• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

とみ~☆かいらのブログ一覧

2012年04月29日 イイね!

愛が呼ぶほうへ

車への愛が試された3週間だった(キリッ

というワケで東京行きギリギリになってようやく車が返ってきたわけだが。

肝心の東京行きについて実は今あんまり乗り気じゃなかったりする。
最近は東京行きの度に直前にやる気が下がるのは恒例。

とりあえず今回は自分の責任において最もやってはいけない時期においてやってしまったワケでありまして、POP氏などの方面にもご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございませんでした。

いや今回ばっかりは本気で買い換えようか悩んだわ。

修理代的には8万円程度の修理であり、買い替えのタイミングとしても用でもない時期でありますけれども、やっぱりこういうののタイミングは時期ではなく気持ちであるとオモタ。

いや買いませんが。
Posted at 2012/04/29 08:21:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | クルマ
2012年04月28日 イイね!

スバル・BRZ S(6速MT仕様)

・・・で。

こっちも乗ってきたわけであります。

順序で言えばこっちの方が先だったんだけど。

***
まあ、良くも悪くも86と大して変わりません。
ちょっとソリッドな感じが増してるかなって感じ。

この辺りはある程度追い込まないと分からないだろうしねぇ。

***
あとエンジンのジリジリ音、もしかしてノッキング?って思ったけど、やっぱりアレ直噴インジェクターのノイズだな。

踏み始めとかだけに鳴って、あとは収まるのは、D-4Sがポートインジェクション併用型で、踏み始めなんかの点火条件の厳しい時とかに直噴で噴射して、あとの領域は普通のポート噴射になるからああいう音の変化が出るんだろう。

86の時とは違って、ちょっとは踏み込める余裕のある道も走れたのだけど、3000回転辺りから俄然元気が良くなってきて、4000回転辺りから更にサウンドクリエイターにより吸気音がモウモウと襲い掛かってくる。

この演出はなかなかのものだと思うけど、やっぱりガラつく直噴のノイズと、あと根本的にあまり良い音ではないフラット4エンジンの音を吸気音でごまかしてるって感じで、サウンド的にはやっぱり好みのエンジンではない。

***
しかし、この車のシートはノーマルのシートとしては実に独特だな。

上半身のホールド性がとにかく異常にイイ。
そのわりには下半身は並だけれども。

***
実際のところ、ホント86との差がほとんど分からなかったので書くことがないのだけど(爆)、カングーと比べるとやっぱり良くも悪くも「操作なりに動く車」だねぃ。
カングーはどう乗っても「それなりに走る」って感じでw

この辺りはこの車が良く出来たスポーツカーであることを示している。

操作がスムーズならばスムーズに走り、雑ならばギクシャクして走る。
誤魔化せば誤魔化したなりに走ってくれるけど、それは本質ではない。
それが故にシフト操作ひとつ取っても、どのように扱えばよく走るのか、考えさせてくれる。

このコミュニケーションが、「楽しい」の一つの形なんだろうね。
Posted at 2012/04/28 20:30:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | インプレッション | クルマ
2012年04月28日 イイね!

ルノー・カングー/カングー・ビボップ

色々条件積み重ねていったら、たまたまそれを全部満たす車の伏兵が急浮上。

それがルノー・カングー。

荷物が積める・長距離強そう・MT・トータルコストが低廉そう・ヘン

まあ元々カングーという車はフランス版ウイングロード・ADバンみたいな車で、ライトバン仕様を基本に乗用仕様も用意するという、日本の小型ワゴンと良く似た性質を持った車であり、見た目は日本車ではほとんど無いフルゴネットスタイルだから珍妙な車に見えるけど、所詮はライトバンやろうと思って見に行ってみたら、想像以上に魅力的な車でした。

***
元々、こういう貨物車に対する要求も日本と海外ではかなり異なり、海外では労働者側の権利もかなり強いので、日本の貨物車みたいなある意味乗るのが苦痛な車を導入すると即刻労組とかからドヤされるという、日本ではあまり有り得ない環境が整っているので、元々こういう車でもそれなりの快適性も確保されているという。

確かにインテリアは乗用仕様ということでオメカシもしているのだろうけど、色々付いてて見た目もオシャレ(でもトリムとかはプラチック丸出し)である。

シートはサイズ感的には一昔前の日本車みたいな感じで、ホールド感もよろしくなければあんまりゆったりとした感じはしないけれども、クッションはやや硬めな気もするけれども、それでも日本車とは違う感じに柔らかくもコシがあるという感じで、なんか流行りを追ってフツーの車だったシトロエンC5とかと比べると、ああこういうのがフランス調なのかなぁと感じることが出来る。
でもK11のマーチとかもこんな感じだった気がする。

***
走り出してみると・・・乗ったのはビボップの方だったのだけれども、まず遅い

エンジンは1.6リッターのNAガソリン。

意外とノイズは低いので回してもうるさくはないのだけれども、体感的にもメーター的にも加速してないのが明らかに分かるレベル。
NAとかの軽とは別種の遅さですな。

よくフランス車は税制とか国民性とかの絡みで、小さいエンジンを元気よく回して~というような符丁で語られることもあるけれども、そもそもカングーのエンジンは現行よりも二回りは小さい先代からエンジンはそのままキャリーオーバーしているので、単にパワー不足なだけである。

まあそれでも低速トルクに優れていて粘り強く、ズボラなクラッチワークとシフトワーク(ビボップはMTしかない)でもフツーに走ってはくれるが、回しても遅い。そして回さないと遅い。

何しろ、車重を補償するためなのか、単にカーゴ仕様とギア比が共通なだけなのか、ギアリングも非常にローギアードなので、そもそも回さないと速度が乗らないのだ。

まさにこの辺りは貨物車そのものといった感じで、ボンゴなんかとも通じる乗り味。
これで更に重いフツーのカングーで、ATだと全く走らん気がするのだが。

あとブレーキも驚くほどカックン。
踏み始めからジワリと効いている気もするのだけど、非常に大きな遊びっぽい領域を過ぎたところで急激に制動力が立ち上がるので、扱いにくいw
まさにバンのブレーキである。

そしてなにより致命的なのがペダルレイアウトが最悪で、何故か左足(右ハンドルだったので真ん中側)が狭く、クラッチを上手く踏み込めない。
(ちょうど、スズキの軽のアクセルみたいな感じ・・・と思っていただければ結構。アレと同じ)

しかもクラッチをちゃんと踏もうとすると今度はすぐ横にブレーキがあって、クラッチとブレーキを同時に踏もうとすると両足が喧嘩し、それを避けようと右足をずらしてもさらにブレーキもアクセルのほぼ真隣・・・というような、異常に窮屈なレイアウトなので、非常にクセのある操作性。

いつ何時もちゃんと踏み込めないか、さもなくばもれなく隣のペダルを一緒に踏みそうになるような感じで、これにセンシティブなブレーキフィールと合わさって、正直言って乗ってて怖いw

ドライビングシューズというドライビングの質を高めるためのアイテムがあるけれども、この車の場合、それが無いと危険というレベル。

というワケで、まず走る止まるに関しては落第レベルの車である。
こんな酷い車はさすがに見たことがないw

***
乗り心地・・・これはスイフトだね。
つまり欧州のコンパクトカーはだいたいこんな感じなのか。

もっとバンっぽい感じを想像していたけど、さすがに乗用仕様にチューンし直されているのか、しっかり腰のある柔らかさ。シートと同じ。

この辺りはやっぱり如何にも「フランス車っぽい」感じ。
ハイドロという飛び道具があるのになんだかトヨタっぽかったシトロエンと比べると(ry

ただビボップはただでさえ短いフツーのカングーのボディを更に切り詰めたモデル故、ホイールベースが短いせいか、ちょろちょろ進路が乱れるので、直進性はあんまり高くない。

***
とまあ最高の乗り心地と最悪の乗り味の組み合わさった妙な車であり、最近の車でここまで無茶苦茶な車はちょっと無く、これに見た目はショートストロークに見えるのにかき回すようにガッシャンガッシャンと長いストロークで入るシフトと合わせて、運転性は独特の車である。
まあ日本車やドイツ車には無いタイプの車だね。

あれ、ここまでだと見た目と乗り心地以外いいとこなしじゃん・・・。

***
結局ビボップの場合、トリプルサンルーフであり、しかも屋根の後ろ半分がガバっと開くので、これを見るとそういうところはどうでも良くなるのであり、サンルーフが付いて、そして屋根が開かなアカンと初めて思った車であります。

試乗した時には何故かこの後ろの屋根をフルオープン(爆)で走ったのだけど、要はカングービボップはそういう風に全方位においてバカ全開の車でありまして、そのお陰でこの上なくシヤワセな気分になれるのであります。

***
ちなみにユーティリティは当然最強レベル。

だって元はバンなんですから。

普通のカングーはもう言うことなし。

ビボップの方は・・・これと同じ尺のカーゴも本国にはあるそうだけど、その割には床に段差があったり、ちょい微妙な感じ。
後ろのシート倒したり外したりすれば広いことには変わりないんだけど。

***
なおビボップは昨年末で輸入打ち切り。国内在庫ももう無いとのこと。

まあ3ドアでMTの輸入車なんぞ、普通は売れんわな。
Posted at 2012/04/28 19:17:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | インプレッション | クルマ
2012年04月28日 イイね!

その面構えに\ティン!/と来た!

Y32_013.jpg

http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l121912584

車体番号:PBY32-412293
モデル記号:MLEBRUAY32TDA--J--
製造年月:92年11月
グレード:セドリック グランツーリスモアルティマ
カラー:KH3(ブラック)/W(オフブラック)
装備:デジタルメーター+マルチAVシステム

でも調べてみたら単にマルチとデジパネ付けただけの無印アルティマだったっていうw

やっぱりこの2つの装備は目立つなぁw

Y32といえばやはりマルチは外せない。
自分が「車にTVが付いてる!」と衝撃を受けた1台でありますから。
(自分の幼少の頃からの車歴の中にはF31もあるが、これはカタログもあったけどグランドセレクション追加前の時代のものだったのか、マルチに関しての記載は無かったと記憶している)

3ウェイエレクトロニックメーター(デジパネ)については、やはりアナログ・デジタル・デジアナの3モード切替が出来るという無駄っぷりがF31前期のデジパネとはまた違う意味で印象深く、これもY32を語る上では外してはならない装備である。

この2つはあまりにもインパクトが強かったので、家にグロリアが来ると決まった際には是非付けるよう懇願したのをよく覚えている。
(でもグレードがクラシックSVの2リッターだったから、結局そもそもどっちも付けれないグレードだったっけな・・・)

そして最後にドアトリムにこれみよがしに付いているパワーシートのスイッチ!・・・はG50で堪能してるので、これはいいです(ぇ

でも、如何にもパワーシートが付いている車というのをアッピールするその姿はやはり印象深かった。
実はこれ操作性がすっげー悪いんだけど。

思えばY32のアルティマってオプションが非常に多彩だったせいで色々と選ぶ人間の好み・センスが見て取れるので、これだけ見ると超豪華ですがこれ以外にオプションは付いてません。

なんせ他にも革シート・サンルーフ・ABS・エアバッグ・ツインエアコン、高級オーディオ、あとこの車はディーラーOPに関してはなんか色々付けてますが、そういう後付けオプション等々、選び放題なんですよね。
(逆を言えば、20年前という時代は高級車でも素の状態ではこの程度の装備しか付いてなかった)

自分的にはやっぱり一度はお目にかかってみたいアルティマLVフルオプション。

まあアルティマのフルオプションなんて見たら、横目でブロアムVIPが見たくなるのでそれはそれで。

自分的にはやっぱりVIPの方が好きですからねぇ。
Posted at 2012/04/28 04:48:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 中古車 | クルマ
2012年04月27日 イイね!

朱 -AKA-

そういえばD32Aのエクリプスって赤はソリッドカラーの割には、他の車と比べて退色してしまってる個体を見かけることが殆ど無いなぁっていう感想。

新しい車ならともかく、もう平均して15年選手に突入してるような車なのにねぇ。

「拘って乗ってる人が多い@ミツビシD」から退色しても塗り直したり、常に冷所暗所保管(爆)の人がほとんどなのか、それとも塗装そのものが強いのか、単に写真じゃ分からないだけなのか。

写真見てもキッチリクリア塗ってあるような感じがするから、塗装が強いにイピョーウ。

結局、ソリッドカラーの退色・劣化ってクリアを省略しちゃってるから劣化の第一段階が直にカラー面に来る車が多すぎると思うの。



そしてD32Aといえばこのユーティリティ。
間違いなくウチの車より荷物載るね。

86とかトランクスルー付けてもカーゴスペースの狭さは涙が出るレベル。

まあその分モノコックがキャビンまるごとバスタブみたいになってるから、クーペでもボディユルそうだけど。
Posted at 2012/04/27 00:23:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国産車 | クルマ

プロフィール

「@もげ. この辺りは内部資料的なものだと一般用法的な書き方すること多いですからねえ。まあ、あれをシリーズハイブリッド以外に解釈することも難しいと思いますけど。」
何シテル?   03/23 22:23
http://twitter.com/tommy_kaira             _  -───-   _             ,  '´   ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

特装仕様?~ベンコラ仕様・GZG50型センチュリー~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/11 17:44:33
MAXWIN HUD-621WiFiミラーリングヘッドアップディスプレイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/16 18:43:13
中古車注意!「修復歴」表示がテキトー過ぎる事実!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/03 22:06:13

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ディーゼルでMTの車に乗りたいと言い続けて幾年月。 ディーゼル冬の時代を乗り越えてよう ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
5年8月登録。 NHG50XAEPJ4 DJ2/R(GAC色替) 色と革と足回り以外はG ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
6年3月登録。 NG50XAEJ2 LM0/R 夢はHG50に引き継がれました。 車体 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2号機。 調べる限りでは5型っぽい。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.