車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月21日 イイね!
https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170221-10260734-carview/?mode=full

上位メーカーの激しい開発競争についていけないからじゃないか?

或いは、普通はそれは当然のことなので必要以上に触れる必要も無いか。

ドラポジそのものにはある種のお作法があり、それらは例えば人間の手足が4本ずつになるとか、或いはもっと別の理想と言える操作体系が確立されるとかでなければ、ある意味変わりようがないものである故。

***
とは言うものの、ドラポジの良し悪しを語るというのは、食べ物の好みを語るのに近い。

個人的には、先日の輸入車ショーで何気なく座ったCクラスのドラポジに電撃が走った。
あれー、先日乗った時はどうも思わなかったんだけどなー。

そもそも、「何が良い」という概念自体を多くの人が理解していないような気もするし、画一的な基準があるわけでもない。

レーサー・・・ラリードライバーの中にはハンドルを抱え込むような姿勢を好む人がいるし、当然それはレースを速く確実に走るためのその人なりのノウハウだったりする。

或いは、日常の一コマでも長距離ドライバーなんかはハンドルと着座の関係が「理想」と喧伝されている塩梅よりも近い姿勢を好む人が多い。

自分も、理想と言われる姿勢に合わせてポジションを決めてみると腕や足が伸びすぎていて操作しづらく感じる。

だから、要するに疲れなくて操作がし易い姿勢であるのならば肘ついて片手でハンドル回しててもいいわけで、ドラポジとは本来人によって理想と感じるものが違うのは当然で、自動車は「これ!」という画一的な基準を押し付けるのではなく、万人の体格・そして嗜好に幅広く対応できるのが本来正しいのですね。
Posted at 2017/02/21 17:16:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車コラム | 日記
2017年02月21日 イイね!
http://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2017021793291.html

今もなおフェラーリといえばF40と自分は思うフシがある。

それは単純に初めて知ったフェラーリ=F40で、当時大人気だったとされるテスタロッサ(512TR)なんかよりもずっと格好良く見えたし、量産モデルたるV8フェラーリでは全く迫力が足りてないと思ったからだ。

ところで、F40って希少車なのか?

有名な話だが、F40も後のアニバーサリーモデル同様台数限定があったのだけれども、需要があまりに旺盛だったので、実際には受注した分は全て生産したと言われている。

その結果が1300台という数なのであって、これは台数限定があるスーパーカーとしては異例の生産台数で、本当に欲しい人の手元には当時は100%届いているはずなのだし、つまるところ実は結構数が多い。

しかしながら、当時の日本では非常にF40の人気が高く、納期や投資目的などで新車が届くのを待っていられない人たちが中古車に群がった面があるので、そういう意味では実需要と比較して希少だったと感じる人がいるのかもしれない。

そして後のアニバーサリーモデルはF40のようなガバガバ受注ではなく、基本的には限定台数を守って生産を終えているのだが、その数は349とか399とかのように何故か半端な数となっている。

これは「残り1台は偉大なエンツォに捧げる」という意味なのだが、どういう理由であれ結局なんだかんだでその「残り1台」を墓の中から持ち出してきたりしてるので、やっぱりフェラーリは大雑把なのである。
Posted at 2017/02/21 14:13:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車コラム | 日記
2017年02月19日 イイね!
CH-Rトヨタのアレに付けたいホイールじゃな。

***
しかしカタログを良く見てみると、このBBS、基本的に国産向けではない。

これは阿部商会扱い、つまり国内で主流のワシマイヤー系のBBSではなく、ドイツ本国からの輸入品のBBSなので、流通ルートがBBSでありながらも全く異なっている。

このドイツBBSのものは基本的に輸入車相手のサイズが中心なので、残念ながらC-HRにはこのホイールはあまり似合わないものになっている。

***
ドイツBBSの製品、あと1年くらいCI-Rの存在を知ることができれば、そっちを買っていたかもしれない。

しかしながら、ドイツBBSのホイールは鋳造のものもかなり多いようなので、ワシマイヤーBBSの感覚で触れるとちょっと勝手が違ってくる。

そもそも、このCI-Rはアテンザにピッタリのサイズはあるのだが、製法が今履いているクラブリネアのものと同じ(つまり鋳造系)上、どうもちょっと重そうなのだ。
Posted at 2017/02/19 20:01:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | アフターパーツ | 日記
2017年02月19日 イイね!
600km今冬は車が必要な時に限って雪が降るので、アテンザには全く乗れていない。

前回の給油が11/23となっているが、それからちょうど600kmしか走っていない。

その600kmの内訳にしても、昨年内に500kmくらい走って年が明けてからは今日で3度目くらい、距離に直して100km程度という感じなので、少なくともここ10年くらいで最も乗ってなかったりする。

***
さて冬が明けたら何をしようか。

いや、別に何もしなくても十分なのだが、せっかくだからオートエグゼのタワーバーキット他を付けてみようかと考えている。

しかしこのキット、ストラットタワーバーやロアアームバーなど、一部単品でパーツが出ているものとキット内容が重複しているが、この一連のセットで全てが揃うのかというとそうでもないパーツも存在している。

タワーブレースセットとメンバーブレースセットのみならば工賃込みで16万弱だそうだが、センターフロアバー、さてこれはどうしようかなぁと。

***
センターフロアバーが強化する部位と言えば、マツダはRX-8が出た時に面白いことを言っていた。

RX-8やロードスターなどのように、真ん中のピラーなどを設けられない車の剛性のキモはセンタートンネルなんだと。

そういう意味では、このパーツって一昔前のマツダのフィロソフィに最も寄り添ったパーツに見えるが。
Posted at 2017/02/19 19:45:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | アテンザ | 日記
2017年02月15日 イイね!
BL
BL時は1978年、つまりブリティッシュ・レイランドの最盛期(最悪期?)製である。

何というかだな、腕と見識を持った熟練工がちゃんとした設備と部品を持って丁寧に作業したと思しき割りには、板金して塗装しただけじゃないの?レベルにチリがズレてるのが写真の上からもハッキリ分かるって、オリジナルはどれだけ品質が悪かったんですかね・・・。

たぶんこういうののベース車にするくらいですから、同時代の生き残りの中ではレストアしなくても売り物になるくらいの極上品なんでしょうけど、とてもそうは見えないというか・・・。

この車は足掛け25年くらい生産されたので、BL時代を抜けて末期くらいの車になるとかなり品質も改善してるっぽいので、ここまで派手にチリがズレてる車って未レストアの車でもあんまり見かけない気がするんですけれども・・・。
Posted at 2017/02/15 13:18:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 輸入車 | 日記
プロフィール
http://twitter.com/tommy_kaira             _  -───-   _             ,  '´   ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
特装仕様?~ベンコラ仕様・GZG50型センチュリー~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/11 17:44:33
MAXWIN HUD-621WiFiミラーリングヘッドアップディスプレイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/16 18:43:13
中古車注意!「修復歴」表示がテキトー過ぎる事実!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/03 22:06:13
お友達
ヒューッ!
91 人のお友達がいます
G50海苔G50海苔 * セフィローセフィロー *
ロン.ロン. * moto(&#39;91)moto('91) *
みやこしみやこし * ezoflatezoflat *
ファン
52 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ディーゼルでMTの車に乗りたいと言い続けて幾年月。 ディーゼル冬の時代を乗り越えてよう ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
5年8月登録。 NHG50XAEPJ4 DJ2/R(GAC色替) 色と革と足回り以外はG ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
6年3月登録。 NG50XAEJ2 LM0/R 夢はHG50に引き継がれました。 車体 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2号機。 調べる限りでは5型っぽい。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.