• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

舞名(モーリスミニマイナー)のブログ一覧

2014年05月06日 イイね!

ヘッドカバー

ヘッドカバーミニ乗りなら


太巻きさんのことをご存じかと思います。


ワンオフでパーツを製作したり、かなりの部分を自分でメンテナンスしたりと


ブログを読んでいて、いつも感心させられるかたです。


(浜名湖ミニディでお会いできたときは、うれしかった。)




もう一昨年のことになりますが、太巻きさんがOSELLIのタペットカバーを剥離してきれいに再塗装されたブログを書かれたのを読んで、


「か、カッコいい~。」

「ほ、欲しい~」

と。



でも、探して稀に出てきても古いものですし、高くて手が出ませんでした。


が、ようやく入手できたので、太巻きさんと同じ作業をすることに。



太巻きさんのブログを読んでいるかたには、あまり新鮮味のない内容ですが、けじめとして書きます。


ホルツのペイントリムーバー「強力 塗装はがし液」を塗って、黒い塗装をはがします。



容器には「20~30秒位放置後塗膜が軟化しますので、・・・」と書かれていてかなり危険な液体ですが、さすがに20秒では完全にはがせる状態にはなりません。

ここは太巻きさんのブログにあったように2~30分放置することで、浮いてはがしやすくなります。

太巻きさんのほうが正しい。





仕上げに240番ペーパーでゴシゴシ。



(ここは太巻きさんのブログにはなかったところですが)ベースに少し欠けがあったので、肉盛りすることに。

GM-8300パテ状
先進エポキシ樹脂に金属粉を高充填しているので-40℃から220℃までへたらない耐熱性。



硬化性能を高めるためには、主剤と硬化剤を正確に計って混合させます。







盛って成形しました。




さて形が整い、塗装しないでこのまま装着してもいいかなと思えましたが、見ているとロゴとか塗装しない部分がヘアラインになっていて、「ここがキラリと輝いていたら綺麗だろうな」と思い付き、



400番→600番→1000番→1200番→1500番→2000番→コンパウンドの順で削って磨いていきます。






当初は全体を塗装してからロゴ部分の表面を薄く剥がして地を出す工程でしたが、先にロゴなど塗装しない部分を仕上げてしまったので、マスキングをします。



塗装します。
使用したのはこちら。



焼き付けしなくても自然乾燥でチヂミ塗装(結晶塗装)が出来ます。
もちろん、カラーはレッド。



少しすると表面が縮んできます。



十分時間をおいて、乾燥。



マスキングを取ります。





クリアで保護します。

太巻きさんのアドバイスで、教えていただいたのがこちら。



底から出ている金属ピンを押し込むと、中で主剤と硬化剤が反応を始めます。



塗装完了。


フィラーキャップに汚れと細かなキズがあったので綺麗に磨きます。





完成。





楽しめました。

今回の作業にあたり、不明な点をメッセージで問い合わせたら、太巻きさんは丁寧に教えてくれました。

ありがとうございました。
Posted at 2014/05/06 15:26:57 | コメント(9) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2014年04月26日 イイね!

ミラー

ミラーミラー。


ここも、ミニ乗りの個性が表現されるパーツの一つです。


ミニを購入した時は、ドアミラーでした。(ローバー純正ミラー)


大きくて後方が良く見えたものの、やはりミニはパーツ交換が楽しみ。


ミニ乗りにはありがちなパターンですが、


フェンダーミラーにしました。


今は無くなってしまいましたけど、府中の『マツムラワークス』さんでお願いしました。
(当時、自宅から一番近いミニショップ)


マツムラさんに「穴開けるところを見られると緊張するんで、ちょっと外しててもらえますか(笑)」と言われたのを思い出します。


定番のルーカス。ミニにはよく似合うと思います。付けている方も多い。



ところで、ミニってどんなミラーでも似合うなんてスゴイことだと思いませんか。

















ずーっとルーカスでしたが、やはり何年か経って錆もひどくなったので、換えることにしました。


「テックスがいろいろと種類あるようだし、左右共通だし便利だな」と思い、
ミラーヘッドをどれにしようかアレコレと悩みに悩んだ末に、「角型(台形の)ミラーヘッド」



に決めて、ミニ乗りの友達が行きつけのミニショップに行って注文しようとしたら、そこの社長に


「やめときなって。似合わないよ。」

「これ、ごついよ。バンとかカントリーマンなら合うけど。」

「普通のミニには合わないよ。おかしいよ。」


とたたみかけられ、あえなく却下。


「ナス型にしなよ。そっちのほうが合うから。」


と変更を余儀なくされ、しかも指定されました。ナス型が自動注文。

※ここの社長は、私にはいつもこんな感じです。(リバースランプL494を「カッコ悪いよ」とぶった斬った人です)



でも、付けたあとで『確かにナス型はクラシックなマイナーに合っているかも』と思いました。



社長の、経験に裏打ちされたコメントだったようです。。。ストレートすぎますが。




そして年月が経ち、

また交換することにしました。


この書籍に乗っている、モーリス・ミニ・マイナー。

渋い!ボディカラーがマルーン!!






味わいがありますね。

見習って、ルーカスのスクエアヘッドに。





皆さんのミラー事情はいかがでしょうか。
Posted at 2014/04/26 21:56:54 | コメント(15) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2013年08月04日 イイね!

ミニ ワイパーを製作

ミニ ワイパーを製作天気予報では「晴れ」や「くもり」でも、突然たくさんの雨が降ることがあります。


局地的な大雨、ゲリラ豪雨。


いつ頃からか、よく耳にするようになりました。


日本の気候も、昔と比べると変化しているのでしょうか。


雨の日の運転は、いつもより緊張しますね。


良好な前方視界を確保するためには、ワイパーが重要な役割を果たします。




というわけで愛車仕様のミニを作るシリーズ、今日はワイパーです。(改造です)


純正ワイパーからメッキワイパーに交換している人は、多いのではないでしょうか。

ボディから突き出た軸に、アームがただはまってるだけですから、交換作業も簡単ですし。
手軽に出来る、ドレスアップ。


マイナー号も、ありがちですがTEX製に換えています。



つけてる方、多いですよね。


さて、ワイパーのパーツは、このようになっています。



分かりにくいのでルーペで拡大。全体的に太い印象です。



試しにフロントガラスをボディに仮止めして、ワイパーを置いてみます。



実車と比較すると、太さが気になります。



ルーペでアップ



別売りのエッチングパーツにすればいいんでしょうけど、あえてそうしないで、これを削ったり加工してシャープにしていきます。
※所詮、素人の思いつきなので過度の期待はしないでください。


実物をよーく観察して、サイズ感を把握し削っていきます。



ブレードもよく見るとただの一本の棒ではなくて、両端が細くなっていたり、湾曲してたりします。

アームは可倒式ですよね。
アームを立てたときに根元が干渉しないよう、斜めに下がってるんですね、横から見ると。今回じっくり見て気付きました。



そうなうように削ります。



全体のバランスを見て、アームを更に細くします。
かなり細くなって、少し力が加わっただけでポキポキ折れます。作ってるんだか壊してるんだか、分からなくなります。


それらしくなってきました。ノーマルパーツとの比較。



シルバーで塗装します。
せっかく細-くしたのに、塗料の厚みでぼってりとならないよう、シュッと軽く塗ります。



ブレードパーツのゴムの部分は、エッジを立たせつつ(先端をとがらせたうえで)ナイフで削れば元のフラットブラックが出てきます。
こうい作業は、細すぎて手がプルプルします。



これで、TEX(風)のワイパーになりました。



気持ちが切れないうちに、もう一つも作りました。


これで雨の日も安心。
Posted at 2013/08/04 12:20:47 | コメント(10) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2013年03月02日 イイね!

リバースランプ②

リバースランプ②リバースランプ


先日のオフ会には装着していったので、何人かのお友達は実物を見たと思いますが、L785に換えました。

ずっと保管していたものを車検のタイミングで交換。


元々、L494を付ける前からこれを探していたのですが何せ高い!

デッドストックだと、数万円のプライスがついています。


なのでボロボロで程度が悪いけど、価格との折り合いをつけました。


「ミニには大きすぎてカッコ悪いよ」、「これ人気がないですよね」と言われたL494はお蔵入りです。

ガラスレンズのカットと、LUCAS の赤文字は気に入ってたんですけどね。


比べると、サイズの違いが歴然。




L785の交換用バルブです。

小箱のデザインが何とも言えず、いい雰囲気だと思います。
こういうちょっとしたことが、うれしい。





中身は


可愛い形ですね。
微笑ましいです。


L785って、ロボットアイとも呼ばれるだけあって、確かにロボットを連想しますね。
映画「ウォーリー」のロボットとか。



でも私的には、この二つ目玉のレンズに入っているタテのカットの部分を





じーっ、とみていると、、、




これに似てるんじゃないかと。






L494に比べると小ぶりなデザインで、ミニにはしっくりくるように思います。



前回は酷評されましたけど、今回はどうでしょうか。
Posted at 2013/03/02 15:48:37 | コメント(11) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2012年12月22日 イイね!

ミニの冬支度

ミニの冬支度12月も中旬を過ぎ


朝晩の冷え込みがだんだんと厳しくなってきました。


外出し、顔に冷たい風があたって体温が逃げると


身体の芯から冷えますね。


そんな時、マスクを着用すると


それだけで暖かい。



昔からよく


人のミニ見てわがミニ直せ


と言いますが、


みん友の 「QUIKSILVERさん」 「オガッちさん」 がグリルマフを注文製作されたのを見て、

とっても欲しくなりました。


もちろん、今までもマフを付けたミニを見たことはありました。

その時はそれほどビビっとこなかったのに、今回みん友さん達の装着画像を見て


ほ、欲しい~


MK-1用 (QUIKSILVERさんのミニ:ご本人了承済み)
カッコいい!渋い!
なんと、バンとサルーンのそれぞれ用にマフをお持ちだそうです。素晴らしい!!



MK-2・3用 (オガッちさんのミニ:ご本人了承済み)
ステキ!おしゃれ!
人目を惹くカットですね!!オガッちさんは私がやりたいことのすべて先をいってます。



お二人にご感想やご意見など伺い、悩みながらも 発注!


毎日指折り数えて、納品!



オーバークール対策の実用的アクセサリです。
細部までよく作られています。


フラップはシングルとダブルが選択でき、私はダブルフラップをチョイスしました。


LIFT THE DOTの金具とスナップボタンで、フラップの開閉を固定します。



表地は、限定でシボ感のある英国製生地に変更してみました。



裏地には、グリルに優しいスウェード調生地を使用。芯も入っています。



パイピングは3色から選べます。私はホワイト。



オリジナルの「BMC」プレートが 雰囲気 です。



ミニは数種類のグリルがあるので、グリルのタイプに合わせて取付用のハトメ穴位置を変えるそうです。


取付金具も、こだわりのハンドメイド。グリル前面にあたる部分にレザー(?)が貼り付けられています。



マイナーグリルに











冬の寒い時期だけの装着ですが、ミニと一緒に季節感を味わいたく、長く大事に使っていこうと思います。

Posted at 2012/12/22 22:41:31 | コメント(14) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ

プロフィール

「谷保天満宮旧車祭」
何シテル?   12/03 13:46
ミニが生産中止になるのを機に、2000年2月に購入しました。 ミニに乗るのが楽しくて、毎週末はどこかのミニショップを目指してドライブし、何かパーツを買っては取...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

best !!! Drift Hillclimb... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/09 12:57:34
初ボーナスの使い道❤️〔車好き女子編〕 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/11 07:10:35
 「  榛 名 山  (  秋 名 山 ) 」  ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/21 12:21:46

お友達

不定期にマイナーな内容で書きます。
こんなのでよろしければどうぞ。
158 人のお友達がいます
倉地塗装倉地塗装 *みんカラ公認 オナキンオナキン *
z50zz50z * まくネンまくネン *
SHIGEPONGSHIGEPONG * 太巻き太巻き *

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

ローバー ミニ ローバー ミニ
ローバー ミニ1.3iに乗っています。 外見は50年前のミニを再現、中身は最新のミニを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.