車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月17日
もしかして、今後のトヨタは面白いかも?と思った話
もしかして、今後のトヨタは面白いかも?と思った話 ボクはトヨタが嫌いです(爆)。

タイトルに釣られてこのブログを開いた人にはなんともアレな書き出しですが(^_^;)、、、

試しに"トヨタ"というキーワードでボクのブログ内を検索して貰うと判りますが、何かの拍子でトヨタに言及する際に、別にわざわざ宣言する必要もないのに必ずというほど「嫌い」と言及しているくらい、ボクはトヨタのクルマが嫌いでした。

それには勿論、ボクなりの理由があるのですが、運転免許を取る以前からもう30年以上に渡ってそうであった上に、基本的には頑固な性格なので、ボクの人生に於いてはトヨタ車を好きになることも、トヨタのクルマを買うことも無いだろうという半ば確信を持って生きてきました。

大体、ずっと嫌いと言い続けて来た手前、今更「やっぱり好きになったので買っちゃいました」とは、とてもみっともなくて言えません(爆)。

そんな、、、ボクがですょ。d(・_・)

昨今の、そして今後のトヨタ車はちょっと面白いかも?と言い出したら、そらぁ一大事です(爆)。


キッカケはこのインタビュー記事なのですが、

日経BP:第347回 トヨタ・豊田章男社長スーパーインタビュー (その1)

ボクは前述の通り、もう偏見に凝り固まっている?というくらいトヨタ嫌いを明言する一方で、豊田章男社長の掲げる「もっと良いクルマ造り」の掛け声には大いに賛同し、個人的には応援してきました。

しかしその心情とは矛盾するのですが、いくら豊田社長が頑張っても、ボクがトヨタを好きになるほどの変化は望むべくもないだろうと思っていたんですねf^_^;)。

それはけっして豊田社長の実力を見くびっていたとか、どーせ掛け声だけで終わるだろうとか、そういった次元の考えではありません。

本質的にトヨタのような大企業が方向転換をするのは、とてつもなく難しいから、なのです。

日産でカルロス・ゴーン社長は短期間で業績をV字回復させた実績はありますが、そこには企業存亡の危機という背景がありましたし、外資という或る種の外圧もありました。

一方トヨタですが、会社業績ではリーマンショック時に一度赤字になったものの、それ以外は概ね順調であり、経営改革が必要とされるような危機的状況にはほど遠いです。

しかも、そのような背景にあって彼が掲げた「もっと良いクルマ造り」というのは業績(定量)目標ではなくどちらかといえば定性課題であり、企業文化や企業理念、哲学にまつわる領域です。つまり何をもって達成したのか?なぜ未達なのかが非常に計りにくいモノであるという点。

豊田氏は創業家の直系なので、彼が掲げた目標に表立って反目する勢力は少ないでしょうが、トヨタが、というより大企業の大組織が長年に渡って構築してきた防衛本能が、そう簡単に改革などは許さないだろう、とまぁそう考えていたワケです。

と・こ・ろ・が、、、(・_・)b

彼(豊田社長)は、そのとんでもなく難しいことをどうやら成し遂げつつあるのでは?と、日経の一連のインタビュー記事を読んで感じたのでした。

こら、認識を改めなければならんかもしれん、とね(^_^;)。

そして彼がどうやって会社を変えようとしたのか?そのエピソードが紹介した記事で語られているのですが、不覚にもこの命を賭けてクルマに乗っているというフレーズに、改めて軽い感動を覚えてしまいました(^_^;)。

社長が自ら命がけでクルマに乗っていると言及したところで、実態を知らない人には大した感銘を与えないかもしれません。ボクも豊田社長が自らレースに出場していること自体は知っていましたが、改めてそれがどんなに凄いことなのか?については認識が甘かったと言っていいでしょうA^_^;)。

天下の大企業の社長が自らレースに出る。表面的に捉えれば「本業を疎かにして趣味に興じているバ○社長」と見えても仕方ありません。実際に社内でも「あいつはいったい何をやってるんだ」という非難の声ばかりだったと言います。

しかし豊田社長曰く、自らステアリングを握ってレースにまで出た理由は「エンジニアと(対等に)話をするためのツールが欲しかった」というのです。この考え方にはグッと来ましたね(^^;)。

文系出身の彼が理系のエンジニアの専門分野で議論をすれば、如何に立場が社長であっても勝てないことは容易に想像できます。しかし個々の専門分野という局地戦ではなく、一台のクルマとして出来上がった商品を総合的に評価するテストドライバーとして一定水準を超えるレベルにあれば、エンジニアはその声を無視することは難しいでしょう。豊田社長は「これしか(手が)無かったと思います」と語っていらっしゃいますが、正にその通りだと思います。

しかし口で言うのは簡単ですが、実際に成し遂げるとのはとんでもなく難しいことです(*_*)。

お立場上、トレーニングの時間を作るのとて簡単では無いでしょうし、そもそもレースに出ること自体が命の危険を伴うワケですから、社内を説得することひとつとっても容易では無かったはずです。「命を懸ける」と言葉にするのは誰でも出来ますが、本当に身を持ってそれを実践することは、凡人には不可能です。だって一歩間違ったら死んじゃうんですょ(^^;

しかしその結果が徐々に変化として現れ始めていると、ボクはインタビューを読んで確信しました。

前述した組織改革の難しさの本質は、変化を嫌う人の心に根差しています。大組織というのはそれだけ多くの人が集うワケですから、その壁は人の数だけ強固になる道理です。逆に言えば、組織が変わるということは、そこに属する人、一人ひとりの心が変わらなければ無理なのです。

そう豊田社長は、自らが命を賭けることによって、彼の言葉が社員一人ひとりの心に響くようにしたのでしょう。

普通のw、まともな人間なら、命賭けの相手の言葉を受け止めれば、なんらか心が動くものです。しかもその彼の言葉がテストドライバーという専門職の業域に於いて相当なレベルであれば、無視することは困難です。社長という立場を超えて、です。

少し前の記事ですが、トヨタの或る社員が語ったエピソードも記事になっていました。

【第335回】 トヨタ86GRMN(開発者編・その2) P4:「章男社長は、テストドライバーとして大変なレベルです

あまりに出来過ぎで提灯記事か?と思われるかもしれませんが(苦笑)、ボクはインタビューに答えている多田氏の言葉に嘘は無いと思いました。そして豊田社長の目配せは86GRMNという特別なクルマなら納得もいったとこの記事を読んだ当時は思っていたのですが、トヨタが開発する全車種で大同小異の事が起こっているとしたら、これはとんでもないことだぞ!っとA^_^;)。

かつてクラウンがピンクになったり、アニメキャラの"専用機"と称するオーリスが出たり、といった動きを見るにつけ「豊田社長が掲げる『もっと良いクルマ』って、そーゆーことではないでしょう(T_T)」と半ば憐みを持って見ていましたが、もしボクの目から見ても"良いクルマ"が次々と出てくるような事態になったら、その影響は計り知れません(苦笑)。

一部のクルマ好きに熱い支持を得ているマツダやスバルといった規模のメーカーにも影響は及ぶでしょうが、恐らくもっとも影響を受けるメーカーはホンダでしょう。特に日本市場では。

幸いというか、マツダやスバルはその販売規模から或る程度ターゲットを絞り込んでいる上にその規模自体が大きくないので、影響は限定的になると予想するのですが、ホンダはそうはいかないんじゃないかな?っと。

例えばですが、具体的な例を挙げるともうすぐデビューするC-HR。コンパクトSUVでホンダのヴェゼル、マツダのCX-3と競合するクルマですが、その尖がったスタイルは明らかに万人受けを狙っていません。そしてかつて日産のジュークがバカ売れした事実の通りで、この手のクルマは個性的なスタイリングが市場ニーズに嵌るとヒットに繋がります。スタイリングは好みの問題もあって、やはりスタイリングを売りにするCX-3への影響も皆無ではないでしょうが、日本市場向けに1.2Lターボのガソリンとハイブリッドをラインナップする関係から、ホンダのヴェゼルにとっては脅威の筈。もしかしたら顧客をガッツリ持って行かれるかもしれません。

また別の例ですが、レクサスの上級ラグジュアリークーペであるLC500。V8ガソリンとV6NA+ハイブリッドの2ドア・4シータークーペですからホンダの新型NSXとは直接競合はしないように見えますが、もしコレに新開発のV6ターボ+ハイブリッドが載って"LC-F"なんてのが出てきてしまうと、どうなるか?(^_^;)
そしてもし!来年のルマンでトヨタが念願の初優勝を飾れば、WECマシンTS050のイメージを後ろ盾にしたレクサスのフラッグシップスポーツとなって、新型NSXには強力なライバルとなるでしょう。
元々日本では販売量が少ない新型NSX(年間100台?)がイキナリ売れなくなるとは思いませんが、既に2~3年待ちと言われる行列に並ぶか?レクサスにしちゃうか?熱狂的なホンダファンでなければ鞍替えしちゃう可能性は十分にあります(^_^;)。
米国ではレクサスとアキュラのブランド力の差は・・・ですからw、相当に厳しくなるでしょうね。

ってな具合に、量販車、少量生産車、双方に於いてボクのようなヲタクなクルマ好きさえも唸らせるよーな「もっと良いクルマ」がトヨタから次々に生み出されてくるようになれば、ニッチなマーケットに絞り込んで個性で勝負している他メーカーは辛い。「それでもウチを選んで貰える」というブランドの確立が急務となるワケですが、こと日本市場にのみ着目すると、スバルはほぼ安泰、マツダはもうひと息という感じに思えますが、正直ホンダはヤバそうです(苦笑)。
ブログ一覧 | 自動車市場 | 日記
Posted at 2016/10/17 14:48:46

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/17 20:05:29
こんxxは(・∀・)ノ
感動すら覚えるほどの内容で、業務時間中なのに毎週月曜は興奮していました(爆)。
おそらく豊田社長は、トヨタに持たれているイメージや、実際のクルマ造りを冷静に認識しているんだと思います。そして、これだけの巨大企業を変革するにあたり、創業家にしかできないことも理解しておられるのだと思います。これから先、とっても期待しています。

ホンダ・・・
妄想するに、「我々の客層はトヨタや日産よりも若い。若い人たちの経済状況は昔より厳しいのと、クルマへの関心も下がっているので、便利で維持費が安く、なおかつ大量生産でコストも下げられるクルマが必要!」、ということから今の日本でのラインアップになったのでしょう。企業としては100%正しいですが、ホンダらしさという点ではどうなんでしょうね。運転すればらしさは残ってるんでしょうが・・・
そして、タイプRの良さは抜群のドライブフィールだった認識ですが、今は馬力やタイムというスペック重視になっていて、カルチャーが変質している感を禁じ得ません。
私の好きなメーカーなんですが・・・(´-ω-`)


コメントへの返答
2016/10/18 12:17:39
こんにちわ。
コメントありがとうございます。

ぃゃ改めて凄い人だと思いましたょ。
組織の長たる自覚、自分の役割、人を動かす肝となる部分など、全てを理解されているのみならず、トヨタという会社を理想の姿に近付けていくために「命を賭ける」なんて、並みの経営者には出来ません。

世間では一時期、クルマ好きのボンボン社長が道楽に興じてレースにまで出ちゃったみたいな風評もあったようですが、技術者に対して社長という立場を使わずに対等な立場に立つための"手段"としてドラテクを学んだという真相は、ボクのような人間にとっては感動的な逸話です。そんな彼の思惑がトヨタの製品に反映され始めたら、流石のボクも「トヨタは嫌い」では話が済まんなぁ~とA^_^;)。

ホンダに関しては実は色々とあるのですが、最近ブログネタにも困っているので、ちょっとまとまって書こうかどうしようか思案中です。これも企業経営という観点やブランド構築の側面から見ると色々と複雑な話で、現状を鑑みて単純に批判も出来ない話題ですが、それ故に語っておこうかな?とも思ったりして(^_^;)。
2016/10/18 21:13:00
こんばんは。

面白い記事を紹介くださり、昨晩は全部読み漁っていました(;^_^A

私は以前書いた通り、トヨタの車でほしいものは在りませんが、会社はリスペクトしております。特に現社長からそうなんですが、車屋を通して、日本を支える気概を感じます。国内自動車メーカとの提携などはイチ企業以上の志です。

そのせいもあって、自分で買う事は無いでしょうがレクサスの進化は注目してます。ターボでなく大排気量NAで行くところも。 技術屋としてはこんな社長だったら相談に行くなぁ。 今は技術より金と倍率にだけ興味あるトップが多いので。

モノづくり企業の社長の役目って、社員のやる気を引き出す「何か」に火をつけることですもんね。 最近氷水ばかりかける珍しい人に会ってますからw。ホンダが同じ目に合っているようにも思います。
コメントへの返答
2016/10/19 14:29:24
こんにちわ。

今回のもつ鍋のお味は如何だったでしょうか(謎笑

ボクは社長には共感はあっても、トップシェアの大企業のくせに、という部分ばかりが目についてw、正直会社に対するリスペクトはイマイチでしたA^_^;)
仰る通りの「日本を支える気概」というのは感じていて、本業に於けるクルマ造りのみならずって事で、豊田社長の評価ばかりが鰻上りだったのです。

ところがそんな社長に引っ張られて会社が変わればボクの見方が変わっても然りで、ボクが気付かぬ内にw、とんでもない事が起こっているのかも?と認識を新たにした次第です。

レクサスの変化は全く同意見で、世の自動車評論屋wがネガティブキャンペーンに参加しているよーだと思うと尚更、どう転ぶか楽しみになってきますね(^-^)。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@みんこりー さん、あースピード足りてない!ww
初めてやったわりには悪くないです。ちゃんとパイロン手前で一応止まれましたしね(^^;
駄菓子歌詞、右上がりにならないよーにしないとねd(^-^)。」
何シテル?   12/08 15:41
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50
社外サスとタイヤの接地性 
カテゴリ:ブログ
2016/01/23 06:47:58
運転が上手いということ 
カテゴリ:ブログ
2016/01/20 23:12:19
お友達
募集していません。
73 人のお友達がいます
KSP-ENGKSP-ENG *みんカラ公認 JOUSUIJOUSUI *
nobu_nobunobu_nobu * 弄りキッズ弄りキッズ *
ともンダンともンダン * yasu03yasu03 *
ファン
522 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 前家族車[前ファミリーカー] (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2011年12月18日に納車された。 購入に至る顛末をブログに綴っているのでそちらを参照 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.