• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月28日

モーターショー2017雑感:スバル編

モーターショー2017雑感:スバル編 ホンダ編は些か手厳しい内容になりましたが、次はここ数年絶好調で業績を伸ばしているスバルです。

実はボク、スバルには意外に縁が無い人間なのですが、近年の会社としての業績好調な姿と、商品としての強みの部分には強い興味を持っていて、スバルに関するブログを結構書いています。

個人的にファンであるマツダやホンダについては、応援の意味も込めて稀にw厳しい事も書きますが(苦笑)、スバルに関してはネタとして取り上げる場合は大概、良い話題に傾倒してきました。

と、前置きをしたからには今回はちょっと手厳しい内容ということになるのですが、、、A^_^;)

ボクサーエンジンとシンメトリカルAWDが商品としての特徴(強み)であるスバル車ですが、ここ数年の、少なくとも日本国内市場に於ける好調を支えているのは間違いなくアイサイトのブランドとしての強みだと思います。

いやしかし安全は永遠のテーマであり、他社に先駆けて登場し「ぶつからないクルマ」というキャッチコピーでいち早くブランドを確立したアイサイトの強さは、改めて凄まじいモノがあります。

自販連の統計データで今年の上半期(1月~6月)の販売実績を見ると、なんとインプレッサが11位に入っています。台数ベースで見ると9位のホンダ フィットを半年で僅か5,000台弱下回るのみ。フィットがマイナーチェン前の末期だった点を考慮したとしても、これは凄い数字です。

しかも新型インプレッサの現行ラインナップは1.6Lと2.0Lの自然吸気ガソリンエンジンのみでハイブリッドは無し。燃費性能とてJC08モード燃費で16km/L弱から18km/L強と平凡…というより、ハイブリッドモデルの数字なんかを見慣れてしまえば、ハッキリと良くはありません。

確かにSGP(スバルグローバルプラットフォーム)によるクルマの出来は専門家を中心に良好ですが、一般消費者にはあまり関係ないというか、少なくともそこは大衆のクルマ選びの際の訴求ポイントには成り辛いですからね。

かつて日本のCセグメントでは「ハイブリッドでなければ勝負(商売)にならない」なんて思われていた時期がありましたがなんのその(笑)、というワケですが、ちょっと待ってください(^_^;)。

インプレッサの好調をアイサイトの恩恵と考察しているボクですが、アイサイトは何もインプレッサの専用装備では無くスバル車の全てに展開されています。そして2016年の販売実績を見ると、インプレッサが昨年一年で売った台数を今年は前半の半年でさばいてしまった一方で、昨年TOP-30に入っていたフォレスター、レヴォーグは今年に入ってTOP-30ランク外に落ちています。

この状況を念頭に、東京モーターショー2017の出展でスバルが何を訴え、どういう方向に進もうとしているのか?に注目したのですが、率直な感想を言えば先行きの不透明感を感じる内容でしたね(^_^;)。

スバルの好調は既に述べた通り、日本国内に於いてはアイサイトのブランド化にいち早く成功したことですが、会社全体の業績を押し上げている大きな要因は北米市場での人気にあります。これは数年前のホンダが陥った「北米一本足打法」(苦笑)が危惧される状況ではありますが、今はまだそれを懸念材料として挙げるのは時期尚早(^_^;)。

むしろそれ以外の要素が着目点で、スバルの強みを支えるアイデンティティと、電動化の流れについて。しかもこの二つは微妙に関連性があります。

日本国内の昨今の人気がアイサイト効果としても、元々ユーザーに「スバリスト」なる呼称が生まれるくらい根強いファンを持っていたのもスバルの特徴的な点です。

それを支えていたのがボクサーエンジンとシンメトリカルAWDという独自性だとボクは分析していますが、特にクルマ好きでもない一般大衆wは、水平対向エンジンだとかAWDなんて点などを訴求ポイントにクルマ選びなどしませんから、そういったモノではない他の何かをキッカケにスバル車を求めた筈です。そんなたまたまスバル車を買ったオーナーが、後にスバリストと呼ばれるほどにどっぷり嵌まるところにスバルの強みがあったのでしょうが、今のインプレッサに果たしてそれがあるのか?がひとつ。

そしてそのスバルの魅力(強み)を生み出している源泉がボクサーエンジンとシンメトリカルAWDであるならば、電動化の流れによって将来的にはそれらは失われてしまうけどどーするの?というのがふたつ目。

一方で今回、限定車とはいえWRXのS208やBRZ STI Sportを出しましたが、こういったスペシャルモデルを継続的に出してスバリストの欲求を満たす、その継続性は〇ですが、欧州でのWRX販売終了の報が示す通り、この旧来の手法もいつまで通用するか(継続出来るか?)という点が三つ目。


そこで、中期あるいは長期的にスバルがどっちの方向に進もうとしているのか?に着目していたのですが、SUBARUブランドとして掲げた「~モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ~」という新しいスローガンと、SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTを見て、う~む、ちょっとピンと来ませんでしたA^_^;)。

どこかのインタビューでスバルの社長さんが「ボクサーエンジンとシンメトリカルAWDがスバルの強みと思わていては困る」みたいな発言をされたと聞いていたのですが、それは上記の通りの背景、それを踏まえた新しいスローガンに照らしてのことと推察できます。

一方でこれまでに培ってきたスバリストなんて呼称されるような熱狂的な顧客層も居るワケで、彼らを維持、拡大しながら新しいスローガンに沿った会社、そうなるための商品造りに上手にシフトしていかなきゃイカンわけ。内燃機関(エンジン)から電動機(モーター)に動力源が切り替わっていく中で、ですよ。

コンセプトカーのVIZIVを見ると、先ず「これは一体何だ?」というスタイリング(苦笑)。彼らにセダンと言われるまで、ボクはセダンとは思いませんでした(^_^;)。そしてセダンと判ると「なぜセダン?」という疑問。

確かにWRXはブランドイメージを牽引するスバルのフラッグシップという側面はありますが、中身の良く解らない(コンセプトカーはハリボテなので当たり前ですが、、、(^_^;))コレで、従来から言っている「安心と楽しさ」と言われても、ボクにはどーにもピンと来ません。これまでスバルが実現してきた、掴んだ顧客をスバリストにしていく方程式がコレでも実現できそうだ、というイメージが湧いて来ないんですねぇ。

翻ってスバル車の強みはボクサーエンジンとシンメトリカルAWDとは言うものの、それって車体バランスの良さとAWDがもたらす安定性、これにハイパワーターボエンジンが組み合わさると、高速道路でちょっと飛ばしたところで恐くない(苦笑)。(つまりこれが安心。しかも解り易いw)

高速を走っているとぶっ飛んでいく直線番長なスバル車が多いのもこのせいだと思っていますが、この盤石の安定性に一遍、慣れてしまうとなかなか他社のクルマには馴染み辛くなります。飛ばす・飛ばさないに関わらずね。

もしこの考察が当たっているなら、最近人気の非力wなインプレッサなんかはこの魅力を上手にオーナーに訴求出来ているのか?という疑念があります。ちょっとイケない速度域で走らないと違いが判らないという点でw

加えて大パワー・ハイスピードが訴求したくても、世の燃費規制がそれを許さない時代背景と電動化の流れの中で、スバルが引き続きスバルらしく在ることが可能なのか?ボクには今回のモーターショーでは見えてきませんでした。

VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは大変盛況、黒山の人だかりで人気の高さは疑いようがありませんでしたが、数年先のスバルがどうなっているか?は、ちょっと疑念を抱いた今年のスバルブースでしたね(^_^;)
ブログ一覧 | 自動車市場 | 日記
Posted at 2017/11/28 14:21:11

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

こんなことになる前に記事をまとめて ...
ウッkeyさん

SUBARUは…
iShotaroさん

スバルの日々。
M.I.T.さん

スバルマガジン&新型インプレッサの ...
ヴィステラさん

ネタのためならコレ展示した方がイイ ...
ウッkeyさん

コンセプトどおりのデザインにはなら ...
ウッkeyさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「運転(ドライビングテクニック)の追求が「雲が掛かって山頂の見えない登山」ではなく、底無し沼だと思う理由d(^_^)
だって、その雲がいつか晴れて山頂が見えることも、その山頂に辿り着くことも無いんだもん(爆) @ 」
何シテル?   12/11 19:17
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ミスターロードスター 貴島孝雄さんインタビューまとめ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/23 17:58:12
予想外の反響? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/19 07:55:58
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50

お友達

みんカラグループはじめました。
http://minkara.carview.co.jp/group/iDMs/
メンバーを絶賛募集中です。
43 人のお友達がいます
みんこりーみんこりー * E子E子 *
スッパノーバスッパノーバ * タッチ_@i-DMsタッチ_@i-DMs *
nobu_nobunobu_nobu * らきしす^^)ゞらきしす^^)ゞ *

ファン

616 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 前家族車[前ファミリーカー] (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2011年12月18日に納車された。 購入に至る顛末をブログに綴っているのでそちらを参照 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.