車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
☆  倉庫兼工房建設ですよ パート15 (建築スタート) えー、当方宅の庭に倉庫兼工房を建設していまして、パート 15 (建築スタート) になります。


 最近、この倉庫兼工房建設が忙しくて、本業の電装品で遊べてないのは相当欲求不満が蓄積している当方です・・・。


 (笑・・・)










 さて、材料の調達から始まり、木材加工も経て部材がそこそこ整いましたので、これより本格的に建築スタートいたします。


 計算して木材を加工したり整えたりしましたが、やはり組み上げるとなると、とても不安でちゃんと建ち上がるのか夜も眠れませんでした・・・。(ちょっと大げさかな・・・)


 (笑・・・)





 先ずは、床の高さになる土台となる木材を配置いたします。




















































































 一人で建築するため、柱を建ててから土台を差し込むのがよいか、はたまた土台を借り置きしてから柱に差し込みするのが良いか色々と悩みましたが、柱に差し込んでから建てるようにいたします。


 当方はアホなので、卵が先か鶏が先なのかと同じくらい悩みましたですねー・・・。


 そんな事を悩むより、誰か!?助っ人を読んどけば良かったかなー!?。


 (笑・・・)





















































































 えー、土台を差し込んで南東角の柱を建ててみましたが、コンクリート土台に乗せているだけでして、お隣りさんちにでも倒れ込んだりしたら大変ですので、ロープでヘッド部分を固定しておきます。


 もし作業中にこのような大きい柱が倒れ込んだりして当方の頭へでもヒットしたら、必ずKO(もしかしたらあの世行き)となりますので、用心は必須です。


















































































 真上から見るとこんな感じで、触るとグラグラして今にも倒壊しそうです・・・。


 ちなみに作業足場みたいな物はありませんので、お隣さんとの境にある塀(コンクリートブロック)を足場代わりとしております。













































































 続いて、東北角(写真では左奥側)の柱を建てたいと思います。


 撮影しながらの建築ですので、なかなか進みませんぜよ・・・。


 (笑・・・)








































































 それでは土台を東南角の柱に差し込んで、で、で・・・。


 ありゃー!?、あればー計算したつもりですが、早くも計算ミスを発見いたしました。




































































 まだ、そこへ建てだして10分も経ってないぜよ・・・・。


 何やっとんねん!!・・・。


 (笑・・・)


 ここは長過ぎた土台の差し込み部分をちょん切ってOKです。





































































 若干隙間(左側の土台と柱との隙間)はあるが、許容範囲内ということで・・・。


 当方、こう見えてもストライクゾーンは大きい方なのです・・・。(異性を見る時も同じ・・・)



 (笑・・・)






























































 左側の土台を差し込みしましたが、どうも柱がちょくちょく動くようですので、ここで羽子板と柱を仮り止めいたします。


 インパクトでビスを1本だけ差し込みしておきます。


















































































 ほんでもって、東北角の柱に土台を南側からを差し込みしたんですが、こちらも計算ミスで差し込みする部分が長過ぎて思いっきりNGとなっとりますがなー!?・・・。


 いったい何やってんねん!?。


 (笑・・・・)

















































 こちらも微調整をいたします。


 どうも、木材加工する時に、差し込みする柱を間違えて、加工していたようです。

































































 何とか収まりました。


 フー・・・。(←ため息)



































































 ちょっと一休みと記念撮影ですが、時間がかかった割にはほとんど進んでおりません・・・。


 (笑・・・)





































































 2本目と3本目がスイスイ建ち上がりましたので、一応倒れないようにロープで連結しておきます。

 
 たぶん、4本目が難儀しそうな気がいたします。





































































 あれー、期待に反して、あっさり建ち上がりました。


 ここはラッキー。


 土台を柱に差し込みする時は、大きなハンマー(ドンキーコングで使う木製ハンマー)があればよかったのになー。




















































 ちなみに、そのハンマーはこれ!!。


 ちょっと大き過ぎですかな!?。(笑・・・)


































































 安心するのも束の間で、 んー!?、何かおかしいぞー!?。


 溝を切った面が上側にならないといけないはずなのに!?、下側になっとりますやん・・・。




 どうも、やっちゃいました。


 時間がなくなって来たと思い、慌てて作業しておりますと、上下を逆にして差し込んだみたいです・・・。


 計算ミスはよくあることなので、簡単に修正できるかと思いましたら、ドンキーコングのような大きなハンマーはなかったですが、大きな角材で叩いてやっと挿入しましたところ、抜けなくなりこのままの状態から変更不可能となってしまいました・・・。


 (大爆笑・・・・)


 どうも、このまま放置プレイですねー。



















































 ではでは、過ぎ去った事は直ぐに忘れて、新たな気持ちで安全に作業を進めてまいります。


 下の土台部分は出来上がりましたので、これより上側の軒桁部分の取り付けに着手いたします。


 先ずは、東側の軒桁木材をブスッと南東角の柱に串刺しにいたします。


 ここは計算通り。







































































 ほんでもって、東北角の柱にもブスッと一刺し。


 いいんでないかい!?。






















































 再び、東南角の柱ですが、今度は南面の梁を固定いたします。


 思ったり、バッチシ入りまして、順調・順調・・・。


































































 今度は再度、東北面の梁も、何とピッタンコ・・・。


 素晴しい・・・。


 いやー、だいぶ梁に落書きしただけあって、微調整はしましたが、すんなり入りましたですねー・・・。


































































 こちらは西南面ですが、バッチシOK。


















































 角(つの)が若干短かったですが、これぐらいはOKといたしましょう・・・。



























































 軒桁の張り出しがちょっと長すぎたかなー!?・・・。


 ここは、もう少し後で考えます。

























































 全体像はこんな感じです。


 結構時間はかかりましたが、何とか無事に事故もなく、ここまで建ち上げすることができました・・・。




























 一人で誰の手も借りることもなく、何とかここまで建ち上げ作業ができましたですねー・・・。


 素晴しい・・・。




 気持ちを落ち着かせてこうやって見上げてみますと、ちょっと屋根が高すぎましたかなー!?・・・。



 けれども、写真に映っているお隣さんの平屋よりは低いので、そんなに高すぎではない感じかな!?・・・。


 (笑)
Posted at 2017/01/22 07:25:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 暮らし/家族
2017年01月21日 イイね!
☆  倉庫兼工房建設に向けて パート14 (基礎工事)   えー、当方宅の庭に倉庫兼工房を建設していまして、パート14 (基礎工事) になります。


 選抜甲子園が始まる頃(桜が咲く頃)までには何とか完成を目指して進めていますが、日曜大工及び1人DIYなのので、作業がちょこっとづつしか進みません・・・。


 (笑・・・)





 さて、木材加工などがほぼ終わりましたので、基礎工事を再度やり直しいたします。



 一度、コンクリート基礎を仮設置して遊んでみましたが、その後、多少動かしたりしましたので、水平位置が狂っていると思い、柱等を立ち上げる前に再確認と微調整をいたします。



 基礎工事は建物のとても重要な部分でして、後でやり直しができないため入念に調整をしておきたいと思いますねー。



 通常は建物の基礎工事と言いますと、型枠を作りそれにコンクリートを流し込んで基礎となる部分を作ると思いますが、当方は時間短縮とコスト削減のため、コンクリート基礎となる羽子板付きの部材を調達して設置することといたしました。


 こんな部材をちゃんと売っているんですねー。


 しかし、何処で作っているか気になり値札シールを見てみますと、なんと「MADE IN CHAINA」と書いているではありませんか!?、こんな物まで大陸から輸入しているんですねー・・・。


 チョービックリ!!・・・。


 国内産より輸入品が安いとは!?、世の中の仕組みが理解できんぜよ!!。


 ちなみに1個1,080円だったかな!?。





















































































 これより、四隅のコンクリート基礎部分の水平を取るようにいたします。


 この作業はとても重要で、大げさかも知れませんが、建物が真っ直ぐ建つか斜めになるかはこの作業で決まると言っても過言ではありません・・・。


 基礎が大事なのです。基礎が!!。


 以前に自作した「水盛り装置」を使いまして、四隅の水平を取りたいと思います。何と、これだけの為に麦茶用のボトルを壊しました・・・。


 (笑・・・)


















































































 水盛り装置に水を入れて基礎の中心へ設置して四隅の基礎の上下位置を統一します。


 この装置を一定の場所から動かさなければ、パイプの水の高さは一定であり、水平位置が出せるという優れものなのです。


 素晴らしい・・・。


 右奥の基礎の位置を決定しましたので、後の3個は全てこの位置の高さに揃えたいと思います。










































































 アップでパチリ。こんな感じでしょうか!?。








































































 左奥もこんな感じでしょうか!?。










































































 奥側は地盤が高いので、微調整は不要でしたが、手前側は若干地盤が低いため調整が必要です。


 なので、穴を掘削して下に下駄を履かせるように小細工をいたします。


 こんな感じでしょうか!?。














































































 おぉぉー、ピッタシ!!。


 とっ、言いながら説明では簡単にやっているように思われるようですが、掘削しては地盤を固めてから設置していますので、あれこれ時間はかかっております。


(笑・・・)





















































































 ちょっと!!、下のコンクリートブロックが小さい気がしますが、家にある物でやっていますので、これでいきます・・・。


 後で、後悔しなければよいか!?・・・。































































































 ほんでもって、右手前も低かったので、コンクリートブロックの下駄を履かせて微調整して終了です。


 これで四隅の水平位置が取れたかな・・・・!?。



























 


 やはりこの作業は時間を掛けてやっておきたい所でした。


 建物が建ってしまうと自重がり、浮かすこともままならないと思いましたので、微調整ができる内にきちんと基礎の水平位置は押さえておきたいところです。


 前週より気持ちだけ進みましたかな!?・・・。


 (笑・・・)
Posted at 2017/01/21 07:21:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 暮らし/家族
2017年01月20日 イイね!
☆ フィールド試験中 えー、パイオニアの昔のカセットデッキ ロンサムカーボーイシリーズをだいぶ買って修理して遊びましたが、ここいら辺りでちっくとお披露目をいたします。


 部屋の中に飾って何をしているかと言いますと、カセットテープを再生させてフィールド試験中なのです・・・。

 



























































 動作に問題ないデッキばかりでなく、多少動作に問題のあるデッキなんかももあります。 






















































 上から

RD-150

KP-007

FX-K5

KPX-990

EQ-001

KP-005

KP-007

GM-004



















































 KP-007は左下の音質やバランス用可変抵抗器が壊れていましたので、修理に難儀いたしました。



























































 FX-K5は、パネル付け根の破損がありました。また、ヘッドリバース用ベルト修理に難儀いたしました。


























































KPX-990は、あちこち故障していましたが、比較的難儀せず修理することができました。































































 EQ-001は、こちらもやはり左側のツマミの可変抵抗器が故障していまして、難儀いたしました。


































































KP-005は、修理途中でして、音楽が揺れる感じに再生されます。


こちらも、ボリュームや音質・バランス用可変抵抗器が故障していまして、修理にとても難儀いたしました。




















































こちらのKP-007は、1台めと同じ部分の故障でして、楽しくはないですが、そこそこ遊べました・・・。
































































 GM-004は、コンデンサーの取替や、ムギ球仕様からLEDへ変更などしましてノーマルよりかなり明るくなりました。




















 まだまだ大量に保管していますが、ほんの一部ご紹介させていただきました。


 一度、全部出して記念撮影したいところですが、半日程度はかかりそうなので、その内にということで・・・。


 (笑)
Posted at 2017/01/20 20:17:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月19日 イイね!
☆ 電動ドライバー故障【お知らせ】


明日のブログは夜間になります。m(_ _)m






























 えー、当方愛用のナショナル製電動ドライバーが動かなくなってしまいました。


 あまり使わないのて゛電池を充電器に刺しっ放しにしていましたら、どうもバッテリーが壊れたようです。


 中古で買って使っていましたので、どうも寿命が来たみたいです。


































































 古いので電池は甦る事はないだろうと思い、早速分解してみました・・・。


 実は分解して、ニッケル水素バッテリーと交換でもできないかと思い、また、中がどのようになっているか興味深々でしたので、開けてみます。






































































 硬くてやっとこじ開けましたが、電池たげでなく何やら電子パーツらしい物が出てきました。


 こちらの役目は!?・・・。













































































 電池取り出し完了ですが、何と!?お漏らしをしているようです。


 これでは充電NGですはねー!?・・・。


 (笑・・・)


























 電池は1.2Vが2個直列接続されていまして、電動ドライバーは2.4V仕様です。


 簡単に電付交換できるかと思いましたが、サイズが合わず手持ちのニッケル水素バッテリーは使えませんでした・・・。


 けれども何とかせねば!!。
Posted at 2017/01/19 06:31:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年01月18日 イイね!
☆ 倉庫兼工房建設に向けて パート13 (ひたすら木材加工)  えー、当方宅の庭に倉庫兼工房を建設していまして、パート13 (ひたすら木材加工)になります。


 桜が咲くころまでには何とか完成を目指して進めていますが、日曜大工及び1人DIYでやっていますので、ちょこっとづつしか進みません・・・。


 (笑・・・)


 柱と垂木(たるき)は調達して、そこそこ加工しましたが、それ以外の木材の調達と加工が必要ですので、先ずは材料を調達しに行きました。


 2.5寸角を再び3本購入いたしますが、3mでこの価格はちょっと高いですねー・・・。


 もっと安い所はないものか!?。




















































































 
 倉庫兼工房を建てだしたら、その日かその次の日位には棟上げをして、屋根を葺きたいを思いますので、組み立てが簡単になるように小細工をしておきます。









































































 地道な作業が続きますぜよ。


















































 こんな感じに除去完了です。


 ラインをいっぱい引きさがしていますが、特殊加工用に書いております。



































































 続きまして、柱を串刺しにする部分の加工です。


 先ずは、「ドリルすんのかいせんのかい」ではないですが、ドリルします。





























































 ドリルの後は、ひたすらトンカチとノミでコツコツと穴を彫ります・・・。


 真っ直ぐ彫れないところが素人(当方)なのです。




























































 このような具合に出来上がり。









































































 ほんでもって、別の木材も。

























































 桧の香りが素晴らしい。














































 特殊加工の相方を加工していますが、ハツル(削る)部分を間違えたようです。


 右の斜線部分を掘削するところですが、計算ミスで左側を掘削してしまいました・・・・。


 (大爆笑・・・・)






























































 どうも、ひっくり返して作業していましたので、左右が逆になったようです。































































 どちら側でもOKのように広げておきました。


 (笑・・・)



























































 先ほど掘削していた所は仮組みしますとこんな感じになりますかなー!?。





































































 なので、穴んポコの部分が大事なのです・・・。


 計算して落書きしていますが、ド素人加工のため、中々この通りには刺さらない感じがいたします。




























































 1日中やっとりますと、疲れて来てラインもロクに引けなくなりました・・・。


 こういうボケはしょっ中あります。






















































 ラインを引き直して切断です。


















































 おっと、その前に深さの設定がありました。











































 半分だけ切り込みを入れるため、3.75cmに設定です。
























































 2箇所目の加工穴はどうかいのー!?。













































 見事、バッチシ(当方なりに)。





































































 そこそこ加工ができましたので、基礎部分の上に仮設置してみました。
























































 下段が床用となりまして、上段が上側の梁の部分になりますかな!?。



























 写真はないですが、この後も加工を続けて、やっと部材の加工が終了したかな!?、という所まで来ました。


 次回はいよいよ、建築作業に入りたいと思います。


 果たして、ちゃんと建ち上がるのか!?・・・。


 チョー不安・・・。


 (笑・・・)
Posted at 2017/01/18 07:13:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 暮らし/家族
プロフィール
「☆ 10アルファード ハイマウントストップランプ 3個目 LED化 パート1ですよ。 http://cvw.jp/b/1376897/39021086/
何シテル?   12/18 07:42
ホワイトツリーです。 ・昔からスポーツ系の走る車が好きでして、アルファードを買うまでは全てターボ車ばかり乗り継いでおりました。特にZ32ツインターボは印象...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
お誘いいただければ喜んでお願いいたしたいと思います。
75 人のお友達がいます
サンワサービスグループサンワサービスグループ *みんカラ公認 へいころんへいころん *
MP4/5MP4/5 * ナカ11ナカ11
岸辺 露伴岸辺 露伴 わかかなわかかな
ファン
105 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ アルファードG トヨタ アルファードG
・アルファードG後期パールホワイトに乗っています。 ・ずっと(長いこと)ターボ車ばかり ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
 平成26年5月31日にワゴンRプラスに代えてやってきました。  ワゴンRプラスより広 ...
日産 モコ 日産 モコ
・走行1500km程度で譲り受けた(0円)車両ですが、いつかは役に立つだろうとカーポート ...
ホンダ タクト ホンダ タクト
・もう34年のお付き合いとなります。 ・現在も現役でガンバッテおりますが、性能は最近よ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.