• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タッチ_のブログ一覧

2017年11月22日 イイね!

東京モーターショー2017雑感:ホンダ編

東京モーターショー2017雑感:ホンダ編ちょっと時間が空いてしまいましたが、今年のモーターショーの雑感を残しておこうと思います。

個人的な都合で一般公開初日の午後数時間しか会場に居られなかったのですが、前回の教訓もあって、メインのマツダ、ホンダのブース以外にも主要(というかボク個人が注目している)各社のブースも一応、チラッと覗いてきました(^_^;)。

ということでメーカー別・トピック別に書こうと思ったんですが、例によって長くなりそうなのでw、メーカー毎に一本にすることにします。

先ずホンダ

つまらんかった(爆)。
ホンダは、彼らのアニュアルレポートに示している通り、2030年までにグローバル販売の2/3を電動化車両に切り替える方針で、前回モーターショー(2015)のクラリティのFCV、その車台を使い回した今回のPHEVもこの方針に沿った動きです。加えてUrban EV Conceptと称するEVと、この車台を活用したSports EV Conceptをワールドプレミアしたことも、やはり会社の方針に沿った動きであって、本来はケチの付け処ではありません。

でもですねぇ。。。(^_^;)

イヤ全くときめかなかったというか「ふーん」という感じだった自分が居たのが現実だったんですねぇ(汗

ボク自身がEVに対する興味が薄いとか、どうもそういう問題では無さそうで、このホンダ・ブースを見る自分の"冷めた目線"の原因は一体何なんだ?と自問自答したのですが、どうやらボクは本格的にホンダに対して冷めちゃったようです(苦笑)。

ホンダのアニュアルレポートには、2030年に向けてホンダがどう在りたいか?を謳っている頁(P7)があります。

Honda [普遍の想い]
提供価値:人々の夢と可能性を広げる 企業姿勢:熱き想いで新しいことに挑戦


美しい言葉ですが、どーもボクの心に響かないというか、なぜかピンと来ません。

確かに現在は自動車のPU(Power Unit)が内燃機関(エンジン)から電動機(モーター)へと転換を始めた時期なので、上記の企業姿勢に照らせばFCV、PHEV、EVに果敢に挑戦していくホンダの姿勢は会社の方針に忠実で、本来は賞賛されるべきです。ボクの個人的な想いはソレとして、ね(^_^;)。

しかしどーにもそういう気分がなぜか湧き上がって来ないのです。これが「冷めちゃった」=「ホンダが今後、どーしようがどーでも良くなっちゃった」ってことなのかな?と考えた理由ですが、なぜそう考えるようになったのか?自分でなぜなぜをしてみました(苦笑)。

だって二十代の後半から四十代の半ばまでずっとホンダ一筋で来た自分ですし、6年前にマツダに乗り換えた後も、心の底ではまたホンダから新車を買いたいとずっと思っていましたからね。

で、なぜなぜの結論を判りやすい一言で言えば「失望」ですね。

何に失望したのか?

だってボクの中ではずっと「エンジンのホンダ」だったワケですよ。でもエンジンのホンダがモーターに舵を切ったから失望したのではないのですよ。それは世の中の流れだし、内燃機関の改善に注力すると公言しているマツダだって、EVの市販には言及しているワケですし。

じゃぁ何だ?というと、例えばF1のパワーユニットや、市販のガソリンエンジン。

かつてF1界を席巻し、ホンダ一強状態を危惧したFIAがエンジンレギュレーションを変更せざるを得なくなったくらい強かったホンダ。そのレギュレーション変更の過渡期に極めて不利な燃料規制を課せられても負けなかったホンダのV6ターボエンジン。レギュレーション変更後のNAエンジンでも変わらず強かったV10、V12エンジン。それをリアルタイムに知っている自分にとって、ここ3年のV6ハイブリッドのホンダPUが最強どころか誰もが認める最弱のPUである現実は許容し難いものがあります。そして今のレギュレーションは後3年ほど続くようですが、今後、最強のメルセデスに並ぶ実力を身に付けられるか?といえば、個人的には極めて懐疑的な印象です。

今年、マツダが第二世代SKYACTIVガソリンエンジンとしてSKYACTIV-Xを発表しました。エンジン技術者が「夢のエンジン」と口を揃え、しかし世界中のどのメーカーも実用化できなかった圧縮着火ガソリンエンジンを世界に先駆けて発表したのは素晴らしい成果ですが、翻ってホンダを眺めると、そこにはHEV前提の低燃費エンジンや、欧州メーカーの後追いとなるダウンサイジング・ターボしかありません。

一体、エンジンのホンダはどこに行った!?

かつてのエンジンのホンダが、現在ではレースフィールドでも市販車市場でも、エンジンで他社に秀でる部分を見つけるのが難しい。そこに加えて電動化を前面に押し出されるもんだから

エンジンのホンダが、エンジンで他社に勝てなくなったからモーターに鞍替えした

という風に見えるんです、ボクはどーもこれにガッカリしたようなのですA^_^;)

独断とか偏見とか思われるかもしれませんが、素直にそう思う(思ってしまう)から仕方がない。

勝てなくなったエンジン開発から逃げて、電動化に走るというのは企業戦略としては正しい選択(苦笑)と言えなくもないですが、それをホンダにやって欲しくはなかったなぁ。。。(-_-;)

電動化の流れは時代の流れです。それをとやかく言うつもりはありませんが、ボクは電動化車両への転換期に於いても、他社に引けを取らない競争力のあり、キラリと光る個性を持ったエンジンをラインナップし続けて欲しかったんでしょうね。。。
Posted at 2017/11/22 16:26:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車市場 | 日記
2017年11月16日 イイね!

当たった!?(笑)

当たった!?(笑)今年のはじめにこんなブログを書きました。

2017年01月13日:大胆妄想wアテンザの2017年大幅改良

まぁ内容はリンク先を読んで頂くとして、要すれば

2019年3月末までの3ヶ年中期計画の中で言っていた4車種の新型車、1車種の派生車が明らかになってきて、どうやらアテンザは対象から外れたらしい。とすると2020年以降に直6を縦置きしたFRになってデビューする可能性はますます高まったが、そこまで現行型に全く手を付けないなんてことは考えられず、今年の年末辺りになんか手を入れて来るだろう。

という話。要約しても長いw

で、具体的にどんな風に手を入れるか?を妄想として書いたワケですが、中身はともかく年末までにアテンザに手が入るという予想は当たったよーです。

マツダ、ロサンゼルス自動車ショーで商品改良した「Mazda6」を世界初公開(マツダ・ニュースリリース)

【ロサンゼルスモーターショー2017】マツダ アテンザ 改良新型、初公開予定…2.5ターボ新設定(response.jp)

いよいよCX-9に搭載されているSKYACTIV-G2.5Tがアテンザにも搭載(展開)されるようですが、まぁこれは過去にブログでも紹介した通り、G2.5Tの搭載車種の拡大は既に4月下旬の決算発表の時点でオープンでしたからね。先ずアテンザから、というのは妥当でしょう。フラッグシップなんだしw

1月にブログを書いた時点では「いつ載せてもおかしくないのに、何がネックになってるのかなー?」って感じでしたが、ようやくボクの胸のつかえが取れました(笑)。

他方、公開されているサイドビューの画像を見ると、ボクが大胆妄想したサイドパネルに「引き算の美学」を反映させるところまではイカなかったよーですね(^_^;)。

これは「商品改良なので、この辺で勘弁して下さい(。人。)」というところでしょうか?玉谷さんww

しかしデビューから5年を経て「商品改良」に留まったGJアテンザですから、

GKアテンザがFRに転換し、SKYACTIV-Xのオーバー3L直6を積んで2020年の8月辺りに出て来る

であろうというボクの妄想は、ますます確信を深めましたね(*^-^*)。
Posted at 2017/11/16 12:30:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ | 日記
2017年10月28日 イイね!

東京モーターショー2017、行ってきました。

東京モーターショー2017、行ってきました。昨日から一般公開が始まった今年の東京モーターショーですが、ボクはこの1週間、超多忙なためになかなか行けそうな日が無く、しかし今年は何があっても行かないワケにはいかず、、、

ということで、一般公開初日ではありましたが無理矢理時間を作って行ってきました(^_^;)。

ボクの最大の注目点は、なんといってもコレ。


SKYACTIV-X


試作エンジンの前に透過型のスクリーンが置いてあって、そこにマツダのサイトで見れる解説動画が映されていました。

当たり前ですが詳細な解説はほとんど無く(苦笑)、別にモーターショーに行かなくてもネットを漁れば得られる情報以上の展示は無かったのですが、広島から朝着いたという説明員の技術者の方を捕まえて、根掘り葉掘り色々と聞けました( *´艸`)。

彼はエンジン制御系の担当技術者ということでしたので色々と好都合で、具体的には

・CIからSIに切り替えるときの制御の事とか
・ガソリン車用の普通の三元触媒を使っているのかとか
・2年半ほど前にNHKのドキュメンタリーで取り上げられた触媒が不活性化してしまう件とか
・開発時の苦労話として"音"の問題とか
・燃費効率2~3割、トルクアップ最大3割のカラクリwとか
・高応答エア供給機と称するスーパーチャージャー装着の目的と効果とか
・マザーエンジンの2Lの後の次の展開に関することとか


とかとかとかとかw

ただ詳しく書いちゃって、折角お話してくれた彼にご迷惑が掛かると悪いので、中身は内緒(爆)。

だって昨日の朝東京に着いたエンジン制御担当の説明員といったら、マツダの社内では簡単に個人を特定できるので

「おまえ、そんなことまで話しちゃったのか!?」

となったら、彼に悪いでしょ?A^_^;)

いや多分、差しさわりのないことの方が多かったと思いますが、ボクにはマツダの機密保持の基準が解らないので、オフミなどで知りたい人にはコッソリお話しようと思います(^_^;)。

因みに彼、ボクの愛機のSKYACTIV-G2.5の担当だったそうで、もう大満足で2台も買っちゃいました♪と伝えておきました(笑)。

ところでタイトル画像の通りで今年のマツダブースは、メルセデス、BMWといったドイツのプレミアムブランドに囲まれた配置でしたが、、、


まったく負けてませんでしたね♪
VISION COUPEのブースも、メインステージの魁 CONCEPTも、ずっと黒山の人だかりが途切れませんでしたA^_^)。

SKYACTIV-Xに並ぶもうひとつの目玉である魂動デザインの第2ステージについては、別途ブログに書こうと思います。現物を目の当たりにすると、これまたとんどもなく凄かったです(*^^*)。
Posted at 2017/10/29 14:55:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ | 日記
2017年10月26日 イイね!

マツダの靭 (SHINARI) と VISION COUPE

マツダの靭 (SHINARI) と VISION COUPE昨日の話題に引き続いてマツダのコンセプトモデルについて。

タイトル画像は昨日役割を終えたw魂動デザインの初代デザインコンセプトモデルです。

昨日、魂動デザインの進化版のデザインコンセプトモデルであるVISION COUPEが正式に発表されたので、靭 (SHINARI)はその役割を終えたと書いたわけですが、ご承知の通りで遂に靭の市販モデルは登場しなかったワケですねd(^_^)。

これは2010年当時からマツダの前田デザイン本部長(当時)が語っていた通りで、元々マツダのラインナップに無いラージ4ドアクーペにしたのも「デザインに注目して欲しい」からだったそうです。

これが2ドア・スポーツクーペとかだと「次期RX-7のコンセプトカーか?」とか絶対に言われてしまって、デザインが話題にならないに決まってる、という予想があったから(^_^;)。

確かにRX-VISIONは「SKYACTIV-Rを積む!」と逆に宣言しちまったもんだから、世間の注目の半分はそっちに取られたよーに思います(苦笑)。


で、VISION COUPEですが、これも靭と同様のデザインコンセプトモデルであるならば、やはり靭と同様にこれの市販版モデルは登場しませんマツダが途中で心変わりをしなければ(笑)

この辺は、マツダ・ウォッチャーでなければなかなか事情は分からんのでしょうね(^_^;)。

早速、世間ではこれの市販版が出たら〇×△◇、みたいな人が大勢居るんで(苦笑)を禁じ得ませんが、ネット上で「靭 SHINARI」で検索すると

靭(SHINARI )の市販版のアテンザクーペが2017年11月発売

とか、結構エー加減な記事が沢山見付かります(苦笑)。おぃおぃ来月そんなのが出るのかよ?w

VISION COUPEのような現行アテンザより大きな4ドアクーペは、マツダの商品戦略が変更されない限りは出ませんので、心配している人たちはどうか安心して下さい(笑)。
Posted at 2017/10/26 18:59:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | マツダ | 日記
2017年10月25日 イイね!

マツダ VISION COUPEとマツダ 魁 CONCEPT

マツダ VISION COUPEとマツダ 魁 CONCEPTいよいよ魂動デザインの第二世代とも云える進化した姿が公開されました。

VISION COUPEと呼ばれるコレは靭 (SHINARI)の後継モデルと呼ぶに相応しいモノで、靭が初公開された2010年9月以降、これまでに担ってきた役割を、今後はこのVISION COUPEが担うことになるでしょう。

しかしカッコイイ!

このVISION COUPEのサイドビューで表現されている曲面は、2年前の東京モーターショー2015で公開されたRX VISIONのサイドビューで表現されたものと同じです。マツダの前田常務執行役員・デザイン・ブランドスタイル担当が常々主張してきた「引き算のデザイン」。要するにキャラクターラインなどの要素を足すのではなく、逆にそういった要素を引く(無くす)手法によって、新たな生命感の表現を目指したもの、、、なのかな(^_^;)。

このVISION COUPEのカッコ良さ、誤解を恐れずに言えばボクはもはや驚きはしませんでした。
マツダ・デザイン陣が手掛ける、靭の後継モデルがカッコ悪い筈がない!というある種の信頼感があるからですが、ボクが非常に驚いたのが、RX-VISIONとの共通性というか、連続性です。

2年前のRX-VISIONの登場はハッキリ言えば唐突で、その時点で恐らくまだ影も形も無いであろう次世代ロータリーを"SKYACTIV-R"と名付けて発表したことも合わさって、あくまでもマツダが描く夢物語だろうと思っていました。もちろんモーターショーという場でメーカーが夢を語ることを否定するつもりはありませんが、2~3年後に登場する市販車との関連性が何も無ければ、それはやはり実現可能性が不確かな夢物語、で終わってしまいます。

しかしRX-VISIONは違ったことを、少なくともマツダは2年後に示したことになります。

SKYACTIV-Rはまだどうなるかは判りませんが、RX-VISIONで示さされた魂動デザインの進化の方向性は、このVISION COUPEと魁 CONCEPTでシッカリと示されました。

今のマツダの強みはこの継続性・連続性にあるとボクは強く感じましたね。SKYACTIV技術も魂動デザインも最新マツダ車の魅力を支える要素ですが、その進化の方向性には全くブレがありません。とすれば、SKYACTIV-Rだっていつかは?とボクたちに夢を魅させてくれますよね?(^-^)

そして魁 CONCEPT。次期アクセラを示唆するコンセプトモデルですが、これもカッコイイ!

もう鼻血が出そうですが(^_^;)、先日のブログでも書いた通り、あまりにもカッコ良過ぎて心配になるくらいです(苦笑)。

恐らくコレもかつての雄(TAKERI)と同様に、次期アクセラのデザインデータを基にショーモデル用にモディファイしたコンセプトカーに決まっています(笑)。故に市販版のアクセラは絶対にコレと同じにはならない筈なのですが、どこまでこのショーモデルに近い形で登場するか?
より正確に言えば、このショーモデルを市販版からどの程度離れたところまでリデザインしたか?なんでしょうが(^_^;)。

ポイントのなるサイドビューの造形は、恐らく最低片側5cm、両方足して全幅で10cmは膨らませてwいるだろうと推察してますが、市販版のアクセラは恐らく全幅1800mmを切るくらいをターゲットにデザインしている筈です。


何しろ引き算のデザインは小手先のキャラクターラインに頼らないデザイン手法なので、これだけグラマラスなサイドビューにも関わらず、角度によっては結構ノッペリと見えてしまいます。

勿論そんなことは百も承知のマツダ・デザイン陣が、寸法の制約を克服しつつ、どこまでこの光と影が織りなす新しいデザインを市販版のアクセラに落とし込めるか。そこが真にチャレンジなワケですから、彼らの力量を信じて待つしかありません(^_^;)。

かつて雄(TAKERI)が市販版のアテンザとなって登場したとき、ボクはステージドレスをまとっていた憧れのアイドルがスッピン+カジュアルウェアで待ち合わせ場所に現れたかのような残念さを味わったと思っているのですが、この魁 CONCEPTが市販版アクセラとなったときは、せめてパシッとメイクしてフォーマルスーツでビシッと決めたくらいの出で立ちで現れて欲しいと切に願いますA^_^;)。
Posted at 2017/10/25 16:33:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | マツダ | 日記

プロフィール

「@ともンダン 君、座布団100枚(爆)。」
何シテル?   11/13 23:20
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ミスターロードスター 貴島孝雄さんインタビューまとめ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/23 17:58:12
予想外の反響? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/19 07:55:58
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50

お友達

みんカラグループはじめました。
http://minkara.carview.co.jp/group/iDMs/
メンバーを絶賛募集中です。
36 人のお友達がいます
たつND5RCたつND5RC * らきしす^^)ゞらきしす^^)ゞ *
三月葵三月葵 poyoyon2poyoyon2
さなお7さなお7 FLAT6FLAT6

ファン

617 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 前家族車[前ファミリーカー] (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2011年12月18日に納車された。 購入に至る顛末をブログに綴っているのでそちらを参照 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.