車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月15日 イイね!
BNR32の純正足はやっぱり快適だった。先週の話ですが、何時ものお山で白の32Rの方(お名前伺うのを忘れてました)とお会いし、貴重な体験と新たな発見がありました。

その白の32Rの方にお話を伺ったところ、なんと寝ずに一晩中走り回っていたとのことでした。

なぜかというと、昨晩自分でオリフィスを拡大加工し、ブーストが0.75kから0.95kとなり、それに伴い加速が激変し、嬉しくて夜通し走っていた、とのことでした。

そういえば私も自分でECUセッティングしていたころ、一晩どころか何度も走っては解析して、データを作り直して、また走って・・・、を繰り返したことを思い出しました。そしてうまく仕上げることが出来た時には、とても充実した気分と共に、愛車の能力アップが頼もしく、嬉しく感じたものでしたが、きっと同じような心境だったのではないでしょうか。



そんな白32Rについて興味深かったところは、なんと足回り一式すべてを純正新品でリフレッシュしている、とのことでした。BNR32純正のショックアブソーバーが今や製廃になっているのは周知の通りですが、代替ではあるもののフロント33R、リア32GTS-4の新品の組合せとのことでした。

お互いの興味もあって試乗しあってみたのですが、私が一番驚いたのは車内の静粛性でした。次いでハンドルの軽さ、クラッチの軽さ。

違いについて私が思う主要なところとしては、

【足回り】
白32R:フロント33R純正、リア32GTS-4純正
たとも32R:フロントQUANTUM T5-RS 10k、リアQUANTUM T5-RS 8k

【タイヤ】
白32R:REGNO GR-9000、225/50R16
たとも32R:FEDERAL 595RS-R、255/40R17

【ハンドル】
白32R:純正Φ370
たとも32R:MOMO?Φ350

【マフラー】
白32R:レイマックス
たとも32R:柿本改

辺りですが、これ以外にも要因がいくつもありそうな、想像以上の違いがありました。

GT-RのGTとは、グランドツーリング、長距離を大旅行できる性能を持ったクルマというような意味だと思いますが、本来はこういう姿(静粛性、操作性)も併せ持っていたんだと気付かされました。



車内がこれ位静かで、ハンドル、クラッチなどの操作系もこんなに軽いと、やはりGT-Rとは言え大衆向けに製作された普通の市販車(誰でも乗れるクルマという意味)だったんだと思いました。

足については、やはりバネレートが低いのでロールはかなり大きいですが、その分乗り心地は柔らかくて衝撃が少ないコンフォート仕様、でも味付けはフォーマルセダンほど柔らかくしていないのは、やはりスポーツモデルという立ち位置からだと思います。

一方で白32Rのオーナーの方の、私のクルマに乗ってもらった感想は、といと、実はアクセルを殆ど踏んでもらえませんでした。



理由を後で伺うと、「お前ごときがアクセルを踏むな」と言うメッセージがクルマから伝わって来たとか、どうとか^^;

私はそんな高慢な32Rに仕上げた(育てた?)覚えはありませんが(笑)、確かに「ハンドル」「クラッチ」は確実に白32Rより重いですし、柿本改のマフラーが排気脈動を強調してドライバーに伝えるので、そういう感じ方をさせてしまったのかもしれません。

私の32Rは、自分では純正をベースにした乗りやすい仕様と思っていましたが、より純正に近い状態で乗っている方には、全く違った印象だったようで、これまでの自分の考えを改めさせられました。


それと新たな発見というのが、クラッチのことで、これまで純正品だと思っていましたが、ひょっとすると社外品かついているのかもしれません。

白32RがH6年式(後期)、たとも32RがH5年式(後期)ということで、どちらもプル式の後期同士ですが、踏力の違いは明らかでした。これまで自分の32Rのクラッチが重いと思ったことは無かったですが、白32Rのクラッチは本当に軽くてビックリ、もしかしたら白32Rはビッグオペレーターシリンダーに変わったいたのかも・・・?

もしも私の32Rが今の動力性能のままで、これ位コンフォートだったら、と考えてみる・・・。

もうすぐ10か月になる娘や、カミさんを載せての移動は快適になる一方で、各種挙動が大きくなることから、ハンドル、ブレーキ操作もこの挙動変化=移動量を見越して早めの操作が必要になります。

この早めの操作からクルマの挙動が安定状態になるまでの「間」が、自分の感覚と照らし合わせてどうなのか。

足回り以外にも、走る速度域、コーナーのR(曲率半径)、タイヤのグリップ、操作のスピード、等々。

今のところ、32R以外にもう一台ある現状としては、この純正レベルまでの柔らかさは無くていいかな、という結論でした。

こういう結論が出せたのも、今回の貴重な体験があってのことですので、本当にいい機会に恵まれました。実は結構真剣に、純正回帰も考えているところでしたので。

ただ純正形状であれば、バネはゴムのインシュレーターを介してアッパーマウントに組み付けられるので、あそこまで車内静粛性を高められるのだと思います。

今、車高調のバネレートは前述のとおりF:10k/R:8kとしており、先日フロントのみ:12kから10:kへ2kレートダウン、リアはリバウンドストロークアップと車高ダウン(適正化)を目的にヘルパースプリング2.1kを装着しました。



交換後の感想は、リアブレイクからの滑り出しが相当マイルドになりました。これはリアの限界が下がったからなのかどうかは不明ですが、リアブレイクの唐突感が消え、滑り出しがよりリニアに近づいた感じで悪くないです。当然、街乗り等での段差の衝撃もマイルドな方向へ。

でも街乗りをもう少しだけ意識して、F:8k/R:6辺りにしてもいいかな、試したいなと思っております。

Swiftの8kのバネは長さ違いで2セット、メーカー不明品が1セットもあるのですが、6kは持っていません。そう遠くないうちにGetしたいと密かに考えてます^^;
Posted at 2016/10/16 00:22:40 | コメント(8) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2016年09月10日 イイね!
BNR32の外装リフレッシュ完了!リアフェンダー錆の補修、ルーフ再塗装などで外装リフレッシュに出しておりました32Rですが、修理が完了し手元に戻ってきました。

今回の補修でルーフ、リアフェンダー、ドアを塗り直し、残り部分をポリッシュして全体をコーティングされ、私にとっては「まるで新車!」のような状態に仕上げて頂きました^^



この32Rは2012年から乗り始めて今年で5年目、その間に両リアフェンダーの錆は徐々に進行し、ルーフのクリア塗装も部分的に剥がれはじめており、まだこれからも乗り続けたいならば、そろそろ手を入れないといけない段階に来ておりました。

今回、リアフェンダーとルーフを塗装することを第一に考えておりましたが、しかし車体表面の半分近くを塗り直すことになる為、いっその事全塗装にする案もありました。ただ予算は際限なくある訳でもなく、また錆部分にどの程度手を入れなければならないかは、実際錆びた部分を開いてみないと確定できませんでした。

なのでおおよその予算を決め、後は錆等の補修度合いで、どこまで仕上げるか(全塗装か、部分塗装か)を決めることにしました。

結果的にはリアフェンダーの錆の程度はほぼ想定通り(インナー&アウターの耳部分をごっそり作り直し)でした。



リアフェンダーは過去にも修理されていたようですが、その溶接修理個所から再び錆が出ておりました。



そこで今回はまずは健全な部位までガッツリ切開し、半自動溶接ではなく、高張力鋼板にも対応するスポット溶接機(SPANESI製)でバッチリ修理して頂きました。



スポット溶接であれば熱の入る溶接部分は最小限にでき、以前よりも錆に強い修理かと思います。



出来ればもう2度とここの塗装の膨らみは見たくないですね^^;



クリア塗装が部分的に剥がれ始めていたルーフも、しっかり輝きを取り戻しました。



ボンネットやフェンダーなどは元の塗装のままですが、ポリッシュ&コーティングでここまで綺麗に仕上がるものなんですね。



その他アングルから数枚。











最後にSTRさんの33Rと並べて記念撮影。



凄く綺麗にしてもらったので、あまり走らせずに盆栽モードに突入してしまうかもしれないな、とも思いましたが、帰り道ではしっかりGT-Rのポテンシャルを楽しんでしまいました^^;
Posted at 2016/09/10 14:39:44 | コメント(9) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2016年08月20日 イイね!
BNR32外装リフレッシュと各種パーツ注文。毎日暑い日が続きますが、朝のドライブは気持ちいいですね^^

まだ日が昇り始める前であれば、外は涼しく、エアコン負荷無しのレスポンスのいいエンジンフィールを堪能できます。

ところが、先頃よりどうやら一部不調の兆しが現れ始めました。というのも、この真夏に水温計の針が下がり始めるのです^^;

そう、オーバークールっていうヤツです。

ただ、そうなるシチュエーションは限られていて、峠の下り道をアクセルオフで走るなど、エンジン発熱が無い状況でのみ水温計の針がゆっくりCの方向に下がってくるようになりました。

オイルクーラーは装着していますが、この季節でこういう状況になることから、原因はサーモスタットのオープン側での固着だろうと思っています。

というわけで、近々自前で修理すべく、補修パーツ(サーモスタット、液体ガスケット)を注文することにしました。

21200-42L05 thermostat assembly
KP510-00150 gasket, liquid

ついでに、まだ部品が出るかどうか分かりませんが、経年劣化が進んでいる、マップランプレンズ、ルームランプレンズ、ウィンドウォッシャーキャップも注文しておきました。

26431-71L00 lens, spot lamp
26411-10V00 lens, room lamp
28913-71L00 cap, windshield washer tank

それとこれらの作業ついでに、今使っている車高調QUANTUM T5-RSのリアの車高調整とストロークUPを狙って、ヘルパースプリングを組みたいと思ってます(ていうか、本来はヘルパースプリングがあったのでは?と考えてます^^;)。



と色々準備を進めていますが、小さいお邪魔虫も居ることですし、実際に着手できるのは少し先になりそうです。



それと、本日外装リフレッシュのため、クルマを預けてきました。

これまで殆どの整備や、車検などを自前でやってきましたので、32Rが手元にない経験が無かったのですが、こうして手元から離れると、何とも寂しい思いがしますね。

その分、綺麗に直って帰ってくると思って、楽しみに待ちたいと思います^^
Posted at 2016/08/20 19:30:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2016年08月07日 イイね!
BNR32のボディリフレッシュ計画先週のドライブブログ(半分は清掃活動でしたが^^;)を切っ掛けに、以前にお会いしてました、33Rにお乗りのSTRさんと再開することができました。

お会いした当初は、まさか私が松山に異動することになって、こうやって再開することになろうとは思いもしませんでしたが、お蔭様でこちらでも毎週末の楽しみができました^^

STRさんの印象は何となく程度ですが覚えていたものの、愛車の33Rの方はすっかり忘れており、改めて仕様を伺うなど非常に楽しくクルマ談義を楽しむことが出来ました。



ところで私のBNR32も気がつけば今年で購入後5年目、平成5年式ですからもう23年経過、走行距離も17万km突破しました^^;

経年からくる各部の劣化は確実に進んでおり、ボディ各部の塗装の傷みや、錆は確実に進行しているようで、ルーフのクリア塗装はもうかなりヤバそうです・・・。



そしてリアフェンダーの錆びもBNR32の典型的なウィークポイントで、5年前には確か綺麗だったと思うのですが、今やこんな感じに膨らんできております・・・。



小傷、線傷等はあるものの、ドアやボンネットは致命的な状況ではないのがせめてもの救いです。



今年になって長女の誕生や住居の引っ越しなどもあって、ほとんどクルマいじりができませんでしたが、その間の小遣いを一括して、ここらで維持メンテにまわそうと考えてます。

ということで、近いうちにこれらを直すべく、まずはボディリフレッシュに出したいと考えてます。実はもう店も決め、見積もとって作業予約も入れてきました^^;

これまで私の望むチューニングに耐え、その上で好調を維持し続けてくれる32Rに、この先10年闘える外装を取り戻してやりたいと思います♪

Posted at 2016/08/07 22:07:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2016年07月31日 イイね!
綺麗な道でドライブすると気分いいですね♪ちょっと事情があって、自宅に置いてきた32Rを、しばらくこちらに持ってくることにしました。

となればやはりどこか気持ちよくドライブ出来るところへ行きたくなるのがクルマ好きのサガってものではないでしょうか^^;

この地は実は私が学生の頃に住んでいたことがあり、全く馴染みの無い土地では無かったりします。そのころは学生の身分でありながらも、PS13やHCR32でよく走りに行った記憶があります^^;

それから時を経ること十数年、こうやって当時憧れた32Rで同じ地を訪れると、かつての自分を思い出してしまいます。



久しぶりに走る道は、所々覚えてはいるものの、結構忘れていて、ああ、こんな道だったかなぁなんて思いながら一通り走り、一服用の缶コーヒーをGetすべく、自販機の場所へ。

昔はここの近くの広場の方に自販機があったはずですが、今はバス停横になっていました。



そして適当な場所へ車を寄せていつもの一服をば。



ここは市内方面の眺めも良く、お気に入りの場所になりそうです^^



・・・でも。ちょっとゴミが多くて残念な感じ。茂みの奥の方にはかなりのゴミがポイ捨てされ、良く見ると違法投棄禁止の看板もありました。



折角気持ちのいいドライブスポットですから、少しでも綺麗になればと思い、ちょっとだけゴミを拾うことに。



・・・少しだけのつもりが、それでも結構な量になってしまい、このままトランクや車内に詰め込むと汚れが付きそうだったので、仕方なく一旦下のコンビニまでゴミ袋を買いに行くことにしました。



ここで問題に気づく・・・。今どきゴミは分別回収が普通ですね。ここ砥部町指定のゴミ袋も複数あり、流石に全部を買うのはいくらボランティアとはいえ、ちょっとはばかられる・・・。

でもまぁ今回くらいの量ならば、普通の家庭ごみレベルなので、最悪自宅に持って帰って捨てることもできるな、と思い、一番安い資源ごみ用ゴミ袋10枚入りを購入。



意気揚々とゴミ袋にゴミを詰め込む。と同時に、自分何やってんだろ?っていう不思議な感覚。

会社や地域のボランティア活動って、どこか面倒くさいな、っていう気持ちが少なからずないですか^^;

なのに今は自らすすんで、かつゴミ袋を買ってまで、頼まれてもいない、誰が捨てたのかもわからないゴミを拾っている・・・。



一通りゴミを詰め込み、トランクへ。



清掃の甲斐あって、多少は綺麗になりました^^



で、問題はこのゴミをどうするか。砥部町のHPを確認すると、分別さえしていれば、資源ごみ袋でも数種類のごみを回収出来るとのこと。

ゴミ袋に詰め込むときに、既に分別はしていたので、後はどこかのゴミ回収ステーションがあれば、幾つかは捨てられそうですが、なかなか見つからず。そこで近くに地元のタクシー会社の方が見えたので、話を伺ってみると、砥部町美化センターがあるとのこと。

ただ、今日は日曜なのでやっていないかもしれない、とのことでしたが、今後役に立つかもしれないし、とりあえず行ってみることに。



どうやら、今日はお休みのようでした。



仕方がないので、ゴミは自宅に持ち帰り、家庭ゴミとして処分することに。



ということで、途中から引くに引けない、変な責任を感じながらも、なんとか最後までやりました。

本来、こういうボランティアは誰かにアピールするようなモノでは無いのですが、ひょっとすると私みたいな変わり者が、何かの気まぐれでゴミを拾おうと思うかもしれない、でも拾った後の処分を考えると、その気持ちが萎えてしまうかもしれない。

今回の処分の仕方が完ぺきかどうかは判りませんが、でもこういう処分の仕方もあるし、実際やっている人間が居ること、そして中には黙ってゴミを持ち帰っている人も結構いるんじゃないかなぁって思い、投稿することにしました。

あと下心として(笑)、こういうスポーツカーに乗っている人でも、地域の美化に貢献している人がいるんだな、という認識が少しでも芽生えてくれれば、我々クルマ好きへの世間の理解がすすめばいいな、と思ってます。

折角日本の誇る名車、R32スカイラインGT-Rに乗っているんですから、そのクルマに相応しい、大人のドライバーになりたいものです^^



ちなみに、今回の件で帰りが少し遅くなってしまい、カミさんには不評でした^^;山でゴミ拾いするよりも先に、子供の面倒見てくれてた方が助かるのに!

まぁ、ごもっともではありますが^^;

Posted at 2016/07/31 12:43:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
プロフィール
「@たとも あ、ビーストでなくてブーストでした(^^;」
何シテル?   11/26 07:40
過去所有のクルマ S13→HCR32→S15→JZS171(現在) 走り系のクルマから、今のクラウンに変更してはや6年。BNR32に乗りたいと思いつつも...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
手入れ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/14 23:23:10
ウォッシャータンクキャップ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/10 23:36:27
燃料フィルター交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/29 22:24:59
お友達
お友達のお誘いは基本的に大歓迎なのですが、プロフィールなどが全く不明な方や、数集めなど全く絡みなしからの急なお誘いはご遠慮ください。

また、その後のお付き合いがない方は時々削除させてもらいますが、ご了承下さい。
87 人のお友達がいます
珈琲Black珈琲Black * ミーハーメタル@感電ミーハーメタル@感電 *
焼うるめ焼うるめ * gonchan32rgonchan32r *
ちろまる@ここちろまる@ここ オザミオザミ
ファン
102 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイラインGT‐R BNR32 (日産 スカイラインGT‐R)
H5年式後期のブラックパールメタリック、標準車です。 昔からの32Rへの思いを断つこと ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
トヨタ クラウンロイヤルに乗っています。 99年/ロイヤルサルーン/JZS171 ノー ...
日産 シルビア S15 (日産 シルビア)
今のところ、最初で最後の新車です。 前車のHCR32と比べると、鼻先が軽いので、グイグ ...
日産 スカイライン HCR32 R32 Type-M (日産 スカイライン HCR32)
一番思い出深いクルマがこのHCR32です。 中古で購入当初からオーバーサイズピストン& ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.