• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たとものブログ一覧

2017年06月18日 イイね!

燃料系統のリフレッシュについて考えてみる

燃料系統のリフレッシュについて考えてみるふと振り返ってみると、私が32R乗り始めて早や5年半。当初133,000kmだった走行距離も、今や173,000kmです。

その間、クルマでも、クルマ以外でも色々なことがあり、今では月に1,2回乗れればいい方、という頻度にはなっていますが、今後も末永く乗っていきたい気持ちに変わりはありません。

先日、REIMAXフロントパイプに交換後、短時間ではありましたが燃調を確認したところ、ブースト1.0k、6,000rpm以降で空燃比が薄くなっていくことが判明しました><




このグラフが意味するもの、それは「燃料不足」です><

この時の燃料MAPは、こんな感じです。



今回、REIMAXのフロントパイプに交換し、例え排気効率が凄く改善されたと仮定しても、エアフロ電圧やブーストログ、パワーグラフと合わせて見てみれば、この原因は高回転、高負荷域の燃料不足であることが判ってきます。

念のため、この領域を濃い方向に燃料MAPを書き換えてみて、本当に燃料が足りていないか、検証してみました。先の燃料MAPに比べ、赤丸の箇所を増量しています。



そして、結果がこちら。



5,500-6,000rpm付近の空燃比が若干濃い方向にふれましたが、やはり6,000rpm以降は薄くなっていきます^^;MAPでは燃料を増量したはずなのに><

ロガーによりブースト=1.0k、ポンプ電圧=13.0Vで常に一定で安定していることを確認しているので、この領域で燃圧が下がっている可能性が高いと考えています。

燃料ポンプ交換はBNR32購入時のメンテナンス履歴にもありませんでしたし、私がオーナーとなってからも交換していません。173,000kmも走行し、ブーストアップしていることを考えれば、例え問題が無い場合でも予防交換してもいい頃かと思います。燃料フィルターは109,000km頃に交換済みのようですが、こちらも一緒に交換したほうがいいでしょう。

それともう一点、気になっていることとして、インジェクターの後ダレの可能性。



インジェクターが後ダレすると、一般に温間時のエンジン始動性が悪くなります。

具体的には、セルを廻す時間が長くなり、アクセル煽り気味でエンジンがかかりやすい。そして、エンジンがかかった直後に、マフラーから黒煙が出る。

REIMAXフロントパイプに交換した際の動画でも、エンジン始動直後に黒煙が出ています(このときはそれ程始動性は悪くないですが)。ちなみに、アイドリング~低負荷領域の燃料マップはノーマルから弄ってません。



エンジンの始動性が悪い場合の原因についてイロイロ調べてみると、

①燃圧保持不良
②インジェクター後ダレ(シリンダー内へのガソリン漏れ)
③水温センサー不良

などあるようですが、①の原因であることが多い、フューエルプレッシャーレギュレーターを新品交換するも変化なし、③はECUのODBデータを見ても問題がないことから、やはり②の可能性が高いかな、と考えてます。それに①③は冷間時始動性も悪くなります。


となるとインジェクター交換をしないと温間時始動性が改善しないことになるので、そこまで手を入れるとなれば、もう燃料系のフルリフレッシュになってしまいそうです。

今後もブーストアップ仕様を元に戻すつもりもないことから、交換の候補としては

・NISMO ハイフローボリューム フューエルポンプ
・SARD 12ホール 550cc インジェクター

あたりがいいかなぁ、とも思いますが、そうなると過去に新品に交換したフューエルプレッシャーレギュレーターも調整式に変えないと燃圧が高くなってしまいますし、燃圧計も必要になる・・・。

年式、走行距離から考えてもそろそろ交換を考えてもいいとは思うものの、いざ金額が明らかになると、躊躇してしまいます^^;

暫くはサーキット走行などの予定はないですし、そうそう長時間全開にすることもないので、大人しくしていれば問題ないとも思いますが、どうしたものか・・・。

少し遠回りになるかもしれませんが、最初に燃圧計を導入して、本当に高回転域で燃圧が落ちるのか、インジェクター後ダレを裏付ける燃圧低下が起こるのか、を確認してからの方がいいのかなぁ、と思ってみたり。交換時期とは言え、燃料ポンプ、インジェクターはやっぱり高額ですので^^;

購入しているものの、今だ導入できていない排気温度計と合わせて、メーター関係を先に揃えるべきかどうか、悶々と考えている、今日この頃です・・・。



それと、今ルマン24時間レース観戦中。今年こそ、トヨタ優勝してほしい!トヨタ、ガンバレ!!
Posted at 2017/06/18 16:44:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 雑談 | クルマ
2017年06月03日 イイね!

REIMAXフロントパイプ交換と燃調リセッティング。

REIMAXフロントパイプ交換と燃調リセッティング。凹ませたフジツボの等長フロントパイプに代わり、REIMAXの細い方(60.5φ×2 - 70φ)の等長フロントパイプに交換しました。自前では燃調セッティング用のA/Fセンサー用のホルダ溶接ができないことから、今回もショップ(QuaterMileさん)にお願いしました。



期待していた最低地上高は、交換前の凹ませたフジツボより3mm高い程度でした。2~3mm位は凹ませていたので、凹みなしのモノからだと5mm程度の差のようです。たかが5mm、されど5mm。



できれば10mm位上がるといいなぁ、と考えてましたが、等長レイアウトだと、最低地上高はやっぱりどれもキビシイみたいですね><

交換後の感想ですが、ショップからの帰りの街乗りでは、正直なところ交換前のフジツボ等長フロントパイプとの違いがわかりません。フジツボもREIMAXも、どちらも澄んだ綺麗な直6サウンドを奏でるようです^^



その後、燃調リセッティングしてみたところ、6,500rpm以上で空燃比が薄くなってました@@;

プラグをチェックしてみても、やっぱり薄くてヤバそうです^^;



考えられる要因としては、

① フジツボよりREIMAXの方が、高回転域の抜けが良く、より燃料を要求するようになり、燃料ポンプやインジェクターなどの容量が限界に達して、必要な燃料が供給できなくなった

② 燃料ポンプやインジェクターなどの燃料系が経年劣化し、、必要な燃料が供給できなくなった

などを考えてみたのですが、①も無くはないかもしれませんが、②が怪しいかな、と。

現在の走行距離が173,000km、ポンプ交換はおそらく一度もされてないと思いますので、これを機会に交換してしまうのも良さそうです。それか、ブースト下げてしまうか・・・^^;

ただ、セッティングしていくうちに、フロントパイプが徐々に焼けてきたせいか、気がつけば少し音色が変わったような、そうでないような^^;

とりあえず動画を撮ってみましたので、ご参考にどうぞ^^

Posted at 2017/06/04 21:24:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2017年05月20日 イイね!

GWのゴタゴタとフロントパイプ事件。

GWのゴタゴタとフロントパイプ事件。ここのところ天気のいい日が続いてますが、もう少しすれば梅雨の時期が始まりますね。

振り返れば、今回のゴールデンウィークですが、これまた大変な大型連休でした^^;

予定していたことではありますが、連休前にカミさんが入院(まぁ大したことは無いのですが)し、その看護、育児が1週間続きました。

病院が広島なので、娘と一緒の初めての船旅になりました。



もう赤ちゃんではないですが、まだまだ手がかかります^^;



その後休みに突入すると、今度は子供が高熱(39.4℃)。聞いてはいましたが、本当に一気に熱が出るんですね^^;

今1歳と4ヵ月ですが、初めての発熱、高熱で様態もグッタリ、大型連休前半の午前4時でしたが、急遽、当番の病院へ。

不幸中の幸いで、病院はわずか1.0km先のところでした。診てもらったところ、どうやら普通の風邪のようでした。

2日も経てば子供の熱も下がり、鼻水等は続きましたが何時もの元気が戻って一安心。



と思っていたところに、次はカミさんが高熱(39.5℃)!運よく?平日昼間(5月2日)でしたので、これまたすぐさま病院へ。診てもらうと、こちらは腸炎とのこと。

その時は点滴してもらって帰りましたが、薬を飲んで休養すると、晩には一気に平熱に!?調子も完全に戻ったらしく、連休後半に向け、香川に戻りました。

すると今度は私が風邪(37~38℃程度)、続けてカミさんもまた風邪(同じく)と、結局家族全員が順番に風邪をひくパターンでした;;

子供が小さいうちは、まず子供がどこからか風邪をもらってきて、家庭内で広がるケースはよく聞きますが、まさにその典型でした。まぁ私もカミさんも疲れが溜まっていたというのもあったと思いますが・・・。

事前の予定では、みん友の空線さん(新婚ご夫婦!)に、自宅に遊びに来てもらって、お祝いする予定でしたが、結局それも叶わず。

にもかかわらず、うちに寄ってもらい、お返しの品まで頂いてしまい、大変申し訳なかったです。また今度、是非やり直しをしたいと思ってます。

他には、ケルヒャーデビューしてみたり、



わんぱく娘の対策をしたり、



再びキャニスター交換したり(結局変化なし)、



エンジョイホンダ!したり(日産党ですが^^;)



初代F1!



最新のCIVIC Type R!



それと32Rのフロントパイプ事件!なんと、フロントパイプを凹ませてしまいました^^;



今装着しているのが、フジツボの等長フロントパイプで、レイアウトがミッション下を通す構造のため、ここがかなり低く、いつかやるかな~って思ってもいましたが、とうとうやってしまいました^^;

このフロントパイプの性能には凄く満足しているのですが、この最低地上高の低さは困ったもので、純正車高から-3cm程度で、保安基準ギリギリ位のようです。

まぁ凹みと言ってもそこまでガッツリはいってませんが、これを機会に交換してしまおうと思ってます。

ということで、候補はREIMAXの等長フロントパイプ。



メイン径:60.5φ×2~70φ
材質:SUS304ステンレス
適合:BNR32,BCNR33,BNR34,ステージア260RS
品番:17401-AAR10(4車種共通)
Price:58,000円(税別)

メイン径:65φ×2~80φの方にも興味があるのですが、今以上へのパワーアップは考えていないので、細い方にしようかと考えてます。

一方で、太い方のフロントパイプの方は、細部が色々とこだわっているようで、かなり興味はあるのですが、仕様が合わないので残念です。



メイン径:65.0φ×2~80φ
材質:SUS304ステンレス
適合:BNR32,BCNR33,BNR34,ステージア260RS
品番:17401-AAR21(4車種共通)
Price:83,000円(税別)

細い方のフロントパイプであれば、今のフジツボの等長フロントパイプと仕様的に近いので、それ程違いは出ないと思ってますが、一応セッティングもできるように、A/Fセンサー用のボスも用意したいと考えてます。

REIMAXフロントパイプに交換することで、最低地上高は今より稼げると思ってますが、今の車高で保安基準を余裕でクリアできる様になるとウレシイですね。
Posted at 2017/05/20 07:08:50 | コメント(8) | トラックバック(0) | 雑談 | クルマ
2017年04月01日 イイね!

新年度と近況。

新年度と近況。今日から4月突入、と同時に2017年度になりました。

クルマ関係だと、この日は自動車税の課税基準の日ということで、自動車を所有する人にはお国から後日、漏れなく納税通知書が送られてくることでしょう^^;

まぁこの国の法律で決まっていることですので支払わなければなりませんが、しかし環境負荷の小さい車のみ軽減するという現行税制には、本当に辟易します・・・。所有はしていませんが、軽自動車に至っては今回から大幅増税!

環境性能の優れている車を優遇するためのものだという事ですが、その根拠は自動車のライフサイクル全てをきちんと勘定したうえでのモノかどうか、甚だ疑問です。きっとそう遠くないうちに、自動車重量税よろしく、「18年超過車は更に重課税を~」なんてことを言ってくるんじゃないでしょうか。

あれまぁ、見事愚痴から始まってしまいました^^;

さて久しぶりにブログを書こうと思い立ったものの、今の生活ではコレと言ってクルマ関係に変化がない為、いざ書こうとしてもネタが無いのでどうしたものか。

とりあえずのネタとしては、先月のことですが、エアクリーナーフィルターを交換しました。



ただ消耗品を交換しただけですが、実は少々失敗談がありまして^^;

この純正エアクリボックスでのクリーナー交換は、経験者は判ると思うのですが、上手くやらないとなかなかの難作業だったりします。

とりわけ今回はエアクリボックス横を通るインテークパイプをアルミ化した後の初作業ということもあり、エアクリボックスの蓋を開けるためのクリアランスが狭くなったため、更に難易度が上がってしまいました^^;

まぁそれが理由かどうかは別かもしれませんが、交換した新品フィルターを挿入する際、位置決め(といっても入るようにしか入らないハズですが)をしっかりしたつもりでしたが、微妙にフィルターのフチ(スポンジ)を挟み込んでしまい、新品フィルターに穴を空けてしまう始末・・・。

純正品なので、形成が悪いとかは無かったとは思いますが、こうなってしまっては機能を果たさないため、仕方がなくもう一つ新品購入しました。

2度目は1回目の失敗の経験からコツも判って難なく作業完了(実際5分もかからなかった)しましたが、元々作業性がいいとは言えない箇所ですし、最近車を触る機会も相当少ないので、色んな勘所を忘れてしまってる気がします。あな、寂しや。

そのBNR32ですが、もう間もなく25年目を迎えることになりそうです。



現在の走行距離173,126km。

当面は余り乗らない(乗れない)ので保存モード継続ですが、その間傷んだ内装などを中心にリフレッシュして楽しむ、くらいでしょうか。

一方クルマ趣味の代わりとなっている(笑)こちらの方ですが、今日から1歳と三カ月になりました。あ、一応女の子です。



もう1人でどんどん歩き回るし、返事もするし(意味は理解しては無いみたいですが^^;)、元気いっぱいで本当に手がかかりますが、まぁ楽しくやってます^^

しかし育児だけでなく、ふと気分をリフレッシュしたいときに「いつでも乗れる32R」があることこそ、心の余裕に繋がっているのかもしれないです。



・・・が、自動車税高すぎ!(笑)
Posted at 2017/04/01 08:12:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年02月05日 イイね!

純正形状ショック&サスで遊んでみようと思います^^

純正形状ショック&サスで遊んでみようと思います^^(ちろまるさん、せっかくコメントいただいたのに、今度はシステムエラーでまたブログが消えてしまい・・・。すみません。ログ保存してましたので何とか復旧できそうですが・・・。今日は一体どうなってるんでしょう;;)

子守りしながら、久々にブログ書いていましたが、娘がキーボードやら、マウスやらに手を出してきて、次の瞬間に入力した文字が全て消えてしまいました・・・が、挫けずにまた書きます!この程度でめげてたら、子育てなんてできませんww(´;ω;`)

ということで、お題は純正形状ショック&サスについてです。

ここ最近、立て続けに32Rの純正足仕様を運転させて頂く機会に恵まれ、その懐かしいフィーリングが少し恋しくなってしまいました。

今装着している足はQUANTUM T5-RSという車高調で、今でも非常に気に入っている足回りです。しかし全てに万能なわけではなく、この車高調に合う/合わないステージというものは、やはり存在します。



QUANTUMの車高調自体、オーダーメイドされたものが多いと思いますが、私のT5-RSもOHの際にオーダーした部分があり、主に山道やミニサーキットを想定したものです。速度域でいうと0~160km/h位辺りまでが守備範囲で、特に80~120km/h位が一番得意な領域のように感じます。

一方で32R純正のショック&サスは、かの有名なニュルブルクリンクでも鍛えられたそうですが、当時の動画を見る限り、相当な技量と経験を備えたプロドライバーが、何とか暴れる車をねじ伏せてカッ飛ばしている、というもので、当たり前といえば当たり前ですが、決してニュルブルクリンクのような高速走行を焦点に開発されたものでは無いということは明白だと思います。

開発のメインとしては、やはり一般公道を適度な速度で快適に走る特性を狙っているのではないでしょうか。先ほどと同様に速度域でいうと、0~120km/h位までが守備範囲で、特に0~60km/h位が得意のような気がします。

よく純正形状と車高調、どちらがいいのかという問いがあると思いますが、結局どういう使い方をしたいのか、どういったステージを想定しているか、という事が重要だと思います。

今のT5-RSに無くて、純正形状にあるもの、それは法定速度領域での静粛性や快適性です。機械的な部分で純正形状はいいな、と特に思うのが、ゴムアッパーマウントのところ。T5-RSだってピロは使っておらず、ヘタリや衝撃にも強い機構を備えていますが、この分野では純正のアッパーマウントには敵わない。

純正のアッパーマウントはダンパーシャフト受けのゴムのボリュームがとても大きく、そしてバネ受けにまでゴムを挟んでいる構造。文字通りボディと足回りの間に1枚ゴムがあるので、衝撃の高周波領域はここでカットされる仕組みです。

重視するステージがサーキットではなくストリートで、且つ1歳の長女にも耐えられる快適に感じられる程度のドライブであれば、よりマッチするのはT5-RSではなく純正形状の方でしょうね。

ただハンドリング特性の話になると、先には優位に働いていたゴムがレスポンス低下の要因になってしまうため、この分野では車高調のT5-RSが圧勝です。それにもし純正形状に交換してしまうとT5-RSは宝の持ち腐れ?になってしまうのも気が引けます^^;

おまけにこっち路線をトコトン突き詰めていくとなれば、タイヤ&ホイールも225/50R16のタイヤと純正ホイールの方が向いているでしょうし、そうなればこれまた珠玉アイテムである、ブレーキシステム一式まで交換しないといけなくなってしまいます^^;

そもそも乗り心地と静粛性の追及についてはクラウンに任せると言っててしまうと、32Rでやろうとしているこの行為全てが滑稽に見えてくるかもしれませんが(笑)、あくまでお遊び&お試し用(と車検用)として、TOKICOのショックアブソーバー&純正スプリングのものを格安でGetしてみました。

今、スプリングコンプレッサーが手元にないので、肝心の減衰機能がどうなのか、調べることが出来ないのですが、まぁもし減衰が全く使えない物だったとしても、T5-RSではちょっと危うい最低地上高(フジツボの等長フロントパイプが低いんですよ;;)なので、車検の際には助かるかなと思ってます。モノは見た目からして古そうですので、減衰力のへたりが4本とも同程度でそろっていればラッキーかな、位に考えてます。

最近子守ばかりで、ちょっとクルマいじりがしたくてウズウズしている自分を感じてしまいます^^;






以下、復旧コメント


■(ちろまるさんから頂いたコメント)

ちろまる@ここ
2017/02/05 16:15:00
こんちわ〜。。(`・ω・´)ノ 

仕事柄、ノーマル足によく乗ります。。
で、歴代クラウンも乗りますが
あの脚は素晴らしく秀逸です。。

柔らかくても追従性が相当高くて、うねりのある
路面でも接地感が感じられ怖くない印象を受けます。。

32Rのノーマル足はロールが大きい割に
接地感が薄い印象が強かったと記憶してますが、
あの時代にFDシビックのような硬さの足を発売するのも厳しかったと思われますので、
幅の大きいセットアップになるのは仕方なかったでしょうね〜。。



また、いつか娘さんをオフ会でお披露目する日を楽しみにしてます。。(*≧∀≦)ゞ

■(コメント)
こんにちは。

一番最初にこの型のクラウンに乗った際(後部座席でした)、その滑らかな乗り心地と静粛性に驚きました(当時、20代前半でした)。

その後、自分でハンドルを握ることになったのですが、通常走行程度ではこんなに柔らかいと感じる足でも不安な挙動が無く、ゆったりとおおらかに、静かに乗れるこのクルマのキャラクターにすっかり魅了されてしまいました。一度遊びで32Rホイールを入れてはみたのものの、結局元に戻すことになりました。

32Rの方は、やはりその車を楽しむ速度域を考えれば、ちょっと動きが大きいなと感じるのは同感ですね。

その動きがショックアブソーバの減衰力をしっかりと感じられながらのものならばまだいいのですが、1,5t近い車重、そして当時よりも上がったタイヤグリップでは、もはやノーマルショックの減衰量では、私の希望する速度域では完全に不足しているように感じました。

かといってどんどん減衰を上げていくと今度はゴツゴツ感が出てくるでしょうし、好みも人それぞれですから、メーカーとしては本当に難しいところですね。

ホンダのスポーツモデルはホントにスポーツ用の足で、私も最初はビックリでした。DC2インテグラRで洗礼を受けましたね^^

長女は元気に育ってくれて本当にありがたいことではありますが、まぁ本当に手が焼けます^^;

日が合えば、親子ともどもオフ会に参加させて頂きますね^^
Posted at 2017/02/05 16:51:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ

プロフィール

「燃料系統のリフレッシュについて考えてみる http://cvw.jp/b/1374039/39953503/
何シテル?   06/18 16:44
過去所有のクルマ S13→HCR32→S15→JZS171(現在) 走り系のクルマから、今のクラウンに変更してはや6年。BNR32に乗りたいと思いつつも...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

プレッシャーレギュレーター交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/18 22:29:24
燃料フィルターとホースの交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/18 22:20:14
クラッチカップ交換&エア抜き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/12 00:14:57

お友達

お友達のお誘いは基本的に大歓迎なのですが、プロフィールなどが全く不明な方や、数集めなど全く絡みなしからの急なお誘いはご遠慮ください。

また、その後のお付き合いがない方は時々削除させてもらいますが、ご了承下さい。
86 人のお友達がいます
gonchan32rgonchan32r * ジャン様ジャン様 *
ちろまる@ここちろまる@ここ 白ちゃん@ブルーレットを砕け♪白ちゃん@ブルーレットを砕け♪
35くん35くん コマ@うどんコマ@うどん

ファン

106 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R BNR32 (日産 スカイラインGT‐R)
H5年式後期のブラックパールメタリック、標準車です。 昔からの32Rへの思いを断つこと ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
トヨタ クラウンロイヤルに乗っています。 99年/ロイヤルサルーン/JZS171 ノー ...
日産 シルビア S15 (日産 シルビア)
今のところ、最初で最後の新車です。 前車のHCR32と比べると、鼻先が軽いので、グイグ ...
日産 スカイライン R32 Type-M (日産 スカイライン)
一番思い出深いクルマがこのHCR32です。 中古で購入当初からオーバーサイズピストン& ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.