• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アズラエル@Soloistのブログ一覧

2018年02月03日 イイね!

LEXUS RC F 所有期間6ヶ月を迎えての所感

月に1回ぐらいはブログを載せようと心掛けているアズラエル@Soloistです。
先月納車後6ヶ月点検を迎え、走行距離も6,000kmを越えました。

ビジネス・プライベート・旅行等、様々なシーンを一通りこなした昨今。
「LEXUS RC」から「LEXUS RC F」へ乗換えた経験も踏まえ、
「LEXUS RC F」とはどういった車なのか所感を述べたいと思います。


エクステリア:★★★★☆:4.5/5.0



スピンドルグリルは見た瞬間LEXUS車とわかる車作りに成功しているように思えます。
「RC F」はフロントマスクに対するスピンドルグリルの占有率が最も高いように感じます。
その特徴的なフロントマスクにL型のポジショニングランプ・三眼LEDヘッドライト。
LEXUS車中、最も「肉食感」が出ている車であり「RC」よりボンネットが隆起しているため、
非常にグラマラスな印象を受けます。まるで「格闘家」のような外観です。
私は筋肉とは無縁な体系なので、そういった車に憧れているのかもしれません。(笑)



そのような特徴的なフロントビューを見た後、リアビューを見ますと物足りなく感じます。
特徴的な4本末広がりのマフラーは迫力がありますが、それ以外は普通の車の印象です。
アクティブリアウィングをポップアップしていれば見た目は結構変わります。
ポップアップしていないときでもウィングの存在が出るような改良を望みます。
あとはディフューザーの下部にボディカラーと同じ意匠のエアロが付くと更に良いです。
リアに対する課題を考慮し★×4.5としました。


インテリア:★★★★☆:4.0/5.0



全体の意匠としては「IS」をベースに構成されています。
「RC」との違いはメーター・シートぐらいでしょうか。
「RC/F SPORT」には可動式メーターが採用されていますが「RC F」は固定式です。
ドライブモードの切替でメーターの意匠が変わりますが、
「RC F」のほうがメーターの意匠変更の度合いが大きく私的には「RC F」が好みです。
シートはF専用で非常にホールド感があり「F SPORT」のシートよりも安心して座れます。





インテリアは「IS」ベースとなっていることから、
今後は「RC」独自の意匠をインテリアに反映すべきと考えます。
正直リリースされる約3年前から行うべきことだとは思いますが・・・。(^^;

インテリアのベースが「IS」と共用になっていることを踏まえ、
本来であれば★×3ですが、F専用メーター・シートを加点して★×4としました。


動力性能:★★★★☆:4.5/5.0



今や絶滅危惧種に指定されそうな「V8NAエンジン」。
3,000~4,000回転のトルクは凄まじくこの回転域で一気に加速していきます。
5,000回転中盤までトルクが伸びるのですが一般道ではほぼここまでは回しません。
逆に1,000~2,000回転はトルク不足を感じますがこれはNAエンジンの宿命ですね。
低速トルクの対策はサブコンを入れてることで対応可能と考えます。



NAは低速トルクがないのは宿命ですが「RC F」で一般道を走る分には充分です。
ただし3,000回転以降のトルクに慣れてきますと低速トルクに不満が出ます。
特に「NORMALモード」の時はトルク不足を顕著に感じることもあります。
この点を踏まえ★×4.5としました。


乗り心地:★★★☆☆:3.0/5.0



「RC/F SPORT」はAVS搭載の減衰力可変式です。
「RC」の乗り心地に慣れていた私は「RC F」乗換時に乗り心地の硬さに驚きました。
私の「RC F」は最新モデルとは異なる減衰力固定式の純正サスペンションに慣れず、
(鹿児島は市街地でも凹凸のある道路が多いことに起因していると思います。)
「TOM'Sサスペンション・TRDパフォーマンスダンパー」を導入しました。
TOM'Sサスペンションは減衰圧の調整が好みで出来るので乗り心地はかなり改善されました。
モディファイを加味すると★×4ですが純正サスペンションを評価基準とし★×3としました。

車高の高さに不満がないようでしたらAVS搭載の「RC F」をオススメします。
AVSはバネ下重量の削減にも寄与しているようでAVS以上に効果があるようです。
AVS搭載車の乗り心地は★×4であることを付け加えておきます。


使い勝手:★★★★☆:4.5/5.0



独身の場合ドアは2枚で充分です。(笑)
トランク容量も趣味のバイオリンケースや洗車道具に
旅行等で使用するキャリーケースを2組入れてもまだ入ります。
ただし長尺物は「RC」とは異なりリアシートは倒れず積載には制約があります。

駐車場では結構気を使います。
クーペはドアの長さが他の車に比べて長いのでドアパンには最も注意です。
ドアパンするものされるのも嫌なので横に誰も止めないスペースに駐車します。

致命的なのは燃費ですね。ただしこの手の車で燃費は気にするべきではないでしょう。
ただし高速道路で巡行した際はカタログ値を越える「10km/L」出ます。
通勤で使うのは勿体無いので、極力プライベート専用車にしています。
普段使いには全く不憫していませんが、燃費の件を考慮し★×4.5としました。


モディファイ性:★★★★★:5.0/5.0



「RC F」を更に魅力ある車に仕上げる各種パーツは「TRD」をはじめ、
「TOM'S」「LEXON」「LEMS」等、多くのメーカーから販売されています。
オーナーの想いに沿ったモディファイが可能な1台だと思います。


総合評価/総括:★★★★☆:4.5/5.0



「RC F」の最も魅力的な点は「V8NAエンジン」を回して、
「エンジン音を聞きながら自分の意のままに操る楽しさ」にあると思います。

20代からLEXUSを所有して「RC F」で4台目ですが一番楽しく車に乗れています。
値段的には結構高額ですが、運転技術がこなれかつ動体視力もある
「20代後半から30代中盤の男性」に是非とも乗ってほしいと思う1台です。
ストイックにサーキットを走行するようなことがないようでしたら、
MOPは全て装備して購入することをオススメします。



世界の潮流は「内燃機関」から「ハイブリッド」経て「電気自動車」。
運転自体も人から機械(自動)運転へと潮流が変わろうとする昨今。
「運転を楽しむ機会」を得るために有益な車の1つが「RC F」と考えます。

全ての望みを得られる完璧な車はありませんが、
「運転を楽しむ」ことに特化したこの1台を是非とも所有されてみて下さい。

Posted at 2018/02/03 19:24:31 | コメント(7) | トラックバック(0) | LEXUS RC-F | 日記
2018年01月06日 イイね!

謹賀新年ご挨拶 & LEXUS RC F モディファイ方針



みんともの皆様をはじめ、車を愛する全ての皆様。
謹賀新年。明けましておめでとうございます。昨年同様、今年もよろしくお願い致します。

昨年の元旦はお休みでしたが、今年は元旦から当然のように仕事でした。(^^;

さて「何シテル?」を確認されたかたはご存知のことと思いますが、
年末にあるパーツを「衝動買い」していました。

衝動買いしたパーツですが「VARIS JAPAN」から販売されております、
「MAGNUM OPUS RC F専用 TITAN EXHAUST FINISHER(4PCS/SET)」になります。





テール部先端(2本のみ)にはVARISロゴが刻まれておりチタンの焼き具合も綺麗です。
このパーツのポイントは・・・

1).純正マフラーカッターに被せるタイプの商品。
2).出幅も無段階で調整可能。
3).専用の特殊ビスで固定するタイプで穴あけ不要。

つまり、純正マフラーをそのまま利用して、
リアビューにアクセントを加えたいと考えているかたにオススメのパーツです。

また、気に入らないときには、直ぐに外せるとパーツと思っていたのですが、
実際にDIYでつける際に、純正のマフラーカッターを取り外さないと付かないことが発覚。
商品紹介をそのまま鵜呑みにしていました。
取説にも純正マフラーカッターを外して下さいとは記載はありませんでしたし・・・。
モディファイ素人にはハードルが高いDIYだったので、結局MyDに丸投げしました。(汗




定期点検もありましたので、本日MyDに車とパーツを預け、
本日から1週間は代車(IS200t F SPORT)生活になります。
今は「IS300 F SPORT」と呼ぶようですが、私的には従来通りでよかったと思いますが・・・。

実は「リアディフューザーシステム-1」もセットで購入しようと思いましたが、
車高を上げないと自宅の駐車場の車止めに干渉するため諦めることに・・・。

今回の件で改めて感じたことは、
下回りのエアロは車高を上げない限り、車止め等への干渉確率が高いということです。

車高を上げればエアロパーツは装着できますが、
今の車高の高さは気に入っているので、恐らく下回りのエアロを付けることはないでしょう。
(※)ダウン量「10mm以下」なら装着できなくなくもないですが・・・。(汗

記憶によれば、TOM'Sの車高調装着時に、フロント・リア共に「25mm」下げておりますが、
車高調が車に馴染んだ影響か、更に下がっている気がします・・・。(^^;



上の写真は車高調装着直後の写真ですが、
改めて今の状態と比較してみますと、これより少し下がっているように感じます。

よって、エアロパーツを装着するとすれば、トランク・ルーフ部あたりとなります。

トランク部のエアロは、純正リアウィング交換タイプのもと、
純正リアウィングの端もしくはトランク本体に装着する合計3タイプあります。
各メーカーからも多く出ておりますので悩みそうですね・・・。

一方ルーフ部のエアロは、2つのメーカーから選定することになりそうで、
ここは選定にそれほどの時間はかからないと思います。

エアロの問題はこれで終了するものとして、残りはホイールになります。

実はこのホイールが曲者でして、現在の車高調の状態で走行していると、
稀にリアのタイヤハウス内に僅かにタイヤが干渉することがあります。

これは、大きな凹凸を乗り越えたときのみに発生する事象ですが、
「RC F」のタイヤハウス内は「RC」とは異なり、タイヤハウスの構造が異なるため、
これ以上ホイールを外側に出すと間違いなく干渉します。

よって、ホイールを換装するためには、間違いなく車高を上げなければなりません。
車高を上げてホイールを換装すると、装着できなかったエアロが装着できることに・・・。

ん・・・?つまり車高を上げるとモディファイ可能性が広がる・・・?
おっと・・・この展開は・・・。



と考えてみたものの、純正ホイールの意匠は気に入っているので、
無理矢理にホイールを換装する必要はないですが、
純正と同等かそれを超えるホイールが予算と合えば購入してもよいと思います。
そのときは潔く車高を上げるしかないですね。(笑)

皆さん、マーキュリーグレーマイカの「RC F」ですが、
機会が御座いましたら、その目で確認してみて下さい。
ここに掲載している写真以上に「渋い」車ですよ。(笑)
このボディカラーは、オーナーが年齢を重ねるにつれて似合ってくる色だと思います。
つまり、若造の私には、まだまだ車に「乗せられている状態」です。(苦笑

「RC F」という車を「弄る」のもよいですが「維持る」という方向に向かわせることは、
今までの短サイクル乗換えのカーライフに終止符が打てるのではないかと、
淡い?期待を抱きながら、今年1年を「RC F」と過ごしていければと思います。
果してそんなことが出来るかどうかは、かなり不透明ですが・・・。(^^;



それでは皆様、今年も「アズラエル@Soloist」と「LEXUS RC F」をよろしくお願い致します。
Posted at 2018/01/06 18:17:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々日記 | 日記
2017年12月18日 イイね!

LEXUS RC Fと行く2泊3日の福岡旅行

久し振りに愛車と一緒に福岡の地を訪れたアズラエル@Soloistです。
ギリギリの調整でしたが、約3年振りに来福することができました。

来福の目的は3つありました。

1.私的福岡市撮影スポットに行くこと。
2.関東に戻られるみんともさんにお会いすること。
3.福岡モーターショーを見学に行くこと。

特に項番2は、お互いに車をお見せできる最後のチャンスと思い、
仕事の都合を付け、どうにか実現することが出来ました。

1日目は、熊本市・福岡市に行きました。
なぜ熊本・・・とお思いのかたもいると思いますが目的は・・・。
そう・・・LEXUS新世代店舗を見たかったからです。





九州唯一の新世代店舗「LEXUS熊本東」。
先の熊本地震により、店舗は大きな被害を受けたとのこと。
既存店舗を立て直した後、新世代店舗の改装となると予算がかさむということで、
予定よりも早く新世代店舗にリニューアルされました。





従来型の店舗よりも、新世代店舗のほうが私的には好みです。
内装だけ見る限りでは、ディーラーとは思えない雰囲気でした。
突然の来訪でしたが、色々と気を使っていただき有難う御座いました。

熊本での予定を済ませ、福岡を目指します。
福岡到着後は「LEXUS RC F」とセットで撮影したかったスポットに向かいました。



1つ目のスポットは「ノートルダムマリノア」です。
よく他のブログで撮影した写真が掲載されていたので一度訪れてみたいと思っていました。





撮影スポットの駐車場は平日は無料で、お財布にも優しいです。
スポット的には結婚式場です。私には一生縁がないでしょう。(苦笑



2つ目のスポットは「福岡タワー」です。
構図に悩みましたが、これが一番綺麗に写ると思いました。

両スポットとも夜間に訪れたかったのですが、
当日は夕方から雨の予報で、撮影チャンスは日中しかありませんでした・・・。(^^;
晴れの時の撮影は、またの機会としましょう。

1日目はこれで終了。
福岡市内は平日でも渋滞が凄いですね。
予想以上に時間を取られ、宿泊先のホテルに着いたのは19時過ぎでした。


明けて翌日2日目。

早朝から霧雨の降る中でしたが、前回来福時に訪れた「北九州空港」に行きました。





ここでは撮影も兼ねてみんともさんとお会いする予定がありました。



雑誌に愛車が掲載されるほどメジャーなお立場になりつつある
「LEXUS RC300h F SPORT」を所有されている「★seiji★」さん。
ロナハのホイールがバッチリ決まっています。
このホイールを見た後に自分の「RC F」を見てしまいますと物足りなさを感じます。

ここで「★seiji★」さんとはお別れです。
天候も悪く寒さも厳しい中、お時間を作っていただき有難う御座いました。

霧雨が小雪に変わりそうな寒空の中、
高速道路走り集合場所の「鞍手PA」を目指します。



程なくして今回のメイン目的であったみんともさんとお会いすることが出来ました。
「RC F」オーナー界隈では有名な「t-tomo」さんです。
今回は「こーくん@」さん(IS/黒)「◎がんちゃん」さん(IS/青)もご一緒に来福されていました。



「t-tomo」さんの「RC F」ですが、TRDパーツがふんだんに付けられている1台です。
ほとんどモディファイしていない私からしたら「完全に目の毒」です。(笑)
特にマフラーですが、エンジンスタートした時だけでも明らかに音が違います。
TRDパーツは1つ1つの価格がお高めなので、一気に行くと大変なことに・・・。(^^;

「こーくん@」さん「 ◎がんちゃん」さんもそれぞれ個性のあるお車です。
特に「ホイール」と「リアビュー」には力は入っていました。
同じ「IS」でも、オーナーさん毎に個性が色濃く出ることがよく分かる2台でした。

目的の昼食場所までカルガモ走行しながら到着。昼食場所は「ザ・ルイガンズ」です。
「ザ・ルイガンズ」は、式場を兼ね備えたリゾートホテルです。





ここでのランチはビュッフェ形式となっており、1品1品に拘りが感じられました。
スタッフの方も非常にサービスが行き届いており、印象がよかったです。
彼女でもできたら、宿泊を兼ねて連れてきますよ。(爆



ランチを摂っている最中、みんともさんの「@やんやん」さん(IS/白)が来られました。
前回お会いしてからいつ振りだったでしょうか・・・。(^^;
前よりイケメンになられたようで羨ましいです。





ランチの後は「マリンワールド海の中道」に行きました。
水族館なんて小学生以来だったと思います。



可愛らしいペンギンや逞しいアラザシにパフォーマンス抜群のイルカショー等、
かなり楽しめるところでした。(※)ただし、1人で行くには鋼の心が必要です。(苦笑

その後「t-tomo」さんご一行様とは、夕食までご一緒させていただきました。
2日目は厚かましく終日ご一緒させていただき有難う御座いました。
「ザ・ルイガンズ」「マリンワールド海の中道」両施設とも、
1人旅では絶対に訪れることはなかったと思います。(笑)


明けて最終日の3日目。

福岡モータショーを見学してきました。
「t-tomo」さん「こーくん@」さんとご一緒させていただきました。
途中みんともさんの「もた!」さんにもサプライズでお会いできました。
やはりモーターショーには、色々とご縁のある方が集まりますね。(笑)

さて、気になるモーターショーの中身ですが、
LEXUSブースに、F10周年記念モデルが展示されていれば・・・と思っていましたが、
ワンメイクに展示されていたようで、タイミングが悪かったようです・・・。(^^;

しかし、LEXUSブースには人が溢れかえっており人気があったようです。
そういえば、福岡県を走っていて感じたのはLEXUS車が多いことです。
道路を走っている車から、ブースの人気度も頷けるというものですね。

モーターショーの写真は幾枚撮影しましたが、
人物の顔が多く写っており、加工に難儀するため、
「将来購入予定の2台のみ(大嘘)」の掲載という内容とさせていただきます。(笑)





午前中で福岡を後にし帰路に着きます。



道中、広川SAでランチ「ビーフバター焼き」を頂きました。
広川SAに寄ったときには高確率で頂く1品です。



日が暮れるまでには帰宅でき、雨風で汚れた「RC F」を洗車して終了。
洗車して愛車を綺麗にするまでが旅行です。(笑)

この3日間、中々密度の高い内容だったと思います。
この度は「t-tomo」さんを始め、お会いしたみんともさんの皆様有難う御座いました。

次回は・・・いつになるか・・・未定ですが・・・。
お会いする度に車が変わらないように善処致します!(核爆)
Posted at 2017/12/18 00:46:06 | コメント(6) | トラックバック(0) | 旅行・観光 | 日記
2017年12月01日 イイね!

LEXUS RC/RCF 3回目の年次改良について

福岡モーターショーの見学に行くべく、
業務都合を整える毎日を過ごしているアズラエル@Soloistです・・・。(^^;

2014年10月に「LEXUS RC/RCF」がリリースされて3年が経過しました。
「RC/RCF」を両方所有経験のある私の視点で、今回の年次改良についてまとめてみました。
(※)一部妄想文言も御座いますので、御了承下さい・・・。(^^;



通常、LEXUS車のサイクルとしてリリースされて3回目の年次改良は、
マイナーチェンジ(以下MCと略称)に置き換えられることが定番となっておりますが、
「RC/RCF」に限っては、比較的異例なMCなき3回目の年次改良を迎えたことになります。

LEXUSのMCは、割と大きな改良点が多く、特に外観の意匠変更が顕著であるため、
一見フルモデルチェンジ(以下FMCと略称)と勘違いされることも多いとか多くないとか・・・。

そんな、比較的異例な3回目の年次改良のポイントは以下となります。


「RC/RCF」共通年次改良

◇予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」標準設定
 →従来メーカーオプション(以下MOPと略称)であった以下のツールが標準装備になりました。

  □プリクラッシュセーフティ(以下PCSと略称)
   →先行車または歩行者との衝突回避支援。もしくは被害軽減を図るツールです。

  □レーンディパーチャーアラート(以下LDAと略称)
   →車線逸脱による事故の予防に貢献するツールです。

  □オートマチックハイビーム(以下AHBと略称)
   →夜間の前方視界確保を支援するツールです。

 →LEXUS車は他の欧州御三家と比較して、
  事故防止に寄与するツールの標準装備化が遅れています。
  多少コストがかかっても、LEXUSオーナー層を考慮すれば、
  最新の予防安全ツールは、車両価格に転化しても標準装備にすべきだと考えます。
  最近、LEXUSからメルセデスに乗換えるオーナーが多いように感じておりますが、
  メルセデスの予防安全ツール等に商品価値を見出しているのではと推測しております。



◇ナビ画面のサイズ拡大(10.3インチ)
 →鬱陶しく感じているオーナーも多いと思われますナビ画面の縁がかなり薄くなりました。
  正直リリース直後から年次改良後の画面でよかったと思います。(未だに理解不能です。(笑)
  MCでナビ画面が大きくなるのは珍しいケースだと記憶しております。


◇ナビ操作インタフェース(タッチパッド式)の拡大
 →ナビと同様にタッチパッドの縁が薄くなり、タッチパッドのエリアが拡大しました。
  年次改良前のタッチパッドは狭く、拡大化により使いやすさに寄与していると考えられます。
  ただし、元々タッチパッドは使い慣れるまでに時間がかかるインタフェースだと思います。


◇ドライブモードセレクト:CUSTOMモード追加
 →パワートレーン・シャシー・空調等の調整を記憶できるモードのようです。
  最近ではLC等に設定されていると記憶しております。
  シャシーはどのようなレベルで調整できるのか、個人的には気になるところです。


「RC」年次改良

◇「RC350」に「2GR-FKS」エンジンの搭載
 →従来は「2GR-FSE」のエンジンを搭載していました。
  今回から搭載されるエンジンは、改良型ではなく「ほぼ新開発」したエンジンです。
  「GS」や「IS」の350モデルに搭載されているエンジンと同じものと思われます。
  燃費性能は「従来比8%向上」と環境面にを意識しているようです。
  もっとアピールしてもよいと思いますが、購入層には響かないと考えているようですね。


◇「RC200t」から「RC300」にネーミング変更
 →現行ISからの潮流で「t」の文字がなくなりました。
  個人的にはハイブリッドは「h」。ターボは「t」でネーミングしてもらったほうが
  他人に車の説明をするときに楽なのですが・・・。変更した理由を聞いてみたいです。




◇「RC350/RC300h/RC300」に特別仕様車「F SPORT Prime Black」(以下「F SPB」と略称)を設定
 →東京モーターショーで発表された「RCF」の特別仕様車に合わせた設定と推測しています。
  グレード「F SPORT」に、以下の「MOP/専用設定」が標準で装備されているモデルです。

  □MOP→標準設定
   →三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプ

  □専用設定
   →内装色:ブラック&オレンジステッチ
   →スピンドルグリル(メッシュタイプ/漆黒メッキ)
   →ウインドウモール(ブラックステンレス)
   →墨本杢+ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)
   →墨本杢調オーナメントパネル





 →LEXUSのスポーツモデルのイメージカラーはオレンジになっているので、
  内装には、その潮流を踏襲した特別モデルのように感じます。
  スピンドルグリルの漆黒メッキは「RCF」と同じものと想定されます。
  (※)通常RCのスピンドルグリルは「シルバーメッキ」です。
 
 →ここで類似グレードの「F SPORT」と金額差を計算してみます。
  「RC300h F SPB」:6,540,000円
  「RC300h F SPORT」:6,360,000円 + 三眼LED:133,400円 = 「6,493,400円」
  「F SPORT」には、標準装備でない「三眼LEDヘッドランプ:113,400円」を加味。  
  金額差は「6,540,000円」 - 「6,493,400円」 = 「46,600円(F SPB が高い)」です。
  上記金額差に「□専用設定」が含まれている内容となりますから、
  「□専用設定」に魅力を感じているかたにはお勧めのモデルと考えられます。





年次改良等でMOPが標準装備された分は、車両本体価格にしっかりと反映されております。
相変わらず「RC300h」には、オレンジキャリパーのMOP設定がないようです。
「RC」の中でも「300h」においては、従来年次改良ポイントが少ないのが実情ですね。


「RCF」年次改良

◇MOP標準装備
 →以下のMOPが標準装備されています。

  □ブラインドスポットモニター(BSM)
   →側方エリアに存在する車両等を検知して接触を防止するツールです。

  □リヤクロストラフィックアラート(RCTA)
   →駐車場等で後退する際に左右後方車両を検知し警告するツールです。

 →よって「RCF」は、従来MOP設定であった「PCS/LDA/AHB」も含め標準設定となります。




◇外装色追加:ネープルスイエローコントラストレイヤリング
 →最近では「LC」に設定されている外装色です。
  MOP設定「162,000円」かかります。個人的には「RCF」には似合わないと思います。
  まだ「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」のほうが似合うと思うのですが・・・。



車両価格は、ベースグレードで「1,000万円」を切っていますが、
MOPのホイール等、MyRCF仕様でオプションを付ければ、中々の金額になります・・・。(^^;




年次改良総括

通常3年目の年次改良はMCに置き換えられることが従来の潮流ですが、
「RC/RCF」に限っては3年目のMCが見送られたことで、
個人的には「新型(FMC)RC/RCF」が出る可能性が低いのではと思っております。

またLEXUSの2ドア車は、例外なく今までFMCせず、ラインナップから落ちています。
実例としては「SC」「IS C」が該当します。(左記2車種はコンバーチブルですが・・・。

現オーナーとしては、MCがなく大規模な外装の変更がなった点は、
嬉しい反面、メーカーがそこまで力を入れていない思う背景から残念感もあります。

次のMC/FMCタイミングは再来年の5年目となりますが、この時点でMCがない場合は、
私的妄想レベルの「RC/RCF」は、MC/FMCなくラインナップ落ちが現実味を増しそうですね。

Posted at 2017/12/01 21:49:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | LEXUS RC | 日記
2017年11月26日 イイね!

第12回LSKオフ会

前回のオフ会から2ヶ月近く経過しましたが、本日(11/26[日])無事に開催できました。

ここで簡単なグループ説明ですが、LSKの正式名称は「Lexus South Kyushu」

鹿児島・宮崎・熊本(南九州)を中心に在住されておりますLEXUSオーナー様が、
オフ会等を催し、車を通して親睦を深めるグループです。

オフ会の開催日は本日(11/26[日])でしたが、
オフ会に参加できない方とは前日にお会いしていました。



見事に色被りのない3台・・・。
統一感のある写真もよいですが、彩り豊かな1枚も写真が賑やかでよいですね。(笑)

さて、話を戻してオフ会当日(11/26[日])の話ですが、
本来でしたら伊佐市の「曽木の滝公園」で紅葉を楽しみながらランチを頂く予定でした。
しかし、生憎の雨と紅葉祭りの時期と重なり、昼食場所を変更することになりました。



昼食を摂った後は、湧水町方面へ1時間程度カルガモ走行の後、
約半年前にオープン致しました喫茶店へお伺い致しました。



お店の名前は、「カフェ サンデイズ・シスコ」
オーナーさんはアバルトにお乗りの方で、車に大変理解のある方です。

2輪車(バイク)を所有されている方も多くご利用されるらしく、
来店された方のお写真が多く掲載されておりました。



私は、ぜんざいとわらび餅にホットコーヒーを頂きました。

ここでは、窓越しに車を眺めなら会話ができます。
お互いの車を並べて、今後のモディファイ話等、色々な話に花が咲きました。

この度は半貸切の状態で利用させていただきまして有難う御座いました。



今回のご参加は、途中離脱等御座いましたが、
LEXUS LC:1台。LEXUS LS:1台。LEXUS RC F:1台。LEXUS RC:1台。
LEXUS IS:1台。LEXUS NX:1台。MERCEDES-BENZ GLA:1台。
合計:7台でした。



本日は生憎の雨でしたが、次回は晴れてくれることを切に願っております。

次回は2018年(来年)1月中旬を予定しております。
それでは皆様、次回も奮ってご参加下さい。

(追伸)
今回の「LEXUS RC F」の燃費についてですが、高速道路中心の走行ながら、「9.8km/L」でした。
カタログ値が「8.2km/L」ですが、カタログ値を超える燃費に驚きました。
予定している福岡モーターショーへの見学も、片道なら給油なしで行けそうですね。(*´ω`*)
Posted at 2017/11/26 18:06:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記

プロフィール

「@t-tomoさん 私は1日早い24日に交換することにしました。別件で入庫予定だったので運がよかったです・・・。(^^;」
何シテル?   02/17 15:35
アズラエル@Soloistです。 20代中盤で車に興味を持ち「スカーレット」こと、「LEXUS IS250」の購入を機に、 2011年12月みんカラを登...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

☆★☆★☆★☆お友達募集中★☆★☆★☆★
1.LEXUSが好きなかた。
2.セダン/クーペ/オープンカーが好きなかた。
3.ゲームが好きなかた。
4.音楽が好きなかた。
5.鹿児島県在住もしくは縁のあるかた。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
お友達申請お待ちしております。
307 人のお友達がいます
ミスタージービーミスタージービー * 文鳥こまろ文鳥こまろ *
CAR-CLINICCAR-CLINIC *みんカラ公認 湘南乃男湘南乃男 *
テッチンテッチン * batashi-86batashi-86 *

ファン

132 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス RC F メルクリウス(Mercurius) (レクサス RC F)
「LEXUS Life 4th Stage」の始まりです。 「LEXUS RC300h ...
レクサス RCハイブリッド シリウス(Sirius) (レクサス RCハイブリッド)
「LEXUS Life 3rd Stage」の始まりです。 「LEXUS IS250C ...
レクサス IS-C エルシー(LC) (レクサス IS-C)
「LEXUS Life 2nd Stage」の始まりです。 「LEXUS IS250 ...
レクサス IS スカーレット(Scarlet) (レクサス IS)
「LEXUS Life 1st Stage」の始まりです。 国産車の特徴である、質実剛 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.