車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月10日 イイね!
2016BMWCUP&BMA走行会in///M3CSLリアルタイムにブログUP出来ないプロペラです💦

先々週、2016’BMWCUPファイナルR.dのイベントに筑波へ行って参りました。

今回は観戦ではなく。。。。。。。。3年振りに走ってみようとCUPの前座へエントリーしました。




カー№301です。



折角走るので黒猫ファイターをお誘いしました♫


私は着替えるのも面倒だったので家路からレーシングスーツ姿で筑波へ出勤?!


途中のコンビニでオジサンにジロジロと・・・・・(;´・ω・)

いち早くTC2000に到着。


颯爽と準備を開始します。




そうしている間に黒猫ファイターが到着。




黒猫ファイターは余裕?!の準備を始めます。








準備しているとお友達もお見えに。





この日のコンディションは

曇り/ドライ(明け方はウエット)/気温14℃/風弱し。

タイヤ:フェデラル595RS-RR(265/35/18×4)6分目。

冷間時1.85KPAセット


DSCーOFF

スポーツON(常時)

シフトスピード【6】 

エアコンOFF【たまに忘れる・・・】






タイスケは此方↓




今回の走行会は3枠あります。

1枠目は朝一の走行なので気温が低い1本目を狙う作戦。

だが3年振りのサーキット。。。。。


緊張が押し寄せて来ます(;'∀')


そして走るメンツは↓




TC2000のコースに25台です。。。。


ち、ちと多いな(;´・ω・)


なので数日前から作戦を練って来ました。


予め主催にコースinの順番(並んだ早い者勝ち)を聞いておいたので走行開始20~30分前に行動をする事に。

マシンを置く所も一番近い所に乗入れました。

黒猫ファイターにも作戦を説明。


走行会はフェンス側に整列です。

出走するマシン達です。








手強そうなのはエキシージとR35GTR。

取り敢えずリハビリ兼ねて走って来ました。


こんな感じです。

※ちと長いです。




無事に走り切りましたが。。。。。1本目は緊張の余りグダグダで作戦成功成らず・・・・(-_-;)

2本目、慣れて来たがクリア取れず。。。。(-_-;)


3本目、これからと思ったら終了。。。。。ち~ん。


リザルトです。↓




総評して

1コーナー:突っ込み足らず・・・・

S字コーナー:ビビりリミッター働いてアクセル踏み抜けず・・・

1ヘアピン:クリップポンイント外しコース幅を有効に使えず・・・・

ダンロップコーナー:荷重移動のブレーキング長過ぎでアクセル踏めず・・・・

80R:なんとなく抜けてる・・・・

2ヘアピン:アンダー出まくり・・・・

最終コーナー:マズマズだが旋回スピード足りず・・・・


的な走りでした((+_+))


バックストレートの終速は【177.194Km/h】




3年前に走った終速は【180.783km/h】




ゲッ?!3.5km/hも落ちている?!


ただ前回は1月の気温だし。。。。


機関の不調(劣化)なのかと思いCUPに出ている92M3乗りの方に終速を聞いたら、92より2km/h落ちくらいなので妥当なのかと自分で納得。


エキシージに引っ張って貰おうと思い後追いしたがコーナーの度に離され・・・・撃沈。

取り敢えずR35GTRは抑えて走り切れたので良しとする事に(^^♪


黒猫ファイターさんは、準備段階から余裕を見せてくれました。

マシンの細かいセッティングなんて要らねー!なんて【笑】

街乗りセッティングで十分と。


そして黒猫ファイターさんは1コーナーでミラクルな動きをしたらしいので彼女さんの動画で確認しました。


。。。。。。恐れ入ります。

流石元ドリファイター!!


さてCUPのマシン達です。




車検やマフラー等を作成して貰っているTKスクエアーさん。








それを撮る人を撮る!!










※ご覧ください




お久し振りにお会いした方々、皆さんお疲れ様でした。

表彰台に登られた方も!!





嬉しそうです!!


帰りがけにピンクの拘束具で遊ぶ彼女です(^^)/




最後に家路⇄サーキット周回の燃費です。




で///M3CSLサウンドでお別れです↓。















Posted at 2016/11/10 22:50:29 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
2016年10月16日 イイね!
英・伊・独&Birthday先月末日、○○回目のBirthdayを迎えました。

今年は色々とお祝いをして頂き、何と。。。。。。。こんなにケーキを堪能する事が叶いました♪








スィーツ大好きな私には堪らないです♪♪♪


食べた後は禁断症状になりそう。。。。。笑


祝って貰った二日後は春以来のお山に訪れました。


この日は、以前から尊敬する戦闘機乗りのお友達のNewマシンの慣らし儀式のご同行に参加させて頂きました。



残念ながら天候には恵まれなかったので【目の保養】に徹する事に。。。。。


今回ご一緒させて頂いたマシンは。。。。。



イギリス代表。。。。。。。。




V8ツインターボのマクラーレン570S!!






イタリア代表。。。。。。。。





V8ツインターボのFerrariカルフォルニアT






ドイツ代表。。。。。。。。。





L6NAのM3CSL。


と、豪華絢爛なマシン達です。





皆様も目の保養をご一緒に♪






カルフォルニアのサイドのラインが綺麗で堪りませんね!!




Rディフューザーが堪らない♪(>_<)♪




サイドからも。。。。。




そしてー(>_<)♪


スーパーカーの証





堪らないドア


早速、ゲートを潜り箱根を周回する事に。。。。。


折角の機会なのでカルフォルニアに乗り込ませて頂きました。




ウェットな状況なのでマシンの片鱗しか味わえませんでしたが、カルフォルニア。。。。。。





そう、例えて言うならばM4です。

サウンド的にもM4

まるでM4に乗っている様な感じです。


ただ大きな違いはやはりイタリア


インテリアがお洒落過ぎます♪

M4には【無い】色気を放っております。


私の個人的見解ですが、お洒落好きで高性能を堪能したいならばカルフォルニアを!!

カルフォルニアの半値以下で高性能を堪能したいならばM4を!!


お勧め致します。


次は待ちに待った。。。。。。。570S


カーボンバスタブを持つこのマシーン、ツインターボながら8500回転まで回るエンジン性能に興味を持たない筈が有りません!!



【軽い】です。

やはりカーボンバスタブの恩恵は凄いの一言!!

動きが軽いし、剛性感に溢れています。

CSLが箱車なのを痛感します・・・・・・


タブレットみたいなカーナビモニターです。




この570S、カーボンセラミックブレーキを備えますが同装備を持つカルフォルニアとはセッティングが違います。

カルフォルニアは初期制動から【グッっ】と効き始めるのに対し570Sは踏力に比例する効きを示します。


エンジン:カルフォルニアはM4ポイサウンドで扱い易いフラットトルク特性中間域重視。

対して570Sはターボながら高回転仕様なのでトルクも高回転域に振っています。

気になっていたエンジン音は我が愛機のS54エンジンを彷彿させるサウンドを放ちます♪


ターボエンジンなのでサウンドには【若干】期待していなかったのですが、570Sのエンジン音は。。。。


ハッキリ言って【有り】です♪


※まぁ~望んでも買えませんが。。。。。(+_+)


と言うより、乗れても本気で攻める勇気がございません。。。。。汗


憧れのままでいたいと思います。





マイクの様なスピーカーです。

目の保養をさせて頂いた後は、身体に優しいご飯を食べに。





初訪問です。





あーぁ~、美味しかったです!!


最後に570Sの好きなアングルを!!





↑かっこいい~~~♪




もっこり・穴好きには堪りません!!


↓ドアミラー畳むと・・・・






マクラーレン。。。。。。写真や動画では解りませんが実車を目で見るとかなり3次元的なフォルムを持ったエクステリアで御座います。


今まで、ウラカンかっこいいな~と思っていましたがこの570S。。。。。ヤバいです!!


あと、ずっと570Sのお尻を見ていたのですがブラックアウトされたテールレンズってSEXYだと思いました♪


今度ドライなコンディションで堪能出来る機会がありましたらインプレッションをしたいと思います。


今回のツーリング、箱根でかなりの視線を独占していたのは言うまでもありません。



最後に今回のCSLの燃費です。




燃費だけは570Sに圧勝出来るCSLです。





。。。。。。。。。。。。終わり。。。。。。。。。。。。
Posted at 2016/10/16 19:18:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2016年09月22日 イイね!
///M3CSLトラブル【オルタネーター編】今回は///CSLの整備ネタです。

施工はだいぶ前ですが備忘録としてUP致します。


今回の症状は、低回転時(アイドリング~約3000rpm/m)にインパネにバッテリーチェックが点灯。

3000回転を越すと消灯と言う症状です(走行約13万㌔)。


前回オルタネーター交換時(走行約7万㌔)の症状は逆で、4000rpm/m以上でバッテリーチェックが点灯でオルタネーターを交換しました。

オルタネーターは簡単に言うと発電機モーターなので、仕事柄モーター本体が悪くなる確率は低いと思い今回は部分的にパーツ交換をして【修理】しました。

先ず、オルタネーター【バッテリー充電機】の仕組みを。。。。。。


≪参考図≫




大きく分類するとオルタネーターは、3相交流発電機・整流器・ICレギュレーター(ボルテージレギュレーターとも言う)に分かれます。


バッテリー電源でセルモーター回転しエンジンスタート。
       ↓
エンジン回転をベルト・プーリーを介してオルタネーター軸回転しスリップリング(整流子面)にて直流発電開始。
       ↓
直流電源をブラシを介しオルタネーターローターコイルに通電。
       ↓
ステーターローター回転し3相交流発電。
       ↓
ダイオードブリッジ回路にて直流へと全波整流変換。
       ↓
ICレギュレーターにより負荷に応じた直流電圧を制御。

と言う仕組みに成っていますので、今回の症状からしてICレギュレーターが怪しいのでは?!と思い調べました。


日本ではオルタネーター本体での販売のみに成るのでアメリカBMWではどうか?!調べた所・・・・・

ICレギュレーターのみでの販売もしていてパーツが出るとの事でした。

日本でのオルタネーターの販売価格は約7~8万程。

ICレギュレーターの販売価格は12000円ほど。。。。。


それはもう買うしかないでしょう!!

と言う事で。。。。。↓





≪旧品≫


ブラシ部分の摩耗はまだまだ大丈夫でした。




税関や輸送費入れても約2万円程でした。


聞いた話しですがオルタネーターの寿命として、高回転を常用すると短くなるみたいですね。

前回も多分ICレギュレーター部の不良だったと思われますが、今回も入れて大体6万㌔程の走行でダメに成る様です。


予測すると次は20万㌔時に発生する模様!!

なので、パーツや税金が値上がりする前に。。。。。。

ICレギュレーターと一緒にオルタネーター本体1個、ストック品として購入しておきました。

CSLも12年選手。。。。。

ネオビンテージに片足突っ込んでいるのでこれからのパーツの調達も視野に入れないと!!と考え始める次第でした。。。。。







Posted at 2016/09/22 12:41:55 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2016年09月09日 イイね!
///M6GT3&M4GTS結構日が経ってしまいましたが、お台場に出来たBMWのオープニングデーに行って参りました

歴代M3【CSL含】が鎮座していましたねー




そして最新鋭機のGTS













Dラー内では各///Mのショットを楽しんだり…








このホイル欲しいと…⤵︎





当日のアトラクションを撮ってみました。

M4&バイク



M4




M6GT3




やはりGT3のフロントの入りがレスポンス良く見えましたねー♬

一度乗ってみたいこと…

最後は未来のBMWと…



オマケでアウディも…



変わったBKディスクで…






Posted at 2016/09/10 20:13:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年07月31日 イイね!
///M3CSL vs Evora 400 vs EXIGE S先般、東京LCIさんでエキシージSロードスターをお借りして前回のエヴォーラ400と同様に首都高を3時間程走り込みましたので各車の比較インプレッションをしたいと思います。

※M3CSLは自分仕様の比較であくまでも個人の見解になりますのでご了承願います。


先ずはLCIさんを出発します。




●ボディ剛性●

 エヴォーラ400>エキシージS>M3CSL


走り出して直ぐ分かるのが剛性感。

アルミバスタブを持つ2車の前には12年落ちのCSLは・・・・流石に適いません(*_*)





●加速感(トラクション含む)●

 エキシージS>エヴォーラ400>M3CSL


パワーウエイトレシオ:エキシージS(乾燥重量1180kg/350ps)=3.37kg/ps
              :エヴォーラ400(乾燥重量1395~1440kg/406ps)=3.44~3.55kg/ps
              :M3CSL(乾燥重量1365kg/370ps)=3.69kg/ps

※エヴォーラ400の重量に関してはDラーによって記載に差異が生じる為です(ここもロータスクオリティ?!)


総重量で言うとCSLは後+220kgでロータス各車は+100kg程度だと思われますので益々CSLには部が悪い事に。。。。。。。(@_@;)


トラクションに関してはMRとFRの差が如実に現れます。

1~2速時、CSLはホイールスピーンしない様にかなり気を使いますがMR各車は安心して踏み込めます。

特にエキシージSはファイナルの違いや軽量ボディの為、中間加速がリニアの加速します。


ただ欲を言えばエヴォーラ400はボディ剛性も高い為か、あと50psはプラス欲しい所ですね。

ECU書き換えで可能か?!
 



●ハンドリング●

 M3CSL≧エヴォーラ400>エキシージS

ハンドリングに関してはCSLとエヴォーラ400は同等でしたが、ハンドリングの剛性感?!みたいなのはCSLに部が有りました。

普通に考えれば軽量でホイールベースの短いエキシージSに部が有りそうですが、エキシージSはコーナリング中に不安?!(ボディ剛性?!から来るものか・・・サスペンションからなのか・・・?!)を覚えました。
何処かに吹っ飛びそうな感じ?!と言えば分かり易いでしょうか。

その点、CSLやエヴォーラ400の方がアクセルを踏んで行く事が出来ます。




↑エキシージSのステアリングとインパネですが。。。。。とても1千万近いプライスの物とは思えません・・・・





↑エヴォーラ400との差が有り過ぎ!!


●ミッション●

 エヴォーラ400>エキシージS

※CSLはSMG車なので今回は比較しません。


エヴォーラ400のMTはエキシージSのMTを改良したMTなので入り方や剛性感・ストローク感に好印象を持ちます。

ハッキリ言って楽しいですwww


●エンジン●


 M3CSL>エヴォーラ400>エキシージS

此処はやはりBMW///M社のS54エンジンです。

回転フィーリングにドラマ性があります。

ロータス車はスポーツモードで7200rpmまで回るのですが、ちと物足りないです。

まぁ慣れていると・・・・CSLの7900rpmもちと物足り無いのですが・・・・汗


7速9000rpmに憧れます♪


スーパーチャージャーのトルク出力もフラットな感触なので、おおよそ3速で事足りてしまう利便性はありますが回転数に伴うドラマ性が欲しい所です。


エヴォーラ400は標準で軽量フライホイールが組み込まれていますが、期待ほどではありません。

991-2型のターボエンジンの方が回転レスポンスが早いです。

ただ過給機が付いているとあのトルク感が羨ましい事も事実です。


●サスペンション●


 エヴォーラ400>エキシージS>M3CSL

CSLはサーキット向けの足回りにセッティングしていますので敢えて乗り心地を含めた評価で。


ロータス各車はノーマルのままでもかなり乗り心地を確保しながらもある程度攻める走りが出来ます。

かなり絶妙なセッティングだと思います。

正直、今まで色んな車種を試乗しましたがノーマルで攻めれる脚はロータス車の売りかと!!


●ブレーキ●


 エヴォーラ400>エキシージS>M3CSL(ノーマル版)


ロータス車は標準でAPレーシングのブレーキシステムを奢られています。


マイCSLはエンドレスのブレーキシステムにレーシングパッドを装着していますので、評価はノーマルなM3CSL比較で。

エヴォーラ400のはAPの大型ブレーキシステムが奢られていますのでブレーキホースのステンメッシュ化とレーシングパッド・冷却ホース引き回すだけで出来上がりです。


●エグゾーストノート●


 エヴォーラ400>M3CSL>エキシージS


スポーツカーにとって大事な部分でも有ります♪


ロータス車には現代の装備でモード切替がありますのでスポーツモード比較で。


エヴォーラ400:エンジン始動時、F様を連想させる高音系の目覚め音♪
          もちろん走行時も高音系を放ちますのでトンネルでは窓オープン♪


M3CSL:サーキットを連想させる野太いサウンド♪と独特なエンジン吸気音♪


エキシージS:エヴォーラ400とスパーチャージャーの違いからこんなに違いが出るのか?!的な・・・美声は何処に?!



●キャビン操作性●


 M3CSL>エヴォーラ400>エキシージS

ここはやはりドイツクオリティのエルゴノミクス。

CSL:ほぼ自然

エヴォーラ400:やや自然

エキシージ:不自然

ローラス車はライト類の操作が良く分かりません・・・・

特にエキシージ・・・・ヘッドライトが点いているのか、消せたのか?!

リアナンバー灯がなかなか消せない・・・・リモコンの操作等?!


●乗降性・居住性●


 M3CSL>エヴォーラ400>エキシージS


特にエキシージのタイトな室内は自分には合いません。


隣席に人が居る際は肘が当たる!!&膝上のスペースが無いので、がに股になりABCペダル操作し難い。

外気温30℃で室内のエアコンが効くか試しましたが送風口は冷たいですが背中にあるエンジン熱で体が熱くなり北国仕様の私には不向き!!だと解りました。


エヴォーラ400は送風口が小さ目ですが不便は感じませんでした。

エヴォーラ400の後席は911カレラの後席よりも広いですが小さいお子さん限定で。



●プライス●


 M3CSL>エヴォーラ400>エキシージS


エヴォーラ400=¥13、554、000-
エキシージS=・・ ¥9、936、000-
M3CSL=・・・・・・・¥12、075、000-


CSLは専用品多数とカーボン多様のスペシャルですが、それとクオリティを比較するとロータス車は300万程お高い気がします。


●魅力●

 M3CSL≧エヴォーラ400>エキシージS


ロータス車の魅力は何と言ってもエクステリア!!が1番♪

あの平べったさはエキシージが1番

F430スクーデリアと比べても!!






ちょうど辰巳PAにてF430スクーデリア・ガヤルドスーパーレジェーラ・911と遭遇しましたがダントツで低い!!






F430スクーデリアとボディの【赤さ】を比較してみましたがエキシージの赤の方が綺麗な配色でした♪











でもドアミラーはF430>M3CSL>ロータスかな







あとエヴォーラ400のエグゾストノート♪これ結構好みです!!

エヴォーラ400の好印象は足回り・ボディ剛性・MT操作性・エクステリア


・・・・・・でしょうか。


●総評●

ロータス2車とM3CSLの走りを比較した際に感じる事は・・・・・M3は箱車なんだな。。。。。と。

コーナリングでやはり屋根の高さを感じます。

カーボン屋根で軽量しても全高が比較にならない・・・・・(*_*)

ではエヴォーラ400は買いか?!と言うと・・・・・・・・・・


そうでも有りません



クオリティ・性能と比較したプライズが合いません


BMW M4のプライス¥10、750、000を基準に考えると。。。。。


MR故の整備性(費用過多)、ロータスクオリティなるクオリティ?!がネックですね。


後はパーツの納期やアフターパーツの少なさ・・・・


魅力は多いのですがバランスが悪いです。











エキシージの方がダックテール


興味は尽きないんですがね~~~


あと謎が一つ


エヴォーラの時も感じたのですがエキシージもエンジン辺りから【カァー音】的な音は何でしょう?!

スーパーチャージャーの音なのかなぁ・・・・?!疑問です。
















Posted at 2016/07/31 19:24:41 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「@アウトロ- さん昨日はお疲れ様でしたー


NEWシューズは次回お披露目で!

何シテル?   11/14 07:40
輸入車歴はE34(M5)⇒E90(330i)⇒E46M3CSL。 もう20年はBMW一筋です。 憧れのマシンはマクラーレン570Sかウラカン?! ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
復活しまーす! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/06 01:19:35
やっと交換できました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/08 19:01:28
13日のオフ会について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/09 02:17:13
お友達
コメントで絡んだ方や実際にお会いした方でお願い致します。
200 人のお友達がいます
BWIBWI *みんカラ公認 MカメMカメ *
ワッキー☆牛田組ワッキー☆牛田組 * hyde☆☆hyde☆☆ *
鈴木 蘭鈴木 蘭 * レクサスアイエスレクサスアイエス *
ファン
39 人のファンがいます
愛車一覧
BMW M3 individual CSL (BMW M3 individual)
BMW M3CSLに乗っています。 BMW随一刺激満載マシンだと思います!! 後はV10 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.