して、昨年一年保持していたトロフィーをまた持ち帰って頂くことになりました(^-^)。

最終戦3位にはJOUSUIさんが入ってスポーツ走行経験者の意地をクローズドコースで見せてくれました(^-^)b。

午前中で競技を終えた後は、折角のクローズドコースということで特別メニューを用意。
昨年はコースを全く知らなかったということで参加者の満足度とは裏腹に、主催者としては悔いの残る内容で、今年の開催には密かにリベンジを期していたのですが、参加者は昨年にも増して大変満足してくれたようです。(^^v)

どんな内容で参加者が個々に何を感じたかは、追ってそれぞれが報告してくれるでしょう(笑)。

さて大好評を受けて来年の開催も参加者全員が希望ということで、場所は12/9(土)に確保しました♪

興味のある方は是非!来シーズンの参加をご検討下さいw
Posted at 2016/12/04 02:01:33 | コメント(7) | トラックバック(5) | i-DM:オフミ情報 | 日記
2016年12月02日 イイね!
【JNCAP2016】「対歩行者自動ブレーキ」でアクセラが最高評価だそうな国土交通省が発表した2016年度上期の予防安全性能アセスメントの結果で、今年度から追加となった「対歩行者自動ブレーキ」に於いてアクセラの大幅改良モデルが最高評価(24.5/25)だったそうです。

因みにこの分野では恐らく一番のブランド力であろうスバルのアイサイト搭載車は22.0~23.5でした。

各メディアがそれぞれ伝えていますね。
【JNCAP2016】アクセラ、対歩行者自動ブレーキで最高得点(response.jp)
【JNCAP2016】マツダ アクセラ、予防安全評価で最高ランク「ASV++」を獲得(response.jp)
国交省、日本初「対歩行者自動ブレーキ」の評価結果公表。マツダ「アクセラ」が最高点24.5点獲得(carwatch)

勿論、宣伝の下手なwマツダ自身も
「マツダ アクセラ」、2016年度自動車アセスメント予防安全評価において最高ランク「ASV++」を獲得

ボク個人はこの手の安全装備の性能の優劣でクルマを選ぼうとはあまり思わないのですが(^_^;)、世間一般wではやはり安全に対するニーズは高く、いち早くブランドイメージ(「ぶつからないクルマ」ってヤツね)を確立したスバルが一歩先を進んでいると思っています。

現実には既に各社のこの手の機能に決定的な差は無くなっていると思っていて、アイサイトじゃなきゃダメ、なーんてことは無い筈ですが、そこら辺がブランドイメージの恐いところです(^_^;)。

マツダに関して言えば、改良アクセラ以前のi-ACTIVESENSEはMRCCが30km/h以下は非対応、衝突軽減ブレーキの歩行者認識も非対応とアイサイトとは明確な差が存在しましたが、一応スペックではほぼ並んだ、というところ。

ただエンジンの馬力が同じでも加速力や最高速に差があるなんて話と同じで、メーカーがカタログに謳う機能や性能が並んでも、実際の性能が同じなのかは、こういった第三者機関の横並び比較が無ければ見えてきません。

その点でアクセラが少なくともアイサイト搭載車を試験結果で上回ったというのは、後発メーカーなら絶対に必要なことで、最低限のハードルは超えたって事ですね。マツダはイイ仕事をしました(^-^)。

ただ、、、d(^_^;)

この結果(成果)を如何にしてブランドイメージ(平たく言えば「i-ACTIVSENSEはアイサイトより優れている」という評判)に繋げるかは恐らくマツダがもっとも下手クソな分野(苦笑)なので、まぁ頑張って欲しいですね。

余談ですが、メディアの発表を受けて自動車事故対策機構のホームページを見に行ったんですが、流石は国土交通省管轄の独立行政法人w。
かなり真面目に時間を掛けて見ないと良くわかりません(^_^;)。
2016年度評価結果は車種毎に結果だけを見易く表示していますが、各評価の具体的な内容だとか、項目毎の試験結果だとか、仕事の合間に覗き見するには難解でしたねA^_^;)。

燃費性能のJC08モードがそうであるように、試験内容がどういったもので、それが優れている事イコール安全性能が本当に高いのか?これに一定の納得感が無い限りは評価結果を素直に受け止められないワケです。しかしクルマに興味に無い多くの一般消費者はそんなことまで気にしないし(苦笑)、メーカーの宣伝やこういった第三者機関の評価結果だけで、商品の優劣を判断してしまいます。

自動車の安全性は永遠のテーマであり消費者の関心も高いワケだから、本来はメディアがもっと取り上げても良いと思うんですけどね、、、(苦笑)

同セグメントのライバル各車を集めて箱根の峠で「ここがイイ」「あそこがダメ」なんて寝言を並べるより、谷田部などの試験場に持ち込んで安全装備の性能比較なんかをやって、メーカーの謳い文句と実際の性能の差異、だったり、各車の横並びの性能比較、或いは機能的な差異の有無を浮き彫りにすれば、クルマ好きじゃない消費者だって雑誌を買ってくれるかもしれんのに(爆)。

そういった手間暇の掛る試験はお役所の外郭団体に任せて、お手軽に結果だけをパクって紹介って、それだけでイイならシロートのボクにだって出来ますょ(笑) やらないけどね(^^;
Posted at 2016/12/02 11:29:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | マツダ | 日記
2016年11月28日 イイね!
オカマ掘られましたw昨日、カミさんの予てからの野望wを叶えるべく浅草近くのかっぱ橋問屋街に赴いたその帰り道。

3車線道路の大きな交差点の先頭に止まって信号が変わるのをボケーっと待っていたら、突然クルマがガクッと動いてエンジンが停止(・_・;)ヘッ?

停車中なのでi-STOPでエンジンは止まっていたワケですが、それはまるでMT車でブレーキを踏んだままクラッチを誤って繋いでしまったような挙動。メーター内のチェックランプが一斉に点灯して、i-STOP中にエンストした(爆)と知れたワケですが、当然、直後は一体何が起こったのか皆目分かりませんでした(^_^;)。

一瞬の動転の後、クルマを降りて背後に回ると、軽バンのフロントバンパーがアテンザのリアバンパーに接触してました(^o^;)。

軽バンの彼に話を聞くと、どうも信号待ちで一旦ウチのクルマの背後に停車したものの、眠気でうとうとしていてフットブレーキが緩んで、クリープして当たったよーです(苦笑)。

取り敢えず警察を呼んで事故処理して貰いましたが、タイトル画像の通りで擦過傷が2箇所くらいな上に、気を付けて見ないと気付かないレベル。ドライバーの彼は若く、こういった事故は初めてだそうで恐縮しっぱなしでしたが、ムチ打ちになるような酷い追突でもないし、クルマの損傷も微々たるものです。
何度も「大丈夫だから、そう気を落とさないで」「心配しなくて良いから」と肩を叩いて慰めてあげました(苦笑)。

事故の直接原因は「居眠り運転」なのですが、そうすると道交法上は処罰が重くなるため、そこは警察の方とも口裏を合わせて(爆)、物損のみの示談という形にして貰いました。

軽バンが会社所有であったため、昨日のうちに勤め先の責任者から連絡も貰えて、今日先ほど自動車保険会社からも連絡があり、保険(勿論、全額先方持ち)で修理(というかリアバンパー交換)となりましたので、まぁ一件落着ですね。

因みに工賃諸々込の修理見積りは\85,141でした(^_^;)。

不幸にして事故に遭ってしまった場合、勿論クルマの損傷度合いもあるでしょうが、ヒステリックに騒ぎ立てる被害者、というのを良く聞きます。

ボクは幸い運転歴が長くて何度か事故を経験していますが、結局、感情的に騒いだところで起こってしまった事故はどうにもなりませんし、ジタバタしても何も解決しません(^_^;)。

ドライバーの彼や勤め先の方とも昨日電話で話しましたが、極めて善良wで電話の向こうで恐縮しまくっているワケですが、こっちが悪くないことをイイことに威圧的な態度を取ったって、何か良いことがあるワケではありませんし、ボクなどは「そういう態度って大人としてどーなの?」なんて思うワケですね(^_^;)。

問題はむしろ、事後処理を如何に円滑に進めるか?という点で、先ずは警察に届けて事故処理をして貰わないと自動車保険が使えませんし、過失割合が微妙になりそうなケースでは、ドライブレコーダーの記録などは大変有効です。今回はドラレコ動画の出番はなく責任の所在は明確でしたが(^^;)。

初めて事故に遭う/事故を起こした時って誰だって動転すると思うし冷静で居られる人は少ないと思います。大事な愛車が多少なりとも壊れるワケで、そのことのみ考えても切ない話ですしね。

しかし万一そういったことになってしまった場合には努めて冷静に。そして警察と保険会社にタイムリーに連絡を取ることを忘れずにd(^_^;)。
Posted at 2016/11/28 12:59:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | アテンザ 25S | 日記
2016年11月23日 イイね!
危なかった…(;゚д゚)今日、久しぶりにNSXのエンジンに火を入れました。

前回動かしたのがF1日本GPの翌日なのでひと月以上前?
最近寒くなってきたのでちょっとヤバいかも?と急に思い立って引っ張り出したのですが、セルが

キュ…キュルル…キュルキュルドゥン!

ま、マジでヤバかった(^0^;)

もう一週間ほっといたらエンジンかけられなかったかも?(汗

取り敢えず昼間にそこそこの距離を走って充電に努めたので、急にどうこうは無いハズ(;^_^A

で、どこに行ったかというと…

ちょっと柏までw

ナニをしてたかはお会いしたご本人から報告があるでしょう(^_^;)
Posted at 2016/11/23 21:14:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX | 日記
2016年11月21日 イイね!
魂動デザインの不満点wこのタイトルを見た瞬間、一部のマツダ関係者はドキッとしたハズw
特に玉谷さんなんかww

ぃゃ別に大それた話ではないし、もしかしたらボクにしては極めて珍しい切り口かもしれませんf^_^;)。

マツダの魂動デザインは個人的にも凄く気に入っているし、一般的にも高く評価されています。今更言及するまでもないですが、、、

ただデザインをやや優先したが故に実用性というか、多少なりとも犠牲になっている面はあります。そしてそれは恐らくデザイナーご自身が「承知の上」であろうから、例えばオーナーの何人かが「XXが不満」と記したところで、きっと何も心に響かない、、、と思ってますょd(^_^;)。

そこまで承知しているボクが敢えて「不満点」と指摘する部分、果たしてデザイナーの方々が「むむむっ!?」と思ってくれるか否か?(^<>^;)

それが何か?というとコレ↓です。

ウチのアテンザはフラッグシップだしイチ推しカラーのソウルレッドだし、いつも綺麗な状態で乗って、見る人に「おっ!」と思われたいw。幸い屋根付き駐車場保管の上、ガラスコーティングをはじめ降雨に伴って汚れが流れてくれるような表面処理もしていて、あまり小まめに洗車をしているワケでは無いw割には、結構いつもそこそこ綺麗に乗っている・・・方だと思います。
お友達は皆、会う度に「いつも綺麗」と言ってくれますょw

と・こ・ろ・が、、、(^_^;)

雨に濡れても雨ジミなどにならずに流れたり乾いたりしてくれて、ボディの大半が綺麗に保たれているのですが、このリアバンパーの上部だけは、付着した水滴に埃が載って、ご覧の通りの汚れが残ってしまいます(ーー;)。

実はココ、アテンザ以前のアクセラ(BL)でも同様で、別に魂動デザイン特有ってワケではないのですが(苦笑)、ボディの大半が概ね綺麗に保たれている一方で、ここだけがいつも汚いというのはオーナーとしては非常に気になります(^_^;)。

逆にボディ全体が汚れてくれりゃぁ観念して洗車するんですがねA^_^;)

実はここの汚れがもうちょっとなんとかならんか?という事で疎水性のコーティングをここだけ塗ってみたり色々試したんですが、どーも上手くありません。結局降雨時の帰宅後、ここの部分の水滴だけ拭き取ってやらないと汚れを防げないとの結論に至り、次期型ではデザインでなんとかならんの?ということで書いてみました(笑)。

それからコレ。

Aピラーの根元を手前に引いてFR車のようなプロポーションを実現したというのが魂動デザインの特徴であり売りですが、このAピラーが作る死角は依然として小さくはありません。
そらカーテンシールドエアバックを収める機能要件などで細くするには限度があるのは承知していますが、もうちょっと形状を工夫するなどして、ドライバーから細く見えるようには出来んですかね?A^_^;)

アクセラ(BL)は酷かったwですから随分とマシにはなっていますが、それでも稀~にこのAピラーにものの見事に隠れてくれる歩行者とかが居て、ヒヤッとはしませんがドキッとすることはあります。

新型CX-5も35mm、Aピラーの付け根を手前に引いたそうですが、ピラーの太さが作る死角はやはり細くしないと小さくはなりません。

どーぞよろしくお願いしますw。。。(^人^)
Posted at 2016/11/21 18:38:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | マツダ | 日記
プロフィール
「オフミの特別メニューでやったフルブレーキングからのターンインd(^_^)
G-Bowlアプリを使って「G一定」とか「Gオーバーはダメ」と知識では知っていても、じゃぁ限界域でGオーバーwしたらクルマはどうなるの?というのの実体験でした(^-^)。」
何シテル?   12/06 11:28
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50
社外サスとタイヤの接地性 
カテゴリ:ブログ
2016/01/23 06:47:58
運転が上手いということ 
カテゴリ:ブログ
2016/01/20 23:12:19
お友達
募集していません。
73 人のお友達がいます
弄りキッズ弄りキッズ * まじんぶぅまじんぶぅ *
みんこりーみんこりー * nofannofan *
如月 澪如月 澪 * え-さんえ-さん *
ファン
522 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 前家族車[前ファミリーカー] (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2011年12月18日に納車された。 購入に至る顛末をブログに綴っているのでそちらを参照 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.