• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ayameのブログ一覧

2017年10月04日 イイね!

高速道路メイン

既に先月のこととなりましたが、9月16日に実家へ日帰りで行ってきました。

画像は撮っていたのですが、携帯の中にあるので、後日追加します(それほどの画像ではないw)。
台風飛来直前で決まった日程でしたが、適当な時間に自宅発。
無料になったバイパスで思わぬ渋滞にはまり、1時間強ロス(通勤経路で行けばよかった)。
圏央道あきる野から乗り、そのまま上越まで直行。
途中、SA2か所で休憩(寄ったのは休憩が目的ではなかった記憶も)。
それなりの時間に到着し、母親が入っている特養訪問。
その後兄の家に寄り、帰宅に至り、日が変わった0:30くらいに帰宅。

VABCで初の長距離(つっても片道400 kmくらいかな?)かつ高速を使用しました。
4人乗車でエアコンはオート、そんなに踏む必要も感じなかったのでIモードで走行(往復)。
まぁ、合流などでS#を選択したのは自然な成り行きってことで、いやぁそれなりの加速。

結論として、MT+運転補助(事故未然防止機能)無しの車は運転していて疲れないってことでした。
パワー&トルク(どっちかつーとトルク重視)ありありの車なので、踏めば必要な速度は即得られます。
目標の速度域まで達した後は惰性的な走行で良いので、それなりに燃費も稼げます。

燃費ですが、車載の平均燃費計の読みからですが、普段の通勤時におおむね7.2 km/lくらいです。
高速走行で12.8 km/lでしたので、走る場所によってはGC8と比較すれば車重やパワー&トルクを考慮すればEJ20も進化したんだってことがわかります。
(GC8Dは通称「貧乏ランプ」すらなかったので、メーター読み500 kmの走行が限界だったかとw)

秀逸だったのは座席で、ホールド性は悪いといわれていますが、長距離走行で足腰に負担がかかることはありませんでした。
なので、長距離委移動の際は座席要因による疲労を感じることはないと思います。
(疲れたらSAなりで休憩すればよいこと)

ホールド性が悪いと感じる方は純正シートベルトの止め方を工夫次第で固定状態にできることは知っていると思っているので、知らない方は調べてください(投げやりだよな、この辺w)。

タイヤサイズがアレなんで、空気圧確認を怠っていなければ、タイヤに亀裂や異物がぶっ刺さっていない限り問題はないでしょうね。

帰りは関東圏に入ってから雨模様でしたが、ハイドロプレーンを感じさせる領域まで速度を出すこともないので、何ら問題なし。
問題があったのは一部車両の動きがバカっぽかったと感じたくらいですかね。
(追い越し車線を継続して走行し、水しぶきを走行車線を走る車にぶちまけながらもそのまま追い越し車線を走っていたデリカとか、左から追い越しかけてそのまま第3車線へ斜めって走行し、第2車線を走っていた自車に水しぶきをぶちまけれたウィッシュとかね)
路面状況と自車が放つ水しぶきを考えれば追い越し方や走り方は普通に理解できるだろうに、なんて甘っちょろい考えを持っていた自分がバカでしたとさ(苦笑)。
思いっきり車間を広げてしまったのは自己防衛が働いたからでしょうね(ばく)。

車重はBC5から考えても重くなっていますが、燃費は良くなっており(当たり前か)、重い車の方が運転は簡単(語弊ありますが)になるというのも判りますね。

MT+運転補助なしの車両に乗り換えて正解と思えた日帰り帰郷でした。
次は11月かな(雪囲いのためでもありますが)。

おまけ1
VAB型って写真写り悪いw
GDBやGVBではそんなに気にもしなかったのにww

おまけ2
売れなければ困るのは判りますが、事故未然防止効能を第一に宣伝材料にするのやめてくれないですかね。
誰が運転するんですかね、全自動(それが本当の自動車というのかw)であれば免許要らないですな。
Posted at 2017/10/04 22:08:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | VABC | クルマ
2017年10月04日 イイね!

PVレポート

いやはや、アクセス数の違いが凄すぎるw
ま、自分ペースでいいかなと(笑)
Posted at 2017/10/04 19:37:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | その他
2017年09月03日 イイね!

GP7からVABに乗り換えた理由について(言い訳込みw)

一回投稿すると連続する癖があるようなので、この投稿で1か月以上は更新されないと思います。

GP7は最低地上高200mmと、アイサイト搭載などで事故防止用補助(最終的にはドライバーが操作しないと意味ないですけど)機材が揃っていました。
事故事前防止機器の技術向上は非常に素晴らしい事だと思いますし、メーカー各社様にはさらなる改良によって事故事前予防策を練ってほしいと考えています。

勘違いしてはいけないのは、あくまでも事故を防止する補助であること(全自動になったら知らないですし、そのような車を乗らなければならない状態になったとしたら、免許を返上して引きこもりますw)。
私が一番懸念していることは、メーカー各社で事故事前防止の策を様々な観点から開発されていると思いますが、最終責任はドライバーにある事を常に頭に入れておかなければならないということです。

それらの機器が何らかの理由で誤動作(あってはいけないことですが)する可能性も全くない訳ではないですし、事故回避の最終判断は常にドライバーにあると言うことです。
事故事前予防機器に頼ってもし事故を起こしてしまった場合、いろいろと面倒な事になるのは明白だと思いますが、ドライバーの責任は常に関わる事になると思います。

XVのアイサイトは素晴らしい(特に高速道路走行時)と思ったのも事実です。
その反面、CVT制御+アイサイトで運転を続けた場合、私のケースでは疲れていても無理をして走ってしまった事が多々ありました。
実家の母親(いまだに両親は健在ですが、いつ召されてもおかしくない年齢)が骨折したのがおととしの年末。
骨折だけだったら良かったのですが、もともと心臓に病があったらしく、骨折がもとで心臓に負担がかかり、別の病院へ転院。
医者から言われたことは「延命治療を希望すかどうか」を家族に質問され、その後のことについて家族で話し合った結果、「延命治療は本人負担を考え、辞退すること」を担当医に伝えました。
その後養護施設に入り、父親がまだ車を運転できるので、兄夫婦と父親で母親の状態を見てもらっているというのが現状です。
養護施設に入ってからは実家に戻るケースは減っていますが、入院時は結構無茶な移動で関東~北陸間を移動していました。
その時思ったことが「無理が効いてしまい、よっぽどのことがなければ休憩を取らなかった」事でした。
今考えれば体力あったなとか考えますけどね。
XVの走行距離が伸びた理由はすべてその行程がある期間集中した事に影響しています。

嫁方の両親も例にもれず色々あり、今月嫁方の母親が腰の手術しますが、私の両親と嫁方の両親を車に乗せるときにネックとなったのがXVの最低地上高でした。
乗り降りが結構曲者で、これはやばいなと感じていました(私の母親を入院前にXVに乗せた時もその点を感じていました)。

まぁ、その理由もあるのですが、私がいつまでマニュアルギアミッションを運転できるかわかりませんが、免許返上の境目の判断としてマニュアルギアミッション+事故事前防止なし(ABSは除外)の車両乗り換えを考え、プレオ(ダイハツOEMなのでミラ)のギアミッションとVABで比較(社格が違いすぎるけどw)。
軽嫌いな嫁の意見によってプレオは却下、フォレスターの6MTもありましたが、最低地上高の制限で却下。
残ったのがVABで今に至ります。
(当然私の好みの問題もあるので、今まで書いてきたことは言い訳とも読み取れますねwww)
ただし、乗り換えに至った問題点はすべてクリアされたので、いいんじゃないでしょうか(爆)

おまけ
「子供を乗せてます」等のラベルはありますが「高齢者を乗せています」のラベルはないですよね?
「子供乗せてます」ラベルを張りながら、えらい勢いで走っている車、チャイルドシートで子供を固定していない車などなど、文句は多くありますが、近寄らないことに越したことはありません。
(基本的に前に車が走って追随するときは無駄と思うくらい車間を開けていますが)

「高齢者を乗せています。 法定速度で走行中。」などのラベルも欲しいと思うことが最近多くあります。
車がVABなのでアレなんですが、爺婆乗せているときは「急」が付く操作や、ある程度以上の速度を出せません(法定速度を守って安心できるのです)。
色付きガラスで内部が見えないと思いますが、高齢者を搭乗させている私の場合法定速度走行が基本ですので、そういう車も走っていることをご理解ください。
(当然周りの交通状況を把握したうえで速度は調整しています)



・・・・・・・・・長い内容になってしまったが、単に言い訳だな、乗り換えのwwwww
親が年取れば、子供も年取るのよねぇ(笑)。
ちなみに免許取得希望の子供には「AT限定は却下」と伝えています(意味あるかは不明w)。
Posted at 2017/09/03 12:24:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | VABC | クルマ
2017年09月03日 イイね!

バグですかね?

PCからは不明ですが、スマホから自分のブログに「いいね」出来ちゃいました。
間違って押しただけなのに、何か気分悪いww

追記
もう一回「いいね」押したら消えましたw
というか、最初から自分のブログにいいねできないような設定にしてくれないかとww
Posted at 2017/09/03 10:14:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | その他
2017年09月03日 イイね!

「WRX」の座席

基本的に運転にだけこだわるのであれば、フルバケットシートが究極の選択だと思います。
疲れそうで疲れないフルバケですが、純正の座席で問題なければ無理して変えることもなし。

「WRX」をいろいろと乗り継いで、最もよかったのがGC8Dの座席でしたね。
E型から上下の高さ調整が追加されましたが、D形まではなかった機能です。
ですが、それで十分でしたね。
4点ベルト+GC8D純正の座席でSLYを走行しても何ら問題なかったですね。

その後、GDBC specCは短命に終わりGDBD specC 16インチを所有したわけです。
GDBCはGC8Dの座席を進化させたような感じでしたが、クッションが柔らかすぎたという印象。
まぁ、筑波1000を一回走っただけでしたが、この座席でも十分でした。
GDBCはその後GDBDに変わり、16インチ使用の座席は「商用車用」という感じの物。
さすがにフルバケットシート入れました。
(当時STIから座席が販売されていましたが、着座位置が低すぎ調整もできなかったので、フルバケ)
ただし、運転席のみでそれ以外はそのまま。
家族曰く、助手席の中では普通の座席がよかったとのこと(想定内の回答w)。

GVB specC 17インチも普通の座席でしたが、このころはスポーツ走行する気もなかったので、
普通の座席のままでしたが(さすがに黒になっていましたけど)、十分かなと思わせる出来でした。

で、VABの座席ですが、左右同じ作りとしたのか、助手席の乗降性優先?とかなんとも言えませんが、
これはこれでいいのかなという感じです。
いろいろと見かけるホールドが悪いそうですが、サーキットで全開4ドリでもしなければ、十分かと。

座席に求めるものはそれなりの硬さで、ちゃんとドラポジが取れることが理想の形状です。
ドラポジといえば、ペダルの配置、傾け方、ステアリングの位置がすべてかかわってくるので、
もう少し合わせこみに時間がかかりそうです(もうちょいというのが現在)。

GC8Dの座席は良かったという落ちでした。


おまけ:
お友達ののっちさんはよくご存じかと思いますが、私はサイドブレーキターンができませんw
出来ても失敗するのが99.9%の確率です。
そんな奴でもフルバケは良いと思うこともありました。
純正のフルバケタイプでサイドブレーキターンなぞやる気もないので、特に問題なりません。
スポーツ走行するなら、座席やステアリング交換よりも、最低4点シートベルトとドラポジの最適化が出来ればよいと思います。
(純正品はそれなりのコスト制約はあると思いますが、よく考えられて作られていると思います)
Posted at 2017/09/03 01:35:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | Car | クルマ

プロフィール

「@爺P なつかしや~w」
何シテル?   10/04 19:34
あの頃は若かった(笑) 趣味には変化ないなぁ、死ぬまで変わんないだろうねw
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

Ayame's SUBARU WRX-STI 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/30 19:53:14
Live for Speed Japaneseフォーラム 
カテゴリ:Live For Speed
2005/10/30 17:30:24
 
Live for Speed - Online racing simulator 
カテゴリ:Live For Speed
2005/10/14 21:25:38
 

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
type Sを代車で1ヵ月ほど借りていましたが、ベースグレードの方が感触が良かったです。
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
GH2D FF 5MT 悪くはなかったです。 オートマチックミッションよりは、マニュア ...
スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-GVBE specC 17 inch: specCなんですが、GDBのspecC ...
スバル R2 スバル R2
550cc以来の軽自動車ですが、でかくなったなぁ。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.