車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月05日 イイね!
純正形状ショック&サスで遊んでみようと思います^^(ちろまるさん、せっかくコメントいただいたのに、今度はシステムエラーでまたブログが消えてしまい・・・。すみません。ログ保存してましたので何とか復旧できそうですが・・・。今日は一体どうなってるんでしょう;;)

子守りしながら、久々にブログ書いていましたが、娘がキーボードやら、マウスやらに手を出してきて、次の瞬間に入力した文字が全て消えてしまいました・・・が、挫けずにまた書きます!この程度でめげてたら、子育てなんてできませんww(´;ω;`)

ということで、お題は純正形状ショック&サスについてです。

ここ最近、立て続けに32Rの純正足仕様を運転させて頂く機会に恵まれ、その懐かしいフィーリングが少し恋しくなってしまいました。

今装着している足はQUANTUM T5-RSという車高調で、今でも非常に気に入っている足回りです。しかし全てに万能なわけではなく、この車高調に合う/合わないステージというものは、やはり存在します。



QUANTUMの車高調自体、オーダーメイドされたものが多いと思いますが、私のT5-RSもOHの際にオーダーした部分があり、主に山道やミニサーキットを想定したものです。速度域でいうと0~160km/h位辺りまでが守備範囲で、特に80~120km/h位が一番得意な領域のように感じます。

一方で32R純正のショック&サスは、かの有名なニュルブルクリンクでも鍛えられたそうですが、当時の動画を見る限り、相当な技量と経験を備えたプロドライバーが、何とか暴れる車をねじ伏せてカッ飛ばしている、というもので、当たり前といえば当たり前ですが、決してニュルブルクリンクのような高速走行を焦点に開発されたものでは無いということは明白だと思います。

開発のメインとしては、やはり一般公道を適度な速度で快適に走る特性を狙っているのではないでしょうか。先ほどと同様に速度域でいうと、0~120km/h位までが守備範囲で、特に0~60km/h位が得意のような気がします。

よく純正形状と車高調、どちらがいいのかという問いがあると思いますが、結局どういう使い方をしたいのか、どういったステージを想定しているか、という事が重要だと思います。

今のT5-RSに無くて、純正形状にあるもの、それは法定速度領域での静粛性や快適性です。機械的な部分で純正形状はいいな、と特に思うのが、ゴムアッパーマウントのところ。T5-RSだってピロは使っておらず、ヘタリや衝撃にも強い機構を備えていますが、この分野では純正のアッパーマウントには敵わない。

純正のアッパーマウントはダンパーシャフト受けのゴムのボリュームがとても大きく、そしてバネ受けにまでゴムを挟んでいる構造。文字通りボディと足回りの間に1枚ゴムがあるので、衝撃の高周波領域はここでカットされる仕組みです。

重視するステージがサーキットではなくストリートで、且つ1歳の長女にも耐えられる快適に感じられる程度のドライブであれば、よりマッチするのはT5-RSではなく純正形状の方でしょうね。

ただハンドリング特性の話になると、先には優位に働いていたゴムがレスポンス低下の要因になってしまうため、この分野では車高調のT5-RSが圧勝です。それにもし純正形状に交換してしまうとT5-RSは宝の持ち腐れ?になってしまうのも気が引けます^^;

おまけにこっち路線をトコトン突き詰めていくとなれば、タイヤ&ホイールも225/50R16のタイヤと純正ホイールの方が向いているでしょうし、そうなればこれまた珠玉アイテムである、ブレーキシステム一式まで交換しないといけなくなってしまいます^^;

そもそも乗り心地と静粛性の追及についてはクラウンに任せると言っててしまうと、32Rでやろうとしているこの行為全てが滑稽に見えてくるかもしれませんが(笑)、あくまでお遊び&お試し用(と車検用)として、TOKICOのショックアブソーバー&純正スプリングのものを格安でGetしてみました。

今、スプリングコンプレッサーが手元にないので、肝心の減衰機能がどうなのか、調べることが出来ないのですが、まぁもし減衰が全く使えない物だったとしても、T5-RSではちょっと危うい最低地上高(フジツボの等長フロントパイプが低いんですよ;;)なので、車検の際には助かるかなと思ってます。モノは見た目からして古そうですので、減衰力のへたりが4本とも同程度でそろっていればラッキーかな、位に考えてます。

最近子守ばかりで、ちょっとクルマいじりがしたくてウズウズしている自分を感じてしまいます^^;






以下、復旧コメント


■(ちろまるさんから頂いたコメント)

ちろまる@ここ
2017/02/05 16:15:00
こんちわ〜。。(`・ω・´)ノ 

仕事柄、ノーマル足によく乗ります。。
で、歴代クラウンも乗りますが
あの脚は素晴らしく秀逸です。。

柔らかくても追従性が相当高くて、うねりのある
路面でも接地感が感じられ怖くない印象を受けます。。

32Rのノーマル足はロールが大きい割に
接地感が薄い印象が強かったと記憶してますが、
あの時代にFDシビックのような硬さの足を発売するのも厳しかったと思われますので、
幅の大きいセットアップになるのは仕方なかったでしょうね〜。。



また、いつか娘さんをオフ会でお披露目する日を楽しみにしてます。。(*≧∀≦)ゞ

■(コメント)
こんにちは。

一番最初にこの型のクラウンに乗った際(後部座席でした)、その滑らかな乗り心地と静粛性に驚きました(当時、20代前半でした)。

その後、自分でハンドルを握ることになったのですが、通常走行程度ではこんなに柔らかいと感じる足でも不安な挙動が無く、ゆったりとおおらかに、静かに乗れるこのクルマのキャラクターにすっかり魅了されてしまいました。一度遊びで32Rホイールを入れてはみたのものの、結局元に戻すことになりました。

32Rの方は、やはりその車を楽しむ速度域を考えれば、ちょっと動きが大きいなと感じるのは同感ですね。

その動きがショックアブソーバの減衰力をしっかりと感じられながらのものならばまだいいのですが、1,5t近い車重、そして当時よりも上がったタイヤグリップでは、もはやノーマルショックの減衰量では、私の希望する速度域では完全に不足しているように感じました。

かといってどんどん減衰を上げていくと今度はゴツゴツ感が出てくるでしょうし、好みも人それぞれですから、メーカーとしては本当に難しいところですね。

ホンダのスポーツモデルはホントにスポーツ用の足で、私も最初はビックリでした。DC2インテグラRで洗礼を受けましたね^^

長女は元気に育ってくれて本当にありがたいことではありますが、まぁ本当に手が焼けます^^;

日が合えば、親子ともどもオフ会に参加させて頂きますね^^
Posted at 2017/02/05 16:51:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2017年01月08日 イイね!
2017謹賀新年。遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

長女誕生でバタバタだった昨年と比較して、今年こそゆっくりでき・・・、ない年末年始でした^^;

というのも、12月30日からカミさんが風邪でダウン、休養させるために育児・家事・看病全てがのしかかり、もう大変でした。

なので自分の自由な時間など持てる余裕もなく・・・、なハズですが、PM10:00過ぎれば長女は勿論、カミさんも強制就寝としてましたので、夜なら自分の時間が持てる。

と思い立つと、自分の意識は32Rをとりに向かうべく、行動を開始してました^^;せっかくの正月連休ですから、普段乗れない32Rをしっかり楽しみたいと思いまして・・。

ということで翌日早朝にはクラウンと32Rの入れ替えを完了させ、松山に戻っては来たものの、一向にカミさんの容態が良くなりません。大晦日、1日、2日、そして3日目で何とか熱が下がり、4日からは通常勤務開始。こうして私の正月連休は過ぎていきました・・・。

それとその間にハプニングが1件。駐車場で待機していた32Rですが、「ボディカバー」が盗まれました!クルマ本体でなくてよかった・・・、のは間違いないですが、もしやクルマも狙われているかも知れないです・・・。

当然警察には被害届を出し、32Rも出来る範囲で普段より盗難対策を強化していますが、今もボディ丸出しで落ち着かないです・・・。保険はかけてますが、でもそういう問題じゃないんですよね・・・。

以上が今年の年末年始でした^^;

ということで、我が家の正月休みをやり直すべく、3連休初日の昨日は早朝から山へ32Rで出撃!



クルマの外気温表示は2.0℃くらいでしたが、路面は凍結して滑りまくり。ゆっくり走っていてもハンドル通じてグリップしない感じが伝わってきます。アクセルもラフに踏み込むと、アテーサが効いて速攻で4WDモードになってました。稀なシチュエーションで面白いものの、速度はゆっくりでも間違てどこかに突っ込んだりしたら笑えないので、そこそこに抑えて目的地到着。



日が昇って来たAM7:10では、気温が-2.6℃、やはり氷点下でした。



何時もの常連の方々も見え、家庭や仕事から離れた、自分だけの時間を過ごすことが出来ました。



その後は家族3人では初めての初詣へ。クルマはもちろん32Rです。カミさんには事前に交渉済みでしたので問題なし^^;



お参りして、おみくじ引いて。家内安全、家庭円満、無病息災・・・。今年も良い1年となりますように!



自分の趣味ではあるものの、交通事故は家族のためにも決して起こしてはならない!と決意を新たに、コイツの写真も。



それと、盗難に遭いませんように!こんな事件が無ければ今年は32Rをメインカーとしたかったのですが、やはり普段乗りはクラウンでいくことにします。

波乱含みではじまった2017年ではありますが、皆様、本年もよろしくお願いいたします。
Posted at 2017/01/08 10:35:42 | コメント(11) | トラックバック(0) | 雑談 | クルマ
2016年12月31日 イイね!
2016年もあと僅かですね。皆さんよいお年を!2016年も残すところあと僅かですね。

今年は年始から本当に慌ただしい一年でした。子供のいない歴10数年の生活から、一変してクルマ二の次、子育て最優先の生活へ。生まれて間もなくの頃はカミさんも相当大変そうでしたが、今は今で離乳食やら何やらで、夫婦共々相変わらずのバタバタ生活です^^;

そんな親の思いが通じてるのかどうかは判りませんが、元気よく育ってくれてるのが一番の親孝行ですね。そんな長女も、もうすぐ1歳です^^



一方で32Rの方ですが、1~1.5ヶ月間隔でしか乗らないこともあり、コンディションの維持には少し気を付けないといけないな、と思ったことがありました。

普段は乗らないことからバッテリーのターミナルは外しているのでバッテリー上がりはありませんが、エンジン始動後に1発失火してしまい、ボクサーエンジン状態になってしまったことがありました。

暫く乗らない期間が続いた後の、最初のエンジン始動時には、まず燃料ポンプヒューズを抜いて、別の予備バッテリーを繋いだうえでクランキングし、軽く油圧をかけてからエンジン始動をしてい多のですが、面倒さから予備バッテリーを繋ぐのを無しでクランキング→エンジン始動をすると、1発失火・・・。

まぁ気温は相当低いうえに、バッテリーは電圧が下がってしまい、初爆失敗、という流れかと思います。

その時はメインバッテリーの回復を待つ間に、念のためパワトラのコネクタ接点の清掃&コンタクトスプレーでメンテし、その後予備バッテリーを繋いでエンジンスタートに成功したので事なきを得ましたが、下手をするとプラグを完全にかぶらせてしまいかねない状況でした。



無事エンジンが始動したので、ここで直ぐにエンジンを切るとプラグがまた失火する可能性もあるので、そのままお山へ。

気温が一ケタ前半で凄く寒く、長期の眠りから徐々に覚醒させるためにも徐々にウォーミングアップしながらではありましたが、本調子を取り戻せばやっぱり気持ちのいい走りをしてくれますね。

ただこんな感じでだましだまし乗っていると、そのうち本当に故障をさせてしまうかもしれないと思うと、この先ちょっと考えさせられてしまいます・・・。

もちろん手放すことなど考えられないし・・・。

ということで、来年は32Rが我が家のメインカーに昇格することを目標に?育児と共に頑張りたいなぁ、と思ってます^^



皆さん、良いお年を!
Posted at 2016/12/31 17:19:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑談 | クルマ
2016年10月15日 イイね!
BNR32の純正足はやっぱり快適だった。先週の話ですが、何時ものお山で白の32Rの方(お名前伺うのを忘れてました)とお会いし、貴重な体験と新たな発見がありました。

その白の32Rの方にお話を伺ったところ、なんと寝ずに一晩中走り回っていたとのことでした。

なぜかというと、昨晩自分でオリフィスを拡大加工し、ブーストが0.75kから0.95kとなり、それに伴い加速が激変し、嬉しくて夜通し走っていた、とのことでした。

そういえば私も自分でECUセッティングしていたころ、一晩どころか何度も走っては解析して、データを作り直して、また走って・・・、を繰り返したことを思い出しました。そしてうまく仕上げることが出来た時には、とても充実した気分と共に、愛車の能力アップが頼もしく、嬉しく感じたものでしたが、きっと同じような心境だったのではないでしょうか。



そんな白32Rについて興味深かったところは、なんと足回り一式すべてを純正新品でリフレッシュしている、とのことでした。BNR32純正のショックアブソーバーが今や製廃になっているのは周知の通りですが、代替ではあるもののフロント33R、リア32GTS-4の新品の組合せとのことでした。

お互いの興味もあって試乗しあってみたのですが、私が一番驚いたのは車内の静粛性でした。次いでハンドルの軽さ、クラッチの軽さ。

違いについて私が思う主要なところとしては、

【足回り】
白32R:フロント33R純正、リア32GTS-4純正
たとも32R:フロントQUANTUM T5-RS 10k、リアQUANTUM T5-RS 8k

【タイヤ】
白32R:REGNO GR-9000、225/50R16
たとも32R:FEDERAL 595RS-R、255/40R17

【ハンドル】
白32R:純正Φ370
たとも32R:MOMO?Φ350

【マフラー】
白32R:レイマックス
たとも32R:柿本改

辺りですが、これ以外にも要因がいくつもありそうな、想像以上の違いがありました。

GT-RのGTとは、グランドツーリング、長距離を大旅行できる性能を持ったクルマというような意味だと思いますが、本来はこういう姿(静粛性、操作性)も併せ持っていたんだと気付かされました。



車内がこれ位静かで、ハンドル、クラッチなどの操作系もこんなに軽いと、やはりGT-Rとは言え大衆向けに製作された普通の市販車(誰でも乗れるクルマという意味)だったんだと思いました。

足については、やはりバネレートが低いのでロールはかなり大きいですが、その分乗り心地は柔らかくて衝撃が少ないコンフォート仕様、でも味付けはフォーマルセダンほど柔らかくしていないのは、やはりスポーツモデルという立ち位置からだと思います。

一方で白32Rのオーナーの方の、私のクルマに乗ってもらった感想は、といと、実はアクセルを殆ど踏んでもらえませんでした。



理由を後で伺うと、「お前ごときがアクセルを踏むな」と言うメッセージがクルマから伝わって来たとか、どうとか^^;

私はそんな高慢な32Rに仕上げた(育てた?)覚えはありませんが(笑)、確かに「ハンドル」「クラッチ」は確実に白32Rより重いですし、柿本改のマフラーが排気脈動を強調してドライバーに伝えるので、そういう感じ方をさせてしまったのかもしれません。

私の32Rは、自分では純正をベースにした乗りやすい仕様と思っていましたが、より純正に近い状態で乗っている方には、全く違った印象だったようで、これまでの自分の考えを改めさせられました。


それと新たな発見というのが、クラッチのことで、これまで純正品だと思っていましたが、ひょっとすると社外品かついているのかもしれません。

白32RがH6年式(後期)、たとも32RがH5年式(後期)ということで、どちらもプル式の後期同士ですが、踏力の違いは明らかでした。これまで自分の32Rのクラッチが重いと思ったことは無かったですが、白32Rのクラッチは本当に軽くてビックリ、もしかしたら白32Rはビッグオペレーターシリンダーに変わったいたのかも・・・?

もしも私の32Rが今の動力性能のままで、これ位コンフォートだったら、と考えてみる・・・。

もうすぐ10か月になる娘や、カミさんを載せての移動は快適になる一方で、各種挙動が大きくなることから、ハンドル、ブレーキ操作もこの挙動変化=移動量を見越して早めの操作が必要になります。

この早めの操作からクルマの挙動が安定状態になるまでの「間」が、自分の感覚と照らし合わせてどうなのか。

足回り以外にも、走る速度域、コーナーのR(曲率半径)、タイヤのグリップ、操作のスピード、等々。

今のところ、32R以外にもう一台ある現状としては、この純正レベルまでの柔らかさは無くていいかな、という結論でした。

こういう結論が出せたのも、今回の貴重な体験があってのことですので、本当にいい機会に恵まれました。実は結構真剣に、純正回帰も考えているところでしたので。

ただ純正形状であれば、バネはゴムのインシュレーターを介してアッパーマウントに組み付けられるので、あそこまで車内静粛性を高められるのだと思います。

今、車高調のバネレートは前述のとおりF:10k/R:8kとしており、先日フロントのみ:12kから10:kへ2kレートダウン、リアはリバウンドストロークアップと車高ダウン(適正化)を目的にヘルパースプリング2.1kを装着しました。



交換後の感想は、リアブレイクからの滑り出しが相当マイルドになりました。これはリアの限界が下がったからなのかどうかは不明ですが、リアブレイクの唐突感が消え、滑り出しがよりリニアに近づいた感じで悪くないです。当然、街乗り等での段差の衝撃もマイルドな方向へ。

でも街乗りをもう少しだけ意識して、F:8k/R:6辺りにしてもいいかな、試したいなと思っております。

Swiftの8kのバネは長さ違いで2セット、メーカー不明品が1セットもあるのですが、6kは持っていません。そう遠くないうちにGetしたいと密かに考えてます^^;
Posted at 2016/10/16 00:22:40 | コメント(8) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2016年09月10日 イイね!
BNR32の外装リフレッシュ完了!リアフェンダー錆の補修、ルーフ再塗装などで外装リフレッシュに出しておりました32Rですが、修理が完了し手元に戻ってきました。

今回の補修でルーフ、リアフェンダー、ドアを塗り直し、残り部分をポリッシュして全体をコーティングされ、私にとっては「まるで新車!」のような状態に仕上げて頂きました^^



この32Rは2012年から乗り始めて今年で5年目、その間に両リアフェンダーの錆は徐々に進行し、ルーフのクリア塗装も部分的に剥がれはじめており、まだこれからも乗り続けたいならば、そろそろ手を入れないといけない段階に来ておりました。

今回、リアフェンダーとルーフを塗装することを第一に考えておりましたが、しかし車体表面の半分近くを塗り直すことになる為、いっその事全塗装にする案もありました。ただ予算は際限なくある訳でもなく、また錆部分にどの程度手を入れなければならないかは、実際錆びた部分を開いてみないと確定できませんでした。

なのでおおよその予算を決め、後は錆等の補修度合いで、どこまで仕上げるか(全塗装か、部分塗装か)を決めることにしました。

結果的にはリアフェンダーの錆の程度はほぼ想定通り(インナー&アウターの耳部分をごっそり作り直し)でした。



リアフェンダーは過去にも修理されていたようですが、その溶接修理個所から再び錆が出ておりました。



そこで今回はまずは健全な部位までガッツリ切開し、半自動溶接ではなく、高張力鋼板にも対応するスポット溶接機(SPANESI製)でバッチリ修理して頂きました。



スポット溶接であれば熱の入る溶接部分は最小限にでき、以前よりも錆に強い修理かと思います。



出来ればもう2度とここの塗装の膨らみは見たくないですね^^;



クリア塗装が部分的に剥がれ始めていたルーフも、しっかり輝きを取り戻しました。



ボンネットやフェンダーなどは元の塗装のままですが、ポリッシュ&コーティングでここまで綺麗に仕上がるものなんですね。



その他アングルから数枚。











最後にSTRさんの33Rと並べて記念撮影。



凄く綺麗にしてもらったので、あまり走らせずに盆栽モードに突入してしまうかもしれないな、とも思いましたが、帰り道ではしっかりGT-Rのポテンシャルを楽しんでしまいました^^;
Posted at 2016/09/10 14:39:44 | コメント(9) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
プロフィール
「@ちろまる@ここ ブログコメントありがとうございました。ですがシステムエラーでブログごと消えてしまったのですが、何とか復旧できました。ガレージ作業、いいですね♪」
何シテル?   02/05 17:07
過去所有のクルマ S13→HCR32→S15→JZS171(現在) 走り系のクルマから、今のクラウンに変更してはや6年。BNR32に乗りたいと思いつつも...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
日産(純正) スポイラースペーサー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/28 21:23:45
手入れ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/14 23:23:10
ウォッシャータンクキャップ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/10 23:36:27
お友達
お友達のお誘いは基本的に大歓迎なのですが、プロフィールなどが全く不明な方や、数集めなど全く絡みなしからの急なお誘いはご遠慮ください。

また、その後のお付き合いがない方は時々削除させてもらいますが、ご了承下さい。
87 人のお友達がいます
空線空線 * ミーハーメタル@感電ミーハーメタル@感電 *
ちろまる@ここちろまる@ここ * 達-BNR32達-BNR32 *
あば9あば9 * akadaneakadane *
ファン
100 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイラインGT‐R BNR32 (日産 スカイラインGT‐R)
H5年式後期のブラックパールメタリック、標準車です。 昔からの32Rへの思いを断つこと ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
トヨタ クラウンロイヤルに乗っています。 99年/ロイヤルサルーン/JZS171 ノー ...
日産 シルビア S15 (日産 シルビア)
今のところ、最初で最後の新車です。 前車のHCR32と比べると、鼻先が軽いので、グイグ ...
日産 スカイライン HCR32 R32 Type-M (日産 スカイライン HCR32)
一番思い出深いクルマがこのHCR32です。 中古で購入当初からオーバーサイズピストン& ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.